Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2006-03-31

最近の名言

「議論に自尊心バトルを絡めるのはやめてほしい」

「自尊心のために学問を学んでる人たちにそれ言うのは野暮ってもんです」

「精神的に未熟でかつ頭も悪くてそれでいてプライド高い人がアカデミズムにすがるとほんとろくでもない」

トニオさんへ その2

インソムニア部 - オオツカ・ルックルックこんにちは! - d:id:kanoseさんへ

http://insomnia.g.hatena.ne.jp/DoYouLikeWorms/20060330/p2

加野瀬さんは影響力の強い大手サイトなんだから、言及には気を使って欲しい」ということだと理解しました。ということは、これは対等に扱わないで欲しいという宣言なんですよね。

リンク先にアクセスが多くいくという影響力を意識しない訳ではありません。こっそり運営していると思われるサイトをリンクしたりはしません。でも、議論ならば対等の相手として扱います。そこで、急に対等ではないと言われても困ります。

つまり貴方と付き合う人は常に貴方を信用してはいけないわけですか。貴方に聞かれたことは全てブロゴスフィアに持ち込まれることを覚悟しなければいけないわけですか。つまり、それは貴方にとって関係性とはブログの上が全てだといってるのと同じことではないですか。加野瀬さん自身、それでいいんでしょうか。

僕は、逆にすべてのことをネットに持ち込もうとしてません。自分の知っていることで、ネットに書いてないことなんてのはたくさんあります。人から興味深い話を聞いて、ネットに書きたいと思った時は、まずネットに書いていいかどうか、相手に確認してます。ただし、ブログで始まった話はブログ上でなるべく展開させます。

僕が認識しているトニオさんとの関係というのは、トニオさんが書いたいくつかの記事に言及したり、トニオさんのブログにごくたまにコメントした程度です。mixiではマイミクでしたが、ブログ上のやりとりと大してレベルは変わらないと思ってました。トニオさんとの関係はまさに「ブログの上が全て」なんですよ。それ以外でのコミュニケーションはなかったんです。

ですから「加野瀬さん自身、それでいいんでしょうか」という疑問に対する答えは「トニオさんとの関係においてはそれでいい。なぜなら、自分から積極的に現在以上のコミュニケーションを取る必要は感じなかったから」です。

「人間関係がもつれたせいで自分のブログがつぶれた」という発言を撤回していただいてありがとうございます。もしまた同じようなことをネット上で言っているのを見かけたら、指摘させていただきますのでよろしくお願いします。


トニオさんは、ブログ上のやりとりで生まれる関係に対して、思い入れが強過ぎるのではないかと感じます。以前書いたネット上のやりとりで生まれる関係についての文章を再掲しておきます。

モヒカン族 - ムラ社会反逆同盟@ARTIFACT - ネットには物わかりのいい父親面をしている人が多いという発想

http://mohican.g.hatena.ne.jp/kanose/20050719/netfather

ネット上のやりとりで生まれた縁は、もともとかなり薄いものだ。たまたま、自分がよく読む範囲の個人サイトで気になる発言があった。それに反応してみる。それを同じ人相手にしていくと縁が深まる。しかし深まったとはいえ、表面的であっても感情の共有をしたのならまだしも、単に議論のような情報の共有で生まれた縁は、すごく薄い。


自分は「構って電波」を出している人にはなるべく反応しないようにしている。「構って電波」を出している人は、当時の転叫院さんの考えのように、ネットでのその薄い縁に必要以上の思い入れをしている。精神的に自立した個人なら、ネットでの対話にこんな思い入れはしないだろう。しかし、ネットでよく発言している人には、こういうタイプの人をよく見かける。


相手に反応することは、そういった相手の思い入れに応えることになる。その思い入れに応えることが面白い人もいるだろう。でも、そうやって思い入れに応えることに、自分は自分のメリット(思考が深まるとか)を見いださないし、相手に余計な期待を生ませてしまいたくないと考える。

澄良木修司さんのrir6さんに対する行動について

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20060330#c1143748086

こちらでrir6さんより質問を受けましたが、

モジモジ君の日記。みたいな。 - RIR6君がブログをたたんだことを支持する

http://d.hatena.ne.jp/mojimoji/20060328/p1

ここのコメント欄で、rir6さんが澄良木修司さんの行動は、自分にも責任があると書いていたので*1、触れる予定ではありました。説明を書き出したら、かなり長くなり、なかなか書き終わりませんでした。


まず、自分が認識しているrir6さんに関する事実関係です。

  • もともとrir6さんは2002年ぐらいから2ちゃんねる界隈で活動していた
  • その頃から、rir6さんをチェックしている人たちがおり、澄良木さんはその一人
  • rir6さんは、ウェブで実名と住所を公開し、静岡まで出れば「必ず会う」と書いていた
  • 澄良木さんは、rir6さんに興味を持ち、2005年8月に自宅まで会いに行った。この件に対して、rir6さんがどう思っていたかはウェブ上ではあまりわからなかった。今後そういうことをするのはやめてくれ、と明確にわかるようなrir6さんの発言をこの段階ではみたことはなかった

※ただし、最近書かれた記事を読むと、rir6さんはなかなか会う素振りを見せなかったそうなので、いやがっていたと思われる。このことは今回初めて知った。

ボケないための覚書。 - どうぞ、法的措置なりをお取りください。

http://d.hatena.ne.jp/syujisumeragi/20060323/1143118306

このような流れがあり、澄良木さんのブログ上の言動を見ていると、rir6さんに対して好意を持っており、これは悪意からの行動ではないと思ってました。

ボケないための覚書。 - RIR6くんの誕生日を勝手に祝う会。

http://d.hatena.ne.jp/syujisumeragi/20051120/1132499935

そのため、この誕生日を勝手に祝う会も特に問題視せず、自分の名前が出てきたのでコメントをしました。

誕生日プレゼントとして、1万5000円の郵便小為替を送った件は、さすがにやりすぎでは…と思いはしましたが、この時、rir6さんの反応は「投げ銭詐欺にご注意を!」というちょっとおちゃらけた記事で、やはりrir6さんの真意を計りかねました。

二人と直接話したりするような関係ではないので、二人の関係は、ネット上での文字からしか伺えません。ネット上の情報だと、どこまでrir6さんが不快に思っているかわかりませんでした。そのため、事態がこのようになることは予測できませんでした。

なぜ澄良木さんの行動を止めなかったといえば、明確にrir6さんが不快だと表明しているのを今回の件に至るまで、見たことがなかったからです。先に述べたように、澄良木さんの行動は、ブログの記述からすると、好意から始まっていると感じましたので、rir6さんがわかりやすく不快であることを表明してもらえない限り、その行動を止めるべきでないと考えました。こうした問題は、両者の間で解決すべきで、第三者が余計なことを言うと、問題が余計こじれるだけだと思ったからです。

ARTIFACT@ハテナ系 - ブロガー萌え

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051209/rir6

誕生日プレゼントのことを紹介した時は、澄良木さんの行動を肯定するものではなく、いったい二人はどういう関係なんだろう、こういう不思議な関係もあるということを人に知ってもらいたい、と考えてました。

今回、rir6さんは明確に不快だということを表明されているので、事態はわかりました。すでに、澄良木さんはrir6さんに関する言及をやめると宣言しており、問題事態は収束していると思います。

ボケないための覚書。 -  「儀式」終了、そして回答

http://d.hatena.ne.jp/syujisumeragi/20060327/1143462039

こうした状態になったことに対して、自分の責任が一切ないとは考えていません。rir6さんがウェブ上で初期にはっきり拒絶の態度を表明していれば、澄良木さんの行動を止めるのに協力したとは思います。澄良木さんの好意はわかるけど、相手に受け入れられないのなら、たとえ好意が発端の行動でもすべきではないと考えます。

今回、ウェブ以外の場所で、rir6さんが澄良木さんと会うのに非積極的であることを表明していたことがわかりましたが、rir6さんが、ウェブ上で変にレトリックに走らず、シンプルに不快感を表明していたならば、事態は変わっていた可能性は高いです。


ただ、根本的な疑問なのですが、rir6さんはそもそも実名や住所をウェブで公開する必要はあったんでしょうか。自宅にこられたら親御さんに迷惑がかかると考えていたようですが、それなら住所を公開しなければいい話です。

再び踊る骨髄 - シンプルな疑問

http://d.hatena.ne.jp/rgy/20060331/p1

こちらでも疑問が提示されてますが、実名と住所を公開しているブロガーに対して、どこまでやると問題なのかというのは判断するための材料が少ないです。なので、澄良木さんの行為を止めるべきだという判断を下すほどの基準はありませんでした。


また、mojimojiさんのように、サイトの閉鎖という点から、これは重大な問題であると考える人もいますが、rir6さんはサイトの移動を繁盛に繰り返しており、閉鎖自体は何度も行っています。*2こうしたサイト閉鎖を繰り返している人のサイト閉鎖に大きな意味は感じません。


次に、自分がrir6さんに対して取っているスタンスについて説明します。

rir6さんはいろいろ考えている人だと思います。でも、ブログに書いている文章は、どこか借り物感があり、テンプレートにように見えてました。しかし、別に意見や文章の内容自体はそれほど問題視していません。

一番気にしていたのは、ネット上での振る舞いや態度でした。たとえば、rir6さんのブログの記事に対して意見した人に対して、対話が成立していたようには見えませんでしたし、はてなダイアリーのコメント欄が読みにくいといわれているのに一向に変えないなども、マイナスポイントでした。他者に対しての配慮をほぼ感じなかったのです。

import otsune from Hatena - 都合の悪い事は言わなくても良いという権利が有るにしても

http://d.hatena.ne.jp/otsune/20060331/p1

オオツネさんも指摘してますが、rir6さんの文章には相手をばかにした侮蔑表現や無駄な挑発が多くありました。

http://d.hatena.ne.jp/kyoumoe/20060331#1143737544

kyoumoeさんのようにrir6さんの対応に不快感を表明している人もいます。

rir6さんの挑発に対して、当然過激な反応が返ってきますが、うまくさばけるのならともかく、ちっともさばけず、自沈していたように見受けられました。そうしたことから、rir6さんに対して、あまり真剣に対話しても無駄だと思い、真剣に言う時は事実誤認の指摘ぐらいで、あとはからかったりと様々なスタンスで接していました。

その一環として、はてなブックマークのタグ「rir6」があります。これはいわゆる「ウォッチ」「観察」と呼ばれる行為になるのでしょうが、ご本人から反応があれば、すべてには反応してませんが、対処はしてました。かわりに僕の記事へのブックマークなどでよくわからない反応を書いているのを見かけましたが、これは僕がrir6さんをからかうことが多いが故であり、自業自得だと思いますので、特に問題視はしません。

ただ、これは対話にならないという場合は、対話を拒否している時もあります。

モヒカン族 - ムラ社会反逆同盟@ARTIFACT - ネットには物わかりのいい父親面をしている人が多いという発想

http://mohican.g.hatena.ne.jp/kanose/20050719/netfather

これは思いっきり拒否してます。

結論として、僕がrir6さんに対して、いろいろな態度を取っていたのは、rir6さんの他人への接する態度を見て、こちらが真摯に対応しても損をするだけだと思っていたからです。僕としては、こういった態度は、子供のケンカみたいなものだと思っていたのですが、これを「いじめ」と称するかどうかは、見ていた人の判断に任せます。

*1http://d.hatena.ne.jp/mojimoji/20060328/p1#c1143572387

*2:キーワード「rir6」参照

SkullHeadArmorSkullHeadArmor 2006/03/31 16:55 rir6さんが実存さんと同じ箱に入れられちゃった!

kanosekanose 2006/04/01 11:08 申し訳ありませんが、「なぜ実名と住所公開をしたか」についてどうお考えになっているかわからない以上、水掛け論になると思いますので、すべての質問には答えられません。こういった事態を引き起こした根本の原因は住所公開ですから。
なお、3月下旬のrir6さんのサイト閉鎖騒動は実際には見ておらず、rir6さんのブログ記事も見てません。その頃は韓国取材旅行中だったのでネットをあまり見ておらず、帰ってきたら、rir6さんがココログを閉鎖していたという状況を知りました。
ただ、ご指摘のように、自宅に行くなどのような行動を見かけた時、どうネットで対処するかは今後は気を付けたいと思います。同時に、安易に住所を公開するという選択肢を取る人が今後出ないことを望みます。

syujisumeragisyujisumeragi 2006/04/01 22:58 もう言及するつもりはなかったんだがなぁ。。。
あまりにRIR6の言うことは酷い。

>RIR6くん

>なぜネット社会が止められなかったかという問い

あなたが声を上げなかったという一点につきます。

15,000円の郵便小為替を送ったとき、あなたは、送られてきた以上自分のお金であり、その使途は個人情報だ、と言っていました。
そんなことをブログに書いている時間があれば、封書の差出人欄を見て返送することも可能でした。
返送は義務ではありません、しかしあなたは本当に「事務的な対応」を取っていたと胸を張って言えますか?私には、あなたがログが消えたのを良いことに自分に都合のよいデタラメを流しているようにしか見えない。

いくら同じ文章の中で「吐き気がする」と言ったところで、返す意思すら示さなかった以上、「嫌よ嫌よも好きのうち」と解釈されても仕方がなかった。
加野瀬さんが「おちゃらけた文章」であり「真意を計りかねた」と言っていますが、私もまったく同感です。ログは消えても、読んだ人は大勢残っているのですよ。

   2006/04/03 00:09 rir6さんのほうが正しい事を言ってるな。
他の連中は何を訳のわからない事言ってるのかね。

kanosekanose 2006/04/03 00:20 松永さんを絡めたコメント二つは関係ないので削除させていただきました。なお、上の名無しさんも同じIPからの投稿でした

? 2006/04/03 09:54 何この自作自演のようなレスは?

SkullHeadArmorSkullHeadArmor 2006/04/03 11:40 >性犯罪被害者に「スカートが短すぎるんだよ」って説教する人みたいですね
「スカートが短すぎるんだよ」ってよりも「全裸でちんこビンビンではしゃいでた」の方がふさわしいとおもいます

CDCD 2006/04/03 13:16 いや、「全裸でちんこビンビンではしゃいでた」ら犯罪だけど、住所公開は本人の勝手ですよ。「全裸」と住所公開は全然違うことです。すごい当たり前の事言って申し訳ないけど。なんか俺勘違いしてるのかなあ。

小倉秀夫小倉秀夫 2006/04/03 13:57 ネット上で自分の氏名や住所を公開するということは、誰から何をされてもよいという意思表示とは異なりますね。

ekkenekken 2006/04/03 14:27 誰かから何かされても良い、という意思表示とは違うけど、危機管理意識が低過ぎるとは思う。
まして住所公開した上で他人を煽ったり罵倒するのは正気の沙汰ではない

小倉秀夫小倉秀夫 2006/04/04 01:39  「相手が嫌がることは特に必要でない限りしない」という生き方の方がよいと思いますよ>syujisumeragiさん。
 誰かが誰かの嫌がることを行おうとするとことさらはやし立てる人たちってしばしばいて、それ故に嫌がらせをすることに高揚感を感じてしまう人ってよくいるのですが、嫌がらせをした人がいざ責任を取らされることになると、そういう人たちは往々にしてしらばっくれる傾向がありますし。

嫌がること嫌がること 2006/04/04 12:06 >嫌がらせをすることに高揚感を感じてしまう人ってよくいる
それって例えば「町村先生のような方は何人もの人命を犠牲にしてからでないと賛同してくれないかも知れません(何人もの人命が犠牲になっても、被害者を悪くいうだけで、賛同しないかも知れませんが。)」という発言とか「自分は安全なところに身を置いて、他人を上から目線で攻撃することによって、日頃のストレスを発散したい」人々とかいう発言とかですよね。
おっしゃるとおり、相手の嫌がることをわざということで自説の正当性を主張しようとするのは、しない方がよいと思いますよ>小倉秀夫さん

松本松本 2006/04/04 13:04 アルファブロガーの信者ってマジウゼエw

松本松本 2006/04/04 13:06 有名になって信者がつけば名誉毀損も犯罪もOKかよw

小倉秀夫小倉秀夫 2006/04/05 01:44 精一杯の誤読ですね>嫌がることさん

ozanari3ozanari3 2006/04/05 20:11 やぁ、こないだmatsunagaのとこにトラックバック打ったら久々にわしわしと来訪者がいらして座りしょんべん漏らした漏れが来たよ。_( (_´Д`)_まぁ、何か一段落したみたいで元通り一日百くらいで落ち着いてるが。NOTE閉めてから久々だったんでそんなに注目されてたのかmatsunagaのブログはと思った。(´Д`)y-~~情報に疎くてのぅ。しかし、matsunagaのトコはアクセス数と言及、コメントの量が比例してるがNOTEは核心に突っ込んだ当時の急激なアクセス数増加時にすらトラックバックほとんどナッシング。そこそこ数は回ってたものの。(つーても、1500/dayくらいで大まかには500〜1000くらいなので大した数ではないが)反応が何もなくて面白くなかったなぁ…。自分が狼少年になった気がしてた。(´Д`)y-~~しまいにゃめんどいんではてなユーザー以外も書けるようにしてたんだが。日刊現代やら朝日新聞やら毎日新聞やら時事通信社やらマスゴミからのアクセス、さらに、どこぞの経産省に出入りしてる弁護士事務所までアクセスしてきたので、問い合わせのメールを送ったけど鹿十。触らぬ神に祟りなしとばかりに沈黙。当局からお達しが出てるからな。どこの社も弁護士もヤバい部分には絶対触れない。口チャック。結局、見えない敵と戦うのに疲れて厭きて路線変更しようと閉じたんだけどな。(´Д`)y-~~ところで、上の小倉さんの「精一杯の誤読ですね>嫌がることさん」って皮肉のつもりなんだろうけど痛々しいな。むしろ精一杯なのは小倉さんの方だな、というよりいっぱいいっぱいで苦しすぎるから自分のサイトに引きこもってた方がいいんでないかい?裸の王様、ファシスト滝本弁護士みたいにさ。ギコニハハ
ちなみに漏れの実名入りのないことづくしの誹謗中傷怪文書をネットのあちこちの板に貼り付けてた不正利権一味の蜥蜴の尻尾のヴァカは前科持ちになったっけ。(´Д`)y-~~五年で前科消える刑だけどな
そういうわけで漏れに匿名性はないに等しい。(´Д`)y-~~ついでに怪文書のおかけで社会的生命も一部断たれたよ困ったね
しゃーないので、最近は開き直って、わんわんわーるどでセルフソーシャルしてたりする。ギコニハハ
_( (_´Д`)_てなわけで、ばーいせんきゅー

w 2006/04/06 03:35 ozanari3といい、kamayanといい
かのせといい、松永周辺の連中はこんなのばっかだなw

松永の馬鹿は松永の馬鹿は 2006/04/06 18:09 全くなんとも思ってないな。
あんまり人の見てないところだと、松永はDer angriffのアングラ連中とつるんで暴走を繰り返してますね。
要するにいままでどおり何もかもやってけると思ってるんでしょう。
http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/comment?date=20060403
# matsunaga 『上述した内容については、この世で一番論理的で頭のいいdasmさんはご存じの上で書かれているのでしょうが念のため(棒読み)』 (2006/04/05 12:07)
# matsunaga 『dasmさんに贈る言葉「妄想癖のあるユーザの戯言など判決に全く関与しません。ただの荒らしです。」』 (2006/04/05 12:10)

ozanari3ozanari3 2006/04/08 14:04 あ、書き忘れてたわ。(´Д`)y-~~実行犯一名特定確保したのは、でこすけじゃなくて、漏れたち。証拠とか、容疑者と思われる人物の目星とかね。サイバーポリスだのなんだの言っても所詮犬は犬並みの智恵しかないので。(´Д`)y-~~Officeのおっさんが確信犯的(本来の確信犯とはちと意味が違うが)にぶっこ抜きやってたら、日本の警察じゃ追い切れなかったろうな。ギコニハハ

2006-03-30

トニオさんへ

インソムニア部 - オオツカ・ルックルックこんにちは

http://insomnia.g.hatena.ne.jp/DoYouLikeWorms/20060330

はてブでブックマークした理由は下記の通りです。

  • URLは、mixiのマイミク限定日記で告知され、ある限定された人に読んで欲しいとは書かれたが、リンクするなとは書いてなかった
  • 誰にでも読まれたくないのなら、何らかの閲覧制限はかけるべき
  • 一部の人だけに読まれたいのなら、マイミクに限定しているmixiの日記に書けばいい
  • 自分から絡んでおいて、相手のせいにするような文章で、何にも反省してないんだというのがよくわかって呆れた

以前から、トニオさんはサイト移転を繰り返しており、はてなダイアリー内部でも別IDを取るのを繰り返し、今回も閉鎖して即別IDを取っています。そういう行為を繰り返している人に対しては、移転先を人に知らせないというような特別な配慮をするつもりはありません。

※これについてはご本人からサイト移転を繰り返しているというのは虚偽だという抗議がありました。詳しくはご本人のコメントを参照してください。

http://d.hatena.ne.jp/nigo/20060326#c1143372352

参考:過去のネット活動

http://d.hatena.ne.jp/VanDykeParks/ (退会)

 http://b.hatena.ne.jp/entrylist?sort=hot&url=http%3A%2F%2Fd.hatena.ne.jp%2FVanDykeParks%2F

 http://web.archive.org/web/*/http://d.hatena.ne.jp/VanDykeParks/


http://foucault.g.hatena.ne.jp/VanDykeParks/ (退会)

 http://web.archive.org/web/*http://foucault.g.hatena.ne.jp/VanDykeParks/

http://foucault-jp.blogspot.com/ (現存する)

http://d.hatena.ne.jp/VanDykeParks2/ (VanDykeParksのサブアカウント)

 http://b.hatena.ne.jp/entrylist?url=http%3A%2F%2Fd.hatena.ne.jp%2FVanDykeParks2%2F

 http://web.archive.org/web/*http://d.hatena.ne.jp/VanDykeParks2/


http://insomnia.g.hatena.ne.jp/DoYouLikeWorms/ (プライベートモード)

 http://b.hatena.ne.jp/entrylist?url=http%3A%2F%2Finsomnia.g.hatena.ne.jp%2FDoYouLikeWorms%2F

 http://web.archive.org/web/*http://insomnia.g.hatena.ne.jp/DoYouLikeWorms/

http://d.hatena.ne.jp/DoYouLikeWorms/ (現存する)

http://d.hatena.ne.jp/gerling/ (DoYouLikeWormsのサブアカウント。現在のメインアカウント)


現在のIDで、ここでコメントをしてますし、

http://d.hatena.ne.jp/DoYouLikeWorms/20060325/1143226783

id:using_pleasureさんの記事に対して触れて、TrackBackを送ってます。これらを見ると、完全に身を潜めようというつもりがないと判断できます。

http://g.hatena.ne.jp/DoYouLikeWorms/

ここを見れば、参加しているグループはわかります。


それとは別にいい機会なので。

今回の件で、なぜ妙な情報を広めようとしているのでしょうか。

記識の外 - ブログにおける文章責任の在り方。

http://d.hatena.ne.jp/using_pleasure/20060325/1143227497

ここのコメント欄で

トニオ 『ぼくのはリルリル君の場合とは違いますよ。ぼくのはエントリがどうこうというよりも、むしろ人間関係のもつれですから。リルリル君よりもっとひどい。

> 執筆者のネガティブな感情の捌け口とされた人に対する応答責任

具体的にはチャーチルさんですか?

ただそうなるとぼくは困惑するしかありませんね。「ええ、そういう話だったのか?」と。

遺恨残ってるんですかね?どうにもなあ。「天性の***」(って徳保さんが言ってました!http://deztec.jp/design/06/03/07_book.html)っていうのは彼女に対するわりとポピュラーな評価でそんなの軽いジョークだってわかるじゃん、と思ったらああいうことになっちゃったんですよねえ。まあそれに関しても「あれはひどかった」と謝罪したと思いますし、彼女も後半に弱り目のぼくをなぶったところでわりと満足したんじゃないですかね。それでも気が済んでないなら申し訳ないの一言ですが。

それに繰り返しますが、ぼくのブログがつぶれた理由は彼女とまったく関係ないところで進行した人間関係のもつれですから。

また、「応答責任」と聞くとレヴィナスが好きなので「無条件のウィ」みたいなことを連想してしまいますが、それはやはりぼくとしてはかなりシリアスな問題なので、そういうシリアスなものにこういうネタみたいな事情を接合しようとするのは違うと思います。』 (2006/03/26 03:04)

と書いていますが、会ったこともなく、ブログ上でやりとりした程度の関係で、どうして「人間関係がもつれる」のでしょうか?

まるで誰かの圧力で閉鎖しなければならないかのように言ってますが、一体どこでそんな圧力があるのですか。以前から何度も閉鎖しては移転しており、すべてご自身の意図によるものです。

記識の外 - とりまとめ、ではないけれど。

http://d.hatena.ne.jp/using_pleasure/20060327/1143475864

fumakilla 『本当にトニオさんの言う「ブログ外」にいさかいの元があったのかもしれませんが、ナイーブなことなら取り立てて書かずに沈黙すればいいでしょうし、大事なことならブログを閉じたりせずにそのことも含めて議論を続ければいいのではないでしょうか。いずれにせよ現在のように「原因はブログ外にあり(ナイーブな?)、詳しくは言えない」と誰にもわからない中途半端な表現をもって食い下がるばかりでは、「問題はブログ外にあった」と殊更に主張することで、ブログ上で起こった議論について反故にしたがっているようにしか思えません。つまり、自己弁護にしてもいささかみっともない態度だと思います。ここらで沈黙されてはいかがでしょうか。または「公ではない」場所に出向かれて、その陰謀の中身について詳しく語られてもいいと思います。』 (2006/03/30 03:16)

このfumakillaさんの意見に賛同します。

ブログを閉鎖すること自体は別に問題視しませんが、自分がうまく議論できなかったことを他人に責任転嫁するような意識の持ち主とは対話の必要性を感じません。また、そういった意識で他人に絡むのは迷惑ですので、ぜひともご遠慮願いたいです。

SkullHeadArmorSkullHeadArmor 2006/03/30 14:53 とにおくんはいつも注目の的でいーなー

fake-jizofake-jizo 2006/03/30 17:19 常に注目を浴びたがる自分本位主義の人が嫉妬していますね!

kyoumoekyoumoe 2006/03/30 20:40 揉め事?

rir6rir6 2006/03/31 04:48 http://b.hatena.ne.jp/kanose/rir6/でまるで他人事の様に、今回の騒動をブックマークしてるid:kanose氏ですが、僕は一つ聞きたいことがあります。

「あなたは、今回のid:syujisumeragi氏の(私に対する)現実世界でのストーカー行為について、何らかの責任があると考えたりしておられるのですか?」

何故こういう質問をするかといえば、あなたがid:syujisumeragi氏の僕に対する嫌がらせ行為を知っており(
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/syujisumeragi/20050813/1123938753
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/rir6/20051208/1133970916
)しかもその様な行為に対しコメントをしたり(
http://d.hatena.ne.jp/syujisumeragi/20051120/1132499935
)記事で取り上げたり(
http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051209/rir6
)していたからです。つまりあなたはid:syujisumeragi氏の行為を容認し、そしてブログで取り上げることによってid:syujisumeragi氏の活動を宣伝していた訳です。それは「オウム真理教はディズニーランドだ!」とか言ってオウムの宣伝をしていた島田氏の行為と同じに見えます。だとしたら、謝罪とまではいかなくても、自分がかつて取り上げた人間が、その取り上げた行為の延長として犯罪行為を行ったことに対し、何らかの説明責任があるのではないでしょうか?

もしこれがそこら辺のブックマーカーみたいに、名前も出しておらずネット上のブログ以外に何の発言手段も持たないような人間であったら、まぁ責任を問うなんて無駄なことでしょう。しかしあなたは東大の先生達と一緒に研究会に出席したり、朝日新聞社が出版している本に寄稿する位実際に知名度も影響力もある「文化人」な訳です。だとしたら当然その発言には例えネット上でも重大な責任があるのでは無いでしょうか?

kyoumoekyoumoe 2006/03/31 12:50 ごちゃごちゃ言ってないで自分で解決すればいいのに。

SkullHeadArmorSkullHeadArmor 2006/03/31 15:55 インターネットはえっちなおはなしをするところだよ!

kanosekanose 2006/03/31 18:22 rir6さんへ。http://d.hatena.ne.jp/kanose/20060331/sumeragirir6 にて説明を書きましたのでよろしくお願いします。

kanosekanose 2007/06/09 10:18 事実誤認ではなくて、認識の違いだと思っているので、特に削除や訂正する必要があるとは考えていません。ID変更とログの削除を繰り返していることは事実ですので

kanosekanose 2007/06/10 01:01 事実関係の整理ありがとうございます。事実関係に関しては、自分も同じ認識で、僕にとってはそれが「移転の繰り返し」に見えるということです。ログを削除する理由として「読ませる基準でなかった」を挙げられてますが、ログの削除はサーバーの移転でURLが変わるなどでない限り、過去に議論した相手に対してそれは無責任な行為だと考えています。
記事にコメントへの誘導をたしておきます。読む人には、自分の記述が虚偽かどうかは、判断材料になるでしょうから。

2006-03-29

はてなのサービスに自分のアイデンティティを託すのはやめようよ

それって、昔のゲームハード信者とかと同じだから。

ウェブサービスとしてどうかという意見はいいけど、「はてなとは…」とか「はてならしくない」みたいな精神的なことを言っている人を見ると、タイトルのようなことをつくづく思う。

「便利で高機能なウェブサービス」だけでは満足できないんだろうか。ユーザーが求める機能をどんどん開発してくれる小回りのきくサービス、それでいいじゃない。開発者のゲームの感想を持ってきて、サービスへのスタンスを語るとかまでしたら、開発の人たちはすごく息苦しいだろう。自分たちのちょっとした言動までもがすべてはてなに結びつけられてしまう。*1

近藤さん自身が「はてならしさを目指す」とは言ってるんだけど、本当は「はてならしさ」ではなく、「自分(近藤さん自分自身)らしさ」なんだろう。その「はてならしさ」に、ユーザーがいろいろ投影していて、開発者側とユーザー側の思いが重なっていることが多いから良いサービスだと思われるけど、それが重ならなかった時に裏切られた!みたいに言っちゃう人は、はてなにアイデンティティを託し過ぎ。

※追記

はてなブックマーク - こころ世代のテンノーゲーム - はてなのサービスに自分のアイデンティティを託すのもやりようよ

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/umeten/20060330/p5

2006年03月30日 nicht-sein 依存した存在は「裏切られた」と感じた瞬間粘着質な攻撃者となって、(kanoseさんにとって)快適な「はてな」が失われるからなんでは?dasmさんとか見ないようにしていても、あれだけ暴れていると極論うざい

そうそう、こういう心配を漠然としてました。

※テンプレ化

断片部 - inumashの犬小屋 - MSの性能に自軍の戦力を託すのはやめようよ

http://fragments.g.hatena.ne.jp/inumash/20060330#1143702478

徳保さんは希望を抱く人に積極的に冷や水を浴びせたがる

もう1ヶ月近く前の話だけど、時差を恐れずアップ。

諦観をベースにささやかな希望を抱く

http://deztec.jp/design/06/02/27_life.html

これに対してはにっくさんが上手いことを言っていたのでコメントを引用。

はてなブックマーク - 諦観をベースにささやかな希望を抱く(徳保的世界観入門)

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://deztec.jp/design/06/02/27_life.html

2006年02月28日 number29 『[徳保メソッド]でも徳保さんは単に「諦観をベースにささやかな希望を抱く」んじゃなく、諦観を持たずに希望を抱く人に積極的に冷や水を浴びせに回るからねえ。要するに挫折したロマン主義者なんだけど。』

自分が書いた

徳保さんは、たまたま見かけた機会を使って「表現が他人に対して与える影響なんて微々たることを知っており、他人が変わることを期待していない俺は賢い」という優越感ゲームをやっているだけなんじゃ? ジャーゴンでいうと「猫知り顔」っぽい。

というのはその「冷や水」を指摘したかった。

watapocoの日記 - 「野暮」をあえてしたがるロマンチスト

http://d.hatena.ne.jp/watapoco/20060228/p1

何故「人間なんて、こんなものですよ。」とあそこで言わなければならなかったのか。それはやっぱり「人間はこんなものじゃない!」と本当は思いたいからなのではないでしょうか。それでもそう思い切れない。だから(一見)能天気に映画の可能性や人間の可能性を信じてるように見える人達に、冷や水を浴びせずにはいられない。

最初の話は、皆さんの反応以上に付け加えることはないので、次に。

自由「共感獲得」競争の時代

http://deztec.jp/design/06/02/27_sympathy.html

こちらは大筋では賛同する。みんなの心の奥にある「共感の種」を引っ張り出したもの勝ちというのはあるだろう。

最初からその種がない人にはまったく届かないと徳保さんは主張していると読んだんだけど、今伝わらなくても、1年後、下手すれば数十年後に伝わるかもしれない。「今」「現在」伝わらない言葉しか価値がない訳ではないのだ。

ネット時代はスピードが速いから、すぐ効果が出ない言葉に対して、冷淡になりがちだけど、じわじわと染みる言葉というのも重要だと思う。

以前銀河通信のことを触れた時に、

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/kanose/20051228/ginga

2006年02月07日 Hebi 地下水脈 このエントリだと銀河通信の隔絶性が強調されちゃうんだよなぁ…/ブログの表面でわいわい言ってる言葉の間をぬって部分的にゆっくり深層まで浸透するものがあるという「伝わる部分」の感覚が切り落とされてる。

という指摘があったけど、確かにあれだと独り言属性を強調し過ぎてはいた。

ブログのように言葉がぽんぽんと投げかけられるのも面白いけど、物言わぬ人に届いている言葉があると信じるのも必要だろう。

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://deztec.jp/design/06/02/27_sympathy.html

2006年03月01日 santaro_y 『確かに岡田斗司夫は「共感」だなー。俺は「信頼」だと思ってるけど。』

この指摘も面白い。「共感」されなくても「信頼」は得られることはあると自分も感じる。

ネット上の礼儀問題

断片部 - 遺体安置所::efn:: - これは俺とragi-junの問題だ。貴様が口出しすることじゃない。

http://fragments.g.hatena.ne.jp/entschlafen/20060322/1143037633

そりゃ、話し相手から「おまえの話し方が気に入らない」と言われるならまだわかるが、いきなり横からしゃしゃり出て、「おまえみたいな礼儀知らずにゃ……」なんて言われるのは、正直気分が悪い。

ネット上のスキルとして一番重要なのは、相手をいかに罵倒し、嘲弄し、完膚無きまでに叩きつぶすかであると2ちゃんねるで学んだ*1俺にそんなことを要求しても無駄だよ。

そもそも、重要なのはその意見が正しいかどうかで、口調なんて些細なことじゃないか?なぜそれにこだわる?*2

2chからネット始めて、2ちゃんねるでネットコミュニケーションを学んで、そこからblogに来たってのは何も俺だけじゃないだろうに何で俺だけが責められるんだろう。

それはね。おまえが空気を読んでないからだよ。

確かに当事者でない人から、「お前みたいな礼儀知らずに…」と言われても困る。それは外野の感想だと思えばいいだろう。

2ちゃんねるの流儀「礼儀はなくていい」というのは、もともとネットが礼儀を重視する空間で、掲示板に初めて書き込む時もいちいち挨拶や自己紹介が必要なのを面倒と感じていた人が多かったから、受け入れられた。それは顕名ではなく匿名が基本の空間だから受け入れられたという面もある。しかし、その他の顕名でのネット空間は、その後も普通に挨拶などは求められていたし、2ちゃんねるは特別な空間として存在し、その流儀を外に持ち出すのはタブーであった。

ところが、いまや2ちゃんねるでネットデビューする人が多く、このように2ちゃんねるがデフォルトで、それを外の空間に持ち出す人も出てくる。

「ネット上のスキルとして一番重要なのは、相手をいかに罵倒し、嘲弄し、完膚無きまでに叩きつぶすかであると2ちゃんねるで学んだ」は名言過ぎて感動を覚えた。どこの2ちゃんねるなんだろう…。


ネットでまったく面識のない相手に対して、タメ口で話してくる人は多い。しかし、礼儀正しくても因縁をつけてきている場合もあり、口調だけでは相手がどういうスタンスできているかは判断するのは難しい。

なぜ礼儀(口調)を重視するのか? それは、初対面の相手とコミュニケーションを継続しても徒労に終わらないか?というのを判断する材料として、礼儀は使いやすいからだ。礼儀というプロトコルを守る人は、このあと、誠実に対話をしてくれる可能性が高いと判断しやすい。*2

また、ネットでは人間関係の距離が掴みとりにくいため、他人との距離感をどのぐらい読んでいるかどうかという判断材料にも使える。

自分の立場としては「自分は礼儀をなるべく守るが、相手に礼儀は求めない。ネットで礼儀を求めてもあまり意味がないから。そしてその場でのコミュニケーションを継続するかどうかの判断に礼儀プロトコルはあまり考慮しない。長期的なコミュニケーションをする場合は考慮する」というところ。


※関連

断片部 - 他人の断片 - id:entschlafenの人へ

http://fragments.g.hatena.ne.jp/another/20060322/1143043037

*1http://d.hatena.ne.jp/fellows/20060321/naoyadis

*2:なんかオオツネさんライクな表現になった

tanudantanudan 2006/03/29 11:45 その昔,挨拶が必要(という文化)だったNIFTYのフォーラムが苦手で,PCSの方がずっと好きでした。いまだに変わらないけれど。
いかに罵倒され、嘲弄され、完膚無きまでに叩きつぶしたと思われても,気にしてないふうにすっと身をかわすのが一番重要,というのもPCSで学びました。半角って何ですかのあの方に。

kanosekanose 2006/03/29 13:14 voidさんに育てられたんですね!

KMKM 2006/03/30 09:37 富豪的

くまあくまあ 2006/03/30 11:11 >はてなのサービスに自分のアイデンティティを託すのはやめようよ
というのは,まさに
>諦観を持たずに希望を抱く人に積極的に冷や水を浴びせ
てるのではないかと思ったりしますが。「猫知り顔」っぽいですよ。

映画に託す希望と「はてならしさ」に託す希望ってそんなに違う?

kanosekanose 2006/03/30 11:36 なるほど、そういう風に読めますか。参考になります。
はてなの話は、言い換えると、ユーザーが開発者に過剰な期待を抱いても、開発者も疲れるし、そのせいで開発者のやる気がそがれ、サービス開発がにぶるかもしれない、ユーザー、開発者、どちらにも得はないよという提案です。これなら各種メディアが人に大して影響を与えないと諦念することとは違うというのは理解していただけるでしょうか。

くまあくまあ 2006/03/30 12:10 「できることしかできないんだからごちゃごちゃ言うのやめようよ。」と「分かる人にしか分からないんだからごちゃごちゃ言うのやめようよ。」にあまり差はないと思うのですよ。
で自分は「ごちゃごちゃ言ってもいいよ。」というスタンスなんです。もちろん言われた側(製作者や開発者)の問題は全く別で、「なに言われようが無視してもいいし、聞くべき意見は参考にすれば良し」ということで。それと「開発者のやる気」を心配するのもアイデンティティを託す」行為なのではないかと思ったりするわけです。

kanosekanose 2006/03/30 14:13 「ごちゃごちゃ言うのをやめようよ」というのではなく、「はてならしさ」みたいな精神的なものを拠り所にした意見は開発者側に届かない、ということです。いろいろな意見の中で、こういった意見が目立ち、それが大きな声になることを危惧しております。開発者のやる気を心配するのは、デメリットを受けたくないからです。
ところで、くまあさんははてなユーザーなんですか? これははてなの問題であり、はてなのユーザーに向けた提案なので、はてなユーザーでない方なら、対話する必要をあまり感じないのですが。

くまあくまあ 2006/03/30 16:07 今はユーザーではありませんが。はてなに乗り換えようかと考えていたところですので。
自分はkanose さんの 「徳保さんに対する意見」と「はてなとは…と精神的なことを言っている人」に対する意見にいわゆるダブスタを感じたのでコメントしたのですが。
>はてなユーザーでない方なら、対話する必要をあまり感じない
部外者は黙ってろってことでしたら、これで終わりにします。余計なお世話でした。

くまあくまあ 2006/03/31 22:17 いや、もう結構ですから。

2006-03-22

西川口侵略であります!

西川口駅西口「エロロ軍曹」

http://eroro-gunsou.com/pc/

※18禁

03月15日 (水)

ゲロゲロゲロゲロ…おはようであります。昨日は寒くて冬眠しそうになったであります。その寒い中たくさんのご来店ありがとうございました。そんなわけで、本日は割引するであります!写真指名料は無料であります。合言葉は「ポコペン人」受付で必ず言って下さいであります。

この店がどこまで続くのか気にしたいところだ。

タグ「鯛のおかしら」

はてなブックマーク - brain parasite オレポータル2006 / 鯛のおかしら

http://b.hatena.ne.jp/brainparasite/%e9%af%9b%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%8b%e3%81%97%e3%82%89/

「鯛のおかしらって知ってるかい? 昔、ゲームの画面写真を見ただけで評価できると豪語したゲームサイトだっていうぜ。今じゃ世の中荒れ放題、どっちもどっちも〜どっちもどっちも〜!!」

NGM+その他の欲望 - スクリーンショットだけで決め付ける俺は鯛のおかしら

http://d.hatena.ne.jp/msrkb/20060308/mother3SS

以上の元ネタ。もう7年前か…。

http://artifact-jp.com/log/log199807.html#980727

◆ほつまつたえを見ると、ゲーム関係のWWWで抗争があるようです。ほんと?(笑) ところで、この発端となっている鯛のおかしらというページですが、トップのMETAタグに「今までにこんなゲーム批評サイトがあったか!?国内で出版されているゲーム雑誌のほとんどを網羅したページからゲーム業界の怪しい情報まで!今のゲームはどこかおかしいと思う方、一度覗いてみるべし"」と書いてあります。いやー、ここまで言うWWWもすごいですね。どんなすごいWWWかと思いきや…日記とかゲームレビューのワナビーぶりが最高でちた。久しぶりに純粋培養ワナビーを見ましたよ。あ、3/3の日記でここもネタにされてますね。ここの3/3なんですが、自分と性格が近いですって? いやー、こんな人と性格が近いとか言われると困っちゃいますネ☆ ちなみに半角文字の話は、印刷に関わっていれば当然思うことなんですが、学生じゃ知らなくてもしょうがない?


http://artifact-jp.com/log/log199807.html#980730

X68Kユーザーのイメージ

俺達はPC9800に負けたわけだが・・・
http://pc.2ch.net/i4004/kako/1034/10347/1034765787.html

233 名前: ナイコンさん 投稿日: 03/03/18 04:47

俺68ユーザーだったけどさ…68擁護論者ってのはやっぱウザいと思うよ。
昔、大学の先輩にそういうのがいた。あれこれ褒めそやすんだけどさ、
本人はプログラム書けないのね。ゲームでばっかり遊んでる。
Oh!Xやら電倶楽なんかからの受け売り聞きかじり喋ってるだけ。
ゲームとかについても目ぇ輝かして熱く語るんで、
「先輩もゲーム作ってみたらいいじゃないですか」と無邪気を装って聞いたら
何やらモゴモゴするだけだった。
俺の作ってたゲームには何くれと注文つけるんだこれが。 
「やっぱ68ならアセンブラで組まないと」とかなんとか。悪かったよgccで。ヘタレだよどうせ。

まあ、その人から68無印を安く譲ってもらったんで68ユーザーになったんだけどね、俺。
後に030に買い換えたよ。今も押し入れで眠ってる。 

いたいた!

『birthday』ゆきみ(※18禁)

birthday (メガストアコミックス)

birthday (メガストアコミックス)

エロ漫画で久しぶりに欲しいと思ったゆきみ氏(http://ww6.enjoy.ne.jp/~aoi37/angel/

)の単行本、年末に出た初回限定版が即効で売り切れてしまい、残念に思っていたのだが普及版が出ている模様。エロ漫画なので18歳未満はダメということで。

[ ゆきみ ] : コアマガジンWeb

http://www.coremagazine.co.jp/comic/comic/yukimi/index.html

内容はこちらで見られる。

birthday「ゆきみ先生初コミックス ご飯が何杯でもイケそうな極上おかずな1冊です!」

http://www.akibablog.net/archives/2005/12/birthday_1.html

gotanda6gotanda6 2006/03/27 17:38 西川口駅西口「エロロ軍曹」、さっきまで見られたのにもう閉鎖!?

kanosekanose 2006/03/28 13:50 はてブみたら2月末ぐらいから補足されてましたね。それなのに閉鎖?

2006-03-21

韓国のe-sportsはすごいことになっていた

韓国では、プロゲーマーがいて、テレビも中継されているなんて話がよく日本に入ってくるけど、現地ではこんなことになっていた!

綺麗に撮影できてない画像なのは、この感動をすぐ伝えたかったためのライブ感だと思って欲しい!

f:id:kanose:20060321124128j:image:w200 f:id:kanose:20060321124640j:image:w200

ヨンサン駅に新しくできたデジタルモールの屋上にe-sportsのスタジアムが! なお内部は撮影禁止だったのでなし。

f:id:kanose:20060322011243j:image:w150 f:id:kanose:20060321171514j:image:w150 f:id:kanose:20060321171543j:image:w200

トッププレイヤーの書籍が! そこになぜかグラビアが! 組写真が昔の明星みたいで一番お気に入り。

f:id:kanose:20060322010938j:image:w150 f:id:kanose:20060322011141j:image:w200 f:id:kanose:20060322011120j:image:w200

そして週刊でプロゲーマーの雑誌が! ゲーム雑誌かと思いきや、ゲームの画面はほぼゼロ! たくさん載ってるのは上と同じようなプロゲーマーのグラビア…。滝の前の写真はプロゲーマーが集合している。31号なので去年の秋頃創刊したみたい。なお、プレイしているゲームは最初の頃と同じく『STAR CRAFT』が多いそうだ。長いなあ。

e-sportsの選手は女子中高生に人気という話を聞いていたんだけど、これを見て納得した。男性アイドルなんだなあ。CDを出していても不思議はなさそうだ。バーチャ時代のまま進んだら、日本もこうなっていたかもしれない…。

Critique of games - メモと寸評 - 韓国○○ゲーマーの真実…!

http://d.hatena.ne.jp/hiyokoya/20060322#p1

こちらでも内容を紹介。

中野龍三プロゲーマーWEB

http://www9.plala.or.jp/nakanoryuzo/syuukan/08.html

改めて韓国プロゲーマー関連の記事を読むと2004年の段階で「CMに出ている」など気になる情報はあった。文字だけだと、その熱がどうも伝わってこないということか…。

プロゲーマーというお仕事 - [韓国インターネット事情]All About

http://allabout.co.jp/computer/netkorea/closeup/CU20030628A/

これも2003年の記事。こういう記事を漠然と読んで、なんとなくすごいというのはわかったんだけど、そのすごさがわかりづらいというか。

アメリカはどういう状況なんだろうか。

Blitz (韓国ゲームニュース編) 「皇帝」イム・ヨファンはSHUREのE4Gを使用

http://kgame.blog44.fc2.com/blog-entry-214.html

Blitz (韓国ゲームニュース編) "皇帝"ことイム・ヨファンの人気がヨン様を超えた!!

http://kgame.blog44.fc2.com/blog-entry-109.html

ヨン様はもともと韓国ではそれほど人気があった訳ではないという話だけど。*1その後日本での人気の影響で韓国での人気も上がった?

はてな逆襲のシャア

ARTIFACT@ハテナ系 - 体験せずに猫知り顔で語る奴らに泥団子を投げろ!

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20060309/dorodango

の続き。最近の議論*2は音楽の固有名詞がわからない! そんなオタクなあなたに向けて送るすごく歪んだ解説。

トニオさん=ギュネイ・ガス

churchillさん=クェス・パラヤ

渋谷系モーヲタの30代メガネオジサン=シャア・アズナブル*3

ララァ・スン=広末涼子

ナナイは思いつかず。吉田アミさんの配置も思いつかず。

クェス 「シャアがサブカルをモーヲタ化する作戦を、なんで抑えられなかったの?」

アデナウアー 「サブカル連邦政府渋谷系ジオンのシャアが生きているなんて、信じてなかったんだよ」

クェス 「ブログスフィアに百億の人が住んでいるのよ、お父さん達はそれを東京から見上げて猫知り顔で。その方がおかしいのよ」

ギュネイ 「欲求不満のはけ口を、音楽に向けてるだけなんだ」

クェス 「何それ?」

ギュネイ 「大佐みたいなのが頭に来ると、クラブイベントなんかやるんだよ。そんな時に、大佐を止める力がいるだろ?だから俺は知識ニュータイプに強化してもらったんだ。両親はクラブイベントでやられちまったからな」

  「スケベども」

クェス 「ふーん、エスパーになりたいんだ」

ギュネイ 「ああ。だけど、知識ニュータイプ研究所の強化じゃクェスみたいにはなれないってわかったよ。だから俺、クェスと付き合ってクェスを研究させてもらう」

クェス 「付き合いたいって事?」

ギュネイ 「年が気になる?」

クェス 「ああ、あんた、あたしが大佐好きだからやきもち妬いてんだ」

ギュネイ 「違うって、あっ、…クェス」

ギュネイ 「俺な、コピペ少年兵を一気に狙撃したんだぞ。俺は大佐以上に働けるんだ、あんな男は気にするなって」

クェス 「何言ってんの?今は揉め事だよ」

ギュネイ 「クェス、大佐がナナイとクネクネしてる訳を知らないのか?」

クェス 「仕事以外もう付き合わないって。ああっ」

  「…やーよ」

ギュネイ 「大佐は、渋谷系ジオンの一年戦争の時に使ったパイロットの、ヒロスエに憑り付かれているんだぜ」

クェス 「はぁ?」

ギュネイ 「けど大佐は、はてな貴族らしく見せる為にナナイなんかとも付き合ってさ。ロリコンじゃないかって、ヲチスレの連中はみんな知ってんだぜ」

クェス 「だからって何よ、昔のことでしょう」

ギュネイ 「大佐のヒロスエって寝言を聞いたマイミクは、かなりいるんだ」

クェス 「…」

ギュネイ 「クェス」

クェス 「あたしがナナイとヒロスエを追い出すんだから」

ギュネイ 「ヒロスエをアムロに取られたから、大佐はこの揉め事を始めたんだぞ」

クェス 「そんな事を言うから若い男は嫌いなんだ」

※これは現実をデフォルメしたものであり、また現実と一致しない部分も多々ありますのでご注意ください

※最後のララァの絡みでアムロ=ばるぼらさんにできなかった。あと劇中だと、アムロはギュネイを一瞬で倒してしまうが、この戦場ではアムロがギュネイを徹底的に攻撃。

※参考

逆襲のシャア全セリフ

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pastel/3829/words_CCA.html

なお、『Zガンダム』の場合は、

トニオさん=カツ・コバヤシ

churchillさん=サラ・ザビアロフ

渋谷系モーヲタの30代メガネオジサン=パプテマス・シロッコ

吉田アミさん=エマ・シーン

となる。

*1:『冬のソナタ』もそうだった

*2はてブでどう名前つけていのかわからないので「ピクシーズがきっかけ」という間抜けなタグにした。その後「オシャレ事変」にした

*3:そもそも、ここの人物名を挙げなかったからわかりにくいんだよなあ

ozanari3ozanari3 2006/03/22 03:17 意外と逆シャアの科白を忘れていたことに気づいた。_( (_´Д`)_

2006-03-11

MLM2.0

catfrogの約一行 編集犬(へんしゅういぬ)あげます - いや、だから宗教臭いとかいわれるんだよ(笑)

http://d.hatena.ne.jp/catfrog/20060311/1142080187

前、本家で書いたけど、上場も売却も考えてないならグーグル神とアマゾン女神にすがる「預言者とその弟子達」としてお布施を貰うしかないのかなやっぱ。信者から。そして信者が増えれば増えるほど神からの見返りも増える。まさに宗教的。まだ書き足りないけどひとまず以上。

Web2.0のビジネスモデルで現状見えているものは、GoogleとAmazonのおこぼれをもらうしかないのか?という話。

catfrogさんの「宗教」という言葉から考えると「宗教2.0」なんだけど、「MLM2.0」の方がしっくりくる。

こんにちはこんにちは!!ぼくはまちちゃん!

必死でまったり - 文章がはまちちゃん風になるブックマークレット

http://d.hatena.ne.jp/woodgreen/20060316/p1

おお、どうもありがとうございます! 自分のところで試したら、オオツネさんのコメントが面白いことに。

# otsune 『リンクフリー議論に従うと問題は無いように感じられるが…!

「他人の領域に自分のモノが表示されている」というのは、視覚的にコントロールを外れているので「よくないこと」と感じるとは思うよ!!

(あとframeで他人のサイトを表示するのは著作権的にダメ…!という判例とかも影響するか?)

結果的には、a hrefでポインタを示すのはokだけど、img srcで直接表示するのは(リンクは自由論ではセーフでも)著作権的にダメだと感じる人が多くなりそうよ!!』

自分の文でもそうだったんだけど「○○しそうよ!」みたいなのがやけに出てきて、おばちゃんライクに。

ぼくはまちちゃん!(Hatena) - ARTIFACTさまご所望のbookmarklet

http://d.hatena.ne.jp/Hamachiya2/20060311/1142071826

ご本人にも作っていただいたんだけど、これは…何か違うよ!(笑) 詳しくは実行させてみよう。

404 Blog Not Found:javascript - はてブ拘置所

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50411101.html

弾さんが作ったリンク先が全部はてブになるこのブックマークレットは実用性高そうだ。

kanosekanose 2006/03/14 22:45 コピペコメンテーターが現れたので削除しました

2006-03-10

千葉でのテロの可能性/不審者がテロリストかどうかどう判断するのか?

テロ避難訓練:小学生主体に社民党千葉県連、中止申し入れ−話題:MSN毎日インタラクティブ

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060307k0000m040057000c.html

この訓練自体を疑問視する声があったので書いてみる。

これはテロリストといってるけど、要は北朝鮮の特殊部隊がきたら…って想定だろう。正面切ってそう言うと問題だから「テロリスト」って言ってる訳で。

で、北朝鮮の工作員が日本沿岸に上陸してたのは、拉致の件でよくわかっている訳で、まったく考えられない事態ではない。

北朝鮮の特殊部隊が工作活動をするなら、原発や自衛隊基地、米軍基地などの軍事上重要な拠点を狙うだろうから、千葉の館山にそういうものがあるだろうか?と思って調べたら、海上自衛隊の航空基地があった。館山は太平洋にかなり面しているので、侵入は確かにしやすいかも。

あと、千葉だと、習志野の第一空挺団に対ゲリラ・コマンド作戦専門の部隊「特殊作戦群」があるそうで。米軍のデルタフォースをモデルにした日本初の特殊部隊だそうだ。そんな訳で、千葉がテロの対象になる可能性がそう低い訳ではないようだ。

特殊部隊DATABASE JAPAN Special Forces

http://www5f.biglobe.ne.jp/~sbu/DATABASE-JAPAN.htm

モジモジ君の日記。みたいな。 - 避難訓練

http://d.hatena.ne.jp/mojimoji/20060308/p1

テロリスト数名。上陸が目撃された時点で作戦失敗じゃないのか。テロリストって言いたかっただけちゃうんかちゃうんかちゃうんか。小学校に子どもがいるってことは、平日昼間に、ってことだよね。これ。真昼間に数名。

記事からでは昼間に上陸したという設定にしているとは断言できないのでは。早朝に上陸して、それを漁師や釣り人に見られて通報されたという事態などを想定していると予想。

kmizusawaの日記 - 住民避難訓練の設定から勝手にお話を作ってみる

http://d.hatena.ne.jp/kmizusawa/20060308/p1

この訓練では「不審者」がなぜテロリスト(北朝鮮の工作員)とわかったか、というところまでは想定してないんだと思う。

でも、たしかにkmizusawaさんの指摘は重要で、「不審者」を発見しても、その相手の正体を把握するのが実は一番難しいはず。不審者がライフルなどわかりやすい武器でも持っていたのが確認できればともかく、そういうものがなかったら、ただの密輸入業者かもしれない。自衛隊が動くのなら、外国による侵略かどうかを判断するために、相手が日本国籍を持たない人間であるという証明も必要になる。*1

「不審者」を発見して、北朝鮮の工作員では?という疑念が出て大混乱、結局密輸入業者だった、なんて事態は今後起きる可能性はありそう。

はてなフォトライフで気に入った画像を自分のブログで表示する

というのをよくやっているんだけど、これをあまり見かけないのは、他人が著作権を持つ画像を、自サイトで表示するのはよくないと思われているからなんだろうか?

自動TrackBackがONになっていれば、フォトライフの画像を表示すると、TrackBackが送られて、該当のフォトライフのユーザーには伝わるんだし、サイトの閲覧者には実際に画像を見た方がよく伝わるんだし、

他人の著作物をフォトライフに入れている場合はともかく、本人の写真やイラストなどは「これよかった!」といって紹介したほうが、はてなフォトライフを楽しむ人が増えるのではないだろうか。

という訳で気に入った写真を。

f:id:oh-kei:20040731111130j:image:w200 f:id:nepari:20060106012322j:image:w200

オフ会では流されてもいい個人情報を流す

ボケないための覚書。 - オフ会と個人情報

http://d.hatena.ne.jp/syujisumeragi/20060308/1141819715

さまざまなオフ会に参加している人はオフ会専用の名刺を作る。オフ専用の名刺には、ネットで流れても構わないレベルの情報しか掲載しない。このために意外に個人情報のガードは固い。問題となってくるのは、中途半端にオフに関わりホンモノの名刺を配ってしまう人である。

結構重要だと思うんだけど、意外と意識されてなさそうなので。

キーワード「コミュニケーションスキル」について

Life like a clown - コミュニケーション能力

http://d.hatena.ne.jp/tt_clown/20060308/p1

「コミュニケーションスキル」のキーワードの大元を書いた人間なので反応。

もともと、このキーワード解説は、当時していた議論でこの言葉がよく出てくるものの、解説が素っ気なかったので、自分が書いたというものです。その時は、ビジネス系記事などを参考にしましたが、今回指摘されたようなことを強調しているものはなかったので特にいれませんでした。

前提を共有しない相手とのコミュニケーションする能力が必要だというのはごもっともなので、ぜひとも今回指摘されたようなことを追記していただけると嬉しいです。

*1:そういった問題をうまく描いたのが、山田正紀氏の小説『三人の馬』だ。麻生幾氏の『宣戦布告』は北朝鮮の潜水艇が座礁したので、相手がすぐ北朝鮮とわかったという設定になっている。

sdmtsdmt 2006/03/12 13:03 flickrから他人の写真をブログに投稿する機能を使うとoriginaly posted by 〜と出ますがこういう機能をはてなにも実装すればいいんですかね。

kikori2660kikori2660 2006/03/12 23:38 >『宣戦布告』
実際に韓国でそうした事件があったわけですから。>座礁
意義のある訓練を、というよりはそうした隣国のような緊張感を持とうよ、という効果の方が狙いでは、と個人的には思ってます。

2006-03-09

体験せずに猫知り顔で語る奴らに泥団子を投げろ!

※この記事は3/10にアップしました

日日ノ日キ - これから音楽に出会う若い人たちへ〜ダッシュ君、そしてダッシュ君と同じ気持ちの人に向けて〜

http://d.hatena.ne.jp/amiyoshida/20060306/1141648272

この話、別に音楽に限った話じゃないよ。文学でもテレビでもなんだっていい。誰かの語った評論だけ読んで、実際の作品に触れずに何もかも体験するまえから、わけ知り顔をするよりは、どんなに稚拙でもちゃんと出会って、向き合って、そして自分の言葉で語るほうが絶対に生きてる感じがする。断言する。そうしていれば、誰かに洗脳された世界でおきざりにされるなんて感情はなくなる。血を流す勇気がなければ多分、それはわからない。誰かの書いた架空の設定の連中やら世代やらぼくらなんていうふうに責任の所在を曖昧にしているのはきみの嫌う匿名の人たちと同じことじゃないのだろうか。今の自分の経験を体験を語って欲しい。

「私信」だそうだけど、すごく良かったので。もともとは音楽の話題だけど、そこを抜かしても、文化に強い興味のある人は読むのをお勧め。

ネット時代は、ある作品が他人にどう語られているのかがすぐわかり、つい猫知り顔になってしまうことが多い。他人の言葉に自分の趣味や価値観が左右されやすい。

ユリイカ増刊の『オタクvsサブカル! 』(ISBN:4791701372)を編集した時に、テーマとして考えていたのは、受け手からの歴史を語りたいというものだった。文化の歴史というと、作り手からの歴史で考えられやすかったけど、作り手の意図とは違う歴史。受け手は自分が作品をどう受容したかを自分で体系化していって、歴史観を作っていくのだというのが伝わればいいなと思っていた。


音楽という話にしぼるとこれだなあ。

ARTIFACT@ハテナ系 - なぜ音楽はセンス競争が一番強力に働くのだろうか?

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050623/musicsense

なんで、音楽であんなにセンス競争をするのか、音楽素人にはよくわかりません! 坂本真綾聴いていてたって別にいいじゃん!*1

この話題に関する直接の言及。

オオツカダッシュ - 勘違いする余地がないのは、幸せなことか、不幸せなことか

http://d.hatena.ne.jp/VanDykeParks2/20060226/1140888403

そもそもの発端。この話題に言及する人は、一番話題になっている吉田さんの記事自体に反応してるみたいだけど、この記事、そしてコメント欄でのトニオさんとChurchillさんの対話をよく読んで欲しい。

もともとは、ある人が他人にどう受容されるかということに対して、他人が注文をつけるという行為だったのだ。人から「あなたの趣味はわかりやすすぎて他人に理解されやすぎる! もっと複雑になれ!」なんて言われたらどう思う?

翌日〜この日記をブックマークするとしにます

http://d.hatena.ne.jp/testcard/20060226#p3

日日ノ日キ - 私のほうがもっと上もっと変もっと詳しいもっとセンスがいい

http://d.hatena.ne.jp/amiyoshida/20060304/1141461766

オオツカダッシュ - 聞くことの忸怩

http://d.hatena.ne.jp/VanDykeParks2/20060304/1141466851

死に舞 - センス競争は悪か?

http://d.hatena.ne.jp/shinimai/20060304/p2

Krafty | 私的抑圧

http://krafty.jugem.jp/?eid=119

想像力はベッドルームと路上から - 「渋さ知らズ」で踊り狂う小学2年生は果たしてサブカルなのだろうか・・・

http://d.hatena.ne.jp/inumash/20060306/1141651941

chemchem - 渋谷系の時代(仮題)

http://d.hatena.ne.jp/BEBE/20060306#p1

刺身☆ブーメランのはてなダイアリー - id:amiyoshida さんは良いはてな学級委員ですね

http://d.hatena.ne.jp/a666666/20060307/1141726759

Krafty | 人は全てを見渡すことは出来ない

http://krafty.jugem.jp/?eid=122

純粋なココロ 2.0: 「どんな音楽聴く?」と聞かれれば「何でも聴くよ」と答えるような、つまらない人間の戯言

http://a-pure-heart.cocolog-nifty.com/2_0/2006/03/post_733b.html

瀬戸風味@はてな - 音楽の話なんて毛程もわからないのだけれども

http://d.hatena.ne.jp/setofuumi/20060307

そしてそこでわかった事は、平凡な話なのだけれども、「上には上がいる」と。そしてそれは「どうせいるんでしょ」では全くなくて「すげえ奴らがいる」という感情なのだ。そう考えると諦観と表現したのは正しくない。下手に例えると、自分なりのマラソンを走っていたら、その先を走るランナーの走りを見ることがどうしようもなく魅力的に見えてしまったのだ。第二集団のジレンマ(今作った。意味はまだ無い)。いないだろうが、自分と同じような感性を漠然と持っていて、あの文章を読んで一欠けらの不安感や違和感を持った人がいてこれを読んでいたら言ってあげたい。それでいいのだと。第二集団、あるいはもっと後ろだったとしても、「プレイヤーそのもの」にはなれなくても、「プレイヤーであること」は可能なのだ。

すごい人は確かにいる。それに対して「先人に永遠に勝てない」と思うか、「少しでも近付こう」と思うかという違いか。

自分の場合、すごい人から面白い話をいつも聞かせてもらってるなあ、自分も拙いながらも自分の考えを人に伝えたいなあと思ってやっていて、ずっと第二集団だと思っていたら、いつのまにか第一集団に見られているという感じ。


自分の中で関連している記事。

ARTIFACT@ハテナ系 - 田舎臭い優等生

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20040914/countrysmell

ここでも紹介した江島氏の記事を再度引用。これは読んだ当時、はてなダイアリーでのことを言ってるに違いない!と勝手に思っていた。

CNET Japan Blog - 江島健太郎 / Kenn's Clairvoyance:ネット・リテラシーと民主主義と

http://blog.japan.cnet.com/kenn/archives/001052.html

特に精神的なタフさをまだ身につけられていない若い人たちがサブカルチャー的なサイトや匿名掲示板などに安易に傾倒してしまい、そこで一喜一憂しているのを見るにつけ、そういう時期もあった方がよいと思う反面でいつ卒業するのだろうかなどと説教臭いことをも思ってしまうわけである。スノッブたちのシニカルな文章が飛び交うこれらのコミュニティは、言葉による虚構の人格を構築する半分オトナ半分コドモのためのゲームあるいはカルトである。そのことをわきまえた上で、割り切って楽しむべきは楽しみ、済し崩し的に見えざる宗教に染まらないように適度な距離を保つべきではないか。染まるならむしろ確信犯として堂々と染まって欲しい。と、そのような勝手な期待を抱いてしまうのだ。(このあたりはあくまで私の偏見である)

同じく、この記事で紹介したブログ時代になってレビューが増えたことに関する考察。

A CLOCKWORK GRUNGE - インターネットで今誰が対決しているのか

http://d.hatena.ne.jp/importer/20040325#p1

レビューは印象に残るし、参考になるんだけど、書き手の印象が薄い。かつて「自分を都合良く理解してくれるコミュニケーション」が目的で、文章を手段としてのみ利用している人たちが「物書きを目指しています」と発言する度に覚えていたのに似た違和感を、最近のレビューに覚えてみたり。

なんていえばいいのか、今度は消費が目的で、レビューが手段みたいになってるんですかね。歯止めの利かない消費生活のトランキライザーとしてレビューがある、みたいな。すみません、今背伸びしてちょっと偉そうなこと書きました。

でも絶対あると思う。「俺レビュー書いてるもん。これは消費じゃなく創造ですよ」っていう言い訳で無意識に自分を正当化してる部分が。一日中テレビ見てて学校にも行ってねえ、フリーター街道まっしぐらだけど、俺レビュー書いてるもん、これクリエイティブだもん、みたいな。

文化と差別、そして「おたくと新人類」

死に舞 - センス競争は悪か?

http://d.hatena.ne.jp/shinimai/20060304/p2

基本的にあらゆる文化の価値観は人を馬鹿にすることでなりたっていると自分は思ってる。

死に舞さんの記事を読んで、そういえば去年死に舞さんの記事に触れようと書きかけの文章があったのを思い出したのでサルベージ。

死に舞 - 鰻ナウ! 中二病、高ニ病へのレクイエム1

http://d.hatena.ne.jp/shinimai/20050419#p1

まあなんにしろ全体にいえるのは、文化を感性的な側面以外で評価する、つまり文脈的な差異などを強調して評価する態度を「病」と括ることで脱臼させているのだ。そしてそこにあるのは結局、素朴で「無難な」、「(漫画でもアニメでもハリウッドでも洋楽でもJ−POPもアニソンでもフランス映画でも文学でもライトノベルでも、その形式的な差異はともかく)内容が良いものが良い」という美学であろう。

すごく綺麗に整理されていて納得。

死に舞 - 鰻ナウ! 中二病、高ニ病へのレクイエム2

http://d.hatena.ne.jp/shinimai/20050423#p2

なんか高度な話に。再度読んだんけどよく理解できなかった…。


死に舞さんの話を読んで、整理されたんだけど、自分は「内容が良いものが良い」ではなく「それが好き」であることに自信を持とうよという人間なんだというのがわかった。その「好き」に社会的な評価(これが死に舞さんの文章中に出てくる「良い」とか「素晴らしい」だと思った)が加わらなくても、別にいいじゃんと。

ただ、好きなら好きでいいじゃん、評価なんか必要ないよ?と開き直って、タコツボ化してしまっても、文化としてはつまらない。「文脈」的な差異を読めないというのは、それはそれで退屈だし、文化的に貧しい。「文化」とは「差異ゲーム」であるからルールである文脈を知っておいて欲しい。でも、それは最終的にはゲーム(価値観の競争)であって、それが人の全てであるかのように思うのはアホらしいよ、ってところだろうか。

ARTIFACT ―人工事実― : この時絶滅させておけばよかった「村上隆」のガイドライン

http://artifact-jp.com/mt/archives/200402/murakami.html

 渡部直己氏が『五分後の世界』の解説で、「違う文化への無根拠な差別が、文化を活性化させる」(ちょっとうろ覚え)と書いていたと思うんですが、みんなで「これが好き」「あれが嫌い」と勝手に言い合う方が、活性化されるんでしょうけどね。

この渡部直己氏による解説は非常に印象に残っていて、今もよく言うネタになっている。

この場合の「差別」は、社会的な差別ではなく、優越感や侮蔑と考えたほうがいいだろう。死に舞さんの言葉でいえば「馬鹿にする」だ。問題視されるべき差別というのは、生まれなどのような「本人が選べないもの」であり、文化というのは選べる。

小説 TRIPPER (トリッパー) 2005年 春季号

だから、極論をいえば、文化に関しては、不毛だけど悪口合戦をやってもいいと思っている。根拠がなくても、ああそうか!とついうなずいちゃうような悪口を言った勝ち。そういう悪口を「偏見」というんだけど。その程度で淘汰されちゃうような文化ならそれまで。この辺りは、小説トリッパーライトノベル特集号での大塚英志氏と斎藤環氏の対談に刺激を受けた。

ただ、困るのは、その「偏見」が表現規制などの社会的な動きになりやすいところなんだけど…。

そういう判断基準があったので、出身地のような「本人が選べないもの」に関して、言及することは避けていた。そんなところで気になったのが、Comic 新現実4号の大塚英志氏と香山リカ氏の弟の対談。

Comic 新現実(4) (単行本コミックス)

Comic 新現実(4) (単行本コミックス)


この対談では、おたくと新人類について語っているんだけど、大塚英志氏が80年代において、おたく*2というのは、練馬などの東京周辺地域出身で、新人類は地方出身者が多かったという見解を出していた。そこでは、おたくは家で洋服が用意されるから、わざわざ新人類のように服を買う必要なんてなかったとか、おかん服に対する開き直り肯定があったりして、それはそれでおかしいんだけど、それは本筋ではないので戻って。

この話は、80年代に地方で活動をしていたオタク、たとえば唐沢俊一氏のように札幌で『宇宙戦艦ヤマト』のファン活動をしていた人たちを、いきなりないことにしてしまっている傲慢な認識だ。そして、この対談を読んで、つくづく感じたのは、結局オタク(おたく)と新人類というのは、首都圏の進学校出身者の文化的差異ゲームであって、それがたまたまマスメディア上に出ていたから、すごく大きな問題に見え、そんなメディアを一身に受容していた人たち(この場合は香山リカ氏の弟。北海道出身)によって認識された対立なんだなあと。そして、どうもこの対立というのは今も続いているのではないかという気がしている。

文化人の出身地、そして通った学校(特に高校)でわけていくと、おそらく一定の傾向は出てくるだろう。でも、文化的差異ゲームの話に出身地を入れてしまうと、それは本当に「差別」であって、それを一般化しようとするのは暴力だろうと考えるから、わざわざ主張する気はない。

とはいえ、過去に自分もそうした出身地話的なことを話題にしたことはあって、Gree NIGHT批判の時に出た「田舎臭い優等生」に感情的に反応してみたことがある。

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20040914#countrysmell

この時の「田舎臭い」というのはあくまで形容詞であり、本当の出身地ではないし、これは相手がcharlieさんという面識のある人だったし、もともとのその部分の反応に関しては感情的なものだから、こちらも感情的なものの方が面白いかなと思って書いてみた。

*1:貶している訳ではない。自分も好きなので

*2大塚英志氏がいうものなので平仮名

VanDykeParks2VanDykeParks2 2006/03/11 02:05 なんか、日付ずれてないっすか。

kanosekanose 2006/03/11 02:09 同じ日にたくさん更新を入れたくないので前の日付にしてます

K_NATSUBAK_NATSUBA 2006/03/11 02:09 坂本真綾はむしろ聞いていても良さそうな感じが卑怯なんじゃないでしょうか。声優ファンにとって。

kanosekanose 2006/03/11 02:35 細かい突っ込みが! 音楽ファン的にダサイとされてそうなオタク音楽なら何でもよかったんですが、さすがにネイティブ声優音楽は聴いてないので…。

kanosekanose 2006/03/28 22:32 Regretさんが指摘されているような危惧は確かに読み取れます。その文脈でいえば、僕の説明はひどく単純化されているというご指摘はその通りです。しかし、その危惧に絡んでいるのは、僕がこの記事で主張しているような「他人がどう受容されるかに対する注文」があります。それが「メガネオジサン」に代表される部分です。この点に関してはあまり語られてないので今回強調しました

2006-03-07

『逆転極東裁判』は公開を停止していた

ARTIFACT@ハテナ系 - Flashゲーム『逆転極東裁判』

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050214/gyakuten

去年頭に話題になったこのゲーム、カプコンからクレームがあったようで公開停止になっていた。今回の場合、無料で金銭的被害はないのだから、政治的な問題に自社のゲームが絡められて、自社のイメージがダウンすることを恐れたのだろうか。

スタヂオイピョウ - 逆転極東裁判 従軍慰安婦問題検証編

http://www.studio-ipyou.net/project/

申し訳ありません。ただいまゲームをプレイできません。

カプコン様からのお達しがあり、 一旦公開を停止します。

著作権に問題のない形で再構成を行い、再起をかける所存ですので

どうか、応援よろしくお願いします。

2006-03-06

芸能人が声優をやるなんて許せない!

++芸能人声優反対同盟++

http://embellish.fc2web.com/antigeino.html

ジブリアニメ絡みでこんな同盟が。

・それが妙に上手いとまた腹が立つ。

上手いならいいじゃん!

・出来ることなら、私だって声優やってみたいんだ!!

いや、それはかなり関係ないかと…。

美輪明宏はなんとなく許せる。

妙なオチ。

芸能人のロングテールとしてのメイド喫茶

メイド喫茶を紹介するテレビ番組での話。芸能事務所をやっている社長がメイド喫茶をやっていて、その理由として、「芸能界で働いている女の子たちを助ける場所としてメイド喫茶を活用できるから」と語っていたそうだ。そこで働く女性たちも、特にアニメや漫画などに興味がある風ではなかったという。

そういう面はあるだろうなーと推測はしていたが断言する人がいたとは…。

文学フリマ文化人

ENDING ENDLESS 雑記帖 - 「STUDIO VOICE」3月号

http://d.hatena.ne.jp/ending/20060215#p1

前島賢、前田久、山田和正といった若手の文学フリマ文化人や(←僕的には、あそこで購入した優れもの同人誌で企画し書いていた人たちって印象が強いので、名づけてみました)、「QUICK JAPAN」のラノベ特集にかかわった吉田大助などがブックガイドを担当している。

昔、岡田斗司夫氏が言った「プチ論壇」を彷彿させる(笑)。

http://www.netcity.or.jp/otakuweekly/BW0.3/TR1.html

「プチ論壇」、聞き慣れない言葉であろう。それもその筈、ついこのあいだ僕が思いついた言葉だ。

 既存の価値観を疑い、腐りきった30代文化人(僕を含む)を批判し、サイバースペースの中で自由な言論を戦わせ、オマケにOFF会まで開いちゃう。まことに頼もしい若者たちなのである。でも掲示板で大論争もしちゃう。

 そういうお茶目なとこも含めて「プチ論壇」と名付けてみた。皆さんもそのあたりを噛みしめて欲しい。

リンクを見たら、本田透氏の日刊アスカ通信があったりして面白い。

『宝島30』との断絶

ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記 - 「わかってもらえるさ」RCサクセション

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20060304

たとえば僕はイラク戦争やブッシュ政権に反対したので反戦リベラルだと決め付けられるが、そもそも僕が『宝島30』やってた頃、『噂の真相』から「新保守の黒幕」って叩かれてたの知らないの? 北朝鮮拉致や辛ガンスの告発も、まだ国やマスコミが否定していた1992年に既に僕が『宝島30』でさんざんやってたの知らないの?

本題とは関係ないんだけど、『宝島30』の愛読者として反応。

宝島30は一見今よく言われる言説に似ているので、ひな形を作ったように指摘する人がいるけど*1、町山氏の過去の活動を知らないで批判する人間の多さから見て、こういう話を見ていると、実はまったく影響してないのではないかという感じを受ける。

日毎に敵と懶惰に戦う - みなさん、blogって是々非々で読んでるよねえ?

http://d.hatena.ne.jp/zaikabou/20060223#1140663385

特定の人のblogで批判とか擁護とかすると、途端に「あっち側」「こっち側」みたいにレッテル貼りする人っていますけど、そんな単純じゃないよねえ。

ちょうど関連する話題。

きっこネタを書けばネットウヨと罵られ、歴史ネタを書けばサヨと罵られたりしてます。

*1:rir6さんが書いていたと思う

うしうし 2006/03/07 21:08 町山氏の今回の件は、ドラマ「大地の子」で主人公陸一心の受けた仕打ちとか思い出しました。叩いた人は見たこと無いのかなあ。

guldeenguldeen 2006/03/07 22:22 べつに『ミスキャスト』でなければ、誰が声優をやったっていいんですよ。
ただ残念なことに、たとえばキムタクなどの有名タレントなどは声だけを聞いてても「アテレコされたキャラクターの後ろに、どうしてもキムタクの姿がちらつく」ほどの個性が感じられるタイプの人なので、結果的にはミスキャストになってしまう、と。
そもそもが、声優=キャラクターの生命を汲み取る「イタコ」です。イタコには、それ自身には強烈な個性(タレント)は不要なのです。

DryadDryad 2006/03/07 23:06 例えば若本規夫さんはあの特徴的な声と某国民的アニメのおかげで、どの役をやっても「アナゴさん」の影がちらつきますが、名演は多いと思いますけど。ってタレントじゃないだろうって?(´・ω・`)何はともあれ、紹介されたサイトでの「専業として努力した人間以外認めない」的な声には違和感を感じますねぇ。

kanosekanose 2006/03/08 04:49 芸能人の声優になぜ違和感を感じる問題は興味があるのでいずれちゃんと触れたいです■大山のぶ代氏はもはやドラえもん以外に聞こえませんからねえ

hshs 2006/03/08 10:37 俳優志望の女の子ばかりいるという某クラブ(というかスナック)を思い出します。接客や立居振舞、表現力などが普段からただされていいのでしょうが、どことなく「トウのたったAV嬢→風俗店」みたいな例も連想しますね…

2006-03-05

『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』の音声で気になったこと

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 [DVD]

DVDを買ったのに見てなかったもの。劇場で見た時は、リリーカーネーションに吸収された仲間たちがルフィーを呼ぶシーンがあって、サラウンドでささやくように聞こえて恐いシーンがあったんだけど、DVDだと見つからない。一緒に観た人に確認したら、そういうシーンはあったというから記憶違いではないはずなんだけど…。音声が変わってるとか?

女性がチャットで男性と間違われたままでいたら…

white_cake - 私が男性だった頃〜その1〜

http://d.hatena.ne.jp/white_cake/20060226/1140956177

white_cake - 私が男性だった頃〜その2〜

http://d.hatena.ne.jp/white_cake/20060227/1141005206

white_cake - 私が男性だった頃〜その3〜

http://d.hatena.ne.jp/white_cake/20060228/1141122428

white_cake - 私が男性だった頃〜その4〜

http://d.hatena.ne.jp/white_cake/20060301/1141207280

white_cake - 私が男性だった頃〜完結編〜

http://d.hatena.ne.jp/white_cake/20060303/1141350389

女性であるシロイさんがチャットで男性と思われてしまった経験談。勘違いされる過程も面白いのですが、オフ会が行われる完結編では意外なラストが! 確かにこの手法、なかなか伝統的で最近だとmixiでもいるという噂を聞きます。

white_cake - 私が男性だった頃〜番外編〜

http://d.hatena.ne.jp/white_cake/20060304/1141426766

ono_matopeono_matope 2006/03/06 03:16 初めましてです。細田ワンピですが、
巨大カーネーションが崩壊して、ルフィが矢を喰らってからのあたり(チャプター16の終わり辺り)だと思います。手元のDVDだとちゃんと音が入っていますね。
いやしかしいい作品です。
映像特典の舞台挨拶で、ロビン役の山口由里子氏がネタにしてますw

kanosekanose 2006/03/06 11:21 ずっと戦闘している辺りを探していたんですが、カーネーションが崩壊してからでしたか。どうもありがとうございます。これでぐっすり練られます!

2006-03-04

画像をタグで分類していて気付いたこと

はてなフォトライフに過去の写真をアップしているんだけど、フォトライフのおかげでフォルダとタグが両方ある場合の気になる点がわかりやすかった。

たとえば、「東京」という地名と「空」というフォルダを作っている。しかし「東京」フォルダにいれた写真の中でも、空も結構主体になっている写真を検索できるようににはタグで「空」を入れておく。しかし、タグ「空」で、すべての空の画像は表示するためには、「空」フォルダに入れている画像に「空」タグをつけるしかない。なんか二重になって気持ち悪い

フォルダの要素で重なるものを選んだのが悪いんだけど、そうなるとフォルダは時間軸で整理するのが一番よさそうな気がする。撮影したデジカメ画像は日付フォルダで分けてはいるんだけど。

画像管理ソフト

Picasa2は整理してなくても、画像を時間軸で見られるから便利なんだけど、既にフォルダへの依存度が高い画像整理をしている場合、整理にはあまり向いてない。新規フォルダへの移動はどうやるんだろうと思ったら、画像を選択したあと、画像の上で右クリックというインターフェイス。既存のフォルダへの移動なら、下の画像トレイを使うのに、その時だけ別なのか! 気付きにくい。おまけにヘビーなアプリで、画像が多いと平気で500MBぐらいのデータを作るし。結局たまにPCの中の画像をブラウズする用になった。

コレに決定! ニシノ式ネット生活快適レシピ 画像管理ソフトの決定版? 日本語版「Picasa2」

http://bb.watch.impress.co.jp/cda/net_recipe/11203.html

スタパ齋藤の「週刊スタパトロニクスmobile」何かとお得で楽しいGoogle系ソフト「Picasa2日本語版」

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/stapa/26406.html

connect: Picasa2 気付いたこと Tips その2 & ショートカットキー

http://connect.seesaa.net/article/1809227.html

スタパ斎藤氏も書いているけど、結局画像整理はACDSeeだなあ。

SD Viewer Version 3.5 新機能 | 商品紹介 | ソフトウェアサポート | Panasonicサポート情報

http://panasonic.jp/support/software/sdviewer/prod/v35/index.html

SD Viewer Version 3.5 主な機能・画像を整理・分類する | 商品紹介 | ソフトウェアサポート | Panasonicサポート情報

http://panasonic.jp/support/software/sdviewer/prod/v35/main02.html

パナソニックのSD Viewerというソフトは実際のファイルは日付別のフォルダに自動的に入り、場所、人物、キーワードによる分類は参照となるそうだ。上の記事で書いたようなことが自動的にできそうで気になったんだけど、てっきりパナソニックのデジカメに標準添付されているかと思いきや。

http://panasonic.jp/support/software/sdviewer/faq/sd_viewer.html#anchor6

Panasonic製デジタルビデオカメラ(NV-GS400K)、デジタルカメラ用アクセサリー:ワイヤレス通信アダプター(DMW-WT1)、SDマルチカメラ(SV-AS3, SV-AS30)に同梱されており、パッケージ販売はいたしておりません。

なんでだ!

デジカメのexifデータを残したまま、拡大縮小できるツール

こういうツールってないんだろうと思って探していたら、愛用しているOPTPiX webDesignerがバージョンアップして対応していた。半年前のソフトのバージョンアップに気付いてなかったとは不覚。

OPTPiX webDesigner Ver.3

http://www.webtech.co.jp/onlinesoft/webdes/index.html

OPTPiX webDesigner - ベクターソフトニュース

http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/050827/n0508271.html

はてなが使いにくい話/ポータルを作って移動にコンセプトを持たせて欲しい

とりあえずダイアリーの話ですると、入力欄が「日付」「日付タイトル」「本文」しかないため、初心者はここを埋めることしかできないのではないだろうか。実際初心者っぽい人を見るとそんな感じだ。自由度が高すぎて、何をすればいいのかわからない。

だから、もうちょっと限定させてしまって、記事ごとのタイトルの入力欄やカテゴリーをプルダウンで選べるような入力モードがあるといいのかも。

ただ、そうなると、「完全ブログモード」をつけるべきという話になっちゃうかもなあ。

betaグループ - なベータべたい。 - 説明書のないおもちゃ箱「はてな」

http://beta.g.hatena.ne.jp/kuippa/20060225/p1

あれか、はてなは自分の使っているサービス以外にはアクセスし難いようになってるのかな?

はてなのリンクって同じところに出たようで、違うところだったりするんだよな。

例えば、誰かのブックマークを見てて、自分のブックマークに移動しようとsubmenuの「ブックマーク」を押すと、その見ているひとのブックマークがでたり。

これはあるある! もう慣れちゃったけど、知らない人にはわかりづらい。

あと、各サービス間の上下アイコン移動も、その人がサービスを使ってないとトップページに飛ばされたりする。

だから、その人の顔になるようなポータルページが欲しい。

YAMDAS現更新履歴 - 「はてなSNS」でなく「はてなポータル」を目指すべきではなかったか?

http://d.hatena.ne.jp/yomoyomo/20060302/hatenasns

この通りで。

yomoyomoさんが紹介してくれたので再度。

ARTIFACT@ハテナ系 - はてなポータルを望む―はてなはmixiの機能を飲み込め!―

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20050526/hatenamixi

今後よりコミュニケーションを加速させるツールが出てくるのなら、ポータルの普及は必要になると思う。

そいや、はてなグループでコメントすると、グループユーザーでない人でも、リンク先が、グループダイアリーになるのが結構困る。この飛ぶ先をはてなポータルにして欲しい。

それと、自分に向けてだけでいいけど、はてな内部のコメント履歴表示機能が欲しい! いまははてブで管理してるけど。

初心者向けのナビゲーションという観点で考えると、機能のカスタマイズはできても、デザインのカスタマイズは高くしないほうがよさそうだ。どこでも同じ操作というのは初心者にやさしいし。

はてなSNSに関する反感メモ。

はてなアイデア - はてなSNSのユーザーページは、そのユーザー本人によって表示・非表示を設定できるようにすべき。SNSの反感がメインサービスに影響するまでに膨らんで来ている。

http://i.hatena.ne.jp/idea/8786

妄想科學日報 - はてなSNSへの嫌悪とか

http://d.hatena.ne.jp/DocSeri/20060228/1141096716

焚書官の日常 (5) - はてなSNSについて、難癖をつけた経緯と心情のまとめ

http://d.hatena.ne.jp/mutronix/20060303/snsmatome

2006-03-02

ウェブ画面キャプチャーソフト

窓の杜 - CrenaHtml2jpg

http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/capture/crnhtml2jpg.html

これ便利だ! URLを指定すると、そのウェブの下までキャプチャーできる。縮小画像も作成可能。コマ撮りもできるので動きのあるサイトでも便利。

gdiplus.dllが必要。最近のXPだとインストール済みだそうだ。

http://www.microsoft.com/downloads

ない場合はこちらから検索してダウンロード。

人を小馬鹿にしているという態度の指摘

ブログ文章術 米光一成|Excite エキサイト ブックス : 伝説の文章術名コーチたちの極意とは!?

http://blog.excite.co.jp/blog-jutsu/979930/

コメント欄を読んだら、米光さんの文章が人を小馬鹿にしているとか見下しているという態度問題になってきているようだ。

自分もよく「お前は小馬鹿にしている」みたいなことをよく言われるけど、自分にはそんな意志がなかった時によく言われることが多いので*1、もともと個人的な関係があるなどのよほどのことがない限り、相手に対して言わないようにしている。そんな部分は無視して本題のことを話せばいいんだし。

えっけんさんも、人からよく「あなたの態度は人を小馬鹿にしている」と言われていると思うんだけど、だからこそ、小馬鹿にしているという態度の指摘は、かなり微妙でお互い納得いかない問題の一つだというのは知ってるんじゃ?

あと、ちんこ寺さんみたいに人をよくからかう人が、小馬鹿にしていると指摘しているのも不思議だ。

不備日報: lazarus_long様への謝罪と弁解

http://hubinippou.seesaa.net/article/10982246.html

これは面白かったけど、小馬鹿にしていると言われても不思議ないんだし。

米光さんとしてはユーモアとして入れている部分が、相手にかちんとくるんだろう。そういった感性に依存した部分でのすれ違いを指摘しても実りがあるとは思えない。

まさか、他人をからかう人ほど、実は他人の態度に厳しい、ってことだったりする? それは格好悪いよなあ。結論として、他人をからかったり、小馬鹿にしているとよく指摘されている人が、他人に小馬鹿にしている!と主張し始めると「オマエモナー」って言われるということで。


「文章術」というタイトルに引っ張られているけど、米光さんがやろうとしているのは、ブログコミュニケーション術であって、美しい文章や人に感銘される文章を書くのは二の次だというのが読み取れるから、反応するのならその辺を意識して欲しいところ。

*1:逆に自分の意志でやっている時は言われない気がする

kanosekanose 2006/03/02 20:54 反応はや! トリックスターcatfrogさんもそうだったとは(笑)。

kanosekanose 2006/03/02 21:26 米光さんもものすごい勢いで噛み付いてくれることを期待してユーモアを入れていたかもしれませんね

ekkenekken 2006/03/02 22:28 アレだけ引っ張っておいて、「こうした文章で大いに盛り上がる事が出来ました」というオチなら、食わされた! と思うんだけどなぁ。

kanosekanose 2006/03/03 04:56 小倉弁護士もHotWiredという仕事のブログで似たようなこと指摘されてましたね。引っ張り過ぎだというのは感じます。ブログに反応ばかりしていると本題に入れないんですし、そこそこで切り上げないと