Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

日記一覧 注目エントリー 人気エントリー

2006-06-11

なんでゲームは映画のようにならないのか問題

映画は、制作予算が大変少ない単館ロードショーのものも大規模な予算をかけたハリウッド映画も同時に市場に存在している。マイナーな映画製作者がハリウッド的映画を批判する光景はよく見かけるけど、こっちが本流、みたいな話はではなく、オレだって面白いもの作ってるんだ、オレのも見やがれ、ちくしょう!という叫びだろう。

でも、なぜかゲームは、やたらと「これが本流! これにのれない制作者やユーザーは時代にのれてない!」とかって煽りが出る。

ゲームというのはハードの問題から、数十年後にもまったく同じものが残ることはないために、時代性が強く意識されたり、残ることが意識されないのかもなあ。「その時に経験したもの」が正義みたいな。そういう意味では、「今の積みゲーは老後に…」みたいな考えというのは、実際には無理なのかもしれない。

nishiogikuchonishiogikucho 2006/06/13 23:52 はじめまして。
>残ることが意識されない
という点については、サイレント映画の多くが現在失われてしまっていることから、映画もかつてそうだったのではないでしょうか?なにしろ現在では「文化」とみなされている溝口健二作品ですら大半は存在しないのですから。
別な言い方をすれば、ゲームは「文化」などに見られてたまるもんか、という「健全な商品」として存在しているということなのではないでしょうか。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。