Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

日記一覧 注目エントリー 人気エントリー

2007-04-06

素人が難題を勘と運で乗り越えるのではなくて、プロが知恵をしぼって解決するアニメをもっと見たい

春のアニメ新番組を見ながら。登場人物が学生(またはそれに準じた社会人一年生レベル)ばかりで特殊能力や勘、運で乗り越える話ばかりだなあというのを相変わらず感じた。プロが知恵をしぼって難題を解決する作品が見たいと思っても選択肢は限りなく少ない。そういう作品が見たいのなら、アニメ見ないでドラマ見たほうがいいよねということに。

アニメにおいてプロではなく学生が現場に出るのはなぜか : ARTIFACT ―人工事実―[↑B]

以前からもこれは触れているんだけど。

そういう意味では『精霊の守り人』の主人公が30歳というのは期待したい。『攻殻機動隊SAC』もプロが知恵をしぼって解決するドラマだったし。

crodecrode 2007/04/06 13:32 アニメの場合、メインのターゲットは10代ということが強い要因ではないでしょうか。視聴者の年齢に主人公を合わせるのは基本だと思います。今でもそれは根強く残っていると。マンガの世界は一足先にっていますが、だんだん30代をメインターゲットとする番組が増えていくのではないかと思います。「バーテンダー」とか。

tarabaganitarabagani 2007/04/06 13:42 脚本を書く人間は脚本のプロであり、他の道のプロではないから難しいと思います。
その道のプロの知恵を理解した上でアニメとして面白く脚本家が脚本を書かなければいけない。
それを埋めるには、綿密な取材、時間、他の道のプロアドバイザー、金、もしくは原作などを必要とし、
今の日本アニメは大作以外でそういう手間を掛けられないと思われます。
学生なら誰でも経験してるので書けるし見る方も分かりやすい。
攻殻みたいな奴は原作が出てからもう十何年も経ってるので書く方も見る方もプロを想定しやすいというのはあると思います。

3434 2007/04/06 13:47 >crode
子供にも友情と勇気以外に知恵と工夫と地道な努力を見せてあげたい。

コナン君はどっちかな?

sugajunsugajun 2007/04/06 14:19 どうも、初めてコメント書かせていただきます。よろしくお願いします。
「何故、素人ばかりが主人公の作品が多いのか?」という疑問に対して、わたしが思うのは、「プロ=玄人を主人公にすると、その背景を取材(理解)しなくてはならず、そうした時間的、経済的に許容するための配慮が日本のコンテンツクリエイトの現場には欠けているから」ではないでしょうか?わたしが好きな海外ドラマにCSIというのがありますけど、あれを見ると日本で作られた沢口康子主演の科学犯罪捜査を主題としたドラマが、安っぽく見えます。実際の日本の鑑識班、科学捜査はもっと地道でかつ先進的な研究がなされているのでしょうが、それが脚本にも設定にも反映されていない感じがして残念です。というように、日本でコンテンツを作る場合に、時間も予算もないから、素人を主人公にして進行していき、合間合間にドラマを挟んで盛り上げて、適当に解決させればいいだろうという安易な考えが見え隠れします。

R.FR.F 2007/04/06 15:47 CSIはCSIで、一般視聴者に科学捜査に対する過剰な期待を抱かせてしまっているという問題があるそうです。
http://www.nikkei-bookdirect.com/science/page/magazine/0610/csi.html

greenTgreenT 2007/04/08 11:58 日本人はトリックや科学技術より人間関係とか情緒的なものを好むっていうのは確かにあるかも。
じゃあプロの仕事を情緒的な観点からとりあげたらいいんじゃねえの?っていうのもアリかと。
ちょっと違うかもしれないけどARIAとかどうかな?あれ、プロだし。

masaomasao 2007/04/10 13:01 日本の地味な旅情系刑事物とかの方が、海外のど派手なアクション物よりもよっぽど実際には即してる気がする。
比較対象があれなだけで、当然旅情物だって演出過多ですけど。
プロを「らしく」見せるってのは結局虚構で、素人出すのと変わらんよな、とは思うわけです。

有名な海外ドラマや映画で出てくるハッカーなんて、馬鹿らしくて見てられないけど、知識のない人から見れば十分納得いく「ハッカー」でしょう?
大概の警官物だって、解決するのは「その他大勢の職員達」ではなくて、「飛びぬけた能力を持つ一部の特殊な人たち」ですしね。

その職業が何かに関らず、訓練され経験をつんだ「その他大勢の職員達」が極限状態で各人の能力を遺憾なく発揮して問題解決ってのは、それはそれで面白いでしょうけど、それは見る側に一定レベルの何かを要求するか、小説なみの状況説明か、わからなくても勢いで楽しめる演出かのいずれかが必要でしょうしね。

名無し名無し 2007/05/01 01:16 ドラマでも素人が難題を解決する話が多くないですか?
「家政婦は見た!」とか。きっと日本人の体質ですよ。

ドラマやアニメの原作になるような漫画で、現実のプロが活躍するような話はほとんどドラマになっちゃいますね。
アニメはゴールデンで流せないんだから仕方ないと思います。

名無し名無し 2008/02/03 17:16 フルメタルパニックはうまいこと両立させる方法をみつけたね

zm_nouveauzm_nouveau 2009/08/16 02:14 プロの仕事というのは既知の事例の積み重ねでコトを進めるのであって、まったくの未知の事例に対応させる姿を描くのは難しいのではないかと思います。それに、事件や事故を起こさないようにするのがプロの仕事であるけれども、ストーリーとしては何かが起きないと話が始まらないですし。
結局、人情話みたいな感じになってしまうのでしょうか。

「攻殻機動隊」とか「勇午」みたいに事件を起こしてそれからを描くか、「銀と金」のような勝負事の世界を描くか
あるいは歴史物か擬似歴史物になるか…。

タチバナタチバナ 2009/12/28 17:59 昔の特撮とか、アニメは結構プロの大人が活躍してた気がするんだけど。
タンサー5とかヤマトとか、細部は今見ると…なところも多いけど、
知識と勇気をもった大人が、困難に立ち向かう姿がかっこよかった気がする。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。