Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

日記一覧 注目エントリー 人気エントリー

2007-09-28

投資案件だった『DEATH NOTE』のアニメは売り上げ目標を達成できたか?

DEATH NOTE 1 [DVD]

検索していたら、こんな過去記事を発見。

TVアニメ版「DEATH NOTE」のDVD売上げ目標は15億円[↑B]

 日本テレビ放送網株式会社と株式会社NTTドコモは8日、共同の出資で設立した有限責任事業組合D.N.ドリームパートナーズの第一号投資案件が、10月3日から日本テレビ系列で放送予定のアニメ「DEATH NOTE」(デスノート)に決定したと発表した。

 D.N.ドリームパートナーズは、コンテンツへの投資や制作を行なう有限責任事業組合(LLP)として日本テレビとNTTドコモが各50億円、合計 100億円投資し、4月3日に設立された。事業内容は、放送と通信を連携させた新サービスを共同検討することをメインとしており、ワンセグ放送のデータ部分とiモードの連動などを進めている。

なるほど、『DEATH NOTE』は投資案件だったんだ。

DEATH NOTE』のアニメのDVDは1巻辺り税抜きで3,800円で、7掛けとすると2,660円。15億円という目標に達成するためには56万4000枚近い売り上げが必要になる。シリーズで12巻まであるので、1巻辺り、約4万7000枚。アニメDVDでこれだけ売れたら「大ヒット」という枚数だ。

2006年新番組DVD売上げ【初動】平均 :Syu's quiz blog[↑B]

これを見ると1巻は初動で14,579枚。その後の売れ行きを足してもせいぜい2万枚ぐらいだろうから、これでは目標達成は難しいだろう。DVD以外のネット配信とかもあるだろうけど、DVDの売り上げほどの数字にはならないだろうし。

※後で気付いたんだけど、レンタル売り上げを考慮してなかった。またコメント欄で1巻は3万枚近く売れたという話なので、総合すると、結構いいところにいってそうな気がしてきた

原作漫画が売れているからアニメのDVDも…と思ったんだろうけど、アニメのDVDは原作漫画が10万単位の大ヒットをしていても、5000〜1万枚ぐらいが普通だからなあ。

コンテンツ関係の投資はなかなか難しい。ベンチャーキャピタルみたいに、もっと規模の小さい投資をいくつもしたほうがよさそうな気はする。


これは企業の投資案件だったけど、個人投資で話題になった『北斗の拳』劇場版もなんか微妙な匂いが。途中で配給会社が東宝からデスペラードに変わったりしているし。

北斗ファンド - SMBCフレンド証券株式会社[↑B]

北斗の拳映画および投資ファンドについての考察[↑B]

※関連

[産経新聞 ENAK 11月号]初の個人向け映画ファンド「忍」が失速 [↑B]

そういえば、個人投資案件といえば『バジリスク』もあったか。こっちはどうなったんだろう?

「アニメファンド!バジリスク匿名組合」サービスのご案内 - 投資信託ならネット証券会社のジェット証券[↑B]

※追記

切込隊長BLOG(ブログ): なぜ萌えを語るヲタはそっち方面の創作物の中でしか解釈しないのだろう?[↑B]

 ただ、これらは投資収益を狙って一攫千金をというよりは、NTTドコモの偉い人が戦略的にコンテンツを携帯やオンラインに地上波から移行させていこうという際に、地上波各社といかに協力体制を構築していくかという別の意図があるように見受けられます。

なるほど、確かに「単に儲ける」というより別の意図があるだろうとにらんだ方が自然。コンテンツファンドは収益としてだけ見れば、やはりきついと。


※コンテンツファンド関係の詳細な記事

特集【映画ファンド】−1−映画ファンドとは「話題作の『北斗の拳』を中心に、映画ファンドの仕組みを探る」 - 経済トピックス - 話題とコラム - QUICK MoneyLife 投資信託・株式投資の資産運用応援サイト | 株式市況 | 株価 | マネーライフ[↑B]

特集【映画ファンド】−2−映画ファンドの仕掛け人「ファンドを通じ、コンテンツを『成長産業』に」 - 経済トピックス - 話題とコラム - QUICK MoneyLife 投資信託・株式投資の資産運用応援サイト | 株式市況 | 株価 | マネーライフ[↑B]

特集【映画ファンド】−3−過去の実績「元本割れした「忍−SHINOBIファンド」の経験に学ぶ」 - 経済トピックス - 話題とコラム - QUICK MoneyLife 投資信託・株式投資の資産運用応援サイト | 株式市況 | 株価 | マネーライフ[↑B]

特集【映画ファンド】−4−今後の展望「映画ファンドは大型化・インディーズ化の二極化へ」 - 経済トピックス - 話題とコラム - QUICK MoneyLife 投資信託・株式投資の資産運用応援サイト | 株式市況 | 株価 | マネーライフ[↑B]

B000JJSM0C
バップ 大場つぐみ 小畑健
購入: 1人 クリック: 12回

AKIYOSHIAKIYOSHI 2007/09/29 08:58 海外での放送権をいくらで売ったか、DVD売り上げ・ネット配信をどういう契約で行ったか(買取/印税)によりますね。さすがに海外売り上げ2億円は控えめすぎる感じもしますが。
米国例 http://animeanime.jp/news/archives/2007/09/death_note10.html

AIAI 2007/09/29 12:40 デスノの1巻は3万近くまで伸ばしましたよ。
2巻以降は右肩下がりですが。
それとオリコンの数字と出荷数は倍ぐらい差がある事もありますのでそのあたりも考慮する必要がありますね。
ま、それでも15億円は難しいとは思いますが。

AKIYOSHIAKIYOSHI 2007/09/30 00:01 横レス失礼します。
オリコン集計対象外で、アニメ(マニア向け・非マニア向け問わず)の動きに大きな影響を持つ店といいますと、具体的にどんな店がありますでしょうか?

現在の集計対象のリストはこちらです。
http://www.oricon.co.jp/rank/index2.html

オリコンはPOS集計なので、売り上げにはなっていないけれども、メーカーは多く出荷するだけして、その実は店舗在庫ということでしょうか?

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。