Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2008-05-07

オタキングを処刑せよ!

オタクはすでに死んでいる (新潮新書)

オタクはすでに死んでいる (新潮新書)

幻視球 : 自称オタキング逃亡事件[↑B]

 例え王様のことが好きでも、大恩があっても、芸人として面白いと認めていても、オタク圏外への意思表示として「処刑」は必要だったのかもしれない。(つづく)

bonoさんが怖い! オタキング処刑! 続きが楽しみ。

2年前のロフトプラスワンでの「オタク is dead」を見に行ったんで、書籍自体は書評を見ると、そこから大して変わってなさそうだから、あまり読む気はないんだけど、当時出た傑作改変記事「オタレイバー2」を読み直した。

J& blog http://new.ciao.jp/: 新作アニメ オタレイバー2 the Movie 〜AKIBA War〜[↑B]

オタ第二世代の人「後藤さん。マニアとして、オタクとして、俺達が守ろうとしているものってのは何なんだろうな

         宮崎勤から十数年。第三世代の萌えオタは、

         生まれてこの方、戦争なんてものは経験せずに生きてきた

         萌え

         俺達が守るべきはずの萌え“オタ”

         だがこの国のこの秋葉原の萌えオタとは一体何だ?

         かつての総力戦とその敗北、GAINAXの占領政策、

         ついこの間まで続いていたサブカルによる冷戦とその代理戦争。

         そして今も世界の大半で繰り返されている内戦、

         民族衝突、武力紛争。

         そういった無数の戦争によって合成され支えられてきた、血塗れの経済的繁栄。

         それが俺達の萌えの中身だ。戦争への恐怖に基づくなりふり構わぬ萌え。

         正当な代価を余所の国の戦争で支払い、

         その事から目を逸らし続ける不正義の萌え」

オタキング「ここからだと、秋葉原が蜃気楼の様に見える。そう思わないか」

南雲しのぶ「例え幻であろうと、あの街ではそれを現実として生きる人々がいる。

      それともあなたにはその人達も幻に見えるの」

オタキング「3年前、秋葉原に戻ってから俺もその幻の中で生きてきた。

      そしてそれが幻であることを知らせようとしたが、

      結局最初の砲声が轟くまで誰も気付きはしなかった。いや、もしかしたら今も」

※関連

痛いニュース(ノ∀`):岡田斗司夫「オタクは消費するだけの存在、すでに死んでいる」[↑B]

お兄様、あなたは堕落しました。:アルファルファモザイク[↑B]

あ 2008/05/13 10:37 こいつらが、何を言ってるか、わからない

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。