Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2008-05-18

十津川警部がアキバで活躍

十津川警部 アキバ戦争 (トクマ・ノベルズ)

十津川警部 アキバ戦争 (トクマ・ノベルズ)

【内容】

「おかえりなさいませ、ご主人様」秋葉原のメイド喫茶を訪れた日本画家・衣川円明(いかわ・えんめい)は、交通事故で亡くなった娘・あすかによく似たメイドと出会う。彼女の名前は県明日香(あがた・あすか)。故郷の山形に帰る前に、自分をモデルにしてほしい――明日香の頼みに、日本画家の最高峰と称されながら、個展を開くことも絵を売ることもほとんどなかった孤高の画家は、娘と同じ名前の彼女の夢をかなえようと、一流ブランドで服を買い、高級ホテルで父娘の生活を楽しんだ。

だが翌日、衣川のもとに「娘の明日香を誘拐した」という電話が。身代金は一億円!

警視庁捜査一課の十津川警部は、身代金の受け渡しに刑事たちを張り込ませるが、犯人はまんまと身代金を奪い去った。犯人を追い、秋葉原へ向かった十津川と亀井だが、そこはかつての電気街とは様相を変えていた。そこで明日香のフィギュアを発見した十津川は、明日香のファンだというオタクの三人組の存在を知る……。

【著者のことば】

アキバは、若者の町であると同時に、オタクの町でもある。そこが、他の若者の町と違う。オタクは、孤独だが、一人一人が、専門家だったりする。平凡なサラリーマンが、アキバで、電気部品を買い込んで、世界一のスピードのコンピューターを作っていたり、フィギュア造りのプロだったりする。もし、そんなアキバを占拠しようとする人間がいたら、オタクたちは、どう戦うだろうか?

たすけてー!!!!

十津川警部シリーズは二時間ドラマの原作常連だが、テレビドラマ化されるのだろうか…。

通りすがり通りすがり 2008/05/18 21:13 きっとおやじ目線なんだろうな・・・「今時の若い者は!」的な。

kaku-noguchikaku-noguchi 2008/05/18 22:57 なんか、すごい内容ですね。

なまえなまえ 2008/05/19 00:43 そのうちドラマにはなるだろうが…はたして…。

なまえなまえ 2008/05/19 01:45 これは良いバカミス候補ですね

taketake0taketake0 2008/05/19 11:16 小説を書く人は取材も入念にやるという話だから、西村京太郎さんはきっとオタクになっちゃったのかな。それとも実は元々オタクなのか?

ななしななし 2008/05/19 15:30 西村京太郎はもともと鉄ヲタだろwwww

え 2008/09/28 20:45 オタクの危険さ、異常さを描くサスペンス オタクは許せないと思った。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。