Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

日記一覧 注目エントリー 人気エントリー

2008-06-14

ピストルはなかなか当たらないし、威嚇射撃が安全なわけでもない

J-CASTニュース : こんな凶悪犯相手でも 日本の警官は銃を使えないのか[↑B]

あの人混みの中で発砲しないというのは正しい判断なのに、発砲しろ!とか言っている人たちは、銃に関する話してもらいたくない! 人混みの中でも撃っているような刑事の出てくる映画などを見て、そんなことを言っているのだとしたら、まさに現実とフィクションの区別がついてない人たちだ。

また、動いている人に当てるというのは相当難しい。足を狙え!と周囲の人が言ったそうだが、それは相当銃に慣れた人間でもない限り、難しい。

「据物撃ちなら誰でもできる」 - 玄倉川の岸辺[↑B]

それについて詳しく指摘した記事。ライフルだと全然状況が違って当たるらしい。

ピストルというのは3メートル離れたら当たらないものだ、みたいな話を聞いてはいたけど、それについて細かいデータがあった。

ニューヨーク市警の命中率から - 火薬と鋼[↑B]

2ヤード(約1.8m)で38%、3-7ヤード(約2.7〜6.3m)で17%だ。銃が普及しているアメリカでこれとはねえ。

最近川越で起きたピストルを持って車に立てこもり自殺した事件で、犯人確保時、SATらしき人がMP5を持っていて、ピストル相手にサブマシンガンとは大げさだなあと思ったけど、ピストルではいざという時、当たらないから、弾をばらまくサブマシンガンを使うことによって命中率の低さをカバーしていたのかも。

※追記

コメント欄で指摘されたけど、MP5は命中率が高いそうなので、使われているそうだ。サブマシンガンは拳銃弾を利用するんで、てっきり直進性能は拳銃だと思っていた

また、犯人に当たったとしても、貫通するため、射線上の人間に被害を与えることがある。こんな事件も起きている。

盗難車で事故の容疑者に発砲、流れ弾が通行人に命中 | Response.[↑B]


また、威嚇射撃をすればいいという意見も見かけたが、威嚇射撃は絶対に安全という訳ではない。上に撃った弾はどうやっても地上に落ちてくる。この落ちてくる弾は当然危険なのだだ。

イラクでは祝砲の文化があり、よくアサルトライフルを空に向けて撃っている映像を見かけるが、あれで毎年怪我人や死人が出ている。

弾を大量に撃つアサルトライフルで、弾が当たる危険度が高くなっているのだから、ピストルで一発撃つだけなら…といっても、秋葉原の事件では人が密集しているのから、危険度は人が少ないところより高いだろう。また、まわりにはビルが多く、ビルの窓ガラスから弾が入ったり、跳弾の可能性がある。

発砲した弾の行方 - 教えて!goo[↑B]

そういう訳で、犯人を確保した警官が銃を撃たなかったことを責める理由はない。確保時、銃を威嚇として使っていたが、それで充分だろう。

ただ、都市部において拳銃は強力過ぎて使えないことが多いから、他の武装もしたほうがいいかもしれない。

TobishimaTobishima 2008/06/15 01:01 なんで拳銃っていうか知ってるか?拳が当たる距離じゃないと使い物にならないからさ。とかゆー台詞がどっかであった気がします。

    2008/06/15 01:29 警察組織が使ってる短機関銃は単発で撃った場合拳銃と比べると遥かに精度が高いです、構造のおかげで。
ついでに弾ばらまいちゃうようなタイプは味方やら人質やら殺しちゃう可能性が高いので使われません。
http://mltr.ganriki.net/faq09b.html#06880

木村木村 2008/06/15 01:36 ネオ麦茶事件のときも射殺しろって言ってた人がいたな。
防弾ガラス並みの強度を持つ高速バスのガラス越しに、人質の中にまぎれてる犯人を狙撃するなんて、達人スナイパーが超高性能ライフルを使っても不可能。
アメリカであっても警官が射撃するのは
1・屋外いにいる
2・流れ弾や跳弾が届く範囲に人質や一般人がいない
の条件を満たしたときのみ。今回の件だと2があるので射撃なんてしません。

kanosekanose 2008/06/15 01:41 >Tobishimaさん
拳はともかく、腕ぐらいの距離が一番確実なんでしょうね。それだと近接戦闘されそうですが
>名無しさん
MP5って命中精度高いんですか。知らなかったので勉強になりました。
>木村さん
狙撃銃を万能兵器みたいに思っている人は多そうです。

machida77machida77 2008/06/15 02:12 日本警察では威嚇射撃は禁じられている文書があり、
かつて月刊GUN誌でその文書が紹介されていました。
海外の警察でもその種のことはあまりやらないでしょう。
はずれた弾の行き先を心配する必要がありますし、警察は
威嚇射撃だから怖くないと一般に思われたら意味がありませんから。
最も威嚇射撃を行ったという報道はありますし、「警察は威嚇射撃をする」というイメージが広がっていますが。
Japan Timesでも威嚇射撃(warning shot)について批判の投稿が
掲載されたことがあります。
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/rc20011212a2.html

hiro_muhiro_mu 2008/06/15 10:42 僕も同じこと思ってました
テレビでなんで撃たないみたいなこと言ってるコメンテータにはイライラしてましたね
日本の警察もテーザーガン装備した方がいいんじゃないですかね

海外から海外から 2008/06/15 16:58 昔ハワイで射撃をさせてもらったんですが、ライフルだと素人でもよく当たります。でも小銃だとさっぱり。静かに構えて撃ってるのに、自分でも驚くほどの違いでした。

テーザーガン装備については、止めた方がいいと思います。現在バンクーバーに住んでいるのですが、数ヶ月前に空港で暴れた男性を警官がテーザーガンで取り押さえたら、直後に死亡しました。北米では、テーザーガンの使用により死者が相当数出ています。現在カナダ国会などでも、テーザーガンの使用禁止が叫ばれているほどです。決して拳銃より安全というものではありません。

場合によっては拳銃の使用は必要だと思いますが、相手の持っている武器や周囲の状況に応じて何を使うか現場で判断すべきでしょう。後からなら何とでも言えます。犯人を取り押さえた警官は命がけで戦ったんですから、あれこれ責められるべきことは無いと思うんですが。

dada 2008/06/15 21:37 警官の銃って最初の一発目の弾丸は威嚇のための
空砲弾だと聞いたこと有るんですが
どうなんでしょうか?

machida77machida77 2008/06/15 21:47 >daさん
ただのデマです。オーソドックスなリボルバーは6連ですが
日本警察のは5連リボルバーだから、そこから想像したのかも。
あとドラマでそういうネタが使われたのでその手の誤解が
広がったのかもしれません。

なまえなまえ 2008/06/15 22:23 威嚇射撃用に音のみのモデルガン携帯すればいんじゃね?

なまえなまえ 2008/06/16 00:15 火薬で重たいゴム弾を発射するやつは?
現行のは威力強すぎるので、携行できるくらい小型化して弱装弾をバスバス撃てばいいと思うなー。
ヘビー級のボクサーにぶん殴られたくらいの威力らしい。

警察は容赦なく(ゴム弾を)撃つって印象があればまた違う気もする。

   2008/06/16 13:44 >火薬で重たいゴム弾を発射するやつは?

あれば使われたでしょうけどあれはほいほい携帯できるサイズじゃないです
アメリカとかでもパトカーに積んでおくものです

trshugutrshugu 2008/06/16 17:14 たしかに重い銃身を振り回しつつ射撃するのって訓練がいるとおもう。
片手で扱えないとダメですね。

うろ覚えうろ覚え 2008/06/16 19:48 日本の警察って、拳銃の訓練で使える弾ってかなり少ないらしいですよ。
(年間60発までだったかな)
下手すると、夏休みにアメリカだのグアム行って趣味で撃つ人よりも少ないかも。
それで普通に当てろ、と言われても難しいでしょう。
後、仮に命中させたとしても、弾が貫通仕様(ラウンドノーズという弾)だから人混みにとんでって、二次被害が出かねないと。
(必要以上犯人の人体を大きく破壊しないようにと言う配慮の為)
せめてハローポイント*にしてくれば、そう言った物を気にする必要もないんですけどね。
*命中と同時にマッシュルーム状に形状を変える鉛の弾頭。
ハンマーで殴られるようなものなので、命中すると激しい痛みと衝撃を対象に与え、貫通しづらく、破片が体内に残る事もあるので鉛毒の害に合う事も。
形状の都合初速と、命中率は僅かに下がりますが、気にする程の物でもないです。
人権屋の方々押さえて、予算を確保出来れば、装備・銃の腕の向上出来るでしょうが、現状では無理だと思います。

なまえなまえ 2008/06/16 22:21 下手にハローポイントなんかにしてみろ。
犯人に見事命中したならまだしも、
無関係な人や人質にあたったりしたらどうするんだ。
あたり所によっては、貫通弾では死ななくてもハローポイントではショックで即死することだってある。
先に、「テーザーガンの使用により死者が相当数出ています」とあるが、
通り魔の現行犯の場合に限り(もちろん無関係な人に当たらないという状況を確立させた場合のみ)使用してもかまわないと思う。

  2008/06/16 22:53 ゴム弾は当たり所が悪ければ死ぬぐらいの威力じゃないと阻止効果がないので結局テイザーと同じになる
実際イスラエルあたりだとかなり死んでる
こういう武器は基本は抑止のために存在するのよ

ちなみに本体のサイズを知りたければM79参照、想像より大きいと思う

trshugutrshugu 2008/06/16 23:32 ダムダム弾こわいね!
貫通弾えらい!

なまえなまえ 2008/06/16 23:37 やっぱテーザー装備すればいいんじゃないの?
運悪く犯人が死ぬ事があっても、回りの人間に当たる確立は拳銃のそれよりはかなり低いんだから。

なまえなまえ 2008/06/16 23:57 貫通した弾が、後ろの人間に当たるシチュエーションの方が多いんじゃない?
そりゃ貫通し終わってある程度、速度が落ちた弾なら、当たり所さえ良ければショック死なんてこたーないけど、悪けりゃ死ぬよ?
それにラウンドノーズの場合は、外れてそれで終わりって訳じゃない。
跳弾するんだから、それで被害が出る事だってある。
ハローポイントも跳弾はするけど、何かに命中した時点で、勢いがある程度無くなるか、弾そのものが砕けるかだし。
当てても外れてもある程度の被害が出る可能性が高い今の弾の方が危ないと思うけど。
どっちにしろ、外さないようにする為に、十分な訓練と装備の充実は欲しい。

 2008/06/17 00:25 昔は市販されていたデジコンというガスガンで6mmのベアリング撃つだけでビンでもスチール缶でも1cm厚くらいのアクリル板でもなんでも貫通しましたし、高圧のCO2ガスで12mmくらいのメタルベアリングボールを打ち出すようなガスガンならジーンズの上からでも人は止まりそうですけどね。

33 2008/06/17 01:54 あまりに威力が強い(1ジュール以上)のエアガン・ガスガン等は銃刀法に引っかかりますし、実際にノーマル段階で銃刀法に引っかかってしまったモノも有ります。って事は警察官が12mm位のメタルベアリングボールを打ち出すような銃刀法に引っかかるガスガンを持つのと、実物の拳銃を持つ、というどちらがいいと言えば飛距離が長い等の理由で実物を選ぶと思うけどな・・・
もし、立てこもり事件で犯人が突然拳銃を撃ってきて警察は手を出せない等の状況が膠着した場合、犯人が『警察はテーザー銃しか持ってないから警察の方からは実銃を持ってるこちらには踏み込んでこない』と知っていれば確実に車などでの逃走を考える可能性が有る。逆に犯人が『もしかすると自分が撃たれてしまい、外に出れば危ない』と思えば逃走の可能性は低く成る可能性もある。町中を拳銃を撃ちながら我が物顔で逃走する犯人と、一カ所に立てこもる拳銃を持った犯人のどちらがマシかと考えれば、前者がマシだと思う。(被害を最小に抑えるには。)
個人的に一番良いのは拳銃とテーザー銃の両方を持つべきと思う。状況に応じて使い分けてもらうしかないな。(いっそ軽量遠距離狙撃用テーザー銃も作ってしまうか?)
ハローポイント(ホローポイント)弾はコンクリート等の堅い物に当たるとバナナピーリング(マッシュルーミング)になり、破片が予期しない方向へ飛んでしまい、被害を拡大しかねないから以ての外。
周りに対する2次被害を防ぐため、今回の事件で警察官が威嚇発砲すらしなかったのは正しい判断だと思う。(ちなみに警察の拳銃はホローポイント弾ではない。)
犯人を最初に確保した警官が確保する直前に拳銃に手をかけたのはあの状況において犯人に対する最大限の威嚇だったのかも知れない。

 2008/06/17 02:02 日本の町中だと射程にはあまり意味がなさそうです。むしろ、至近で威力があって、距離を置くと威力が減衰する方がメリットがあるのでは。
ホローポイント弾ってターゲットの殺傷が目的の犯罪組織や、あるいは的を破裂させて爽快感を得るスポーツシューティング目的ならわかりますが、警察組織での採用事例があるのでしょうか?軍では禁止されていますが。

なまえなまえ 2008/06/17 02:06 >あれば使われたでしょうけどあれはほいほい携帯できるサイズじゃないです
ええ なので
>現行のは威力強すぎるので、携行できるくらい小型化して弱装弾を
と書きました。

>ゴム弾は当たり所が悪ければ死ぬぐらいの威力じゃないと阻止効果がない
本当ですか?
「死ぬ」〜「抵抗できない」の間にはだいぶ隔たりがあるはずです。
現用のはグレネードランチャーで硬球みたいなの撃ってるんだからものすごい威力ですよね。
ガスガンの数倍強いライフル弾程度の重さのゴム弾を連射するだけで十分に抵抗の意思を奪うんじゃないかと思うんですけど。

  2008/06/17 02:54 ライフル弾みたいに小さいの使うと貫通力が上がっちゃうのよ、40mmでも貫通することあるぐらいだし。
で貫通しないぐらい威力を落としたのを使った場合、制圧力に問題があると。
ついでに言うと、ゴム弾使ってる国って言うのは一発で制圧できなかった場合惨劇を招くおそれがある事件が多い国でもあるので、おいそれと威力は下げられないというのもある。

ちなみに威力に関する詳細なレポートは以下参照
http://www.bradford.ac.uk/acad/nlw/research_reports/docs/BNLWRPResearchReportNo6_Oct04.pdf

イスラエルのテロ対策について知りたければ以下の本を、第8章なんか凄い役に立つ
http://www.amazon.co.jp/dp/4890631771/

DejaDeja 2008/06/17 06:06 前に「海外から」の名前でコメントした者です(その時ログインするのが面倒だったんで)

説明が足りなかったのか誤解されている方もいるようなので(銃の威力にばかり議論が移って使う側の倫理について軽視されているように思えるので)補足です。

テーザーガンで死者が出ていることは、例えば秋葉原の事件のような凶悪犯に対しての使用なら状況によっては致し方ないと言えるでしょうが、銃より安全だからと乱用し、無抵抗な容疑者などにも安易に使われていることによるものです。カナダ警察での認識が甘かったということ。

この前の空港での事件も(日本では報道されなかったかも知れませんがカナダでは大問題になりました)、母親を訪ねてたった一人で海外から初めてカナダに到着し、英語も分からず、入国手続きの際に係官と意思疎通ができなかったために(本人には理由が知らされないまま)拘束され、不満が募って物を壊すなどの行為に走ったんです。彼は武器などをまったく所持していませんでしたし、人に危害を加えた訳でもありません。

かなり興奮していたようですが、警察官が到着した時には落ち着きを取り戻して全くの無抵抗だったのに、警察官はテーザーガンを使い、痙攣して苦しんでいるところに、とどめの一発として再度テーザーガンを充て、その直後に死亡したんです。目撃者も多く、警察に対応に批判が出たにも関わらず、おとがめは一切なし。それどころか、警察はテーザーガンの安全性を主張するために、数千人の警察官を実験台にして死者が一人も出ていないことをテレビなどで宣伝したんです。どうみても保身にしか見えない。

カナダだけでなくアメリカでもこうしたことは日常的に起きており、つまりテーザーガンなら安全だからという安易な考えで無抵抗な犯人にまで乱用されている状態です。このため、カナダ政府もようやく重い腰を上げ、警察の強い抵抗を受けながらも、禁止の是非が検討されているんです。特に事件のあったバンクーバーでは、禁止する方向で調整が進んでいます。

何もテーザーガンそのものが悪いということではなくて、銃より安全性が高いからどんどん使ってしまえという体質や考え方に問題があるのですが、これは他の武器においても同じことが言えるでしょう。だから安易な導入には慎重になる必要がある、ということを言いたかったんです。他国で使っているんだから日本でも導入しようっていう発想は、実情を知らない政治家がよくやること。それと同じことを一般レベルの議論で持ち出してしまうのでは、本当の意味での議論になりません。実情を知っている人間を含めて検討すべきです。

拳銃にも問題はもちろんありますが、テーザーガンやらゴム弾やらとこれ以上問題を広げるようなことをするのではなく、拳銃の使用方法について、訓練方法について、市民への理解を広める工夫について、議論することが先決じゃないでしょうか。

44マグナム44マグナム 2008/12/20 18:54 拳銃がだめだったら空気銃お小さくしたようなエアピストルお使えばいいんじゃ空気銃よりわ威力が小さいとおもうし貫通することわまずない町中でも気軽に使える

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。