Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2008-07-05

愉快なアップルファンコピペ

2ちゃんねるiPhone関連のスレを見ていたら、面白いものを発見。アップルファンってこんなこと言いそうでしょ?というネタとして面白い。

これを元に「これだからアップルファンは…」とか言ったら、このコピペを書いた人の思うつぼ。

携帯・モバイルまとめ iPhone 3G Part56[↑B]

278:白ロムさん 2008/07/03(木) 15:03:22 As9ubBZ20

WILLCOM 03触ってみたけどやっぱiPhoneには遠く及ばないね。

理由は、touch(iPhone 1.0ベース)と比較してもなにかにつけて感性を阻害するから。

自分はかなりクリエイティブな人間なので、

いつでもどこでも感性を阻害せず、むしろ新しい刺激を与え続けてくれる

センシティブなデバイスこそが重要なのね。

やたら多機能・高機能でもそれらを動かすための操作感が野暮ったくて

俺のクリエイティビティを阻害してるんじゃなんの意味もないからね。

それにiPhoneが日本のケータイとしては未完成だって言うけど

日本のケータイがそもそも良いのかって話。

ぶっちゃけ、日本のケータイ企業の手でインプリンティング

(ひな鳥が身近な動物を親と思うアレね)されたから日本のケータイが

良いって信じ込んでそれが大衆化しちゃってるだけじゃない?

iPhoneのほうがぜんぜんホスピタリティの高い洗練されたデバイスだと思うんだけど?

それで値段もパケット定額入れた普通のケータイの月額と々ぐらいなら

これ最高じゃん、と。

他にも電話するだけ、メール受けるだけの「受け用ケータイ」なら持ってるし、

モバイルネットワークメディアデバイスとしてPCも含めた

トータルなクリエイティブ環境を見越したセレクトとしてiPhoneをチョイスしたことに、

やっぱ自分てもの1つ買うのでさえアーティスティックだなーって思ったよ。

「感性を刺激する」「クリエイティブ」「アーティスティック」「センシティブ」などがポイント。最後の「やっぱ自分てもの1つ買うのでさえアーティスティックだなーって思ったよ」は完成度高いなあ。応用しやすそう。

通りすがり通りすがり 2008/07/05 16:02 こういうときはなんて言うんだっけか……。


ああ、「ネタニマジレス(・∀・)カコワルイ!!」だ!

真のアップルファン真のアップルファン 2008/07/05 18:17 全然アップルファンっぽくないから、マジレスしてみた!

---

WILLCOM 03触ってみたけどやっぱiPhoneには遠く及ばないね。
理由は、touch(iPhone 1.0ベース)と比較してもユーザーのアクションに対して鈍感だから。
その点、iPhone/iPod touch はユーザーを決して置き去りにしない。
ユーザーに対するレスポンスが OS のレベルで最優先されているんだ。
何か計算をしているからと言って無反応な瞬間が少しでもあると、ユーザーはとまどってしまう。
iPhone/iPod touch ではそういうことがまったくない。
もはやおなじみだけれども、メニューを最後まで表示させたときのあの動きを見たかい!?
びよ〜んと少し行き過ぎて戻る。
一目見ただけで、それが何を意味するか誰にでも分かるだろう。
ぴたっと止まるだけなら、ユーザーは自分のアクションが認識されているのかどうかわからず、一瞬まごついてしまう。
そう、全ての動きには意味があるんだ。
Apple のプロダクトの美しさは、生物の美しさに似ている。無論現実にはケーブルに頼らざるを得ない。
けれど、そこに未来があるから、僕らは MacBook Air に惹かれるんだ。
そして、iPhone はまさに、5年10年先の未来からやって来た
魚やイルカの流線形が美しいのと全く同じ美しさなんだ。
MacBook Air の凹凸がまったくない洗練されたフォルムは、単に見た目の美しさを追及した結果じゃない。
MacBook Air は書類かばんにストンと入らなければならないからだ。
それだけじゃない。Apple のプロダクトは常に未来を指し示してくれる。
MacBook Air は、ユーザーが絡まったケーブルから解放され、無線で全てが繋がりネットワーク上に情報を保存する未来をまさに体現している。
デバイスだ。
いつでもどこでも手のひらに「快適」なインターネットが乗っている、そんな未来を iPhone は体現している。
携帯性と閲覧性を両立させるギリギリの大きさ。
考え抜かれたインターフェイス。
真のデザインは、そのモノ自体の意味をとことん突き詰めた先に必然的にあるのだということを、思い知らされる。
もちろんまだまだ使い勝手の悪いところはある。
けれど、もし君が「未来」とともにある喜びを「今」感じたいなら、迷わず iPhone を手に入れるべきだ。

kanosekanose 2008/07/05 20:34 ええ、このコピペにマジレスするのを諫めているのになんで!?
真のアップルファンさんの文章は、既存のアップル好きのiPhone記事などで見られる表現をミックスしているので、本気度高くなっちゃってますよ! マジレスだからいいのか。最後の「迷わず…」のあたりは翻訳文体っぽい

gabillgabill 2008/07/05 21:32 他になくてMacにあるものを褒めるのではなく、
他にあってMacにないものを貶す、それが大切。
かつての右クリックのように。

昔の昔の 2008/07/06 01:48 iMacかなにかのCMに出ていた人、こういう感じ。
悪い意味でアメリカナイズというかw

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。