Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2011-08-29

予約投稿機能が欲しい

はてなダイアリーって高機能といわれる割に、意外とない機能があるんだけど、その一つが予約投稿機能。ライブドアブログやfc2ブログには装備されている。告知記事とかで、日付や時間など厳密にしたい場合があるし、需要は結構あるはず。

あと、下書き機能を使うと*hogehoge*でURLを直接指定する方法が使えないのだけど、これは下書き機能が昔のシンプルな編集画面に対応してないからだろうから、しょうがないか…。

2011-08-28

気になる安売りデジカメ

E-PL1s(オリンパス

OLYMPUS PEN Lite E-PL1s|デジタル一眼カメラ|オリンパスイメージング[↑B]

価格.com - オリンパス オリンパス・ペン Lite E-PL1s レンズキット [ホワイト] 価格比較[↑B]

OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL1s レンズキット ブラック E-PL1s LKIT BLK

OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL1s レンズキット ブラック E-PL1s LKIT BLK

OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL1s レンズキット ホワイト E-PL1s LKIT WHT

OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL1s レンズキット ホワイト E-PL1s LKIT WHT

発売当時は約6万円だったが現在はほぼ半額の3万円前後。デジタル一眼レフが気になるけど、大きいのは嫌という人に勧めたい。E-PL1sはE-PL1の改良機で、E-PL3がもうすぐ出る今、2世代前のモデルではあるのだけど、発売は2010年12月で充分現役機種といえる。

Amazonでは8/31まで、E-PL1sまたはE-PL2とM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6という望遠レンズを買うと、レンズが80%オフの1万円で買えるキャンペーンを実地中。

E-PL1sではなくその前のモデルのE-PL1だけど、ただただしさんの猫やパラボラ写真がいい感じ。自分的にはバリアングル液晶を搭載したE-PL3が気になっている。

久々にバイク、箱根旧道 - ただのにっき(2011-08-07)[↑B]

臼田へ、あかつきの応援をしにいく - ただのにっき(2010-11-03)[↑B]

ドーラ、(だいたい)満一歳 - ただのにっき(2011-05-15)[↑B]

ドーラ、我が家に来てから1年になる, 「The Final RubyKaigi」1日目 - ただのにっき(2011-07-16)[↑B]

FinePix F550EXR(富士フイルム

F550 / FinePix F550EXR | 富士フイルム[↑B]

価格.com - 富士フイルム FinePix F550EXR [ブラック] 価格比較[↑B]

光学15倍ズームで携帯性がよく、画質も良いとなかなかいい評判のモデルが2万円を切っている。コンデジの割にダイナミックレンジが広いので、明暗差が大きいところに強そう。GPS内蔵が一番の売りなのだが、レビューを見ると、感度があまりよくないようで、あまり評判がよろしくないので注意。カメラ自体の性能は折り紙付き。

COOLPIX P7000(NIKON

COOLPIX P7000 | ニコンイメージング[↑B]

価格.com - ニコン COOLPIX P7000 [ブラック] 価格比較[↑B]

高級コンデジで、発売当初が5万円ぐらいだったのが現在は3万円を切る価格になっている。最近P7100が発表された。クラシックカメラ風でダイアルが多いので、カメラらしいカメラが欲しいけど、一眼レフは大きいという人にいいんじゃないだろうか。

2011-08-23

はてダで大量のスパムコメントを削除するのが面倒臭い!/コメント欄を単純でもなぞなぞ認証にすると名無しコメントが書かれない

はてなアンケートがきたので思い出したこと。

今ここのはてダのコメント欄にはなぞなぞ認証をつけている。といってもキーワードは「はてな」ですごく簡単なものだ。なんで、なぞなぞ認証をつけたかといえば、一晩で100ぐらいのスパムコメントがきたことがあったから。

大量にスパムコメントがくると、管理画面で「すべてのコメントを選択する」という機能がないため、削除したいコメントを一つ一つ選択するという大変面倒な作業が必要になる。「すべてのコメントを選択する」はGmailなどにもあり、よく見かける機能なんで、はてダのコメント管理画面にも、ぜひ導入して欲しい。

はてなアイデアにもうあるかも知れないけど、調べてない。庭の雑草取りみたいな作業は疲れたので、仕方なく、コメント欄になぞなぞ認証をつけたのだった。

おかげで、スパムコメントはゼロになったけど、コメントの敷居を高くはしたくないので、なぞなぞ認証をつけるのは不本意なんだよなあ。

そもそも、あのひどいスパムコメント群(海外からのだった)を根本的に何とかしてほしい…。


ちなみになぞなぞ認証にしてから、副作用というか、面白い効果としてコメント欄で名無しさんが登場しなくなった。下記の記事は1万以上のPVがあったが、コメントはほとんどついていない。どんなコメントでもついたほうが嬉しいという人はともかく、実はこれだけでコメント欄が荒れないというのは意外な発見だった。

ウェブの皮肉屋に、金銭や労力といったコストをかけてくれる人はいない - ARTIFACT@ハテナ系[↑B]

Twitterで他人の動向を書くのは注意したほうがいい - ARTIFACT@ハテナ系[↑B]

2011-08-13

夏のココロ社祭りがあおい書店で始まるよ!

8月12日に発売したココロ社さんの新刊『がまんできない人のための 真の忍耐力養成ドリル』(技術評論社)に合わせて、あおい書店の町田店さんと池尻大橋店さんでフェアが開催されます。

あおい書店の町田店さんは町田の駅前にあるモディというビルの8Fにありまして、町田店さんでのフェアの様子はこんな感じです。

f:id:kanose:20110812194202j:image

エスカレーターを登ると、そこには怪しげなポスターが…。

f:id:kanose:20110812193715j:image

お店の入り口という一等地でフェアを開催中。新刊だけではなく、これまでの既刊も置かれています。前衛ビジネス書が勢揃い!

f:id:kanose:20110812194739j:image

ココロ社さんによる手書きPOPがいっぱい。

f:id:kanose:20110812195444j:image

新刊『がまんできない人のための 真の忍耐力養成ドリル』を購入するとついてくるブロマイド。裏にはココロ社さんによる素敵な箴言(しんげん)が書いてあります。

フェアの様子を撮影したい方は店員さんに言えば撮影okだそうです。ポスターと一緒にツーショットの撮影なんかしてみると、いい記念になるかも。

なお、池尻大橋駅の駅構内にある池尻大橋店では新刊のみのフェアで、新刊を買うとブロマイドがついてます。

【期間】8月12日〜8月31日

【場所】あおい書店 町田店 池尻大橋店 あおい書店 店舗案内

【特典】最新刊『真の忍耐力養成ドリル』をお買いあげの方にもれなく、ココロ社さんの素敵な箴言付きブロマイドを進呈!

がまんできない人のための 真の忍耐力養成ドリル

がまんできない人のための 真の忍耐力養成ドリル

忍耐力を鍛える方法 - ココロ社 ♪ほのぼの四次元ブログ♪[↑B]


そして、この新刊に合わせて、ココロ社さんとネットのコミュニケーションについてgihyo.jpで対談しました。

ネット生活:快適なネット生活をおくる秘訣、それは「つぶやかない」こと。緊急忍耐力対談:ココロ社×加野瀬未友|gihyo.jp … 技術評論社[↑B]

ちょうど、Twitterでは誰々と会ったとか気軽に言わないほうがいいよという話題が盛り上がってますが、書きたいと思っても我慢する忍耐力がネットでは必要!究極的にはTwitterで「つぶやかない」が一番だよね!という話です。

以前ソフトバンクでやったインタビューの続編みたいなものですね。

【加野瀬未友氏インタビュー】無数にあるネットツールをどう使いこなすべきか? :ソフトバンク ビジネス+IT[↑B]

対談では、よく知らない人と議論しても時間を損するだけだよねー、と言っていたのに、つい最近、自分の記事に対して、Twitterでよくわからないコメントをしていた知らない人に質問してみたら、要領を得ないやりとりになるという何ともいえない展開に。

Togetter - 「私的まとめ」[↑B]

何かの記事や事象に対して、Twitterで「こいつらわかってない!」みたいな一席ぶっている方は相手しないのが一番というのは理解していたのに、ついやってしまいました…。まだ、はてブユーザーの方が質問に対して、ちゃんと返答してくれるという印象があるのは、はてな村民だからでしょうか…。

2011-08-11

Twitterで他人の動向を書くのは注意したほうがいい

ソーシャルメディアでつぶやく前に注意したいこと・・・ | IDEA*IDEA[↑B]

個人的に気にしすぎかな・・・と思ったりするのですが、たまにツイッター上で次のように言及されて苦笑いすることが多くなったような・・・。

「@taguchiさん、今日は○○までお越しくださり、ありがとうございました!」 ← すまん、そこに行ったこと、内緒なんだ!(他の予定や仕事を断ってきているし!)

「@taguchi @(他の人)… 今日の飲み会ではありがとうございました!」 ← すまん、(断った人もいるから)今日の飲み会のメンツ、公開しないでくれ!

「@taguchiさん曰く、○○らしいよ。勉強になるね!」 ← (前後の文脈なしだと)他の人に迷惑かける場合もあるから許可をとろう!

特にデジタルネイティブな人達は超速でつぶやいていたりするので要注意ですw(「え?いつの間に!」と思うことしきり)。

その人自身が「今日はここに来ています!」「今日は誰々と呑んでいます!」とソーシャルメディア上で公開しているのならいいですが、そうではない場合はちゃんと許可を取った方がいろいろと良いかと思いますよ。

これ読んで、そうそう!気を付けたい!と同感だった。でも、本名や住所みたいにわかりやすい個人情報に関しては気を付ける人も多いと思うのだけど、誰と会ったとか、どこに行ったとかに関しては、個人情報ではないという感覚を持っている人が結構いるんだろう。でも、こういう発想に対して、デジタルネイティブな人たちは「ソーシャルメディアやってるのに誰に会ったとかどこに行ったとかを隠すなんて古臭いですねーw」と思ってそう。これは世代間闘争になるね!

ブクマコメントでid:ukihiroさんが「むしろ、デジタルネイティブを相手にしているのであればツイートとかで自分の居所、行動が筒抜けになるというのが前提で行動すべきでは?」とコメントしているが、現実的にはそういう対処になるのだろう。

ただ、プライベートはそういう価値観闘争になるのだろうが、仕事が絡んだ関係で、こういうことをしていると、あ、今度こんな製品が出るのかとか、まだ公開したくない情報が推測されちゃって、思わぬ情報漏洩を起こす可能性がある。

探偵ファイル〜速報・ニュースウォッチ〜/未発表新作ポッキー情報流出!嵐・二宮起用も暴露/高橋[↑B]

最近だと、こんな話題が。この件は上記のような事例とは違い、わかりやすい情報漏洩ではある。父親が広告代理店に勤めているらしいんだけど、父親が娘に喜ぶと思って話したんだろうなあ…。

自分の場合、仕事関係はともかく、書かれても問題になることは特にないのだけど、ネットにはこういう公開情報を元にいろいろ人間関係を邪推する人たちがいるので、それほど触れたいとは思っていない。

昔から、オフ会レポートを元に、誰々が参加しているから、誰々は誰々と仲が良い、誰々は一件仲良さそうだが、オフ会にきてないから、実は仲が悪いんじゃないか…みたいなことを邪推する人たちがいたのだ。今なら、Twitterを追い掛けるだけで、そういう邪推が簡単にできる。

こういう話は、以前だとオフ会のレポート問題として認識されていたのだが、今はTwitterなどリアルタイム性の高いサービスで速攻つぶやかれるようになってしまった故に、新たな問題として浮上してきたのだろう。

最後に2007年にオフ会のレポート問題が盛り上がっていたので、それを紹介。こういう知恵が埋まれてしまうのはもったいない。

オフ会のレポートはどこまで書いていいか - 頭ん中[↑B]

オフ会と車の運転 - カイ士伝[↑B]

オフ会のレポートについて - 煩悩是道場[↑B]

2011-08-09

第二次世界大戦の日本の戦没者の半分は餓死や病死だった

餓死(うえじに)した英霊たち

餓死(うえじに)した英霊たち

戦没者というと、敵軍の攻撃によって死んだ人というイメージがあるだろう。しかし第二次世界大戦において、日本の戦没者の半分は餓死や病死だったというのは意外と知られてない様だが、もっと知られてもいいのではないか。当然、そんな戦争は歴史的に珍しい。

※補足。病死が多い戦争は多いという指摘はあったが、餓死者が多い戦争は珍しい

この辺りの研究としては『餓死にした英霊たち』があるそうだが未読なので伝聞情報なのだが、日本政府によれば軍人軍属の戦没者は230万人で、著者の藤原彰氏によれば、餓死や病死は140万人前後と推定している。推定ではあるが、6割、少なくとも半分が戦闘による死亡ではなく、餓死や病死といえるのだ。

※参考にした記事

ニュースは踊る 戦没者の6割は餓死

大本営が補給を考えない作戦ばかり立てるからこんなことになったのだが、こんな作戦を承諾した責任者の多くは靖国に合祀されている。

死者の考えていることを代弁して政治利用するというのは、靖国関連だとよく見られてうんざりするが、それにしても、英霊といわれている一般の兵士たちが自分たちを餓死や病死に追いやった軍上層部の人間と合祀されていることをどう思っているかは考えてもいいとは思う。

以前、NHKの靖国の討論番組で、A級戦犯合祀問題について、合祀賛成派に対して、合祀反対派がこの点を指摘したら、合祀賛成派がだまりこんでしまったのが印象的だった。

※関連

ARTIFACT@ハテナ系 - 近代史の認識話の基礎として秦郁彦の本はお勧め