Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2014-03-22

Kindleで出ているガンダム富野小説

富野由悠季氏が書いたガンダム小説を探そうと、「富野由悠季」で検索しても、ガンダム原作ものが全てひっかかってしまう。「富野由悠季 角川スニーカー文庫」で探すとかなり絞られるのだが、現在Kindleで角川半額セール中なんでリストアップしてみた。セールは3月27日まで。

自分は先日の70% OFFセールで全部購入済み。

機動戦士ガンダム

最初は朝日ソノラマで出た小説版。アムロが死んじゃったりと、セイラさんとのアダルトな展開など、テレビとは大幅に違うことで有名。Kindle版は非常に残念なことに解説が入っていない。岡田斗司夫氏の解説は、ガンダムを取り巻く当時の空気がよく伝わる良いものだったのだが。

角川ミニ文庫から出ていた2冊をまとめたもの。小説版と違い、アニメに沿った話で掘り下げたものとなっている。

機動戦士Zガンダム

最初は講談社で出ており、講談社版の表紙は永野護氏だったが、角川スニーカー文庫版になった時、1stと合わせて美樹本晴彦氏のイラストになった。昔読んだはずなんだけど内容を憶えていない…。

なお『機動戦士ガンダムZZ』の小説は遠藤明範氏が書いている。Zガンダムと違い、わずか2冊!

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

最初の脚本を元にした小説。アムロが父親になる話。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

逆襲のシャア』のあとの話。

なお、『ガイア・ギア』や『オーラバトラー戦記』はKindle化されてない。

※2015/11/6にその後に出たものを追加。以前のリンクをまとめ買いのものに変更

※Vガンダムのまとめ買いがリンクにならなかったので1巻をリンク