Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2014-07-19

泉昌之氏のメシ漫画をKindleで読む

食の軍師 1

食の軍師 1

泉昌之氏の原作パートの久住昌之氏の『孤独のグルメ』が絶賛ドラマ放映中だが、泉氏のグルメ漫画が結構Kindle化されて、セールされたりしている。

特に『食の軍師』1巻は今日7月19日だとKindle日替わりセールで98円だ。おそらく、明日には400円になっていると思われる。

軍師になりきり、食事の注文や食べる順番を、軍隊の攻め方や陣形に喩えるという楽しい漫画。「夜行」や「最後の晩餐」でネタにしていた食べる順番へのこだわりがすごく好きだったのだが、『食の軍師』では順番へのこだわりが多くて嬉しかった。

孤独のグルメ』は、ちょっとハードボイルド臭があって、それがいいのだが、やはり泉昌之コンビでのどことなく抜けた味わいの方が自分の好みだなーと思った。

食の軍師 2

食の軍師 2

食の軍師 3

食の軍師 3

2巻、3巻はこの前までセールで280円で、その時に買ったのだが、今見たら400円になっていた。これでも紙版に比べるとかなり安い。

かっこいいスキヤキ (扶桑社コミックス)

かっこいいスキヤキ (扶桑社コミックス)

『かっこいいスキヤキ』には泉昌之氏のメシ漫画の原点「夜行」と「最後の晩餐」が収録されている。285円はセール価格かな?


以下はKindleではないけど。

豪快さんだっ! 完全版 (河出文庫)

豪快さんだっ! 完全版 (河出文庫)

『豪快さんだっ! 』には名作「嵐のカツ丼」が収録されている。

みんな大好き「嵐のカツ丼」(泉昌之) - Togetterまとめ[↑B]

「嵐のカツ丼」の好かれぶりは、自分が作ったこのまとめを読んで欲しい。漫画家の田中ユタカ氏が「嵐のカツ丼」好きだとは知らなかった。

2014-07-12

GET WILDはアラサーアラフォーの演歌

以前、B'zは団塊ジュニアの演歌説を唱えたが、B'zは音楽好きを中心に「誰が聞いているの?」などネガティブな反応も多い。

そういえば、この時B'zのRUNを聞いてグッとくるのは、心の底にヤンキーがいるからと言っている人もいた。その人は、B'zを団塊ジュニアの中でヤンキー風な人のソウルミュージックという分析をしていた。


しかし、TM NETWORKの名曲である「Get Wild」は、好きを明言する音楽好きも多く、カラオケで歌えば盛り上がり、B'zのように嫌う人も少ない。非常に演歌っぽさを感じる。

この場合の演歌というのは、演歌が「日本人の心の故郷」と言われるようなもので、「アラサーアラフォーの心の故郷」という意味だ。

なお自分的にカラオケで唄うと盛り上がるなーと思っているTMの曲は「Get Wild」「Self Control」「BEYOND THE TIME」「LOVE TRAIN」「DIVE INTO YOUR BODY」辺り。


B'z演歌説を唱えた時に、『創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史 』を勧められたことがあったが、これは「演歌は日本人の心の故郷」というフェイクを解体していく、面白い本であった。Kindle版も出ているのでお勧めしたい。紙版だと1,026円だが、Kindleなら617円で検索もできて便利。