Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2016-03-13

夜道走る黒装束の忍者ランナー、頼むからライト使ってくれ

夜道歩くリーマン、頼むからライト使ってくれ[↑B]

痛いニュース(ノ∀`) : 自転車乗りの「夜道歩くリーマン、頼むからライト使ってくれ」という主張に賛否両論 - ライブドアブログ[↑B]

賛否両論で盛り上がっているが、記事を書いた人はこう言いたかったようだ。

スレ主だが、走行状況を一般的な所に限定しすぎ。 俺が一番感じるのは、自..[↑B]

この内容をうまく要約した記事があったので転載。

いや、だから主語がデカかったから盛大に食らいつかれただけでしょ。 「ス..[↑B]

”夜間暗くて歩道や車道が曖昧なところを延々と歩かないといけない人は特に”反射板やライトでちゃんと目立つようにしたほうが安全だよ!マジ見えてないから!って言えばよかったのに。逆に「まあそうだな」で終わって食いつかれることもなかっただろうけど。クルマの免許持ってていつも乗ってるような人はけっこう更新の時のビデオでその辺もちゃんと映像で教えられることが多いから反発しないけど、リーマン全員にシャウトしちゃったから都市部のクルマなしが盛大に食らいついた。

自転車で歩道を走ると勘違いしている人も多かったが、やはり歩道と車道の区別があまりない道路で、街灯があまりない場所を想定していた。でも、そんな危ないところを走るんだったら、時速20kmでも速いから、時速15kmぐらいのママチャリ速度で走ったほうがいいと思うが。住宅街にある生活道路だったら、いつ人や自転車、バイク、車が飛び出てくるかわからないんだから、昼間でも速度を出せないよね。

光が命を守る〜暗くなったら必ず付けよう反射材〜|警察庁[↑B]

なお、警察庁は夜歩く歩行者に反射材やライトをつけることを勧めている。


さて、自分が「頼むからライト使ってくれ!」と常日頃思っているのは、夜間サイクリングロードを走る黒装束のランナーだ。自分も自転車によく乗るようになるまで気付かなかったが、河川敷に多いサイクリングロードは、街灯が少なかったり、下手すると完全になかったりするところが多く、かなり暗い。

そんな暗いところで、上下真っ黒な服装なのにライトを持ってないランナーは非常に危険な存在である。『くるくる自転車ライフ』では「忍者」と呼んでいたが、忍者なみに闇に溶け込んでおり、遠くから視認することは難しい。

くるくる自転車ライフ

くるくる自転車ライフ

街灯がまったくないサイクリングロードを、電池が弱ったライトで撮影、忍者ランナーに遭遇すると、対処が難しいというのがわかると思う。

f:id:kanose:20151119203209j:image

これがVolt800のハイモード(800ルーメン)だとこうなる。Volt800素晴らしい! 自転車乗っている方も、夜に街灯がないところを走ることが多いのなら、ライトはいいものを買っておくべき。

f:id:kanose:20151119203516j:image

自分の印象では、夜間ランニングしている人の8割ぐらいはライトを持っているが、2割ぐらいはライトを持っていない。

あと、当然だが、夜間のサイクリングロードを無灯火で走る自転車は言語道断の存在である。だいたいはママチャリなのだが、たまにロードバイクやクロスバイク、MTBといったスポーツバイクも見かける。警察は無灯火の自転車をきっちり取り締まって欲しい。

2016-03-03

横浜駅西口のおでん屋台の撤去

f:id:kanose:20160303204901j:image

横浜駅・西口で60年…「おでん屋台」を行政代執行[↑B]

横浜駅・西口で60年…「おでん屋台」を行政代執行(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース[↑B]

横浜駅西口で不法占拠で営業していたおでん屋台は2016年1月末までに大半が自主的に立ち退き、営業をやめていたのだが、一軒だけ残っていた屋台が行政代執行されたそうだ。

東京新聞:昭和の風情は消えるか 撤去期限迎えた横浜駅西口の屋台:神奈川(TOKYO Web)[↑B]

撤去前のニュース。

このおでん屋台について、はまれぽが詳しいので、リンクをまとめてみた。

横浜ビブレ前のおでん屋台はどうなっているの?[はまれぽ.com][↑B]

2011年6月の記事。まだ撤去の話は出てない。屋台撤去についての警告看板は1988年(昭和63年)からあったそうだ。横浜博が開かれる前年らしい。この頃、山下公園沿いにあった屋台群も撤去されたというのを、はまれぽのコメント欄で見かけたが、詳細は未確認。

市から立ち退き命令があった横浜ビブレ前のおでん屋台、2016年1月に姿を消すってホント?[はまれぽ.com][↑B]

2014年12月の記事。2016年1月の自主立ち退きの話が出てからの取材。不法占拠なのに食品衛生許可が出るのは不思議だが、もともとは移動屋台で、その頃に食品衛生許可が下り、食品衛生面での問題はないため、更新が続いているそうだ。

「2016年1月31日までの営業」といわれていた横浜駅西口ビブレ前のおでん屋台は本当に姿を消すのか?[はまれぽ.com][↑B]

2016年2月1日の記事。

ビブレ前のおでん屋台は完全に姿を消したのか? 前編[はまれぽ.com][↑B]

2016年2月29日の記事。

ビブレ前のおでん屋台は完全に姿を消したのか? 後編[はまれぽ.com][↑B]

2016年3月1日の記事。

「行政は言ってることがいつも違う。生活衛生課衛生管理係だけでなく、林市長も選挙の時はここに来て『おでん屋台を守ります』って言って私たちともお客さんとも握手していった。けど結局こうなった。何もしてくれなかった」とご店主は悔しそうに話す。

市長がこんなことを言っていたのなら、ぜひとも取材して欲しかった。

はまれぽは屋台寄りの視点のためか、どの記事も結構屋台に批判的なコメントが多く、最新の記事もかなり批判コメントが多く寄せられている。屋台に市民の支持はなかったというコメントが多いのだが、実際の空気は知らないのでよくわからないので、横浜エキスパートのZさんに話を聞きたいところである。