Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2014-11-20

Adobe Creative Cloud フォトグラフィプランの12ヶ月版が今なら9800円に

PhotoshopLightroomが月額980円で使えるAdobe Creative Cloud フォトグラフィプランだが、Amazonで12ヶ月版が9800円で買えるキャンペーンを11月30日までやっている。

「Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン 12か月版」がクーポンで9,800円

更に、合計で2000円以上のカメラ商品とAdobe Creative Cloud フォトグラフィプランのダウンロードカード版を買うと2000円OFFというキャンペーンを2015年2月27日までやっており、同時に使えば、7800円で12ヶ月版が買えることになる。一ヶ月980円のところが650円になる計算なのでかなりお得だ。

合計で2,000円以上の「カメラ・ビデオ」商品と「Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン」の対象PCソフトをまとめて買うと、合計金額からさらに2,000円OFF


自分は去年末に期間限定と言われて、急いで入り、月額1000円と20円高い価格のまま使っているという立場なので、こんなに安くなるなんてずるい!と思ったのだが、Lightroomは便利なソフトなので、RAW現像している人やRAW現像をやってみたい人にはお勧めしたい。

30日版の試用もできる。

写真編集アプリ | Adobe Photoshop Lightroom 5無償体験版ダウンロード[↑B]

Lightroomは買ってから、ちょっと使ったものの、カタログ機能など独自の部分に慣れず、放置していたのだが、マニュアル本を買って、全体像を掴めてから、やっと使えるようになってきた。

基本的にはRAW現像ソフトなのだが、もともとのデータをいじらずに、補正した手順を別にデータを持ってくれるので(非破壊編集と呼ばれる)、JPEGデータを扱うだけでも恩恵を受けられる。

驚いたのはスペックが低いPC*1で使っても動作がきびきびしていること。画像を補整しての表示も待たされるという感じではないし、RAW現像の速度も1600万画素のデータでも1枚15秒程度とそこそこ速い。

自分が参考にしたのはこの本だ。Lightroomのマニュアル本は初心者向けが多かったが、これは中級者向けだったので。RAW現像ってそもそも何?というレベルの人にはちょっと難しいかも。

*1:現在使っているのはCore 2 Duo E8600と5年ぐらい前のスペックのPC

2014-11-02

カメラ初心者の人の記事に対するコメントは気を付けたい

絞ればいい!たくさんのコメントありがとうございました! | EOSKiss.com(for Family)[↑B]

多分これ自分がブクマしたせいです…。申し訳ありません。

デジイチを渡して自分の記念写真を「撮ってもらう」ためのいくつかの工夫 | エアロプレイン[↑B]

この記事になんとなく辿り着いて(中山さんのFacebookからだったかも)、ブクマし、

単焦点レンズで風景写真や集合写真を撮影する時には気を付けた方が良い。 | EOSKiss.com(for Family)[↑B]

その記事中から、この記事へのリンクがあり、ブクマする。その時、記事の中身を大して読まずにブクマした。そして、気付いたら、なんかブクマがいっぱいついてギャー!な事態に。

それにしてもカメラ初心者の人の記事に対して、アドバイスするにしても言い方があるよなーと思ったので勉強になった。これだから、カメラとか写真好きは恐い!って言われるんだよな…。初心者の人の記事をブクマする時は気を付けねば。


そういえば、大変安くなっていたE-PL5のダブルズームキット、そろそろ在庫がなくなってきたみたいなんで、欲しい人は早めに買った方がいい。色はもうシルバーしかないみたいだけど。

あとEOS MもAmazon自体には在庫ないぐらいに減っている。

2012-12-19

ネットラジオ『加野瀬未友と永山薫のかめらじ!』第2回が公開されました

インターネットラジオ番組「加野瀬未友と永山薫のかめらじ!」第2回 - WEBスナイパー[↑B]

※WEBスナイパーなので18歳未満の方は閲覧できません。あとサイドバーとかに女性の裸の写真があるので見る時はご注意を

永山薫さんとカメラ談義をするインターネットラジオ「加野瀬未友と永山薫のかめらじ!」の第2回が公開されました。今回は写真集と写真とソーシャルネットの関係について話しています。

写真好きだという割に、写真展を見たり、写真集を全然持っていなくて、挙げる写真集に悩んでいたのですが、『TOKYO STYLE』が好きなのを思い出して挙げました。自分の中では、あまり写真集というくくりに入っていなかったんですよね。最初に出た時から欲しかったんだけど、大判で1万円以上したので買わず、文庫版が出た時は速攻買いました。自分が持っているのはちくま書房版ではなく京都書院版。

『TOKYO STYLE』はよく雑誌に載っているような生活感のない部屋ではなく、実際に人が住んでいる部屋を撮影した写真集。インテリア雑誌を見ていて、みんなこんな部屋に住んでいるのかなーと不安になっている人はぜひ見るのを勧めます。最初に出てから20年近く経っていますが、今見ても古びてない写真集です。

生活感溢れる部屋写真集というと伊藤ガビン氏の『魔窟ちゃん訪問』もありますが、『魔窟ちゃん訪問』が1995年で『TOKYO STYLE』は1993年でした。収録現場で調べた時は『魔窟ちゃん訪問』の方が先?となっていたけど、勘違いだった…。

TOKYO STYLE (ちくま文庫)

TOKYO STYLE (ちくま文庫)

魔窟ちゃん訪問 (ASPECT SELECTION)

魔窟ちゃん訪問 (ASPECT SELECTION)

写真とソーシャルネットの関係については、前回話し足りなかったので、今回話してみました。flikcrってアップした瞬間に反応をもらいたい人にはすごく向いてないサービスなんだけど、タイトルや説明を英語で書いて、うまく検索にひっかかるようにすると、海外の人が結構見に来たりする面白さがあるんですよね。ラジオ収録後に、instagramとTwitterの間でいろいろ起きたり、今後も写真とソーシャルネットというのは熱い話題だと思うので追い掛けたい次第。

最後に今回の写真。

Crow and sea

江ノ島で撮影したカラス。

kinchoru

キンチョールの広告がよかったので。

sky

10月6日に撮影したんだけど、なんか夏みたいな空。


※関連

WEBスナイパーでカメラ談義をするネットラジオ番組『加野瀬未友と永山薫のかめらじ!』に出ました - ARTIFACT@ハテナ系[↑B]

2012-11-02

位置情報をつけないと写真がアップできないアプリ「PEN pic」

PEN pic - 思い出を、拾おう[↑B]

PEN pic というオリンパス監修のPENと同じアートフィルターが使えるカヤックのiPhoneアプリを触ってみたら、ネットにアップするのなら写真に位置情報を絶対つけないといけないというストロングな仕様でびっくりした。

最初に警告が出るし、位置情報をつけたくないエリアはブロックエリアとして登録できるのだけど、あまり考えずに登録している人も多いんじゃないだろうか。Twitterアカウントが必須なので、近所に住んでいるっぽいTwitterユーザーを発見した。

instagramのジオタグが面白かったし、位置情報は写真とのリンクが一番面白そうではあるのだけど、セキュリティ対策が難しいところだ。

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN mini E-PM1 レンズキット シルバー E-PM1 LKIT SLV

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN mini E-PM1 レンズキット シルバー E-PM1 LKIT SLV

2012-10-16

WEBスナイパーでカメラ談義をするネットラジオ番組『加野瀬未友と永山薫のかめらじ!』に出ました

インターネットラジオ番組「加野瀬未友と永山薫のかめらじ!」 - WEBスナイパー[↑B]

※WEBスナイパーなので18歳未満の方は閲覧できません。あとサイドバーとかに裸の写真があるので見る時はご注意を

永山薫さん(id:pecorin911)とカメラ談義をするインターネットラジオに出ました。ネットラジオで写真談義というのは結構珍しいのでは。カメラ好きのアマチュアの視点からよもやま話を語っています。

二人のカメラ遍歴で、永山さんはフィルム時代から、僕はデジカメから意識的にカメラに接するようになったというのが対象的でした。

アマチュアは広角好きか、望遠好きのどちらかになるけど、永山さんは広角好き、最近はマクロに凝っていて、僕はボケが好きなので標準から望遠レンズが好き、とこれまた対象的。

あと、撮影対象がだんだんなくなってくるとか、街頭スナップだと、盗撮の疑いをかけられたりして大変だとか。永山さんが花ばかり撮影するんだけど、俺ってそんなに花好きじゃないし…と言っていましたが、自分も花を見かけるととりあえず撮影するので共感してしまいました。

komeito

最近撮影した写真をセレクトしたのですが、この写真は寂れたトタンの壁と公明党のポスターが面白かったので選びました。そういえば、カメラ雑誌に載るようなプロのスナップ写真だと政党ポスターをいれたものを見かけないという話が出たのですが、配慮があるからなのかも。


あと去年10月に「四日市のエヴァエヴァ60分 holiday special 体育の日」にも出たのですが、こちらは雨宮まみさんと引きこもりから脱出するのにソーシャルネットは有効か?というソーシャルメディア談義をしていて、「いいね!ヤリマン」など愉快な単語が出てくる大変楽しいラジオでした。あまり聞いている人がいないっぽいので再度宣伝。

インターネットラジオ番組「四日市のエヴァエヴァ60分」holiday special 体育の日 - WEBスナイパー[↑B]

雨宮さんが相手ということで、雨宮さんがインタビューしてくれたこの記事の続編的なものともなっています。この時、新たなSNSが流行り始めたら、やるべきですよ、と言っていて、Facebookが流行り始めた頃にお勧めしたのですが、雨宮さんは見事Facebook廃人となったのでした。

【加野瀬未友氏インタビュー】無数にあるネットツールをどう使いこなすべきか? |ソフトバンク ビジネス+IT[↑B]

Yokohama China town

Green