Hatena::ブログ(Diary)

Kanotomo の iPhone アプリ開発日記 + サポート

2010-07-02

Typefaces リリースしました

f:id:kanotomo:20100703023900p:image

ものすごくブログをサボってしまっているわけですが、一応超簡単に告知だけしておこうと思います。

これまでCédilleという名前で出していたiPhone用フォントビューアアプリを、iPadにも対応したユニバーサルアプリとしてアップデートして、同時に名前も“Typefaces”に変えました。

なぜ名前まで変えたかというと、“Cédille”という名前ではあまりにも名前から内容が想像しにくいんじゃないかと思っていたから。あと、アクセント付きeが多くの人にとって入力しにくいんじゃないかとか、読めるかなとか、色々と余計な心配をしてしまっていたからw


iPhoneバージョンはデザインも一新し、iPadにも対応したTypefaces、よろしくお願いします。

→App StoreでTypefacesを見る

余裕があればまたあとでちゃんとしたリリースエントリ書くかも…

2009-09-01

Exposéのウィンドウ選択アピアランスを変えてみる

Exposéで全てのウィンドウを表示するとマウスオーバーしたウィンドウは強調表示されるが、そのアピアランスがSnow Leopardになってからなんだか馴染まない。簡単に変えられるみたいなので変えてみた。

f:id:kanotomo:20090901152304p:image

一番左が標準の状態だが、ケバいよね…

方法は システム>ライブラリ>CoreServices>Dock.app>Contents>Resources の中にある expose-window-selection-big.png と expose-window-selection-small.png を置き換え、Dockを再起動するだけ。Dockの再起動はログインし直すか、ターミナルでkillall Dockすればいい。

アピアランスの画像ファイルはこちらから使わせてもらった。

New Exposé selection | Misc.

Snow Leopard Exposé selections | Misc.

落ち着いた調子でいい感じになった、うん。

2009-08-28

Snow LeopardでXcode標準フォントのMenloがCodaの標準フォントに似ていた

プログラミング用の等幅フォントといえばCodaに搭載されているPanic Sansというフォントが結構好きなのだが、Snow Leopardで新しくXcodeの標準フォントとなったMenloという等幅フォントがそのPanic Sansにとてもよく似ていた。

特徴的な&の形など一目瞭然だ。

f:id:kanotomo:20090828224229p:image

それもそのはずで、MenloもPanic SansもBitstream Veraというフォントを元にしているようだ。Font Bookでフォント情報の説明の欄を見ると書いてある。

違いと言えばMenloが数字の0がマルに点ではなくマルに斜線になっていたり、アスタリスクが行の真ん中にドテッと居座っていたりするところか。細かいところではNの幅が広くなっていたり、EやHの重心が高くなっている。たぶんVeraやPanic Sansよりさらに視認性を高めようとしてこうなっているんだろう。でも数字の0はマルに点のあの形がキュートで好きだったので、Menloでも是非そのままにしてほしかった。(笑)

しかしなんでMonacoではダメだったんだろう?Objective-Cで多用する[ ]なんかはMonacoの方が見やすい気もするんだが…。

Cédille 1.2.2 リリース

f:id:kanotomo:20081128012029p:image

変更点はiPhone OS 3.1との互換性に関する修正です。

新機能等はありません。

iTunes リンクはこちら → Cédille

2009-08-21

今年はまだ一度も冷房を使っていない

  • 風を通せば過ごせるなと気付いたので、今年の夏は自宅でまだ一度も冷房を使っていない。ここまで来ればもう夏が終わるまで絶対に使わないでやろうと思う今日この頃。
  • Snow Leopard が予定前倒しで来週発売されるともっぱらのウワサ。当然何も考えずすぐ飛びつく予定。開発環境がどう変わってるか楽しみだ。
  • Cédille の iPhone OS 3.1対応アップデートが審査中。機能追加は何も無い。
  • Quick Calendar の方は保存ボタンを無くしたことでレビューで色々意見をもらっている。説明は尽くしたつもりだったけど、みんな説明なんていちいち読まないんだよね。俺も読まないし。やはりUIの工夫で迷わず使えるようにするのが親切だろうということで、どうするか考え中。なんらかの分かりやすくする改善はするつもり。

2009-08-05

Cédille 1.2.1 リリース

f:id:kanotomo:20081128012029p:image

フォントビューワー Cédille のバージョン1.2.1をリリースしました。

今回は1.2にあったバグの修正のみです。

iTunes リンクはこちら → Cédille

2009-08-04

Quick Calendar 1.2 リリース

f:id:kanotomo:20090119224634p:image

Quick Calendar のバージョン1.2をリリースしました。

iTunes リンクはこちら → Quick Calendar


バージョン1.2は大幅なバグフィックス、パフォーマンス改善をほどこしました。画像の読み込みや、拡大縮小まわりの不具合はとりあえず無くなったと思います。また、スピードやメモリ効率の点で以前よりだいぶマシになったと思います。


さらに、バージョン1.2ではちょっとした新機能を1つ追加しました。スライダーシンボルです。

スライダーシンボルってなんぞーというのは下の画像を見てもらえば、また実際に壁紙として使ってみれば分かってもらえると思います。

f:id:kanotomo:20090804075043p:image

まぁ単にそれだけなんですが。それだけですが、結構おもしろくて可愛いのではと思うのですがどうでしょう。

ちなみにこのアイデアは自分で思いついたものではないです。ネットで目にしたある壁紙にこれが付いていて、それを見て面白いと思いアイデアを拝借しました。

バージョン1.2では何種類かのあらかじめ用意された記号文字しか選べませんが、将来的に自由な文字を入力出来るように、またスライダーシンボル用に好きな画像を読み込んで使えるようにしたいですね。


それから、バージョン1.1.1公開後からレビュー等で結構ツッコまれてしまっているのですが、作成した壁紙の保存方法が変わっています。バージョン1.2からは従来の「保存」ボタンを廃止してしまい、プレビュー状態でスクリーンショットを撮る方法で一本化しました。保存ボタン一発で完了する方が分かりやすくて楽だとは思うのですが、プログラムからフォトライブラリに保存しようとするとどうしても滲んでしまうので仕方ないのです。

2009-07-25

Cédille 1.2 リリース

f:id:kanotomo:20081128012029p:image

Cédille のバージョン1.2をリリースしました。今回のバージョンアップではいくつかの新機能と使い勝手の向上を盛り込みました。

新機能は、フォント情報ビューとウォーターフォールビューの追加。そして設定画面まで行かなくてもフォント詳細画面からなんでもできるようにしました。

ちなみに iPhone OS 3.0 では Geeza Pro 等の2.xにはなかったフォントがいくつか追加されていますね。システム用のフォント (ファミリー名に.が付いてるフォント) にも LastResort や PhoneKeyCaps なんてフォントが追加されてます。


[追記]

バージョン1.2にバグを見つけました。

フォント詳細画面でプレビューモード切り替えメニューボタンや、フォントサイズボタンを操作すると頻繁にアプリが落ちてしまいます。

既に修正版を提出したので1週間ほどで公開されると思いますが、ご迷惑をおかけします。

Quick Calendar 1.1.1 リリース

f:id:kanotomo:20090119224634p:image

リリースから1週間経ってしまいましたが、Quick Calendar のバージョン1.1.1をリリースしました。

大きな機能変更は無く、iPhone OS 3.0 への対応のみです。

今回から、従来からの方法で画像を保存すると、アルバムで見た際にボヤけて見えるようになってしまいます。標準の API を使用したときの仕様なので、ご了承ください。

代わりに今回のバージョンから、画面を軽くタップすることで上下のボタン類を非表示にできます。この状態でスクリーンショットを撮ると、アルバムでもくっきりと画像が保存できます。

スクリーンショットの撮るには、ホームボタンを押しながらスリープボタンを押します。画面が白くフラッシュし、シャッターを切る音が聞こえたら成功です。従来通り、写真アプリから壁紙を変更してください。