Hatena::ブログ(Diary)

深夜アニメ実況の果て

2014-01-04

ソードアート・オンライン Extra Edition

| 02:51 |

2012年の12月に本編の最終話が放送されたので

約1年ぶりのソードアート・オンライン新作となります。

ただ新作とは言っても半分以上を実質総集編ともいえる映像を使った構成なので

2時間も放送枠があった割にはそこまでの新作らしさは無いです。

しかし! 水着回の威力は高いです。

今回は4大ヒロインことアスナシリカリズ

そしてスグの4人が水着になってくれました、ありがとうございます。

完全に嫁ポジションを保持しているアスナさんはヒロインらしい水着を選択した一方で、

妹キャラといえばこれ! ということで、スグは期待を裏切らないスク水を持ってくる優しさ。

シリカも期待を裏切らないイメージ通りの水着姿で

もうそれを見ただけで「Extra Edition」も8割くらい満足です。

本編では実質的にたった1話しか活躍の場がなかっただけに

これだけセリフがあって動いてくれるだけで嬉しいです、最高です、さらに水着ですし。

リズは他の子に無いキャラなので、このメンバーの中に居るだけでバランスが取れるという

何気に重要なポジションのヒロインなのでは無いでしょうか。

どうやらまだ成長中らしいのでシリカとは真逆のスグ側のタイプのようですが。

キリトさんが戻ってきてヒロインと合流した終盤のクエスト攻略パートでは

新たにクラインとエギルも参加して主要メンバーの7人+ユイちゃんという完璧なパーティで挑んだものの

時間の都合なのかSAOの魅力の一つである戦闘シーンは物足りなさが残りました。

総集編部分を少し圧縮してでも戦闘パートはしっかりやって欲しかったです、

それでもアニメではこのメンバーでバトルすることはあまり無かったので貴重なシーンでした。

シリカもしっかり参加してますし、リズも戦えてる、成長を感じられていいですね。


そのような感じで内容的にはまさに番外編というものでしたが、

水着回もありましたし各ヒロインそれぞれもしっかりセリフありましたし

全体的に見ると特別編としては、まぁ良かったんじゃないでしょうか。

そして第1期シリーズが終わった時点で多くの人が予想していたとは思いますが

このタイミングで第2期シリーズ「ソードアート・オンラインII」、ファントムバレット編の製作、

そして2014年に公開されることが発表されました、これは楽しみですね。

他のヒロインたちが活躍させてもらえるかは分かりませんが・・・

D

・公式サイト

 ソードアート・オンライン

2013-01-03

ソードアート・オンライン 25話「世界の種子」(最終話)

| 03:29 |

第25話、最終回です。

先週の話で見事にチート以上の事をして須郷を倒したキリトさんの

リアルサイドでの自転車からのアスナさん再会をすんなり成功させないところが

まさに期待を裏切らない悪役って感じで須郷さん似合ってました。

さすがにキリトさんも向こうの世界みたいに華麗に戦うことは出来ないけど

アスナさんまでもうすぐってところでやられなくてよかったですね。

しかし今回のメインはアスナさんとの再会じゃない!

やっぱりこっちでしょ、念願の学園パート。

SAO帰還者の集まりということで

向こうで見知った人だらけなわけですが

ここでも堂々とアスナとイチャイチャするキリトさん…、

そのうち誰かに殴られても文句言わないでよってくらいイチャイチャ・・・。

それは置いといて、その次のシーンです。

やっと来ました、ついに来ました。 シリカの再登場です!!

ほんとーに長かった。

シリカに再会するまで長すぎです。アスナさんと出会えなかった期間よりも長かった。

確か第4話のシリカ回以来の本編登場ですよ。

放送期間でおよそ5ヶ月ぶり、アスナの比じゃないです。

本当ならALO編でも出てくれるはずだったので

そんなにキリトさんは反応してあげなかったのだと思いますが

それにしてもSAOで妹に似ているとか言ってほぼデート状態のパーティ組んでおいて

今回の最終話で一言もシリカと直接話してあげないとかキリトさん許されないですよ。謝ってください。

一緒に隣にリズも居ましたけど

リズもキリトさんに実質口説かれた被害者のようなものなのですから

直葉も加えてみんなでキリトさんを責めるべきです。

せめて会話シーンを少しだけでも入れてあげてほしかったです。



というわけで2クール、全25話の放送が終わりました。

放送開始直後からMMORPGに触れたことのある人を中心に評価が高く

最後まで人気を維持していたというのが印象的です。

ただやっぱりどうしても気になるのがヒロインの扱いでしょうか。

最初にアスナさんと出会ってから

シリカリズ、それにもう居ませんがサチなどに

キリトさんは甘い言葉でそれぞれに話しかけ、

まるでそのままルートに入っちゃうんじゃないかという素振りを見せつつも

次の瞬間には全て無かったかのようにしてしまうという

作品が違えば何度も修羅場シーンを演出できるくらいの事をしてたのは一体何が目的だったのでしょう。

アスナさん一筋という見方をすれば綺麗ですけど

妹に似ていると言って近づいたシリカなんてもっと怒ってもいいと思います!

せめて、せめてもっと各ヒロインの担当回を見たかったです。


そんな魅力的なヒロインを含めたキャラクターについては

やっぱりどのヒロインも可愛いというのが一番でしょうか。

シリカなんてもう天使ですよ、

可愛くて可愛くて性格も良くて可愛くて。

それなのにヒロインとして扱われている各キャラの中ではもっとも少ない登場時間というのは許されないです!

あまりにも可哀想な扱いなのでどうやらネット上でも

そのことをネタにされていたようですが

どうにか救済回、OVAでもいいので欲しいと思ってしまいます。

リズもキリトさんに振り回されました。

アスナさんに譲ったというのが正しいのかもしれませんが

攻略ヒロインとしては十分なスペックの持ち主で

こちらも簡単に捨ててしまったのは勿体無いです。

これらの魅力的なヒロインにも負けず

最初から最後までキリトさんを独占していたアスナさんは

特に大きな特徴があったというわけではないのですが

戦闘は強く、料理スキルもSAOの世界だけではなくリアルでも高いように見えたりと

平均的にスペックが高めな万能タイプなのが良かったのでしょうか。

何でも出来てしまいそうなところが手強いです。

そしてキリトさん、

SAOでは仕様なので仕方ない部分もありますが

ALOでは完全にチート状態で両方の世界でキリトさん最強を見せつけましたが

これがこの作品の魅力で親しみやすい部分だったのではないでしょうか。

主人公が異常に強いというのはどの作品にでもあることですが

それにはちゃんと理由があってそれが楽しめるというのは大きいと思います。


ストーリー部分についてはどうでしょうか。

SAOでは攻略を目指していたものの最後で強制的にドロップアウトのような形になってしまいましたが

分かりやすい設定と、世界観をしっかり楽しめたので良いと思います。

一方のALO編では

ゲームの攻略ではなくアスナの救出という時間制限のある目的だったため

ゲーム世界を楽しむということがあまり出来なかったのが心残り。

せっかくのALOの特徴の一つである魔法も

シーン数は少なく存分には楽しむことができませんでした。

戦闘についても同様でもっとバトル展開を見てみたかったです。

せっかくのラスボスもあの状態からなら仕方ない部分もありますが

チートどころじゃない方法での勝利など

せっかくのゲーム世界らしい勝利じゃ無かったのが惜しい。

ただALO編は直葉の感情の変化や行動は楽しかったです。

もっと直葉が攻めてくれればもっと楽しくなったと思いますが

現状でも十分な働きを直葉はしてくれたと思います。


その他で面白いと思ったのはゲームらしいインターフェイスなどでしょうか。

作品はVRMMORPGの世界ということでアイテムの使用や装備の変更などコマンド操作をする必要があるのですが

その時に表示されるインターフェイスが程よくゲームっぽくて結構好きでした。

SAOでもALOでも大きな違いは無いのですがゲージの表示などの細かい表示に注目していると

世界観をしっかりと認識でき、作品の世界をより楽しく見ることが出来ました。


と、いう感じで「SAO」について色々と書いてみたいことはあるものの、

全25話の間に色々とありすぎてすぐには出て来ませんが

間違いなく言えることは2クールの間、楽しく見ることが出来たということです。

キャラに魅力があり設定が分かりやすく、続きも気になる。

2クールが短く思えるような楽しい作品でした。

まだ来年3月にPSPゲームの発売が予定されていたりと

様々なメディア展開が予定されているようですが

作品の人気も高いことから、もしかすると次の展開も期待できるかも知れないですね。

その時はまた楽しませてもらいたいと思います。


<関連エントリ>

[ソードアート・オンライン] - 深夜アニメ実況の果て

<公式サイト>

ソードアート・オンライン

TVアニメ「ソードアート・オンライン」 (sao_anime) on Twitter

2012-12-21

ソードアート・オンライン 24話「鍍金(メッキ)の勇者」

| 03:18 |

いよいよ直接対決、ということですが

アスナのところまで行くのに一瞬すぎです!

もともとチーターとしてログインしているのに

そこに管理者権限も奪取してしまったらもう不正アクセスレベルじゃないですか。

さらにラスボス役に専念しないといけない須郷なんて

全力で、オフィシャルで薄い本でしか見られないようなお楽しみをアスナさんに対してやっちゃってるし

誰か須郷に地上波で放送中だって教えてあげて!

さすがにラスボスとのバトルとは言いづらい攻略でしたが

色々と面白い戦いだったのでまぁ良しとしましょう・・・。

一度消えてしまったユイも何とか無事だったみたいですし

内蔵メモリって大切ですね。

さて、次でついに最終話です。

現実に戻ってくるアスナさんと迎えに行ったキリトさん。

でも、直葉は・・・。

2012-11-04

リトルバスターズ! 05話「なくしものを探しに」

| 02:35 |

今回は完全に小毬ルートでしたね、

このまままずは小毬ルートを消火してしまうようです。

ということで当然他のヒロインは完全にサブに、

クドはもちろん影すら出て来ません。

その代わり小毬1人に集中できて、

さらに星空や湖など美しい舞台ですごく目立つ私服を楽しむことが出来ました。

来週も小毬ルートですね。

2012-10-19

ソードアート・オンライン 15話「帰還」

| 17:02 |

今回から新章突入ということでオープニングもエンディングも新しくなりました。

1クールずっとネット空間ばかりだったので現実は久しぶりです、

そして久しぶりといえば、確か1話以来となる妹こと直葉の登場も今回からのポイント。

しかも気の利く出来る妹、さらに実妹じゃないという(実妹でもいいけど)出来たスペックとなっております。

1クールほとんど出番が無かったことを取り返す活躍を見せてくれると思うので

来週から本格的に始まるフェアリィ・ダンス編、楽しみです。

2012-08-26

ソードアート・オンライン 08話「黒と白の剣舞」

| 01:19 |

7話ではリズ回にも関わらず

まるで嫁のように余裕の振る舞いをして

完全にデレて積極的モードに入っていたリズを強制ストップさせ

自分にキリトの注目を集めたアスナさんですが

8話ではさらに嫁モードが加速!

デレ方もさらに魅力的に、

そして料理スキルと一緒に嫁スキルも上昇中のアスナさん。

さらにソロ慣れしているキリトさんのペアも努められる強さとテクニック。

総合的に見ても嫁スキルの上昇が止まらないアスナさんが怖くなって来ました。

他のヒロインの立場はどうなるんですか、

シリカは残念ながら悔しいけどもう出番はほぼ無さそうな気配ですが

リズなんてアスナがいる限り絶対にアタックできない状況ですし

もうアスナさんの一人勝ちですね、全く恐ろしいヒロインです。

2012-07-28

ソードアート・オンライン 04話「黒の剣士」

| 04:17 |

来ました、来ちゃいました! ついに来ましたシリカ回です!

シリカ自体は最初は寂しい思いもしたけど

結果的にピナも復活したしあのギルドからも抜けられたし良かったじゃないですか。

さらに出現するモンスターが狙ったように楽しいモンスター様だらけで

シリカ人気がさらに上がってしまう!

そんな偶然のような必然からちょっとした仕草まで

久しぶりに隙のない完璧なヒロインです、ありがとうございます。

キリトから見て助けた理由は妹に似てたから?

聞き耳スキルさんを引っ掛けるために利用したから?

そんなことはどうでもいいんです。

妹に似てたなら助けるのは当然ですし、そこは良いんです。

そんなことよりシリカにその妹(従姉妹)の話をしたおかげで

シリカが"1日お兄ちゃん"、なんて意識しちゃってるところが大きいんです!すごく大きいんです。

まさに隙のないヒロイン、

SAOってこんな作品だったんですね。恐ろしいアニメです。もっとやってください。

ところで今回もシリカが1話使い捨てにされそうな流れなんですけど

それすごく勿体無いです。

退場しなかっただけ良いといえば良いのですが、早めの再登場を要求します。

シリカかわいかったです。

2012-07-14

ソードアート・オンライン 02話「 ビーター」

| 04:33 |

アスナも本格的に登場してきてMMORPGらしい戦闘や表示もあったりと

それっぽくなってきて面白くなって来ました。

主人公もヘタレじゃないので無駄に時間をロスしたりもしないし

結構サクサク進行してるし見やすいと思います。

まだ他のヒロインは登場前ですが次週も楽しみです。

2012-07-07

<新番組> ソードアート・オンライン 01話「剣の世界」

| 04:30 |

1話です。

今回は第1話ということで基本設定の説明程度で終わりましたが

内容的には今のところ理解しやすいシンプルなもののように思えます。

キリトクライン以外のメインキャラもこっそり登場していたし

そのキャラが活躍するのが楽しみです。