Hatena::ブログ(Diary)

深夜アニメ実況の果て

2015-08-02

放課後のプレアデス 12話「渚にて」(最終話)

| 02:16 |

最終回です。

11話をかけて集めたカケラもこれで最後。

最後の欠片はラストらしく、みなとも巻き込んで

宇宙船の力も利用して莫大なエネルギーを持つブラックホール相手にカケラを回収するという

普通に考えればものすごく壮大な展開なのに

この作品の広大なスケール感を持ってすればそれすらも当たり前のようにも感じてしまうのが面白いところです。

最初は地上から見えるほどの空だったのに宇宙空間に出て

少しずつ、そして一気に地球から遠くの惑星からその先に進んで行って

それから最後にこの宇宙の端と言える場所まで来てしまったと思うと本当に凄いスケールです。


無事にエンジンのカケラを全て回収したあとは

すぐに次の宇宙へと会長、プレアデス星人は向かってしまいましたが

最後に生みの親の1人とも言えるななこに対して気の利いた一言をちゃんと言っていくところに会長の優しさを感じました。

お別れは会長だけではなく、すばるたち全員は元々は別の世界線から集められたメンバーなので

"可能性"を自分が自分であることを選択した以上はそれぞれ元の世界に戻らなくちゃいけない。

ここまでみんなで協力して一緒にカケラを集めて仲良く慣れたのに

それが元の状態とはいえそれぞれ帰ってしまうのはやっぱり寂しいです。

それでもどこかで繋がっている

そんな絆を感じられる充実感のあるラストでした。




全12話終わりました。

なんと言えばいいのか、どうまとめるのがいいのか難しいのですが

とにかく素晴らしい作品でした。

テレビアニメ版の元となるYouTube版を公開時に見てから4年。

その長いようで短い時間を待っていた価値は十分にありました。

一度、二度見ただけで全ての設定を解説するのは難しいところもあるのですが

それを含めたストーリーの組み立て方、見せ方、キャラクターなど、バランスが良かったです。


放課後のプレアデス」といえば富士重工スバルが関わっていることでも話題になった作品ですが

過去に自動車会社が関わったいくつかの作品とは違い、

アニメ制作側に自由にやらせる心の広さが、この良い作品へと繋がったのは間違いないです。

スバルのロゴも第1話の冒頭のみで

あとは富士重工の文字がエンドロールで確認できる程度だったと思います。

(11話など関東エリアでの放送では、番組提供にスバルが入っていたとの話も…!)

作中に出てくるスバル要素としてはドライブシャフトのデザインやエンジン音、

一度だけ登場したEyeSightのような動作と音。

それから地名というのもあったと思いますが、

先端のフロントグリルからヘッドライト

さらには他の細かいパーツまで実車がモチーフにデザインされて居るにもかかわらず意外にもすぐに見慣れて

どれもいつまでも主張が強くてノイズになるようなこともなく上手く作品に溶け込んでいたのは凄いです。

どうやらこれらのスバル要素も制作側が採用したようで

スバル側が押し付けて使わせたわけじゃないようで、さらにはエンジン音の収録にも全面協力するなどそこにも好感が持てます。

結果として作中でのスバル要素は濃くなくてもスバルのイメージアップに繋がったことでしょう。

これは今後の異業種が深く協力するアニメ作品の作り方にも影響を与えるかもしれません。


そして「放課後のプレアデス」の作品の作り方で本気度が伝わってくる他の要素といえば、宇宙、天文学の部分です。

宇宙が出てくるアニメ作品は珍しくないですが、

この「プレアデス」では国立天文台が協力、4D2Uを活用し土星の輪っかを忠実に描いたり

実際に公的に公開されている資料を参考に使用していたりと、

うかつな事を描くと突っ込まれる可能性のある部分についてもしっかり勉強して制作されているのは凄いと思います。

私も宇宙好き、と言っても宇宙開発がメインで天文は分からないことが多いのですが見ていて勉強にもなりました。


次にキャラクターについても。

言うまでもなくこの作品に登場するキャラクターに悪い人は居なくて、みんなそれぞれが良かったです。

すばるは星が好きで、最初の印象だけでは引っ込み思案でオドオドした感じのように見えそうですが、

もっとよく見てみると1人で天文部をやっていたり、

主に中の人から肉食系ヒロインとも言われ最終話で大胆にも見事にそれを証明してくれたように、かなり積極的な子でもあります。

1話を思い返してみるとカケラ集めに参加すると言い出したのもすばる自身。

しっかりと自分を持っていて、でも迷ってしまうと涙が出てしまう純粋さを忘れないヒロインです。

あおいちゃんは最初はすばるのナイト的なポジションに入りそうで

実際に全話見たあとではすばるを守るといったシーンは少なく、

でも11話で魔法を無くしたすばるを置いて他のメンバーで最後の欠片を回収しに旅立つ直前にすばるに声をかけに行くなど

すばるに最も近い場所にいるヒロインでした。

元のすばるの世界のあおいちゃんは1人だけ別の学校に通っていて物理的に距離感があるのですが

すべてが終わったあとの会話ではその距離を感じさせず、ずっと友達として関わってきた2人の友情を伺えます。

いつきちゃんは、ビジュアルだけ見ると落ち着いた冷静さがあるのですが

本当は5人の中でもかなり茶目っ気があって、よく見ているとすごく面白い子です。

ひかるとはまた少し違った方向で空気を盛り上げてくれる欠かせない存在です。

そして、ひかるちゃん。

こちらもまずビジュアルを見ると

よくある活発系で少しばかなタイプに見えてしまうのですが本当は全然違っていて

適度に力を抜きつつも周りをしっかり見た行動をして、

5人でもトップクラスの頭の賢さと冷静さを持つ優しい子で、

それでいて敵に対しては大胆にも直接蹴りを決めようとするなど大胆さも。

ひとりだけ制服が常時ノースリーブ状態なのもポイントで

アニメ本編を見ていて話が進むほど好きになっていく、そんな魅力がひかるちゃんにはありました。

最終話でみんなと別れた瞬間のひかるちゃんの反応からも

彼女の繊細さを感じ取ることが出来ます。

ななこはYouTube版から最も変わったキャラクターとも言われていますが

そのYouTube版と比較してさらに親しみやすくなったのでそれは良い変化だと思います。

まるで腹話術のように会長ことプレアデス星人の通訳をどんな状況でもしっかり、そして楽しそうにこなす、

ただし表情は無表情に近いのが面白いところ。

多くはないものの時折見せる歳相応の優しい表情が魅力的です。

他にもそれぞれのヒロインの家族が優しくて暖かくて、

子どもたちが主人公の物語だとどうしても邪魔になりがちな親要素を

この作品では物語の中でも重要なポイントにしているのが良いですね。

それぞれの親がなかなか個性のある方々なのも面白い。


次に主題歌、音楽。

物語を盛り上げ印象的なものに仕上げるのに必須なのが音楽ですが

この作品に使われている音楽もまるで星空のように聴いていて自然と入り込んでくるようなそんな気がしました。

主題歌も勢いと力強さと爽やかさのあるオープニング、「Stella-rium」。

ユニット「fragments」として

メインキャストが歌う「ここから、かなたから」からは

作品にぴったりな透明感と、途中に入るセリフを含めた可愛さが特徴で

冬に星空を眺めながら聴いてみたくなる、そんな名曲です。

どちらの主題歌も、アニメを全話見終わった今、

改めて歌詞に注目して聴いてみると聞こえ方がまた違って思えるかもしれません。


惜しい、というか悔いが残るという表現があっているのか分かりませんが

勿体無いなと思ったのは、せっかくメインキャストで「fragments」というユニット名を付けたのに

本人たちが何かしたいとの発言が随分前から確認できていたのに、現時点では具体的な活動が行われていないのが心残りです。

そのためにも第2期を、と言いたくなりますが

これだけ綺麗に最終話をまとめてくれたのでそれが良いのかも悩むところです。

でもそれまでにもう少しだけ今告知されている様々なメディア展開を楽しんでおきたいです。

その中にfragmentsの活動も含まれていればもっと良い。

本当に素晴らしい作品をありがとうございました。

「放課後のプレアデス」に出会えて、見られて、良かったです。


『またいつか。』


D

<公式サイト>

放課後のプレアデス / SUBARU x GAINAX Animation Project ※音量注意

<関連エントリ>

[放課後のプレアデス] - 深夜アニメ実況の果て

2015-06-17

放課後のプレアデス 11話「最後の光と彼の名前」

| 04:25 |

エンジンのカケラも多く取り返して無事にみんなの元へ帰ってこられたすばるですが

みなとが居なくなったり色々あったせいか

プレアデス星人のいうところの可能性が確定してしまった影響で

一人だけ魔法も使えなくなるという最大のピンチながらも

みんながすばるのことを思って言葉をかけたり行動してくれるのは美しいです。

ここまで来て、カケラもたくさん集まってくるとそれぞれの思いの力で状況を変えられるということもあって

すばるのギリギリのところで何度も何度も結果が出るまで諦めなかった強い気持ちで

自販機のバナナオーレはいちご牛乳に、天文部の部室の扉は異空間へ自力で変えてしまうとは

さすが積極的なすばるだけに気持ちの強さが分かります。

しかも今回はそれだけじゃなく

魔法が使えなくなった状況から少しずつ、そして一気に取り戻していった勢いで

最後のカケラ回収に挑むあおいたちの近くまで一気にジャンプ。

それも、ここに来ての新コスチュームで!!

従来の変身後の衣装は、学校の制服をベースに原型を残しつつ

あまり大きく変えずにリボンなどがポイントの可愛い衣装でしたが、

新たに登場した衣装は、その白い制服のイメージとは正反対の黒を基調とし、少しダークな雰囲気もあって。

しかし深い赤の大きなりボンを頭と腰、そして胸元にあって可愛さをしっかりアピール

まさに、黒すばる!とも言えるこの衣装、素晴らしいです。

白と黒、両方を毎日交互に見て楽しむ生活がしてみたいですね。

最後のカケラを回収することを決心したあおい達と合流し

これで全員揃ってその最後のカケラを目指すことになりましたが。

カケラが高速で移動していることもあって、その回収の舞台は、

この前のななこの時の太陽系の端をさらに大きく超えて、太陽系の外側、さらにいくつもの銀河を超えてさらにその先という

これまで少しずつ地球から遠くを目指してきたプレアデスのラストに相応しいスケール感です。

いよいよ次週で最終回。

続きが気になるけど、最終回を見るにはまだ勿体ない気持ちもありますが

最後にすばるたちはどんな物語を見せてくれるのか楽しみです。


・今週のプレアデスな資料

 「一家に1枚 宇宙図2013」第3版について:文部科学省

 一家に1枚|科学技術週間 SCIENCE & TECHNOLOGY WEEK

2015-06-11

放課後のプレアデス 10話「キラキラな夜」

| 02:49 |

物語も終盤に入り、エルナトなど新キャラも登場しつつ、

謎の多かったみなとの目的や正体がかなり明らかになってきました。

幻だったのか実際に起こったことだったのか曖昧な部分は残りますが

これまでに比べると詳細な情報が多く

一気に核心まで迫るのかと見せたところで大きなエンジン(通称うに状態)でサクッと。

あれ刺さるんですね・・・

あの刺さり方はかなり危ない感じなのですが、

その時はそれよりも気になることがありました。

すばる…。変身状態を解除するには、胸のリボンを解くんですね…、ほどくんですね!

そして変身を解除すると変身前の状態にそのまま戻る、のではなく

制服のジャケット部分が無い状態、

つまり普段のひかるちゃんの着こなしと同じ状態に戻るという予想を超える特典付き!

その時のすばるのセリフは、「わたしを、見て…!」

ひかるちゃんで制服なのにノースリーブという他ではあまり見られない素晴らしさに見慣れてきたと思っていたのですが

別のキャラ、すばるでそれを見るとまた違った感動を充実感があります。

ひかるすばるではソックスも違うので

厳密にはこれで2バージョンを楽しめたということに。

放課後のプレアデスは制服デザインがとても可愛いので

他にも色んな角度やシチュエーションで制服をもっと見せて欲しいですね。

2015-06-03

放課後のプレアデス 09話「プラネタリウムランデブー」

| 03:37 |

文化祭回。

まず、コスプレ研究部として文化祭に何をやろうかと考えていましたが

先週の話でななこ以外は一度文化祭を経験してるはずなのに

その時は4人で何をしていたのかが気になります・・・。

いや、今はそれよりも天文部ですよ、天文部!

すばるが1人天文部な事を正直忘れていましたが

それをいいコトにみなとと急接近しすぎではないでしょうか?

すばるが肉食系とも言われるくらい前のめりなのが原因の1つともいえますが

今週の2人はちょっと距離が近すぎます。

こんな時こそあおいが入っていってすばるを守ってくれると期待したいところですが

どうやら残り4人の中で一番積極的じゃない様子。

むしろ、いつきさんが興味津々で凄く楽しそうです。

この調子で距離感が近づいていくと、

これからどうなってしまうの…、みんなのすばるを返して! と、

言いたいところでのエンジンの欠片きっかけで本性を現してきたみなと。

いつも邪魔するアイツとは別人なのか同一人物なのか、それすらも謎な存在ですが

欠片がピンチということで、今週は文化祭の準備のためにお休みした変身が次は見られそうです。

変身状態でも他人に見られるなら

文化祭当日にもコスプレ研究部として成立するんですけど惜しいです。残念です。勿体無いです。

2015-05-27

放課後のプレアデス 08話「ななこ13」

| 03:56 |

エンジン回収のために話数を重ねるごとに地球からどんどん遠くへ離れていく放課後のプレアデスですが

今週、第8話にして早くも太陽系の端にまで到達!

さすがに今までのように高性能なシャフトのスペックに頼って

少し飛べば行けるレベルじゃなくなったようで

光の速さに限りなく近い速度で3ヶ月という現地到着までになかなかリアルな数値が出てきました。

光の速さを超えるのは色々と大変な事になるのでこれで限界の速度。

それだけに次にこれよりも地球から見て遠い場所でエンジンの欠片が発見された場合は移動はどうするんでしょう。

同じような移動方法で同じようなシーンを繰り返すとは思えないので

この距離が最大でギリギリというのも考えられそうですが、今までのことを思うとさらにもっと遠くを軽く目指してきそう。

そして今回はななこ回、ということで

メンバー5人の中でも最も謎の多いななこの秘密が少しだけ明らかになりました。

複雑な家庭環境もそうですが、会長…プレアデス星人との出会いはかなり意外なもので

まさか空から降ってきたとかじゃなくて河原の石を割って発掘されたとは。

しかもその容姿に過去のななこが大きく関わっていたというのは作品の重要なポイントになるかも。

本当のプレアデス星人はどんな存在で、どんな形状をしているんでしょうか。

さて来週は、3ヶ月進んで、元の時間に戻る。

文化祭で一体何があったのか。次は文化祭回! ぽ・わ〜む!

2015-05-20

放課後のプレアデス 07話「タカラモノフタツ 或いは イチゴノカオリ」

| 03:35 |

みなとくんが居なくなってしまった事に対する

すばるの態度をきっかけに再びあおいと少しずれてしまうすばるですが

しっかりと1話の間に最高の形で解決するのはいいですね。

6年生時代ということもあってか、今とほとんど見た目も何も変わらない気がする

過去のすばるあおいの光景も見ることが出来ましたし、

今や肉食系と公式でも半分認められつつあるすばるのその態度を見れたりと細かい見どころもたくさんでした。

あおいのくじら財布、とか。

ひかるキックは一発くらいキメて欲しかった。

あと、久しぶりにしっかり変身シーンを見た気がします。

次回はななこ回。

メイン5キャラの中で最も謎の多いヒロインといえる、ななこ回のようです。

2015-05-13

放課後のプレアデス 06話「目覚めの花」

| 03:53 |

今週は宇宙空間、別の天体には飛び出しませんでしたが

しかし、それに負けないくらいの大きなスケールで描かれていました。

まだまだ実態がよく分からない宇宙船ながら

地球とぶつかるくらい桁外れのスケールの存在ということは明らかに。

何とか最悪の事態を回避したあとも上位の次元に宇宙船を持っていくなど

恐ろしいくらいの技術力を持っているプレアデス星人、ますます謎が深まります…。

すばるも今回も邪魔をしてくる"アイツ"に対して一歩も引かない強さを見せて

主人公らしい一面を垣間見えることが出来ました。

そして今回のすばるたちは学校の中を中心とした展開になったということで、

校舎内で変身したりシャフトで高速移動したりと

今までの話では見られなかったようなシーンも沢山。

スバル自慢のハイテク技術EyeSightを連想させる

自動ブレーキシステムがシャフトにも搭載されているという驚きのシーンを挟みつつ

シャフトに乗って校内を逃げまわるすばるは今週も可愛かったです。

それだけにみなとの役得な展開、…ゆるさない!

そのみなとも"アイツ"と別人だということが明らかになるなど

こちらも今後の展開に謎が残ります。

他にもエンジンのかけらが全部で12個存在することが分かったりと

かなり重要なキーワードやシーンが多い第6話でした。

2015-05-06

放課後のプレアデス 05話「帽子と氷とお姫様」

| 03:40 |

先々週は地球と宇宙の間、

先週の話では月に行ったりと順調に遠くまで飛び出していますが

今週は一気に土星まで到達。

この勢いで行けば最終話を待たずに

軽く太陽系を飛び出してしまいそうです。

というわけで、今週はいつき回です。

いつきの過去が明らかになりましたが

今の見た目からは想像しきれないくらいアクティブな性格だったとは。

しかも妹キャラ。

今では少し控えめな一面がありつつも

少しだけ押してあげると誰よりも大胆にやり遂げる性格は心強いです。

そして、思い切りがある性格のすばるとの相性も良さそう。

すばるあおいとのペアが基本かなと思いましたが

今回のシーンを見てからはいつきとも相性ピッタリな感じで

今後の三人の関係にも注目が集まります。

毎週、一人ずつ担当回を続けるのかと思いましたが

どうやら次回は、予告を見る限りみなとについての話になりそうです。

花の妖精、似合ってましたよ。

2015-04-29

放課後のプレアデス 04話「ソの夢」

| 04:51 |

今週はひかる回。

ひかるは、小柄で動きが軽快で、飛行中でも蹴りとか決めてしまうアクティブな娘ですが

実際にはそれだけじゃなく、絶対音感を持っていたり芸術的なセンスも高い上に

小さなころから色んなことを考えている天才系の凄い娘でした。

他のアニメだとこのポジションでは雑なキャラになりがちなのですが

このアクティブさと繊細さ兼ね備えたひかるは、プレアデスの世界でも凄く馴染んでいます。

ひかるの両親も、自分の事に忙しそうなので

もしかしたら子供には冷たい人なのでは…、と心配になりましたが

全くそんな事はなく、ひかるの事をよく分かっていて、よく考えていて、良い両親、良い家族でした。


前回は、突然の水着回からそのまま宇宙空間に水着のまま飛んでいってエンジン回収、という

予想を上回る展開と予想を上回る素晴らしい回だったのですが

今週はさらに遠くの宇宙空間に飛び出して、一気に月まで。

先週のは約高度400キロ、ということで

だいたい国際宇宙ステーションと同じくらいを飛んでとの事で

まさに宇宙でもあり地球でもある場所だったのを、今度は間違いなく宇宙の月まで飛んでしまうとは

このまま行けば最終的には太陽系を出ても不思議じゃない距離感です。

>B>ひかるの不思議な夢に出てきたすばるは月を美味しいと言っていたので

このまま太陽系の惑星をどんどん食べていってもすばるなら許されそう。

今週は、ひかるがどんな娘なのかを思った以上に深く知ることが出来て

さらにはそのひかるの凄さと純粋さ、素直さを確認出来てとても癒やされました。

そして、この「放課後のプレアデス」は登場キャラクターの可愛さと星空の美しさが特徴だと思っているのですが

今週はそれに加えて音楽との調和を楽しむことが出来る素晴らしい回でした。

この第4話からはエンディングにも映像が新たに付いて

さらに「プレアデス」の可愛さと美しさが増してきました!

2015-04-22

放課後のプレアデス 03話「5人のシンデレラ」

| 05:02 |

他のみんなと比べて"どんくさい"ということで

エンジンのかけらを確保するときに足を引っ張ってしまって少し落ち込むすばるですが

ここは主人公と持ち前の明るい性格で見事に一歩成長して見せました!

これこそこれくらいの年代の娘が主役のアニメの醍醐味です。

それなのに、ちょっと赤髪の人!

すばるたちの邪魔しすぎです、しかもかなりしつこい!それに、いちご牛乳を返せ!

中の人である高森さん曰く、すばるは肉食系と言われるだけあって

そんな赤髪相手にもさり気なく積極性を見せちゃったりしていますが

落ち着いて、冷静に考えて、騙されちゃダメ。戻ってきてすばる

ところで、この「放課後のプレアデス」、

アイキャッチが毎回素晴らしいことが最大の特徴の1つと思っているのですが

今週はなんと水着!しかも全員分でした。

これにはてっきり、本編では水着回がまだまだ来ない、

もしくは存在しないのでその代わりなのかなと思っていたのですが

まさかのこの流れで突然の水着回は予想できませんでした。

水着は誰の趣味で選ばれたのかは分かりませんが

それぞれ違ったデザインで似合っていてすばるひかるがとても可愛いです。

"大きい"組であるいつきとななこもビキニとワンピースタイプと、

しっかり種類を別けていてさりげないこだわりを感じました。

その後のエンジンのかけらの回収時にひかるの胸に物理的に飛び込めなかった時は

"それ"が強調されて涙が溢れそうになりましたが、それもまた可愛くていい、と思いますよ…。

"ちいさい"組は3人ですし、多数派ですし。

あと、それから部室などの小物が細かったが凄く良かったです。

夜空などはもちろん他の背景も美しいのが素晴らしいですね。

2015-04-15

放課後のプレアデス 02話「星めぐりの歌」

| 03:43 |

第2話にして、ずっと気になっていた「放課後のプレアデス」最大の謎の1つで

きっと明かされることは無いかもしれないと思っていたその謎が突然明らかにしてくれました。

まさか、すばるの特徴的な跳ねた髪型は寝癖だったとは・・・

そんな謎と共に、第1話ですばるあおいの会話と記憶が噛み合わなかった理由も

今週の話でとりあえずは明らかに。

メンバーが増えるごとにこの世界軸に集まってくる事でこのように齟齬が生じているらしいのですが

もっと詳しい事までは説明されず、まだまだ謎は残りますが

とにかく「かけら」を集めればそれも元に戻るとのことで、やること、目的は変わらず。

いや、そんなことより今週はもっと気になることが。

みなとと言い、あの謎のエンジン回収の邪魔をするあの人といい、

ちょっとすばるに物理的に近づきすぎじゃないでしょうか!

そしてすばるはもっと警戒心を持ったほうがいいと思います、怪しいですって絶対!

そのあたりも含めて、あおいには宣言通りしっかりとすばるを守って頂きたいところです。

ちょっといちご牛乳買ってきます。

2015-04-08

<新番組>放課後のプレアデス 01話「雨時々流れ星」

| 03:33 |

ついに始まりました、テレビアニメ放課後のプレアデス

ずっと楽しみにしていただけに期待がすごく高まっていたのですが

見事にその期待に応えてくれています。

アニメ作品としては先に4年前のYouTube版があるのですが

当然ながらテレビアニメ版でその続きから作るというわけにも行かないし

すばると他のみんなとの出会いもやらないといけないということで

YouTube版をベースに上手く作りなおしてある、そんな第1話でした。

もちろんYouTube版は尺が短いので

そこからのカットの使い回しとかそういった手抜きは無く

しっかり作られていたのでYouTube版を何度も見た人でも十分に楽しめる。

むしろ事前に見ておいた方がより一層楽しめるような気がします。

比較的目立っているエンジン音から、さりげないスバル要素、そして星空。

放課後のプレアデスの"良いところ"が第1話からたくさん詰まっていました。

そしてオープニング!

主題歌「Stella-rium」に乗せて流れる映像が軽やかで可愛いです。

特に髪の動きが良いですね。

すばるすばるらしい可愛さも最高です。制服もかわいい。

はやく第2話が見たいです!