Empty Moonlit Diary このページをアンテナに追加 RSSフィード

ナマモノが好きなひとの日記です。
検索で来られた方は上の検索窓を使ったり
プロフィールページを参照して頂くと良いかもしれませんが、
役に立たないことの方が多いでしょう。

2007-02-17

[]life is going on. life is going on.を含むブックマーク

たとえ忙しくてもさらっと読みやすいジュブナイルにはまりぎみ。

私の頭の程度にもちょうどいい…て言うと書いた人にも本来想定されている読み手さんにも失礼ですね。

くらのかみ (ミステリーランド)

くらのかみ (ミステリーランド)

小野不由美さんはやはりこういう田舎の空気感を描くのがお上手ですね。

ホラーが苦手なので屍鬼は上巻しか読み通せなかったのですが、も一度チャレンジしようかな。

以下ネタバレなほどの内容はないですがちょっぴり感想)


座敷童子の描かれ方がリアル(おかしな表現だけど)で良かったです。

終わり方も余韻があって、いかにもなハッピーエンドではないけれど、ささやかに幸せな日々が続いていくことを思わせてくれました。

暗号や少年探偵団の謎解きはやっぱり欠かせない!

goldwellgoldwell 2007/02/17 15:38 『屍鬼』を上巻(文庫で言うと2巻か3巻の途中?)しか読んでいないなんて勿体無い。いや挫折する気持ちはわかりますけどね。
我慢して読んでいると最後でどどーっと来ます。何が「どどー」なのかはチャンレンジしてのお楽しみ♪
とは言いつつ小野不由美は『屍鬼』しか読んでなくて、『十二国記』などは長そうで手を出しそびれています(^^;

NAPORINNAPORIN 2007/02/17 23:10 両方読んだけど十二国記派。 もったいないには同意>屍鬼
ホラーは私も苦手。怖がれないのも商品としていやだが、思惑どおり心底から怖がらされてもイヤ(超わがまま)。そんな私も屍鬼は読める読める!

kapibarakapibara 2007/02/18 13:09 エールをありがとうございます>おふたりさま。

どどーっと…ですか…!がんばる!頑張ってみます!
十二国記はアニメがハイクオリティでよかったですよ。
えっと、ホラーダメ人間ですが…いかにも怖いのよりもじんわり不気味に怖いのがダメですね。
和製ホラー(?)なら「リング」はそうでもなかったのですが「玩具修理者」あたりは読んだその日にブックオフへ持って行きました。手元に置いておきたくなかったんです。
幻想小説よりのものを好んで読みます。怖いけど。多分乱歩あたりで刷り込みがあるんでしょうね。
屍鬼は腐視点で読むといいと聞きましたがどうですか?>なぽりんさま。

ページビューはこんだけ→424658

個人的なご用の向きはメール(プロフィール参照)とかでよろしくです。
Connection: close