Web Magazine 金型産業情報

2014-01-27 ■IDOメールマガジン■<2014.01.27.No.07>

PR+++・一般社団法人技術協会 http://www.jsdmt.jp/

    2014年6月17日(火)・18日(水)  

「型技術者会議2014」講演論文募集

   ◆一般社団法人技術協会・PR+++◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆NPOアジア金型産業フォーラム

 ■2014年2月例会「第98回・金型産業未来塾」■

  成長するASEAN市場ビジネスチャンスに挑戦

  〜日系金型メーカー海外進出戦略の現状と課題

   講 師 (株)事業革新パートナーズ 代表取締役社長 茄子川 仁

 経済産業省は「新素形材産業ビジョン」に、“中小製造業海外市場を取り込むグローバル企業を目指しましょう“という項目を入れています

 米国欧州アジア地域の中で唯一成長センターとして注目をされているASEANでのビジネスチャンスを如何に掴むかという熾烈な競争世界自動車産業電気電子産業間で展開されています

 国内市場が縮みこむ中で日系金型メーカー海外進出へのチャンスをつかみ、 求められる「金型技術力」を生かそうとしています

 2009年より()?事業革新パートナーズは、(一社日本金型工業会の「金型ジャパンブランド 専門委員」や「国際委員会社」として、海外展開における窓口機能・実行支援機能を果たすと共に、1)現地進出のための調査、2)用地確保/事務所の選定、3)設立登記、4)顧客開拓、5)人材の確保、6)事業の立ち上げ等々、金型メーカー海外展開支援を行い、実績を上げています

 今回、中小製造業の金型企業が如何に失敗を避けて事業活動を行えば良いのか、その貴重な経験を下記内容で講演頂きます

(1)(一社)日本金型工業海外活動、金型メーカー海外展開事例(タイインドネシア合弁など) 

(2)ASEAN各国の金型産業の現状<タイインドネシア等>

(3)現地進出の検討課題

(4)進出の事前準備

(5)進出後の事業展開

★日 時 平成26年2月28日(金)18時〜20

★会 場 日本工業大学神田キャンパス      

http://mot.nit.ac.jp/images/submenu/accessTable01.gif

★申込はこちらへ 

・ http://www.npo-admf.org/          

メール info@npo-admf.org         

(1)氏名 (2)社名/所属 (3)電話/FAX (4)e-mail

★定 員 50名

★参加費 1000円 会員は無料(当日・入会即無料となり、お得です)

NPOアジア金型産業フォーラム◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

=●PR----------------------==プラスチック工業技術研究会

2月 5日(水) 大阪特別講演会「K2013における最新成形材料、射出成形システム

2月14日(金) 月例会プラスチック製品強度研究部会設立記念特別講演会

2月27日(木) 医療機器における材料と加工技術

       ⇒ http://www.plakougiken.com

プラスチック工業技術研究会==-----------------------PR●=

過去のIDOメールマガジンhttp://d.hatena.ne.jp/kappaketsu/archive/ 〕

     「ご友人にも転送ください。リンクフリーです」

PR□■日本工業大学・金型教育事業部■□============◆

   大学発・企業向け金型設計スクール

   <平成25年度 高度金型人材育成講座の受講生募集!!> 

      ・募集要項 http://www.nit-kanagata.com

◆============■□日本工業大学・金型教育事業部■□PR

PR+++・一般社団法人技術協会 http://www.jsdmt.jp/

    2014年6月17日(火)・18日(水)  

「型技術者会議2014」講演論文募集

           ◆一般社団法人技術協会・PR+++◆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆   

        ■★IDOメールマガジン本号目次★■ 

      人材問題分科会

        「サムスンの国際戦略」 

             講 師 元サムスン技術顧問 石田

  

           

      ★☆・・情報ファイル・・☆★


■1)経済産業研究所

   グローバル化のもとでの地域経済の発展―「空洞化」を超えて

    

■2)日本ダイカストマシン工業

   第14回技術セミナー

   「ダイカスト製造と設備に係る最新技術」開催

■3)新着雑誌

  ・日刊工業新聞社機械技術」2月号

   <特集>2014年版 難削材加工と切削工具の活用ガイド

      

==================== ===== =====

  人材問題分科会

        「サムスンの国際戦略

                    講 師 元サムスン技術顧問 石田 賢

 今回は、元 ?サムソン戦略企画室顧問 石田先生講師をお願いしました。石田先生大学卒業後 いろいろな職場を経て野村総合研究所に入られました。野村総合研究所では、主に電子分野を中心に種々の調査研究を行われ、その後サムソン戦略企画室に入られました。

 長年世界電子企業をウォッチし、しかもサムスンを内部から見てこられた石田先生がこのほど、文真堂からサムスンの国際戦略」という本を上梓されました。

 今回は 誰よりもよくサムスンを知る石田先生からサムスン歴史技術戦略、人事戦略、等々についてお話いただき日本韓国電子産業の発展可能性について解説していただきます

 サムソン戦略を内部から知る石田先生の話から日本電子産業の将来に関し、有益な話が伺えるものと思います関係者お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。

 なお、当分科会はいつでも「朝までテレビ方式」のディスカッションを基本にしており、活発な意見交流を第一の目標に据えております

 関係者お誘い合わせの上、多数御参加下さるようお願申し上げます

                    

・日 時 2014年2月18日(火)18:00〜21:00

・講 師 元サムスン技術顧問 石田先生

・演 題 サムスンの国際戦略

・場 所  政策研究大学院大 1階 1A 研究会

       03-6439-6000

・連絡先 橋本久義 携帯電話 090ー1036ー9416

      橋本久義 政策

 

========★☆・・情報ファイル・・☆★=============

■1)経済産業研究所

    グローバル化のもとでの地域経済の発展―「空洞化」を超えて

・日 時:2014年2月3日(月)16:00-18:00

・会 場:RIETI国際セミナー

     (東京都千代田区霞が関1-3-1経済産業省別館11階1121)

・講演者五十音順敬称略

   *パネリスト:深尾 京司 (RIETIプログラムディレクター・ファカルティフェロー

                   /一橋大学経済研究所所長)

   *パネリスト藤田 昌久 (RIETI所長・チーフリサーチオフィサーCRO)/

           甲南大学教授/京都大学経済研究所特任教授)

   *モデレータ:中島 厚志 (RIETI理事長)

・開催言語日本語同時通訳なし)

・参加費:無料

・定 員:150名

・問合せ先:RIETI 湯原

     Tel: 03-3501-8398Fax: 03-3501-8416

・申込み先

https://secure.rieti.go.jp/jp/events/14020301/regist.html?id=L2ivBUtX

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■2)日本ダイカストマシン工業

   第14回技術セミナー

      「ダイカスト製造と設備に係る最新技術」開催

                    

・日 時:平成26年2月7日(金)10:00〜16:00

・会 場:機械振興会館 地下2階 ホール東京都港区芝公園3-5-8)

プログラム

(1)高真空ダイカスト法による足回り部品の製造

                   リョービ株式会社 水草 康行

(2)ダイカスト品質に直結した新管理方法の提案

                  株式会社ダイレクト21 長澤 理

(3)欧州から発信するダイカスト技術

          株式会社JSW&Buhler Machinery 杉山 正

(4)顆粒プランジャー潤滑剤(Beads)の紹介

            ナガセケムスペック株式会社 松本 晃

(5)最新型ダイカストマシン鋳造データ紹介

               東洋機械金属株式会社 中村 孝夫

(6)給湯・射出部における生産性向上への取り組み

                宇部興産機械株式会社 田中 元基

(7)底部冷却による半凝固金属鋳造

                   東芝機械株式会社 中田 光栄

・参加料:主催団体及び協賛団体会員15,000円

                  / 非会員20,000円

・申込み方法・詳細つきましては下記をご覧ください。

    http://www.jf-jd-ma.com/jdmma/index.htm

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■3)新着雑誌

  ・日刊工業新聞社機械技術」2月号

   <特集>2014年版 難削材加工と切削工具の活用ガイド

    http://www.ido21.com/mm/me.14.02.pdf