Hatena::ブログ(Diary)

からくり旅団日誌

■■■ 警句 ■■■
この内に入る勿れ、偽善の徒、似非信者、老猿和尚に、めそめそ坊主、でぶでぶ出家…
■■■ お世話になっているCampaign (2011/12/04) ■■■
★2007-10-21〜2009-06-20: PPP FR Trilogy Campain (DM:つかださん)
      [1)Cormyr:The Tearing of the Weave, 2)Shadowdale:The Scouring of the Land, 3)Anauroch:The Empire of Shade]
      Manfred=Löhr マンフレート・レーア (ECL-15: Male Cleric of Selune-7/Thaumaturgist-5/Divine Disciple-3)
      Luise ルイーゼ (ECL-14: Female Ghaele Eladrin-14, Planar Cohort)
★2010-06-05〜2011-12-03:PPP Eberron Campaign "Ashen Crown" (DM:死せる詩人さん)
       [1)The Mark of Prophecy, 2)The Seeker of the Ashen Crown, 3)Heart of the Forbidden Forge]
       女子大生 エル・シエル L-Ciel [Female Eladrin Hybrid Artificer/Shaman(Stalker Spirit)-6] with ハカセ
●2008-12-06〜2014-02-15: PPP 4th Campaign "Epoch" 
      (DM:持ち回り, H1=ほえほえさん,H2=さるしんごさん,H3=つかださん,P1=つかださん,P2=羽生響さん,P3=羽生響さん,E1=からくり,E2=さるしんごさん,E3=ほえほえさん)
      [H1:Keep on the Shadowfell(1st-3rd)][H2:Thunderspire Labyrinth(4th-6th)][H3:Pyramid of Shadow(7th-10th)]
      [P1:King of the Trollhaunt Warrens(11th-13th)][P2:Demon Queen's Enclave(14th-17th)][P3:Assault on Nightwyrm Fortress(17th-20th)]
      [E1:Death's Reach(21st-23rd)][E2:Kingdom of the Ghouls(24th-26th)][E3:Prince of Undeath(27th-30th)]
       Ulrika (Female Eladrin, Wizard(Arcanist)/Master of Flame/Radiant One-30)

◆Brompton[リプミラ轟天Ghaele号] 走行距離: 2010/04/25 〜    < 7517.3km + 40kmくらい? > (2015/08/07)

2012/03/03 (Sat)

[] PPP EssentialParagonSession 18th [29.5km]

参加面子のうち2名が体調不良で欠席。急遽表題のセッションに変更になる。

おいらは以前投入したPegasus騎乗Female Eladrin Cavalierを18レベルにして参加。

DM: 死せる詩人さん

[Striker] 羽生響さん Tonfa トンファ Gnome, Rogue(Thief)/Master Thief
[Striker] さるしんごさん Tsubasa つばさ Female Half-Elf, Warlock(Hexblade)
[Defender] からくり Britomart ブリトマート Female Eladrin, Paladin(Cavalier)/Valiant Cavalier[Sacrifice]
[Leader] 画伯 Mozkus もずくHuman, Cleric(Warpriest)/Devout Warpriest[Storm Domain]

結果…全滅、はしなかったけど危なかった(ふぅ


<状況>

コーヴェア大陸のクンダラク氏族といえば金融ネットワークで知られるエベロン随一の経済通である。

コーヴェア連合銀行、略してコーヴェア連銀に所属しているルガイン(Dwarf Psion)が各キャラクタの元を訪れて仕事の依頼。

守秘義務があるのでよくよく確認してみると、どうやら市場に影響のあるインサイダー情報絡みらしい。

ともかく依頼を受けると、鉱山での発掘から通貨の鋳造まで管理している連銀の貨幣流通体制に海賊が挑戦してきたことがわかる。

具体的には、プラチナ貨の資材調達や輸送途中を襲撃、強奪することでプラチナ貨の不足状態を演出して市場の混乱に乗じて大儲けという寸法。

そこでわれら冒険者がプラチナ貨輸送船に偽装した船に乗り込んで、襲ってきた海賊を逆に捕虜にしてアジトを聞き出して掃討、市場の健全性を確保するという壮大な物語。


▼偽装商船グリーミング・エンデバー号

f:id:karakuriShino:20120303115028j:image

ブリトマートは船倉でペガサスとともに待機。

「艦長! 第七ハッチが、開いています!」

▼透明海賊船の襲撃

f:id:karakuriShino:20120303115759j:image

■1st Encounter EL19 (10350xp)
Dragonborn Defiler [18th Artillery(Leader)]
Hezrou [22th Brute]
Githyanki Pirate [19th Soldier Minion] * 7

▼果敢に切り込む冒険者たち

f:id:karakuriShino:20120303121135j:image

結構ダメージをくらいつつ敵を掃討する。

捕虜にしたDragonbornはDark Sun世界(Athas)から一攫千金夢見てやってきたとのこと。

大金持ちになって屑鉄を持ち帰って向こうでトップをとるとか。どうなんだ。

ともかくボスのところまで案内させる。


▼海賊の拠点

f:id:karakuriShino:20120303131901j:image

ゼンドリク大陸の方にあるどこか。

上陸して進むと迎撃部隊と戦闘になる。

トンファーが初手でAction Point投入して敵のArtilleryをKill。Strikerの面目躍如。

■2nd Encounter EL20 (11200xp)
Spell Howler of Vecna (18th Artillery)
Ragewind (18th Skirmisher) * 2
Fallen Angel of Death (21st Skirmisher)
Tanarukk Steel Warrior (18th Soldier)

▼惨事

f:id:karakuriShino:20120303133945j:image

RagewindのDeath's Rageによってブリトマートとトンファーの攻撃を受けて天馬が撃墜されてしまう。

天馬はまた召喚できるがブリトマートのHealing Surgeが削れてゆく。

たしかブリトマートはこの戦闘でDiehard[D]を投入している。HP-61までいってあと8点でComplete Deathというところであった。


▼海賊の親玉との戦い

f:id:karakuriShino:20120303143414j:image

先のマップもそうだがShadowfellのマップはいろいろ転用できて便利。

■3rd Encounter EL21 (12850xp)
Hezrou [22th Brute]
Dragonborn Atavist [19th Atavist]
Groom Guardian [20th Skirmisher Minion] * 5
Han, Oni Storm Strider [20th Skirmisher]

▼Spiked Chainの脅威

f:id:karakuriShino:20120303145928j:image

HanのSpiked Chainによってもずく酢がGrab、その後のQuick Escape発生によるTeleportに伴い、洞窟奥へと連れ去られる。

そこに群がるMinion。

殴れて回復もできるスタンドアローンな組み立てのLeaderのピンチ。

これを何とか乗り切って海賊を討伐する。

すると依頼主から緊急連絡が入り、プラチナ鉱山のひとつが占拠されたとのこと。そちらも対応せねばならぬという話に。


▼鉱山での戦い(前哨戦)

f:id:karakuriShino:20120303162430j:image

この時点でブリトマートの残Surgeは僅かに4。

■4th Encounter EL18 (8200xp)
Dragonborn Defiler (18th Artillery[Leader])
Githyanki Pirate (19th Soldier Minion) * 3
Concordant Mind Flayer (19th Controller[Leader])
Shadow Giant (18th Soldier)

▼順調に撃破

f:id:karakuriShino:20120303170422j:image

遭遇レベルが今までより低いこともありそれほどダメージをくらわずに突破。

しかしブリトマートは人馬ともに受けたダメージ回復のためSurgeを2つ使って残Surgeは2。

そして捕虜から鉱山奥には「ドラゴン」がいるとの情報を得る。


▼最終戦

f:id:karakuriShino:20120303190631j:image

Initiativeが見事に敵先攻、味方後攻に二分される。

ブリトマートは初手で危険なBlizzard Dragon上空に占位してDaily二発叩き込むものの、第二ラウンドのドラゴン手番でRising Windsが炸裂。これにてつばさ以外全員Unconscious(save ends)となる。

やはりBlizzard Dragonは危険過ぎる…。

■Last Encounter EL22 (16900xp)
Ancient Blizzard Dragon (22nd Elite Controller)
Frost Giant Warchief (20th Brute)
Rageborn Horror (19th Brute) * 2
Elemental Spawn (18th Brute Minion) * 2

▼奮戦

f:id:karakuriShino:20120303191208j:image

ひとり意識のあるつばさが集中攻撃受けるものの、Fey Pactの能力、Ironwroughtの能力、Fey Invocationパワーの能力をフルに使って延命を計る。

あまつさえWhite Lotus Reposteによって地道なダメージで削り返す。

その後意識を取り戻したStriker二人によってダメージを積み上げてドラゴンのHP422を削ったのであった。

ブリトマートはST+5 Bonusあったにも関わらず、UnconsciousのSTで1d20[1]を振ってしまい戦線復帰できずに切歯扼腕。

ようやく起き上がって攻撃に参加したものの、Action Point使用時のSacrificial Actionで自分が回復していなかったため、残Surge1でHPは1桁であった。Periapt of Wound Closure装備していたのでこれはこれで正しい判断だったと思う。

しかしながら残敵はすべてBruteであり被弾すれば大ダメージ必至であった。

たしかWound Closureで一度はDyingをかわしたものの、Frost Giantの攻撃で再びDyingになってしまう。最後の頼みの綱のFlickers of Faithも1d6[1]で起動せず、あとはいいとこなしであった…orz。

ともあれブリトマート以外は皆ダメージの出るBuildだったため、敵を確実に一体ずつしとめて勝利をもぎ取るのであった。ブリトマートもComplete Deathすることはなかった。


<ポイント>

●Striker1人はHidden Rogue(Thief)で敵のTargetにならない。もう1人はFey PactなのでPact発動時にInvisibleになる。ゆえに敵はDefenderとLeaderを集中攻撃という図式であった。

●本来はLeaderをDefenderが守らなくてはならないが、Battlewise+Improved InitiativeもちのLeaderとInitiative値にレベル分しかないDefenderでは初動が違いすぎる。しかも前で戦うLeaderなのでほとんど単体で機能していた。

●このレベルでMountは無理があった。せめてMount Slotが2つあってImpenetrable BardingだけでなくBridle of Flameも装備できたら違っていたのだが。

●せっかくPaladin(Cavalier)でPolearm Gambleを取得したのだから、OA時にHoly Smiteを乗せることをもっと多用すべきであった。とくに最終戦。宣言し忘れがひどかった。

●このレベルのStorm Domain Warpriest、Rogue(Thief)は強かった。Hexbladeはさるしんご氏のギミックがうまく機能していてこれまた強かった。しかし単体として強い印象であった。結局ダメージディーラーと回復できるキャラがいればD&Dは回るのだな。

●敵はほぼ格上であり、Defenseの値を1、2操作するくらいでは実質効果はないに等しかった。

●ほぼ2日で組み上げたPCを持ち寄ってのセッションであったが、ここまで偏向するとは思わなかった。しかしここまで極端なキャラでないと最終戦クリアできていなかっただろう。単発は機能する戦術に相応しいキャラビルドといった逆算で組み上げないといかん状況だが、なかなかに自分はそこまでは難しい。いろいろと考えさせられるセッションであった。


[追記]Shadow Striker持ちのParagon Thiefだけで構成されたHidden冒険者パーティーとかやってみたらどうなんだ。