Hatena::ブログ(Diary)

メモ書きライフ Twitter

2008-10-17

イベント じっくり語り語られてみよう。 -えびP-

えびP 【アイドルマスター】 ”咎 〜イバラヒメノ ツミ〜” PV 【伊織ソロ】

イベント 『じっくり語り語られてみよう』 に参加し,作品について語っています.作品へのネガティブな表記・ネタばれを含む場合がありますが,イベントの趣旨に乗った上での記述とご理解ください.他の方の語り記事一覧 → 『No.13: ”咎 〜イバラヒメノ ツミ〜” PV 【伊織ソロ】

伊織には蒼褪めた月が良く似合う。

それは伊織の持つ孤高、そして寂しさと言う属性から連想されるものであり、それが故に彼女の引き締まった表情のアップは時に透徹な頑なさと共に、寂しさと自分の存在への不安を明示する。

未だ幼い彼女の繊細な心、思い詰める内向性は月の蒼さと闇夜を迎えて静けさと闇への畏れの中でより尖鋭化されていく。

蒼い月、凍る心はそれを求めねば溶かされぬ。なればこそ深く深くより冷たくそれを求める心は純化され凝縮していく。

しかし、それを撥ね退け陽光を求める強い意志、そして陽光を得て輝く彼女の笑顔もまたその特性なのだ。その二重性こそが伊織の魅力でありまた彼女を取り巻く人々と共に幸せを掴む光だと思う。

伊織派を標榜して止まぬえびPだからこそ様々な伊織を表現する中でそれまでの幸せな伊織では無く、もう一つの面を表してみたくなったのではなかろうか。

そんな風に夢想してこの稿を納めたい。

chacha 2008/10/22 17:44 やはり月がクセモノですねえ。
陰陽どちらの意味もあるだけに。
外面よくて内弁慶を地でいく伊織の内に目を向けると、
そこはとても冷たくさみしい孤独がぽつんとあるだけ。
そんな風景が見えてきそうです。

そういうものを表現するのは専属Pならではですよね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/karasu_01/20081017/1224260867