karasuyamatenguの日記

 | 

2010-12-01

オラクル対オープンソース: 今度はHudson

15:04

日本人(http://twitter.com/kohsukekawa)がリードする継続的インテグレーションツール(http://ja.wikipedia.org/wiki/Hudson)の開発コミュニティーオラクルの間に摩擦が生じている。

http://www.hudson-labs.org/content/whos-driving-thing

バックグラウンドHudsonフリーソフトウエア(MIT License)だが、Kohsuke KawaguchiさんがSunにいたころ開発されたため、同社がプロジェクトのトレードマークを持っていたらしい。 買収によりSunのHudsonにたいする権利もオラクルのものになった。

元記事に詳しいタイムラインがあるが、肝心なところを拾うと:

開発はjava.netでホスティングされていたが信頼性の問題などからメーリングリストgoogle groups、コードはgithubに移行しようと開発者コミュニティーで意見がまとまった。

移行への意義申立期間の最後の日にオラクルのVPから移行反対のメールが来た。 長いメールだが、肝心なところは、オラクルHudsonに対するトレードマークを所有しており、これを「コアコミュニティー」外での使用を禁止する、という部分だ。

その後議論が続いたがそのなかでオラクルのVPは「開発のインフラに対する最終決定権はオラクルに帰属する」と主張した。

"the final decision of what to do w.r.t. infrastructure belongs to Oracle"

オラクルHudsonに対する権利はトレードマークだけという仮定でこれを解釈すると:「Hudsonの名前で続けたいなら、 オラクルの言うことを聞け」ということになるだろう。

元SunのオープンソースプロジェクトはjdkOpenOfficeに続き、Hudsonオラクルと衝突している。 (SunはOSSの良きパートナーだったんだな…)元記事はhudson-labs.orgに投稿されている。 これをHudson開発コミュニティーの声と解釈すると、 オラクルの決定権の主張に不服を持っていると受けられる。 オラクルが強行に出れば新しい名前の元にコードをフォークし開発コミュニティーが鞍替えするだろう。 (ハッカーニュースのコメントにはフォーク賛成の声が広がり、すでに新規プロジェクト名の提案も上っている)オープンソースプロジェクトを企業力で押えておくことはできない。 オラクルはにこの事実を認識しようとしない。

ラリーの観点でものを考えるのは難しいが、最善の努力をしてみよう:

Hudsonインストールベースは推定X万件。 既存のエンタープライズ開発ツールのクライアントあたりY千万のライセンス料が取れる。 だからHudsonはX*Y千万の収入源になるベキだ。

オープンソースをビジネスとして展開している企業はそれを「complement」と位置付けた戦略を展開している。 オラクルにそういう発想は無いようだ。

うひゃ、凄いトラフィック

f:id:karasuyamatengu:20101201161732p:image

岩佐真悠子 水着画像岩佐真悠子 水着画像 2010/12/02 16:08 佐々木希:岡村復帰に「さびしかったと伝えたい」 東京?原宿でツリー点灯式

http://hamoblo.com/tqr674/index.php?type=1&entryId=56

 |