Hatena::ブログ(Diary)

死んだ目でダブルピース このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

名前:中山涙 (ペンネームの由来
職業:文筆業/お笑い好き


原稿依頼などはこちら: shindame@gmail.com

ツイッター: http://twitter.com/shindame

浅草芸人 〜エノケン、ロッパ、欽ちゃん、たけし、浅草演芸150年史〜 (マイナビ新書)
近著:マイナビ ブックス - 浅草芸人 〜エノケン、ロッパ、欽ちゃん、たけし、浅草演芸150年史〜

 特設サイトはこちら。↓
http://blog.livedoor.jp/asakusageinin/

第25回(2012年)大衆文学研究賞・大衆文化部門を受賞しました!








2011-09-02(Fri)

バラエティ番組における、芸人の正しいコメントの在り方

| バラエティ番組における、芸人の正しいコメントの在り方を含むブックマーク バラエティ番組における、芸人の正しいコメントの在り方のブックマークコメント

 チバテレビで放送されている「白黒アンジャッシュ」の8月30日のゲストは、DVD発売記念スペシャルということで、土田晃之だった。

 おそらくほぼ同期で、年齢も一緒らしく、ものすごく仲良さそう。一時期、土田とアンジャッシュ渡部とバナナマン設楽は、いつも3人でつるんで遊んでいたそうだ。


 トークの中で、渡部は、今でも時々、土田がワイプ画面で人殺しみたいな怖い顔をして映っていることがあると指摘。

 それに対して、土田は苦笑しながら弁明した。

土田:あれなんだよね、ほら。VTRを観る番組があんじゃん。

渡部:あー、あるある。

土田:世界のビックリ映像とか。そういう映像見て、そのあとスタジオで感想みたいなのあるでしょ。そのとき、座ってるときに、スタジオにモニターがあってね、ワイプで抜かれてるって……、顔の表情撮られてるって、わかるスタジオとわかんないスタジオがあるのね。

渡部:はいはいはいはい。

土田:わかる時は、「あ、オレ抜かれてるな」ってわかったら、一応こう、(作り笑いの表情を浮かべて)嘘でも笑ったりするわけ。

 でも、それがない時の場合だと、要はほら、スタジオ明けたときに、アイドルとか俳優さんとかが、

「今の、動物かわいかったですよね。子犬が可愛かった」

 とか、ありきたりのこと言う中で、ちょっと違うこと言わなきゃいけない。

 だから、(VTRの)いろんなとこ見るわけ。そんときずっと、(怖い表情を浮かべて)こんなんで見てるから。

 そうするとオンエア見たときに、すごい可愛い子犬の映像なのに、(ワイプで)人殺しみたいな顔してる(笑)。

 似たようなことは、かつて有吉弘行も言っていた。

 今年の6月14日放送の「ロンドンハーツ」。人気コーナー「格付けしあう売れっ子たち」のテーマは「人としてセンスがなさそうな男」。有吉は、我が家の杉山を1位に格付け。

有吉:早く早く、上に上にあがんなきゃっていう気持ちが急いてんのかぁ、ちょっとコメントがうるさいっていうか。

淳:フフフ(笑)。

有吉:ガヤでコイツが後ろにいたら、ほんとマジギレしますよ。

一同:(爆笑)

有吉:「うるせぇな、てめえ、黙ってろよ」

 っていう時、(杉山に向かって)よくあるよね?

杉山:過去に何度か、ホントにリアルな、

「うるせぇな、デブ」っていう、マイク通さないやつありますから(笑)。

フジモンあるんだ(笑)。

有吉:若い女の子とかアイドルが、言いやすいコメントってあるでしょ。美味しいもの出てきて、

「わあ、おいしそう」とか、そういう誰でも言えるコメントがあるでしょ。

 そういうのは芸人さん、そういう子たちに譲ってあげなきゃいけないじゃない、ホントは。それをアイツ、根こそぎ言うんです(笑)。

 土田と有吉の発言は、バラエティ番組における、芸人の正しいコメントの在り方を示している。

 改めて、芸人さんというのは大変な職業だと思った次第。

コアマガジン「まんがテレビがひた隠す芸能界怖い話」に寄稿しました。

| コアマガジン「まんがテレビがひた隠す芸能界怖い話」に寄稿しました。を含むブックマーク コアマガジン「まんがテレビがひた隠す芸能界怖い話」に寄稿しました。のブックマークコメント

◆残酷事件リアル映画◆X-JAPAN謎のメンバー死◆芸能高校“魔のクラス”◆殺害予告された芸能人◆呪われた映画&ドラマ◆心霊現象アイドル列伝◆韓国芸能界連鎖死の恐怖◆映画『デビルマン』連続怪事件◆レ◯プされたアイドルの真実◆フジテレビに巣食う“韓流”タブー◆日テレ“死のスパイラル”◆不幸を呼ぶ占い師・細◯数子◆怨念TVドラマ …ほか

 コアマガジン「まんがテレビがひた隠す芸能界怖い話」に寄稿しました。

 僕が担当したのは「心を病んだ芸能人」。漫画じゃなくてコラムのページです。

 こういう仕事、嫌いじゃないです(正確に言うと大好きです……)。

 ご興味があれば、ご一読ください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/karatedou/20110902