Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2008-08-28

[]だから私はブログを閉鎖する


最近、ちょっと色々なことがあり、

色々な人の色々なところを見る機会があって思うところが。


注:今日のエントリは文脈が適当です


作家という人種は心の壁で出来ています


私は素人で下手糞なアマ作家だ。

ドラマCDの脚本を書いたり、人形劇の脚本作って監督やって、

演劇の脚本書いて演出やって、そして小説を書く。

そこら中にいる三文アマ作家だ。


しかし、作家だ。

作家なんてものは、自分が作家だと言えば作家だ。


私は三等兵さんの3ToheiLogが大好きだ。

その中のエントリでこんなものがあった。


ブラックラグーンの広江センセイの対談コラム「ヘタレの地平線」で、

「絵を描く人間なんてのは、みんな躁鬱病だ」

みたいなツッコミをされていたのを思い出した。多分、絵だけじゃなく、小説とかでもそうだろうと思う。


3ToheiLog: 作家という人種のXX%は心の壁で出来ています:http://semiprivate.cool.ne.jp/blog/archives/000639.html


私は今激しく躁だ。

何せ、自分の作ったブログがこんなにも見られているから。

他人による価値の確認だ。いいことだ。


しかし、これのせいで、今は何も手に付かない。

ブログが気になる。

どこから人が来るのか。

誰が来るのか。どんな人が来るのか。

コメントはあるのか? はてブはあるのか? スターは?

私は今激しく躁だ。


仲のいい友人とか、ニュースサイトの人とか


私はニュースサイトが大好きだ。

毎日見に行く。


最近は自分のサイトが紹介されることがある。

そんなときは、これは機会と、礼を言う。

私は人見知りだから、こんな機会がないと礼の一つもいえない。


それにニュースじゃなくても、好きなブログはいくらでもある。

そんなブログに紹介されると、やはり礼を言う。

いいきっかけだ、悪くない。いつも見ているのだ。


ニュースサイトとかブログを運営している人は、

気さくないい人ばかりだった。

人当たりが良く、コミュニケーション能力が高い。


私はそこで、三等兵さんの3ToheiLogの、

下のエントリを思い出した。


自閉症

「自分自身の世界を持つ」ってのは、要するに自閉症の第一段階だろう。

物語を作るとか、絵を描くとかする場合には、目の前にあるものを一度「バラバラ」にして、もう一度組み立てると言う操作を自分の中ですることになる。コレが出来ないと「模写」「複製」になってしまう。


だから、どうもその手の「再構築」する人は、精神的に不安定だったり、自閉症的(Extreme-S)だったりすることが多いのかなあ、と思う。サルトルの「嘔吐」じゃないけど、そんな感じの統合失調っぷりは、結構作家に共通しているかも。僕も時々、絵を描いている最中には、アイドルの笑顔の写真がすごく気持ち悪く見えたりします。多分、マジメにスケッチやった人はみんな経験あると思うんだけど。


擬態症】

逆に、「今・現在の目の前」の情報にあわせて、自分の行動を決める人は「E=empathizing」の側の住人で、・・・・まあ、フツウは流行にお洒落な「商人」向きの人なのかなあ。ミラーニューロンという奴が、正常に機能しているんでしょうね。

そういう人の場合、あんまり「閉じこもってコツコツ」よりも、ちゃんと人と一緒に出歩くのが好きだったりする (なんて健康的な!)。だから、普通は本質的に不健康な「ひきこもり創作活動」なんてしないのだろう。


3ToheiLog: 作家という人種のXX%は心の壁で出来ています:http://semiprivate.cool.ne.jp/blog/archives/000639.html


匂いで分かったんだ。

「ああ、この人たちは擬態症の人間なんだ」

リアルに仲のいい友人に、そういう人がいる。


モノを作っても、流行にあわせたものを常に作るので「良く売れる」ものを効率よく作れる商業向けの才能を持ったりするのです。


3ToheiLog: 作家という人種のXX%は心の壁で出来ています:http://semiprivate.cool.ne.jp/blog/archives/000639.html


彼はまさに、そういう人だった。

私には持っていないものを持っている人だった。


ブログ


ときに誰かから「聞こえている」という合図を貰うことも在るだろう。金銭やら、電子的な閲覧数のログで評価されることも、あるだろう。だが、それは末節に過ぎない。評判も、反響も、やりがいも、ただの表面に表れた得点表でしかない。その上、「何点になったからクリア」という基準もないし、「何点だからNG」という基準もない。絶対値がわからない得点表は、価値の基準など教えてくれない。


〜中略〜


上手い場所で上手いタイミングで鳴いて、効率よく異性をひきつけようなどとする蝉は、蝉としてどうかと思う。(蝉で無い私がこんな指摘をするのも、変な話だが)

奴らは、生きている以上、全力で鳴く。聞く者があろうとなかろうと、鳴かずに居られない。


3ToheiLog: コミュニケーションと生産の孤独:http://semiprivate.cool.ne.jp/blog/archives/000710.html


上手いタイミングで、上手く鳴いて、上手くいったこのブログ

そんなことは分かってる。

三日たてば閑古鳥

分かってはいるが、嬉しいものは嬉しい。

今はブログが楽しくてしょうがない。


ただ、そのせいで圧迫されていたものがある。

創作だ。

確実に、創作の時間は減っていた。

問題は物理的な時間だけじゃない。

気が散るのだ。


コミュニケーション能力が高い人種には分かるまい。

常に何かが頭の隅にある状態は苦痛でしょうがない。

今、私の頭の中では、常に片隅にブログがある。

こんな状態で、物が書ける訳がない。


読むの物いようがいなかろうが、私は創作せずにはいられない。

創作は生きがいだ。

私は決断するしかなかった。

だから私はブログを閉鎖する。


小次郎小次郎 2008/08/28 23:52 こんな形で御礼する事をお許しください。
「ストライクウィッチーズな日々」と言うブログを管理している者で小次郎と申します。

出来たての上にブログも初心者、
ミリタリー関係もそんなに得意ではなく、
さらにアニメ界の事もよく分からない私のような者が管理する稚拙なブログをリンクして下さいまして有難うございます。
大きなブログさんにリンクして頂いて大変嬉しく、
また励みになりました。

この度は閉鎖されるとの事で大変残念に思いますが、
更なるご活躍を期待いたします。

karimikarimikarimikarimi 2008/08/29 01:40 小次郎さん。
ストライクウィッチーズな日々は、5話の感想辺りから拝見させていただいています。

コアコンピタンスとして、聖地巡礼とパンツ点取り表がある、ストライクウィッチーズな日々は、
とても面白いものだと思いますので、私が言うのもなんですが、ラストまで数話ですが、
これからも頑張ってください。
ミリタリ関係の研究も、
私のような門外漢にも分かりやすく構成されているので、とても助かりました。

では、これからも、一読者として楽しませてもらいます。
陰ながら応援してます。頑張ってください。

SIZSIZ 2008/08/29 08:49 まごプログレのSIZといいます。度々記事内で紹介していただきお世話になってます。着眼点の斬新さに毎回唸らせられる記事が次々とエントリされていたのですが、本当に閉鎖されちゃうのですね(´;ω;`)

でもその葛藤は凄くわかります。Karimikarimiさんの潔すぎる英断には感嘆を禁じえません。その力を創作に変えての活躍を願っていますm(_ _)m

karimikarimikarimikarimi 2008/08/29 10:08 ああああああああああああああああああああ、
まごプログレッシブさんだあああああああああああ、
あのですね、何を隠そう、私、まごプログレッシブのファンでして。

マリみて好きで、なのは好きで、スト魔女好きで。
DreamTheaterいいよな〜、アークエネミーはVoが女性だったときはまったな〜、キングクリムゾンはスリーオブパーフェクトペアのライブがいいよぉぉぉぉーーー。(toolとかslipnotとそういうの好き)
って、感じで勝手に親近感をもちながら、直球ズキュンで楽しんでました。

まごプログレッシブさんの、毎話の感想は、そのコメントセンスに毎回爆笑させられていました。

>>さて、ペリーヌのパンツを盗んだのはだれ?という捜査が開始されたわけですが、、ルッキーニ、顔面ブルーレイww

>>アレ、、オレ、、パンツみたいなものが写ってるアニメで何で泣いてるの?(´;ω;`)ウッ

こういう、ユーモアの利いたコメントをする能力を、私は持ち合わせていないでの、正直うらやましいです。(なので、毎回、ただキャプ張って感想言うだけじゃあ、意味無いと思ってました。まごプログレさんみればいいしな〜って)
まぁ、だから単純にファンなんですよねー。

で、そんなSIZさんに、そんなことを言われたら、閉鎖したことを後悔してしまうじゃないですか。
ちょっとぉぉぉぉぉ、勘弁して下さいよぉぉぉぉ。

(解析外して、コメントとトラックバック外して、ストパンの記事だけ書こうかしら)
って気分になってくるじゃんかよーーーー。

では、コメントありがとうございました。
たぶん、拍手かコメントかにまた出現すると思いますが、これからも、まごプログレ楽しませていただきます。

junajuna 2008/08/29 12:57 面白そうなブログを見つけたと思った矢先に閉鎖の報を聞き、とても残念でなりません。ですが、ご本人がより大事なコトの為に、とあらばそれも仕方無いですね。
世界は広大ですが、我々も少しずつではあっても人と結び付く術を身に付けていってます。また何処かでお会いしましょう。

karimikarimikarimikarimi 2008/08/29 13:54 おお! ディック・ブルーナ展に行ったjunaさん!
もう、なんていうか、本当に御免なさい。
面白そうなブログとかいっていただき、超嬉しいです。
つーか、閉鎖して、初めて楽しみにしてくれていた人がいたことに気が付いてきました。
やっている最中は、(これ楽しんでんの俺だけじゃね?)とか、実はハイパー思っていたんですよ。

この最後のエントリーも、
(たぶんリアル友人以外見ないだろーなー)と思いながら書いたもので。

つーか、小次郎さんや、SIZさんや、junaさんに、こんな風に言ってもらうと、
(もう、恥も体面もかなぐり捨てて、もう一回やろうかしら)
という、ひじょ〜〜に、まずい気分になってきます。
これはまずいな〜。
これはまずいぞ〜。

さいごに、junaさんコメントありがとう御座いました。
もしかしたら、貴方の言葉で、ブログを再開することがあるかもしれませんが、その時は、もう一度よろしくお願いしたします。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証