Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2008-10-13

[]アニメキャラの髪のハイライトの入り方


ひだまりスケッチ×365を見ていたら、

髪のハイライトが、ひじょ〜に気になったのでそれについて。


まずは、アニメの髪のハイライト類から。



ザックリ型


頭の片方の縁から流れるようにザックリとハイライトを入れる型。

または、単純なラインのみ。

特徴は、入れるのが簡易であること。

主にデフォルメが強いデザインに使用。


f:id:karimikarimi:20081013235829j:image

ぱにぽにダッシュもっさり


f:id:karimikarimi:20081013235828j:image

苺ましまろ(ひかえめ)



両側型


頭の両側から、絞るように中央に向かうハイライトを入れる型。

特徴は、ザックリ型よりも丸みが出て、比較的簡易であること。

こちらもデフォルメが強いデザインに使用。


f:id:karimikarimi:20081014000045j:image

らき☆すたもっさり


f:id:karimikarimi:20081014000046j:image

ストライクウィッチーズ(ひかえめ)



髪スジ型


髪の毛の流れにそったハイライトを入れる型。

見栄えが一番それっぽくなる。

比較的リアルな等身のキャラクタデザインに多い。


f:id:karimikarimi:20081014000239j:image

AIR(もっさり


f:id:karimikarimi:20081014000238j:image

マリア様がみてる(ひかえめ)



複合型


上の三つの組み合わせでハイライトを入れる。


f:id:karimikarimi:20081014002447j:image

魔法少女リリカルなのは(両側+髪スジ)



入れない型


そもそもハイライトを入れない型。

単色だとのっぺりした感じが出る。

ただ、グラデーションなどの特殊な効果が入っていることもある。


f:id:karimikarimi:20081014002359j:image

さよなら絶望先生(単色)


f:id:karimikarimi:20081014002143j:image

RED GARDEN(ほのかなグラデーション)



本題 ひだまりスケッチ×365ハイライトが変


ひだまりスケッチ×365」を見ていたら、ハイライトが気になってしょうがない。

なぜなら、何かいろんなパターンの入れ方をするからである。


このパターンていうのは、上の型ではなくて、

「ざっくり型」の中で色々なパターンなんですよ。

下に具体的に示します。


f:id:karimikarimi:20081014003122j:image

A すごくざっくり入れる


f:id:karimikarimi:20081014003224j:image

B ハイライトゆるめでグラデーション


f:id:karimikarimi:20081014003304j:image

C ハイライトきつめでグラデーション


f:id:karimikarimi:20081014003334j:image

D ハイライトきつめで下だけグラデーション


うーん、型が変わったりすることは、よくあることなんですが、

こう、状況(環境の光の強弱)とかがあまり関係ないところで、

こんなにちょくちょくハイライトが変わるのは稀だと思います。


一期の「ひだまりスケッチ」では、

せいぜい、大きく二種類ぐらいしか目につかないし、

それにその二つの使い方は明確に区別されていたと思う。


f:id:karimikarimi:20081014003741j:image

デフォルメ強めの時の、ザックリ(縁強め)


f:id:karimikarimi:20081014003707j:image

デフォルメ弱めの時の、少しのグラデーション入りザックリ(縁強め)


でも、「ひだまりスケッチ×365」では、特に何の相関も無く、

バッスバッスハイライトの入れ方が変わります。


新房昭之さんはハイライトも何かする


で、結局私の中の結論は、

新房昭之さんだしな〜」ってことです。


新房昭之さんは、さよなら絶望先生の時も、

「基本はハイライト無し。でも木村カエレだけ、いろんなハイライトあり」

っていう、特に意味の無いことをやっていましたし。


f:id:karimikarimi:20081014004258j:image

基本ハイライト無し(他のキャラは全員これ)


f:id:karimikarimi:20081014004359j:image

片側の強いざっくり型


f:id:karimikarimi:20081014004358j:image

両側型


f:id:karimikarimi:20081014004357j:image

ラインのざっくり型


だからなんだって言っても、特に強い意味は無い気がします

(いや、絵的にどうこうってのはもちろんあるんですが)


おまけ 原作との違い


ちなみに、原作の「ひだまりスケッチ」の蒼樹うめ先生は、

「D ハイライトきつめで下だけグラデーション」です。


あと、「らき☆すた」のアニメは両側型ですが、

原作の美水かがみ先生はざっくり型です。


f:id:karimikarimi:20081014004738j:image

美水かがみ らき☆すた


またそれとは逆に、「ぱにぽに」のアニメはざっくり型ですが、

原作の氷川へきる先生は両側型です。


f:id:karimikarimi:20081014004926j:image

氷川へきる ぱにぽに


むすび


何か意味を見出して、解説できればよかったんですが、

あんまりまともな事をいえませんでした。

でも、たまにはこういうのもいいですよね。

まぁ、「あ、そうなんだ。ふーん」ぐらいで聞いていただけたら嬉しいです。

(いつもそうだろうって。ヒー)



<関連リンク>


ハイライトの問題(きょうはここまで?)

絵を描かれる方が、自らの絵で色々なハイライトの入れ方をやってくださっています。参考になります。


『ひだまりスケッチ×365』の批評と解説、あるは新房昭之のため(新・アニメ・批評)

話毎に詳しい解説を行っていらっしゃいます。ものすごい濃度の内容です。


Wikipediaには書けない『ひだまりスケッチ×365』オープニングの各話による違い(noir_kかくかたりき改めnoir_kはこう言った)

おもしろいまとめ。

つーか「宮子の食事カット」をやろうと思って「さき越されたー!」って思ったのは、きっと私とlolipuniさんだけじゃないはず。でも、ここまで、分かりやすく、綺麗にまとめれる気はしないので、結果私がやらなくてよかった。

同サイトの、アニメ脚本家・高山カツヒコによる実写爆破シーンを振り返るも興味深くていいまとめです。



andoando 2008/10/26 22:37 まなびストレートのハイライトが結構印象的だった

karimikarimikarimikarimi 2008/10/26 23:37 キツイグラデーションと線と玉で、確かに印象的でしたね。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/karimikarimi/20081013/1223914031