Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2008-10-25

[]漫画好きにオススメのエロ漫画 掘骨砕三下水街」「夜に虚就く」


私の周りに、漫画は好きだが、エロ漫画は読まないという人がいた。

エロ漫画というジャンルだけで、毛嫌いするんてもったいない。

素晴らしいエロ漫画は五万とあるのだ。


という事で、この記事は、

「漫画は大好きだけれど、エロ漫画はちょっと……」と思っている方に、

「そう言う前に、このエロ漫画読んでみてくださいな」という趣旨の記事です。

(あと、掘骨砕三先生の良さをとくとくと語る記事でもあります)


手始めに、掘骨砕三先生の下水街シリーズをお勧めしたいと思います。

力いっぱい、掘骨砕三先生の普通に面白いところを紹介したいと思います。


掘骨砕三の世界


掘骨砕三先生の下水街シリーズは、

「独特な世界設定の中。そこで生きている人々の生活を綴る物語」です。


f:id:karimikarimi:20081025160544j:image

掘骨砕三 下水街 p77 : SF的なエレメントである機械人形


f:id:karimikarimi:20081025160543j:image

掘骨砕三 夜に虚就く p122 : ファンタジー的なエレメントであるフリークス


一般のコミックで同じ感じな作品というと、

弐瓶勉先生のBLAME!芦奈野ひとし先生のヨコハマ買出し紀行

永野護先生のファイブスター物語木城ゆきと先生の銃夢、あたりがそれにあたると思います。


特に、ヨコハマ買出し紀行のように、壮大なスケールの世界設定は存在するが、

それをぐだぐだ語らず、その中で生活する小さい物語が好きな人にはうってつけです。

下水街シリーズは、上で例に挙げた作品たちに勝るとも劣らない緻密で、魅力的な世界での、

小さい物語を緩い繋がりのあるオムニバス形式で綴っています。

(この緩い繋がりが非常に心地が良い!)


そして、その独特な世界感に住むキャラクタ達の価値観や、

皮膚感覚は、淀みなく世界感にマッチしています

たとえば、虫に刺されて虫になってしまう少女の物語では。


f:id:karimikarimi:20081025160911j:image

掘骨砕三 夜に虚就く p49 : 虫になる前


f:id:karimikarimi:20081025160910j:image

掘骨砕三 夜に虚就く p55 : 虫になった後


そのおぞましくグロテスクな風貌とは裏腹に、

キャラクタ達は幸せであり、ラストもハッピーエンドで飾られる。

この虫になるという事実も、私たちの世界観では、どうしようもなく不幸な事であるのだが、

下水街」に住む人たちのパーソナリティではそうではないのだ。

(いや、ウエルカムでは無いけれど、プライオリティの問題で)


絵がもっそいうまいよ掘骨砕三


下水街」には上の世界と下の世界というものがある。

例えば、その書き分けでは。


f:id:karimikarimi:20081025161503j:image

掘骨砕三 夜に虚就く p157 : 上の世界


f:id:karimikarimi:20081025161502j:image

掘骨砕三 夜に虚就く p175 : 下の世界


と、世界の雰囲気を、背景と構図でしっかりと書き分けている。

上の世界の無機物感、直線、影、建物に対する人の小ささ。

下の世界のごちゃごちゃ感、生物的なうねり、閉所の圧迫感、なまなましい質感。

壁のタイルの書き方一つまでこだわっているというのが分かる。


他にも、写実的な描写や影の使い方。

掘骨砕三先生の黒には力がありすぎる)


f:id:karimikarimi:20081025161929j:image

掘骨砕三 夜に虚就く p135 : 写実的な描写


f:id:karimikarimi:20081025161928j:image

掘骨砕三 夜に虚就く p146 : 特徴的な背景と影


可愛い。幸せ。


掘骨砕三先生のキャラクタは普通に可愛い。

グロテスクな面ばかりに眼が行きがちだが、可愛いのだ。

(つーか、可愛いからグロが引き立つんだけれどね)


f:id:karimikarimi:20081025162215j:image

掘骨砕三 下水街 p16 : かわいいなぁ


f:id:karimikarimi:20081025162435j:image

掘骨砕三 下水街 p163 : かわいいなぁ(解説になってない)


それに、普通の感覚ではグロテスクに見えるようなエレメントがふんだんに入っているが、

話としては、基本的に読んでいて幸せになるような話しが多い。

町田ひらく先生とは対照的だと私は思う)


たとえば、疣では、

体中に正体不明のイボが出来てしまう少女の話なのだが、ラストは以下のように、

とても幸せ一杯で終わる。


f:id:karimikarimi:20081025162420j:image

掘骨砕三 下水街 p177 : 体中にイボが出来るが、幸せな感じ


むすび


もし、まだ

先生の漫画を読んだ事が無く、

上の解説で少しでも興味がわいたら、是非とも一回読んでみてください。

もう、圧倒的に面白いですから。

下水街シリーズ以外も、スゲー面白いですが、私的に初めは下水街シリーズを勧めます)


今回は趣旨の関係で、エロス的なことは言及しませんでしたが、

掘骨砕三先生は、エロス的にも、もう絶頂レベルです。ディモールトベネです。


(もし、次回があれば、次は、町田ひらく先生か海野螢先生あたりでやるかもしれません)


夜に虚就く (SANWA COMICS No.)

夜に虚就く (SANWA COMICS No.)

f:id:karimikarimi:20081025205200j:image

下水街(アマゾン)

(akyaさん情報ありがとうございます!)


――2015/04/11追記――


プレミアだった掘骨砕三さんの「下水街 新装版 濁淦」が出たぞー!!! みんな読むんだー!


レア本となっていた、掘骨砕三さんの「下水街」の新装版が発売されました!


<関連記事>

読み手に絶望を与えるロリエロ漫画達

エロいエロ漫画の表紙 コンドームをくわえる少女の良さを語る

エロいエロ漫画の表紙 いとうえい先生の描く口元のエロス


<関連リンク>

エロマンガが映す、このどうしようもない世界。町田ひらく「漫画で見る未来の三丁目」(たまごまごごはんさん)

ロリコン・エロ漫画はキモイまま存在しないと、意味がない(きなこ餅コミックさん)

あわじひめじ『辱育』(ヘドバンしながらエロ漫画!さん)

掘骨砕三(ほりほねさいぞう) (OHPさん)

掘骨砕三(wikipediaさん)