Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2008-10-25

[]漫画好きにオススメのエロ漫画 掘骨砕三下水街」「夜に虚就く」


私の周りに、漫画は好きだが、エロ漫画は読まないという人がいた。

エロ漫画というジャンルだけで、毛嫌いするんてもったいない。

素晴らしいエロ漫画は五万とあるのだ。


という事で、この記事は、

「漫画は大好きだけれど、エロ漫画はちょっと……」と思っている方に、

「そう言う前に、このエロ漫画読んでみてくださいな」という趣旨の記事です。

(あと、掘骨砕三先生の良さをとくとくと語る記事でもあります)


手始めに、掘骨砕三先生の下水街シリーズをお勧めしたいと思います。

力いっぱい、掘骨砕三先生の普通に面白いところを紹介したいと思います。


掘骨砕三の世界


掘骨砕三先生の下水街シリーズは、

「独特な世界設定の中。そこで生きている人々の生活を綴る物語」です。


f:id:karimikarimi:20081025160544j:image

掘骨砕三 下水街 p77 : SF的なエレメントである機械人形


f:id:karimikarimi:20081025160543j:image

掘骨砕三 夜に虚就く p122 : ファンタジー的なエレメントであるフリークス


一般のコミックで同じ感じな作品というと、

弐瓶勉先生のBLAME!芦奈野ひとし先生のヨコハマ買出し紀行

永野護先生のファイブスター物語木城ゆきと先生の銃夢、あたりがそれにあたると思います。


特に、ヨコハマ買出し紀行のように、壮大なスケールの世界設定は存在するが、

それをぐだぐだ語らず、その中で生活する小さい物語が好きな人にはうってつけです。

下水街シリーズは、上で例に挙げた作品たちに勝るとも劣らない緻密で、魅力的な世界での、

小さい物語を緩い繋がりのあるオムニバス形式で綴っています。

(この緩い繋がりが非常に心地が良い!)


そして、その独特な世界感に住むキャラクタ達の価値観や、

皮膚感覚は、淀みなく世界感にマッチしています

たとえば、虫に刺されて虫になってしまう少女の物語では。


f:id:karimikarimi:20081025160911j:image

掘骨砕三 夜に虚就く p49 : 虫になる前


f:id:karimikarimi:20081025160910j:image

掘骨砕三 夜に虚就く p55 : 虫になった後


そのおぞましくグロテスクな風貌とは裏腹に、

キャラクタ達は幸せであり、ラストもハッピーエンドで飾られる。

この虫になるという事実も、私たちの世界観では、どうしようもなく不幸な事であるのだが、

下水街」に住む人たちのパーソナリティではそうではないのだ。

(いや、ウエルカムでは無いけれど、プライオリティの問題で)


絵がもっそいうまいよ掘骨砕三


下水街」には上の世界と下の世界というものがある。

例えば、その書き分けでは。


f:id:karimikarimi:20081025161503j:image

掘骨砕三 夜に虚就く p157 : 上の世界


f:id:karimikarimi:20081025161502j:image

掘骨砕三 夜に虚就く p175 : 下の世界


と、世界の雰囲気を、背景と構図でしっかりと書き分けている。

上の世界の無機物感、直線、影、建物に対する人の小ささ。

下の世界のごちゃごちゃ感、生物的なうねり、閉所の圧迫感、なまなましい質感。

壁のタイルの書き方一つまでこだわっているというのが分かる。


他にも、写実的な描写や影の使い方。

掘骨砕三先生の黒には力がありすぎる)


f:id:karimikarimi:20081025161929j:image

掘骨砕三 夜に虚就く p135 : 写実的な描写


f:id:karimikarimi:20081025161928j:image

掘骨砕三 夜に虚就く p146 : 特徴的な背景と影


可愛い。幸せ。


掘骨砕三先生のキャラクタは普通に可愛い。

グロテスクな面ばかりに眼が行きがちだが、可愛いのだ。

(つーか、可愛いからグロが引き立つんだけれどね)


f:id:karimikarimi:20081025162215j:image

掘骨砕三 下水街 p16 : かわいいなぁ


f:id:karimikarimi:20081025162435j:image

掘骨砕三 下水街 p163 : かわいいなぁ(解説になってない)


それに、普通の感覚ではグロテスクに見えるようなエレメントがふんだんに入っているが、

話としては、基本的に読んでいて幸せになるような話しが多い。

町田ひらく先生とは対照的だと私は思う)


たとえば、疣では、

体中に正体不明のイボが出来てしまう少女の話なのだが、ラストは以下のように、

とても幸せ一杯で終わる。


f:id:karimikarimi:20081025162420j:image

掘骨砕三 下水街 p177 : 体中にイボが出来るが、幸せな感じ


むすび


もし、まだ

先生の漫画を読んだ事が無く、

上の解説で少しでも興味がわいたら、是非とも一回読んでみてください。

もう、圧倒的に面白いですから。

下水街シリーズ以外も、スゲー面白いですが、私的に初めは下水街シリーズを勧めます)


今回は趣旨の関係で、エロス的なことは言及しませんでしたが、

掘骨砕三先生は、エロス的にも、もう絶頂レベルです。ディモールトベネです。


(もし、次回があれば、次は、町田ひらく先生か海野螢先生あたりでやるかもしれません)


夜に虚就く (SANWA COMICS No.)

夜に虚就く (SANWA COMICS No.)

f:id:karimikarimi:20081025205200j:image

下水街(アマゾン)

(akyaさん情報ありがとうございます!)


<関連記事>

読み手に絶望を与えるロリエロ漫画達

エロいエロ漫画の表紙 コンドームをくわえる少女の良さを語る

エロいエロ漫画の表紙 いとうえい先生の描く口元のエロス


<関連リンク>

エロマンガが映す、このどうしようもない世界。町田ひらく「漫画で見る未来の三丁目」(たまごまごごはんさん)

ロリコン・エロ漫画はキモイまま存在しないと、意味がない(きなこ餅コミックさん)

あわじひめじ『辱育』(ヘドバンしながらエロ漫画!さん)

掘骨砕三(ほりほねさいぞう) (OHPさん)

掘骨砕三(wikipediaさん)

akyaakya 2008/10/25 18:27 掘骨砕三先生は、ひらがなでしか検索で出ない事があるんですよ。単行本の著者表記がそうなってるとこの現象が出るみたいで。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883561232/
「下水街」のURL貼っときます。

karimikarimikarimikarimi 2008/10/25 20:54 お! 本当だ!
akyaさん、情報ありがとうございます!
つーか、こんなことよくご存知で。

n_euler666n_euler666 2008/10/25 21:18 うわ…先越されたw
このHENTAI漫画家と出会った時の俺のショックを伝えるにはどうするべきなんだ…と悩んでいたのに……

しかし,画像の選び方が素晴らしい.
あんなに「どのページも危険」な漫画からよく見つけてこれたなw

karimikarimikarimikarimi 2008/10/25 21:40 >>うわ…先越されたw
「ヒャッコと出崎的演出について」で、私も先を越された感があったので、これで一矢報いました。よかった。

>>あんなに「どのページも危険」な漫画からよく見つけてこれたなw
ええ、もう使いたいところの80%は放送禁止もんでしたよ、マジで。(読んだ事がある人が分かってくれると思う)

JABJAB 2008/10/26 20:06 読まないなんて勿体ないという発想自体が遠ざける理由かと…
まるでエロマンガ以外を読んでいたら損してるみたいじゃないですか
普通のマンガだけ読んでて楽しいの?みたいに取れる言われ方したらじぶんなら尚更読みたくなくなりますね

karimikarimikarimikarimi 2008/10/26 20:56 >>まるでエロマンガ以外を読んでいたら損してるみたいじゃないですか
う〜ん、そんな気持ちは微塵も無いんですが……。エロ漫画も漫画だよって言いたいだけでして……。
なので、一般の漫画で似たようなものを羅列したりしているんですが、それじゃあ、伝わりませんかね。

>>普通のマンガだけ読んでて楽しいの?みたいに取れる言われ方したら
なるほど、それはそうですね。もしそうなっているようなら、反省します。

へどばんへどばん 2008/10/28 00:36 初めまして、ヘドバンしながらエロ漫画!の管理人のへどばんと申します。
こう、綺羅星の輝くサイト様と並んで当方のような微妙なサイトを関連リンクに加えて下さって真に恐縮です(汗。
どうもありがとうございます。

僕も、漫画が好きな方も含め、多くの方にエロ漫画を楽しんで欲しいという願いでへたれなレビューを書き続けているので、このような「エロ漫画楽しいよ!」という記事は非常に嬉しく、心地よく思います。さらに言えば、僕も掘骨砕三先生の一ファンなので嬉しさ倍増です。
いとうえい先生やコンドームを咥える女の子の記事も拝読いたしましたが、どうにも視野が狭い自分に比べて、より広い視野でエロ漫画の紹介をされていて、8割歓喜2割嫉妬を覚えました。
とまれ、当方のご紹介とエロ漫画リスペクトに溢れる素敵なレビューに感謝の意を伝えさせて下さい。
ではでは

karimikarimikarimikarimi 2008/10/28 03:31 おお! へどばんさん! コメントありがとうございます!
ブログ見てますよ〜。ストイックなレビューが好きです。

>>このような「エロ漫画楽しいよ!」という記事は非常に嬉しく、心地よく思います
わぁ! ありがとう御座います。
「エロ漫画楽しいよ!」と力いっぱい言うのが今回の趣旨だったので凄く嬉しいです。

>>広い視野で
適材適所ですよね、ここんところは。
逆に私には、、ヘドバンしながらエロ漫画!さんのような、一つのジャンルの縛りを設けた、
ストイックなレビューをし続ける(それもほぼ毎日!)っていうのは無理なので、そういうことが出来るってのが羨ましいですよ。
漫画もアニメのレビューも、最新話が出たら、すぐにレビューする、みたいなのは私には無理なのですよ。
それでもやっぱりレビューしたい! 何かを言いたい! と思うと、必然的にこういう形にならざるをえなかった、みたいな感じです。

これからも、へどばんさんに嫉妬されるような記事を書けるように頑張りたいと思います。
ではでは〜。

Yagyu8beiYagyu8bei 2008/10/30 00:13 待ってました!の掘骨先生特集ですな。目の付け所も素晴らしいッス。個人的には「下水街」シリーズもですが「ひみつの犬神コココちゃん」が完成度も高く大好きです。なんであんな内容でリリカルな話になるんだ・・・。

次回は是非、かかし朝浩(時に「彼女<あのおんな>」で)を特集してくださいませませ orz

karimikarimikarimikarimi 2008/10/30 00:55 おおYagyu8beiさんじゃないですか。来て下さってありがとうございます。
この記事は、絶望のロリエロ漫画の記事のYagyu8beiさんのコメントがきっかけなので、来てくださって本当に嬉しいです。

>>「ひみつの犬神コココちゃん」
コココちゃんもいいっすね〜。私は、最後一話で、「うううんん? うわはぁぁぁ!!」ってなっちまいましたよ。あれもまた掘骨先生らしさが存分にでてますよねぇ。

>>かかし朝浩
かかし朝浩先生は、もう一般でバリバリ連載持って書いている方なので……。ちょっと、趣旨が外れてしまうので、この漫画好きにオススメのエロ漫画シリーズには合わない気がするんですよ。(いや、掘骨先生も海野先生も一般でも書いているんですが)
なので、違う趣旨でまた書く機会があれば、書かせていただくかもしれませんし、書かないかもしれません(おい!)

nekomenekome 2008/12/08 20:34 初めまして、ごきげんよう。nekomeと申します。
多分、たまごまごさんかゴルゴ31さん経由で流れ着いて、以来ちょくちょく覗かせていただいております。

わたしも「エロ漫画も立派に創作物であり、それを楽しむことと他の漫画を楽しむことは何ら変わらない」と「感じて」いるもので、こういう記事を見ると嬉しくなります。
そして、つい昨日、掘骨砕三先生の作品に初めて手を出したところなのですよ!
『下水街』と『ひみつの犬神コココちゃん』を購入いたしました。
そうなんですよね〜。掘骨先生の作品って、基本的にハッピーなんですよ。肉体的にはえらいことになってたりするんですが、本人たちは幸せそう。だからこっちも、ほわっとした気分で読めちゃいます。
あと何と言っても、虫やら何やらが混ざって異形になった女の子たちが可愛すぎて困る(^^;
個人的には、蜘蛛娘を出してくれた時点で神認定です。狂喜乱舞です。
ああ、また作品を揃えたい漫画家さんが増えてしまった……。

karimikarimikarimikarimi 2008/12/09 01:30 >>初めまして、ごきげんよう。nekomeと申します。
はじめまして、ごきげんよう、karimikarimiと申します。コメントありがとうございます。

>>わたしも「エロ漫画も立派に創作物であり、それを楽しむことと他の漫画を楽しむことは何ら変わらない」と「感じて」いるもので、こういう記事を見ると嬉しくなります。
そうですそうです! 一般漫画で名作が存在するのと同じように、エロ漫画にも感動するぐらいの名作があります! という思いで記事を書いたので、私の方も嬉しいです。

>>そして、つい昨日、掘骨砕三先生の作品に初めて手を出したところなのですよ!
>>『下水街』と『ひみつの犬神コココちゃん』を購入いたしました。
おおおお!
GOODですよ。実にGOODですよ。

>>そうなんですよね〜。掘骨先生の作品って、基本的にハッピーなんですよ。肉体的にはえらいことになってたりするんですが、本人たちは幸せそう。だからこっちも、ほわっとした気分で読めちゃいます。
>>あと何と言っても、虫やら何やらが混ざって異形になった女の子たちが可愛すぎて困る(^^;
そうなんですよ。基本的に女の子がかわいすぎますよね。『ひみつの犬神コココちゃん』なんかの異形の女の子は、本当にかわいらしいですよね。

>>個人的には、蜘蛛娘を出してくれた時点で神認定です。狂喜乱舞です。
やべぇ、nekomeさんの趣味が超絶ニッチで素晴らしいですね。

>>ああ、また作品を揃えたい漫画家さんが増えてしまった……。
夜に虚就く! 次はぜひ「夜に虚就く」か「閉暗所同好会」を読んでみてください! オススメです!

茄子林檎茄子林檎 2008/12/10 04:21 はじめまして、茄子林檎と申します。
私自身今まで成年漫画を手にする機会があまり無く、別に敬遠していた訳でもありませんでしたが、偶然こちらの記事を拝見して興味を惹かれ、掘骨砕三先生の“ひみつの犬神コココちゃん”を購入させて頂きました。
読了後は「あれ、俺って案外ロリと人外(?)もイケるのか?」と両属性の無かった自分が新たな新境地を開拓するに至った程素晴らしい作品だったのですが……
―――コココちゃん以外近場の本屋で売ってないという罠
特に皆さんの反応から“下水街シリーズ”が読んでみたいのですが、普通に本屋で売っていますかね?
出来れば参考程度にご教授下されば幸いです。

karimikarimikarimikarimi 2008/12/10 05:04 >>はじめまして、茄子林檎と申します。
茄子林檎さん始めまして、karimikarimiと申します。コメントありがとうございます。

>>私自身今まで成年漫画を手にする機会があまり無く、別に敬遠していた訳でもありませんでしたが、偶然こちらの記事を拝見して興味を惹かれ、掘骨砕三先生の“ひみつの犬神コココちゃん”を購入させて頂きました。
うわ、この記事でそういった反応をしていただいたのは初めてで、すごく嬉しいです。

>>成年漫画を手にする機会があまり無く
これはよく分かります。私も以前そういう時期がありました。きっかけが転がっていないというか、なんというか。本屋にいってもひら積みもされていないし、一般的な場所で「これが超絶面白い成年漫画だ!」みたいな宣伝をされることもあまりありませんものね。

>>読了後は「あれ、俺って案外ロリと人外(?)もイケるのか?」と両属性の無かった自分が新たな新境地を開拓するに至った程素晴らしい作品だったのですが……
ははははは。開眼おめでとうございます。茄子林檎さんが懐の広いかたでよかったです。(コココちゃんは、割と人外度がキツイので、無理な人は無理だと思うのですよ)

>>―――コココちゃん以外近場の本屋で売ってないという罠
>>特に皆さんの反応から“下水街シリーズ”が読んでみたいのですが、普通に本屋で売っていますかね?
よくあることすぎて涙が出ますね。成年コミックを沢山扱っている本屋なら可能性はありますが、一般的な書店では絶望的だと思います。
私は、駅前の本屋またはいきつけの本屋においてないときはネット通販(主にアマゾン)を利用します。下水街シリーズの第02巻である「夜に虚就く」なら、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4883563480/hatena-ud-22/ref=nosim
で購入可能です。よかったらご利用なさってはいかがでしょうか。ただ、さきほど下水街シリーズの一冊目「下水街」を購入できるネット通販サイトを探したのですが、どこも在庫が無いようでした……。是非読んでいただきたいのに、残念でしょうがありません。

茄子林檎茄子林檎 2008/12/11 00:23 御早い返信ありがとうございます。
やはり“下水街”は入手困難なようですね。残念ですが“夜に虚就く”を先に購入する件で検討してみたいと思います。後、コココちゃんを読んでいて思ったのですが、私はこういう世界観大好きみたいです。同著者の本以外にも似たような漫画があるか探すのも楽しみになりそうです。
karimikarimi様には色々と調べて下さったようで、本当に頭が下がります。誠に感謝を。

最新の記事も拝見したのですが、こちらで質問をした以上二度も別に書き込むのは如何かと思い、勝手ではありますが纏めて感想も述べさせて頂きますね。

実際karimikarimi様が仰られた通り、私が“成年漫画を手にする機会があまり無く”と言った理由については正にドンピシャ。どれがオススメなのか、鉄板なのか判らない。これに尽きます。
ネットで評判を探ろうにも“成年漫画”と括られる市場は狭いながらも広大です。評価している記事を見つけても、所謂“ジャンル”で区別されているだけで、内容について触れていないのが殆どでした。
レビューサイト然り、評論サイト然り、結局は紹介する側の文才によって面白い記事になるかどうか決まるのでしょうが、karimikarimi様のように「この人本当に漫画が好きなんだなぁ」と読んでいて共感したくなるような“愛”も必要なんだとしみじみ感じました。私はそれで漫画を購入するに至った訳ですしw

ともあれ、これからも思わず購入したくなるような記事を期待しています。体調にお気をつけて執筆の程頑張って下さいませ。
長文失礼しました。

karimikarimikarimikarimi 2008/12/11 02:05 >>茄子林檎さん
>>“ 夜に虚就く”を先に購入する件で検討してみたいと思います。後、コココちゃんを読んでいて思ったのですが、私はこういう世界観大好きみたいです。同著者の本以外にも似たような漫画があるか探すのも楽しみになりそうです。
「夜に虚就く」の世界観もまた、素晴らしいです。たぶん、気に入っていただけると思います。「下水街」を読んでいなくても、大丈夫だと思いますし。あと糞に拒絶反応を起こさないのならば「閉暗所同好会」もオススメです。

>>最新の記事も拝見したのですが、
勝手にコメントを使用してしまって、申し訳ありません。今朝、茄子林檎さんのコメントを見て、ビビビっと来て勢いで書いてしまったので。ありがたいことに、あの記事は割りと反響をいただき沢山の方に見ていただけました。これも茄子林檎さんのコメントのおかげです。ありがとうございます。

>>どれがオススメなのか、鉄板なのか判らない。これに尽きます。
これって、本当に難しいですよね〜。

>>ネットで評判を探ろうにも“成年漫画”と括られる市場は狭いながらも広大です。評価している記事を見つけても、所謂“ジャンル”で区別されているだけで、内容について触れていないのが殆どでした。
うわ、これは私が言いたかったことが、私がした表現よりも分かりやすく。そう、ただ“ジャンル”で書かれるだけなんですよね。“ロリ”である。“陵辱”である。でも、それだけじゃ、分からないですよね。(当然性的なリピドー的な意味で、そういう区分も重要である)

>>karimikarimi様のように「この人本当に漫画が好きなんだなぁ」と読んでいて共感したくなるような“愛”も必要なんだとしみじみ感じました。
ありがたいお言葉、本当に嬉しいです。私には評論家の方々のような学は無いし、語る言葉も毎回陳腐なものしか湧き上がらない、エロ漫画読みです。なので私にあるのは、エロ漫画に対する“愛”のみなのです。それを感じていただけたのなら、本望すぎます。

>>ともあれ、これからも思わず購入したくなるような記事を期待しています。
熱いコメントと期待、ありがとうございます。私に出来る範囲でやっていけたらいいなと、思います。茄子林檎さんにお付き合いいただければ幸いです。

戒戎 戒戎 2009/01/11 10:04 2ヶ月程前にこの記事を見て「夜に虚就く」を購入しました。
奇想満載ながらも通底する温かみのある作風は自分の好みと大変合いました。

なんていうか、別の知的生命体…例えば宇宙人とかゴブリンとかもこうやって愛を育むのかなあ、としんみり思いました。異種婚の話などは昔話とかに通じるものもあるでしょうか。

最初は半分怖いもの見たさで買ったこともあり、抵抗があるのでは無いかと少々不安でしたが、意外とすんなり読み進められました。(よく考えると私は人魚好きだった…)

ともあれ、新たな世界を見せてくれた素敵な批評をありがとうございました。

karimikarimikarimikarimi 2009/01/11 15:39 戒戎さん、コメントありがとうございます。

>>2ヶ月程前にこの記事を見て「夜に虚就く」を購入しました。
おお! そう言っていただけると嬉しいです!
つーか、この記事は、書いてすぐには全然反応がなかったのですが、しばらくしてじわじわと反応をいただけるという、珍しいことがおこっています。ありがたい限りだ。

>>奇想満載ながらも通底する温かみのある作風は自分の好みと大変合いました。
そうですよね! 一見グロテスクに見えるんですが、読んでいくと、実はとてもあったかいほのぼの話なんですよ! 私もその点が大好きです。

>>なんていうか、別の知的生命体…例えば宇宙人とかゴブリンとかもこうやって愛を育むのかなあ、としんみり思いました。異種婚の話などは昔話とかに通じるものもあるでしょうか。
そういったことは考えたことはありませんでしたが、なるほど! 確かに! また新しい着眼点を下さってありがとうございます。


>>最初は半分怖いもの見たさで買ったこともあり、抵抗があるのでは無いかと少々不安でしたが、意外とすんなり読み進められました。(よく考えると私は人魚好きだった…)
ははは、恐いもの見たさ。最初はそんなもんですよね。

>>新たな世界を見せてくれた素敵な批評をありがとうございました。
こちらこそ、興味深いコメントありがとうございます。最新記事以外には、コメントが滅多にないので、その点もすごく嬉しいです。

censoredcensored 2013/01/31 04:10 まだ読んでいませんが、なるべく内容を語らないで魅力を伝えようという配慮と、似ている漫画を例に出してるのがわかり易い。 参考になりました

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/karimikarimi/20081025/1224921174