Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2008-11-15

[]絶叫の描く漫画版とらドラ!の大河の表情が豊かすぎる


私は原作小説のとらドラ!の一巻が凄い面白いと思う。(現在6巻までは読んでます)

こういうキュンキュンくるラブコメは好きなんですよ。

で、最近アニメをやっているわけですが、これがまた、出来が良い。

そして、漫画版もあるわけですが、なんていうことか、これも良い出来なんですよ。

とらドラ!は、小説以外のメディアでも、ハッキリ言って大成功なんじゃないかと思う


その中で、今回は、絶叫先生が担当する漫画の記事です。



緒論


そもそも、当然のことながら、小説と漫画とアニメは全く別の物だ。だから私は、メディアが違えば、もう違う作品であると思う。原作との違いを楽しむのもよし、原作を切り離して楽しむもよし、はたまた、原作を知らずに見るのも当然、何の問題も無いと思っている。だから、どのメディアが優れているだとか、そういう話には、完全に興味は無い。ただ、当然、メディアによって、特性はある訳で。その特性をうまく利用していたりすると、「おお! これは!」って思うわけですよ。


とらドラ!では、メディアが違っていても、基本的な話の筋は同じである。同じなプロットの中で、絶叫先生の漫画版とらドラ!で、私が、これぞ、と思ったことがある。それは以下のところと関係がある。逢坂の表情に関することである。


高須と知り合ってからの逢坂はあの時よりももっと魅力的だ。おもしろい顔を、するようになったからな

〜中略〜

お前は本当に、高須といる時にはおもしろい顔ばっかりしてた。


竹宮ゆゆことらドラ! P230 l10


上は小説版のセリフなのだが、漫画版では、この「魅力的なおもしろい顔」が素晴らしいのだ。いや、小説でも、それは竹宮ゆゆこ先生の文章の表現で、ありありと逢坂大河の魅力が伝わるようにはなっている。それを絶叫先生が、漫画という物に落とし込むのが、非常に上手いのだ。具体的に言うと、逢坂大河の顔が本当に「魅力的なおもしろい顔」なのだ、絵的に。その顔「魅力的なおもしろい顔」というのを具体的に挙げていきたいと思います。



本論 おもしろい顔


基本の顔


f:id:karimikarimi:20081115211844j:image

とらドラ! 第01巻 P35


f:id:karimikarimi:20081115211843j:image

とらドラ! 第01巻 P44


f:id:karimikarimi:20081115211842j:image

とらドラ! 第01巻 P50


これは、まだ一巻の序盤の、本格的に高須竜児とのからみが無いときの表情。美少女ではあるけれど、どこか硬い表情をしています。


あわて顔


f:id:karimikarimi:20081115212159j:image

とらドラ! 第01巻 P41


f:id:karimikarimi:20081115212158j:image

とらドラ! 第01巻 P110


f:id:karimikarimi:20081115212157j:image

とらドラ! 第01巻 P149


P41のあわて顔は、まだ序盤ではあるけれど、ラブレター入り鞄を高須竜児が持って行こうとする場面。二人の出会いと言ってもいい場面で、ここから二人の関係が始まる。表情だけじゃなく、吹き出しの中の「何」だけ、フォントが大きい事、吹き出しが不安定であること、吹き出しの外の文字が不安的であることなどで、より一層のあわてた様子を演出している。


テンパリ顔


f:id:karimikarimi:20081115212534j:image

とらドラ! 第01巻 P138


f:id:karimikarimi:20081115212533j:image

とらドラ! 第01巻 P145


f:id:karimikarimi:20081115212532j:image

とらドラ! 第01巻 P146


まさに、「魅力的なおもしろい顔」が勢ぞろいのテンパリ顔。特に北村と一緒にご飯を食べようとしている場面のP138のニヤツキなんて、漫画らしい可愛らしさが詰まっている。



f:id:karimikarimi:20081115212743j:image

とらドラ! 第01巻 P139


泣き顔


f:id:karimikarimi:20081115212833j:image

とらドラ! 第01巻 P60


f:id:karimikarimi:20081115212832j:image

とらドラ! 第01巻 P158


f:id:karimikarimi:20081115212831j:image

とらドラ! 第01巻 P162


高須竜児を心配するP158とか、可愛すぎるだろ常考。かと思えば、P162の儚さや悔しさがが一杯につまった泣き顔も、グッとくる。


歓喜の顔


f:id:karimikarimi:20081115213114j:image

とらドラ! 第01巻 P121


f:id:karimikarimi:20081115213116j:image

とらドラ! 第01巻 P122


f:id:karimikarimi:20081115213115j:image

とらドラ! 第01巻 P122


逢坂大河が喜びに打ち震える一連の表情が、非常に魅力的だ。実に漫画らしい、歓喜の表現。特にP121の「ぶわっ」と円らな瞳のアップが、とても印象的だ。


変な顔


f:id:karimikarimi:20081115213531j:image

とらドラ! 第01巻 P128


f:id:karimikarimi:20081115213530j:image

とらドラ! 第01巻 P147


f:id:karimikarimi:20081115213529j:image

とらドラ! 第01巻 P167


この変な顔こそが、絶叫先生の素晴らしいところだと、私は考えます。先生に舌打ちするP147ページのこの、子憎たらしい顔がたまらないじゃないですか! かわいいだけの美少女もいいですが、逢坂大河はこうでないと!


その他


f:id:karimikarimi:20081115213851j:image

とらドラ! 第01巻 P88


f:id:karimikarimi:20081115213850j:image

とらドラ! 第01巻 P125


f:id:karimikarimi:20081115213849j:image

とらドラ! 第01巻 P142


f:id:karimikarimi:20081115213848j:image

とらドラ! 第01巻 P171


f:id:karimikarimi:20081115213847j:image

とらドラ! 第01巻 P177


その他の特徴的な表情。



結論


このように、絶叫先生版のとらドラ!の逢坂大河は「魅力的なおもしろい顔」で百面相を繰り広げます。ここで挙げているのは、単行本一巻の分だけこれだけ、様々な表情をするのです。まだ、「じゃんピング土下座」、「電柱にむかつくんじゃー!」や「ばいばい、――高須くん」、「告白」などの名場面前で、これですよ! 凄くないですか? 私は凄いと思います。


もし、小説版やアニメ版で、ビビッ、ときた人がいたなら、一回漫画版を読んでみてはいかがでしょうか。年明けに、二巻も出るらしいですしね。


とらドラ!(1) (電撃コミックス)

とらドラ!(1) (電撃コミックス)