Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2009-03-11

[]エロ漫画のキャラクタはなぜ二次創作されにくいのか


f:id:karimikarimi:20090311010523j:image


Blog大ミョージン(8/28雑記)

モザイクは私が勝手に入れました。元の絵にはありません。


ストライクウィッチーズの絵を描いているBlog大ミョージンのうてんさんの昔の絵を眺めていたら、霧恵マサノブ先生の海三部作のレビアたんの絵を見つけた。この絵を見たときふと、エロ漫画のキャラクタの二次創作ってあんまり観ないな、と思った。なので、今回はそのことについて書きます。


まず、二次創作について。そして、なぜ、エロ漫画のキャラクタの二次創作が少ないのかの考察です。


他のメディア二次創作


ギャルゲ(またはエロゲ


アニメ


漫画


ラノベ


声優


ゲーム、アニメ、漫画、ラノベ、果ては声優まで、今のオタクの間で消費される様々なものは、様々な形で、膨大な量の二次創作をされる。対象に対する愛を表す形の一つとして、昔からされていたことではあるが、近年は、pixivやCGを紹介するサイトなどにより、描く方も見るほうにもやりやすくするCG周りのある種のインフラが整った事により、加速度的に増えている気がする。(あくまで、アクセスしやすくなったので増えた気がするだけで、潜在的にはあまりかわらないのかもしれませんが)


例えば、pixivにて、ゲームなら、ゲームの名前やキャラクタの名前を検索にかけると大量の絵が出てくる。漫画でも、荒木飛呂彦皆川亮二などの作者の名前でも、作品の名前でも、キャラクタの名前でも、絵が出てくる。アニメラノベも同様だ。果ては、田村ゆかりなどの声優でさえも本人を模写した絵が大量に出てくる。当然pixivだけでは無い。絵を描くサイトにも、沢山そういう絵はあるし、同人誌即売会にもゲーム、漫画、アニメラノベ同人誌は多数存在する。


下で示すように、同人エロゲ二次創作の絵なんてものも、けっして珍しいものでもない。これほどまでに、二次創作は盛んに行われているのだ。


f:id:karimikarimi:20090311012258p:image


2008-06-24 - WebLab.ota

同人エロゲひまわりのキャラクタ)


エロ漫画二次創作


pixivで、海野螢と検索すると、結果は0件だ。霧恵マサノブでも堀骨でも0件だ。完顔阿骨打でも胃之上奇嘉郎でも0件。上連雀三平で1件。町野変丸が4件。道満晴明が辛うじて1ページ埋まるぐらい。(でも道満晴明先生はマーク無しだから、成年コミックスに分類できないかもしれない)


ここで上げたの作者は、エロ漫画的には、有名な部類の人たちだと思う。それにも関わらず、このような結果だ。pixivの検索結果という定量的な結果だけではなく、実感としてもエロ漫画のキャラクタの絵などの二次創作はあまり見ないと思う。いや、あまりというかぜんぜんと行っても差し障りはないぐらい見かけない。(私の絵に対するアンテナが低いだけの可能性は大いにありますが)


エロ漫画にも魅力的なキャラクタがいる


f:id:karimikarimi:20090311021555j:image

ゴージャス宝田キャノン先生トばしすぎ


f:id:karimikarimi:20090311021554j:image

和六里ハル:新婚姉妹


ポン貴花田先生の「ぴたごらすびっち」の眼鏡少女。ゴージャス宝田先生の「キャノン先生トばしすぎ」のキャノン先生北河トウタ先生の「あれふぇち」のヒロインとかストーカー女とか、猫玄先生の「あああああっ! ご当主さまっ」とか。和六里ハル先生の「大妹」の妹や「新婚姉妹」の三姉妹とか海野螢先生の「時計じかけのシズク」のシズクとか。


素敵なキャラクタなんて、挙げればキリは無い。エロ漫画にも、愛すべき素敵なキャラクタが沢山いる。だから、二次創作が少ない理由は、キャラクタの魅力が無い、っていうのが根本的な問題ではないと私は思う。なので、なぜ、少ないのか、ということの仮説をいくつか考えてみようと思う。



**仮説1 短編である


短編が多いことが、大きな要因ではあると思う。いくら出来の良い物語でも、接する時間が短いと、愛着を持ちづらい。二次創作は愛のなせる業である部分が大きいので、愛着が沸かないとそりゃ二次創作はされない。


エロというメディアで、同様であるはずのエロゲーには、大量の二次創作をされるが、エロ漫画にはされないという理由は、この「物語に接する物理的な時間」によるところもあるのかもしれない。



**仮説2 絶対的な母数が少ない


これは、仮説というより、当たり前の話ではある。一般コミックに対して、成年コミックエロ漫画)のシェアは狭い。受け取る人数が少ないのだから、それに共感してアウトプットする人数が少なくなるのはどうりだろう。


しかし、母数だけで片付けてしまうのはどうだろう。成年コミックを嗜む層は、まんま、二次創作を行うような層と合致している気もしないでもない。それにゲームやラノベだって、それほど母数の大きな集団ではないが、沢山の二次創作を見受ける。



**仮説3 雛形的なキャラクタが多い


これは、仮説1の短編であることに由来するのだが、エロ漫画には、雛形的なキャラクタが多数存在する。それは、決められた短い尺の中で、性交込みで、物語を語らなくてはいけないために、キャラクタ表現をどうしても端折らなくてはならない場面が現れるからだ。よくレッテライズされた雛形のキャラクタであると、絵を描く人の食指が動かないかもしれない。


だが、霧恵マサノブ先生の海三部作のような、ボリュームもキャラ立ちも素晴らしい作品も沢山あるので、これだけが原因とはいえない。



**仮説4 そもそもエロイのでエロ同人を作る必要が無い


同人誌即売会に参加したことがある人なら分かるが、同人においてエロの盛り上がりは凄い。これは、もともとエロくないものに対する、性的なリピドーが動機の源泉であると思う。(または単純な性的なリピドー)それに対して、エロ漫画はそもそもエロいので、わざわざエロ同人にしなくても、もともとの本でよい。


でも、もともとエロイエロゲー、やりゲーと分類される作品にも同人は見受けられる。例えば、はじめてのおるすばんのようなゲームにも、同人誌はある。それに、エロく無い同人誌だって、山ほどある。



**仮説5 他人に伝えるのが恥ずかしい


「このエロ漫画の、このキャラクタ素敵だよね!」というのは、ともすれば自分の性癖を晒す事である。この自分の性癖を晒すということに、抵抗を感じる人は多いのかも知れない。好きなアニメや漫画の二次創作をして、「これ好きなんだ!」と叫ぶ事と、好きなエロアニメエロ漫画二次創作をして、「これ好きなんだ!」と叫ぶ事には隔たりがあるのかもしれない。


でも、エロエロな絵を描く人は沢山いるのだから、エロ漫画を元にエロエロな絵を描くひとがいてもおかしくないのかも知れない。



**仮説6 ポルノであるため


エロ漫画は、性交などのシーンで欲情するためのものである、と割り切ってしまうと、当然愛着は沸きにくい。これは、エロ漫画が、ポルノと物語作品の二面性を持っているので、しかたがないことである。



まとめ


エロ漫画のキャラクタの二次創作はされにくい。その原因をいくつか考えてみた。ああ、エロ漫画二次創作がもっと増えると私は嬉しいな。レビアたんとか良い素材だと思うんです。


おまけ:キャラクタは二次創作されにくいけれど……


ちなみに、キャラクタの二次創作は全然みませんが、構図や絵柄があきらかにエロ漫画家の人のリスペクトというかオマージュというか、影響を受けているひとは沢山います。特にエロ二次創作をしている人。「お! この人は町田ひらく先生の影響受けまくっているな!」みたいな感じで。


謝辞

Blog大ミョージンのうてんさん引用許可ありがとうございました。

(うてんさん、pixivサイトブログtwitter



<関連記事>

漫画好きにオススメのエロ漫画 井ノ本リカ子「A.My.Sweets」「ちぇりーぱい」シルエットの使い方

漫画好きにオススメのエロ漫画 掘骨砕三「下水街」「夜に虚就く」

漫画好きにオススメのエロ漫画 海野螢「少女の異常な愛情」のコマ割りがすげー!

漫画好きにオススメのエロ漫画番外編 本当はかわいい氏賀Y太

漫画好きにオススメしないエロ漫画 本当に恐い氏賀Y太

漫画好きにオススメのエロ漫画 早見純「卑しく下品に」


エロいエロ漫画の表紙 コンドームをくわえる少女の良さを語る

エロいエロ漫画の表紙 いとうえい先生の描く口元のエロス

読み手に絶望を与えるロリエロ漫画達

ゆるみ口について 女性エロ漫画家の口描写のこだわりが凄い件

イキ顔にみる、表情としてのアヘ顔の位置

○○といえば○○ 代名詞のあるエロ漫画家

○○といえば○○ 代名詞のあるエロ漫画家 その2

mattunemattune 2009/03/11 14:07 商業的というか知名度の問題じゃないですかね、やっぱりw
例えば、上記に上げられている「エロ漫画の魅力的なキャラ」
の知名度は、
人気同人エロゲのキャラと比べても低いと思います。

相手に分かって貰えないパロディほど悲しいものはないわけで、
さらに知名度低いから売上も期待できないという二重苦を
敢えて甘んじるクリエーターは少ないのはないでしょうか

YagokoroYagokoro 2009/03/11 16:56 エロ漫画はビックリするぐらい売れてないし(1万以下がざら、それこそ売れてる同人誌以下です)、買っている年齢層も高めでピクシブとかで絵を描いてる若い子(10代がかなり多い)とはほとんど被ってません。仮説2の前半でFAかと。

karimikarimikarimikarimi 2009/03/11 21:19 >>mattuneさん
>>例えば、上記に上げられている「エロ漫画の魅力的なキャラ」の知名度は、
>>人気同人エロゲのキャラと比べても低いと思います。
確かに、知名度の低さは否定できませんね。
大きな問題として、知名度の低さはあると思います。
でも、二次創作って、
「私がやらねば誰がやる!」(キャシャーン風)
みたいな感覚もゼロでは無いと思うんですよ。
と、去年の夏コミで、富江本を出した私が言ってみます。
(いや、富江は超十分知名度高いんですが)

>>相手に分かって貰えないパロディほど悲しいものはないわけで
しかし、確かにその通りであはありますね。
母数の少なさは、確かに致命的ですね。


>>Yagokoroさん
>>エロ漫画はビックリするぐらい売れてないし
>>年齢層も高め
う〜ん、やはり母数がクリティカルなんでしょうか。

TORISUGARITORISUGARI 2009/03/11 22:46 「抜き」に特化してるエロマンガと
「ストーリー」に特化してるその他
そういう事じゃないかと

エロゲでも二次創作が多い物って大概ストーリーが主ですから

dada 2009/03/11 23:19 キャラというよりもシチュエーションやフェティッシュな部分で
消費されてる場合が多いからじゃないでしょうか。
ちなみに私が見たことのあるエロ漫画の同人は、
ハナハル先生のネネ、シャイ娘ぐらいです。

karimikarimikarimikarimi 2009/03/11 23:49 >>TORISUGARIさん
なるほど。
そして、「ストーリー」または「世界感」が特化しているエロ漫画は主流じゃない。
ただでさえ母数が少ないのに、さらに絞られる、と。

>>daさん
>>キャラというよりもシチュエーションやフェティッシュな部分で
>>消費されてる場合が多いからじゃないでしょうか
おお、この点は記事ではハッキリと表してないですね。
たぶん、この点について私ももやもやと思っていて、
「仮説3 雛形的なキャラクタが多い」
というところでそれを表そうとしていたのだと思います。
daさんの表現のほうが、私の思っていた事を的確に表していますね。

>>ちなみに私が見たことのあるエロ漫画の同人は、
>>ハナハル先生のネネ、シャイ娘ぐらいです。
シャイ娘の同人とか、シャイ娘自体が既にパロディなのに、またこれはまた。

エロ属性に人気はないエロ属性に人気はない 2009/03/12 00:23 同人誌は作品単位よりキャラクターの人気で本が出る傾向がある。
キャラクターの属性の中でエロ属性が非常に人気がない=抜かせるのが目的エロ漫画には人気キャラクターが出にくいってことではないでしょうか。
なにせエロゲなのに、ヒロインが非処女ってだけで大騒ぎで人気急落したりしますからね。最近では「かんなぎ」の騒動がありましたし。言葉は悪いですがヤリマンキャラに人気は出ないのです。
どんなに魅力的なキャラでもエロってだけで致命傷なんですよ。

zumage1zumage1 2009/03/12 03:47 二次創作はキャラクター主体の作品に盛んなんだと思います。

エロ漫画の主体はセックスにあって、ポルノであってもそれは行為であり、ひとつの物語には変わりない。
キャラクターを立てるのも、あくまでセックスを盛り上げるため。
だから、抜き重視にしろ、ストーリー重視にしろ、サブカルにしろ、エロ漫画のキャラが立つことが少ない。立っても、物語に吸収されてしまう。だからいじりにくい。
純文学の二次創作が皆無なのと同じように、それ自体で完結しているから。

エロゲは逆に、キャラクターを立てるために物語があるものだと思っています。
僕の思い込みかもしれません。

ネモネモ 2009/03/12 11:56 あくまで印象論なのですが、おそらくオタクにとって、同じポルノ作品であるエロゲーはアニメや漫画と同じく「オタクコンテンツ」として消費しつつも、エロ漫画は(実際のところは十二分にオタク受けする要素は含んでいるとしても)バイブやオナホと同類の「性処理アイテム」としてしか消費できない、どうしてもそういう印象を持ってしまう、というのが大きな理由なんじゃないでしょうか。

少し前に、アニメ作品のキャラをモチーフにしたオナホを二次作品として発表されたことが、オタク界隈で色々物議を醸したという出来事がありました。
散々エロ同人誌でオタクコンテンツを二次ポルノ作品として消費しているにもかかわらず、「オナホ」という直接的すぎる表現をされると、つい拒絶反応が出てしまう。
このあたりが、オタクの「オタクコンテンツ」なのか「性処理アイテム」なのかの境界線、受けるか受けないかの分水嶺なんじゃないかと思います。

そしてその境目、目安となるコトの一つに「一般」(重要)アニメ化がある気がします。
なので、例えばエロ漫画で何かしら超人気作が一つでも「一般」アニメ化されれば、おそらく堰を切ったかのようにエロ漫画の「オタクコンテンツ」化が進むんじゃないでしょうか。
『あぁ、エロ漫画は俺達が大手を振って楽しんでもいいジャンルだったんだ』という風に。

うさぎうさぎ 2009/03/12 12:33 面白い話が読めて嬉しかったので稀有かもしれない例を上げて置きます。

笹倉綾人先生の「少女流幸福攫取論」に小宮山さんというキャラがいるのですけど、それの同人誌なら買った覚えがあります。
かなり前の物なので流石に売り切れてるみたいですけど、とらのDLにありました。
http://dl.toranoana.jp/cgi-bin/coterie_item_detail.cgi?cf_id=260000239902

後は同人誌のキャラですけど、なかじまゆかさんの制服楽園の神戸屋の話の同人誌も見た事があります。

通りすがり通りすがり 2009/03/13 23:38 一般モノはエロ化することでパラレルワールドとして原作とは異なる土俵で読まれるが、
エロ漫画の二次創作は原作と全く同じ土俵になりやすく、
要求される技術レベルが高すぎるのがネックなんだろうと思った。

一般モノのエロ二次創作は"原作とは違う"エロの世界として理解されて、
エロ漫画が拙くても原作者の技術レベルと比較評価される事は少ないため敷居が低い。

エロ漫画のエロ二次創作は"原作と同じ"世界と理解されて、
エロの雰囲気作り・描写技術などが原作者と比較評価されやすく要求技術が高いため敷居が高い。

和六里ハルさんとかハナハルさんの漫画のキャラクターを魅力的だと思っても
和六里ハルやハナハルさんの技術に真正面からぶつかってエロを書く自信がない・・・。
というのが真っ先に思い浮かんだ

karimikarimikarimikarimi 2009/03/14 22:53 >>エロ属性に人気はないさん
>>キャラクターの属性の中でエロ属性が非常に人気がない=抜かせるのが目的エロ漫画には人気キャラクターが出にくいってことではないでしょうか。
>>どんなに魅力的なキャラでもエロってだけで致命傷なんですよ。

なるほど。私にはそういう視点は全くありませんでした。
確かに、エロ漫画のキャラクタは総じてエロ属性ですね。
で、エロ属性は人気が無いかもしれない。

>>zumage1さん
>>エロ漫画のキャラが立つことが少ない。立っても、物語に吸収されてしまう。だからいじりにくい。
>>エロゲは逆に、キャラクターを立てるために物語があるものだと思っています。

確かに、私もそう思います。
エロゲ、ギャルゲ、ラノベはキャラクタの為に物語があるという傾向がありそうですね。
(つーか、そういうのが二次創作が盛んな気がします)
物語(sex)に重きを置いている、エロゲでキャラクタ展開は乏しい気がします。
エロ漫画は当然、物語(sex)が重要。

karimikarimikarimikarimi 2009/03/14 22:57 >>ネモさん
>>あくまで印象論なのバイブやオナホと同類の「性処理アイテム」としてしか消費できない、どうしてもそういう印象を持ってしまう、というのが大きな理由なんじゃないでしょうか。

これは私の立てた仮説6ですね。
確かに、そういう印象が私にもないことは無いです。

>>このあたりが、オタクの「オタクコンテンツ」なのか「性処理アイテム」なのかの境界線、受けるか受けないかの分水嶺なんじゃないかと思います。

これは上でエロ属性に人気はない的な話に繋がる気がしないでもないです。
潔癖感というか、そういうのに。

>>例えばエロ漫画で何かしら超人気作が一つでも「一般」アニメ化されれば、

これは、あれば面白そうですが、物理的に無理な気がしますね。
一般アニメ化じゃなくても、物語重視の、スゲー面白いアニメが出来る、
なんてことがあれが、エポックメイキングな出来事なきがしますね。

karimikarimikarimikarimi 2009/03/14 23:02 >>うさぎさん
>>面白い話が読めて嬉しかった

ありがとうございます。
私もうさぎさんにそういっていただき嬉しかったです。


>>笹倉綾人先生の「少女流幸福攫取論」に小宮山さんというキャラがいるのですけど、それの同人誌なら買った覚えがあります。

おぬぎなさい!

>>後は同人誌のキャラですけど、なかじまゆかさんの制服楽園の神戸屋の話の同人誌も見た事があります。

うわ、それは知りません。つーか、同人誌のキャラクタの同人誌ってすげーニッチですね。


>>通りすがりさん
>>一般モノはエロ化することでパラレルワールドとして原作とは異なる土俵で読まれるが、
>>エロ漫画の二次創作は原作と全く同じ土俵になりやすく、
>>要求される技術レベルが高すぎるのがネックなんだろうと思った。

エロ漫画の二次だからエロくしなくては→本物とガチンコ勝負。普通は、エロだったりギャグ、パロで土俵が違うからokみたいな感じですね。他の方にも、そういった意見を頂きました。こういうのもありそうですね。

H.StypeGB-1H.StypeGB-1 2009/03/16 00:36 言わんとした事は殆ど語りつくされてるので蛇足気味に思った事を。
既に書かれている通り、エロゲはキャラが主でテーマが副・エロマンガはテーマが主でキャラが副、というのは私も感じます。
それだけに、仰る「エロゲの魅力的なキャラ」はテーマとガッチリ組み合ってしまい、妄想の翼を広げにくいというのもあるのかもしれません。
加えて、その個性が際立つようにバリバリにチューニングされてるせいで、作者以上にキャラを立たせることが難しいというのもある気がします。
例えばゴージャス宝田先生以外がキャノン先生を描いてもどうしても本家のイメージに食われるというか、ぼくのかんがえたキャノンせんせいにならないというか。

以前、東方シリーズの主人公・博麗霊夢は製作者のZUN氏によりキャライメージが完成されすぎているために二次創作で弄り辛く、カップリングが豊富にある魔理沙に人気で押されがち、という推論を見たことがありますがそれに近いのかなぁ、と。

後はやっぱり、以前のエントリでもコメした「王者の不在」が大きい気がします。
二次創作は他人と共有できてナンボですから。

FFFFFFFF 2009/03/17 02:00 二次創作というかどうか分からないけど
フィギュアや抱き枕やマウスパッドは結構多いよね

karimikarimikarimikarimi 2009/03/17 12:59 >>H.StypeGB-1
>>その個性が際立つようにバリバリにチューニングされてるせいで、作者以上にキャラを立たせることが難しいというのもある気がします。
>>例えばゴージャス宝田先生以外がキャノン先生を描いてもどうしても本家のイメージに食われるというか、ぼくのかんがえたキャノンせんせいにならないというか。

ああ、これも確かにありそうですね。
物語全体とキャラクタが融合してるから、ですかね。

>>以前、東方シリーズの主人公・博麗霊夢は製作者のZUN氏によりキャライメージが完成されすぎているために二次創作で弄り辛く、カップリングが豊富にある魔理沙に人気で押されがち、という推論を見たことがありますがそれに近いのかなぁ、と。

ほう、確かにそういうところもありそうですね。

karimikarimikarimikarimi 2009/03/17 13:00 >>FFFFFFFFさん
>>フィギュアや抱き枕やマウスパッドは結構多いよね

多いといっても、他と比べると……。

junjun 2009/10/16 06:24 こんにちは。エントリ読ませていただきました。

>>>例えばエロ漫画で何かしら超人気作が一つでも「一般」アニメ化されれば、

amazonでも一般作含めて相当上位の売り上げだった玄鉄絢さんの「少女セクト」(たしか、その年のエロ漫画の売り上げベスト10にはなっていたと思います)の話ですが、このエロ漫画(18禁指定はされてませんでしたが)のアニメ化の際は、作者さんは一般作品のOVAとしてのアニメ化を希望されたそうです。
ただ、企画を持ちかけたところ(18禁アニメのブランド)が「どうしても18禁で」ということだったので、結局作者さんが折れることになったとか。そういう話もありました。作者さんの過去日記に経緯が書かれています。

エロ漫画雑誌も、70〜80年代の一時期には、オタク・サブカルチャーの一種のサロン的な場となっていた雑誌もあったようです。(また、そう記憶しています) 読者投稿欄がやたら大量の投稿が集まって盛り上がっていたり。それで、作家が抜き狙いだけではないおのれの好き放題している作品もけっこうあったような気がします。
ただ、いつ頃からか「実用特化」に業界全体の舵が切られたような気がします。90年代中頃あたりから……でしょうか?

あと、自分個人のことですが、以前、逢魔刻壱さんの「ダメ人間じゃん」のSS(二次創作小説)をweb上で書いたことがあります。

karimikarimikarimikarimi 2009/10/18 00:23 >>junさん
こんにちは。コメント読ませていただきました。

>>作者さんは一般作品のOVAとしてのアニメ化を希望されたそうです。
ほー! これは知りませんでした。
面白い情報ありがというございます。
少女セクトは私も大好きな作品で、アニメの方も見ましたが、
アニメは正直、う〜ん、って感じで残念でした。
少女セクトであそこまでセックスを描写する必要はないよなぁと。
これが、もし良質なOVA(または一般アニメ)になっていたら、
また何か違っていたかもしれませんね。

>>エロ漫画雑誌も、70〜80年代の一時期には、オタク・サブカルチャーの一種のサロン的な場となっていた雑誌もあったようです。
これの流れを止めたのは、
80年代末期の宮崎勤事件な気がしないでもないですね。


>>ただ、いつ頃からか「実用特化」に業界全体の舵が切られたような気がします。90年代中頃あたりから……でしょうか?
う〜んどうなんでしょうか。
ここらへんは私は詳しくないので、よくわかりません。
むしろjunさんのここらへんの話を詳しく聞かせていただきたいぐらいです。

>>あと、自分個人のことですが、以前、逢魔刻壱さんの「ダメ人間じゃん」のSS(二次創作小説)をweb上で書いたことがあります。
マニアックすぎる。最高ですね。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証