Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2009-05-01

[]咲-saki-第04話 引きのカメラの解説 小林立の自然と田舎への思い


毎回やたらと違う演出テイスト 咲-saki-第4話は「カメラワーク」 - stratoscope

咲 第4話の細かすぎて伝わらない演出について - WebLab.ota


で、咲に演出の解説などをやられてしまったやってくださいました。面白い感想なんかも、下のお二方がやっています。


えーい!このメイド雀荘はどこにある!? 『咲-saki-』 第4話:まごプログレッシブ:Part2

咲-Saki-4話「翻弄」 - どうしようもなく面白い!


なので、私が特別語る必要は無い、というわけにはいきません。今回は04話が特別という話ではなく、全編通しての話なので、もう少ししてから語ろうと思っていたことを、話してしまいたと思います。それは、「アニメ咲」にあって、原作である「漫画咲」から受け継いでいる大事な事。小林立先生の自然への思いの話です。それを下のようなアニメの遠いカメラ位置から見たという話です。背景の美しさの話です。


f:id:karimikarimi:20090501011706j:image

アニメ 咲-saki- 第04話



原作の漫画版咲-saki-の異常性


咲の一番の異常性は「美少女と麻雀であるという点には異論は無い。しかし、それ以外にも咲-saki-には非常に特異な点がある。それは「美少女と自然」だ。



f:id:karimikarimi:20090501010449j:image

小林立咲 -saki- 第01巻



f:id:karimikarimi:20090501010448j:image

小林立咲 -saki- 第01巻



f:id:karimikarimi:20090501010447j:image

小林立咲 -saki- 第01巻



小林立先生の不自然かつ気持ち悪い、圧倒的なヒキの絵に惹かれてしょうがない。(当然褒め言葉です)あの、自然や田舎、そして小さい美少女という、あれは特異だと思うんですよ。第02巻以降では、主に扉絵やカラーで画くんですが、あの全体として非常に違和感を出す絵が素晴らしい。



f:id:karimikarimi:20090501010603j:image

小林立咲 -saki- 第02巻



f:id:karimikarimi:20090501010602j:image

小林立咲 -saki- 第03巻



この構造物を特別視した絵という意味で、私が他に好きな作家さんに、弐瓶勉先生がいる。建築家出身の弐瓶勉先生は、「強大で緻密な構造物」と「ちっぽけな人物」を対比させ、その独特な世界観の色合いを強固なものにしている。咲-saki-では、それを「雄大な自然と田舎の風景」と「可愛らしい萌え絵」で行っているのだ。この点は小林立先生と咲-saki-を語る上で避けては通れないことだと考えている。



f:id:karimikarimi:20090501011331j:image

弐瓶勉BLAME! 第01巻



アニメ咲-saki-の異常性


アニメ咲-saki-を見ていて分かるのは、以上の点を非常に意識して、いい感じの遠く引いたカメラが出てくるということだ。私は、原作者のアニメは、何も全てが全て原作通りにすればいいとは考えていない。(原作物に対する考え方は、とらドラ!の記事参照)ただ、原作での素晴らしいところは、それを無くす手は無いと思うんですよ。で、アニメはその点をキッチリと抑えてて嬉しくて仕方が無い。


f:id:karimikarimi:20090501013216j:image

美しい引きの絵


f:id:karimikarimi:20090501012926j:image


そして、この「美しい田舎の風景」と対比させるように「息苦しい室内」という物を映し出す。これは、OPアニメーションから既に意識して行われていることである。(そして、その暗い室内から飛び出す咲!)ちなみにOPアニメーションこれ以外にも「合わないピント→合うピント」というカメラ意識や、本編で多用される「斜めのアングルの絵」などアニメーション咲-saki-の特徴的なことがてんこ盛りである。


f:id:karimikarimi:20090501013423j:image

息苦しい室内の絵


f:id:karimikarimi:20090501013418j:image


まとめ


これは第04話だけの話ではなく、今のところ全編を通して行われている事です。ちなみに漫画版咲にあって、予選大会の会場の背景が簡素なのは、作画的な労力を減らすという目的はもちろんですが、それ以外にも「自然」と「人工」の対比としての簡素な背景だと私は考えています。



<関連記事>

咲-Saki-第01話の演出の解説 光源位置と扇風機と傘 GONZOの効果が光る

咲-Saki-第03話 ステルスももとフリー雀荘のマナー

けいおん! ポテトと値切りのくだりの解説 吉田玲子の本領発揮


アニメキャラの髪のハイライトの入り方

最近のアニメの終わり際にある引き演出について

最近のアニメのOPスタッフクレジット出現の演出について その1

最近のアニメのOPスタッフクレジット出現の演出について その2