Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2009-08-10

[]このエロ漫画のコマ割がすごい ほかまみつりChocolat』のコマ割がすごい


f:id:karimikarimi:20090730071244j:image


エロ漫画を楽しむ本第二弾 淫漫姫 夏コミで出ます! - 酔拳の王 だんげの方


今週から始まる夏コミにおいて、上の合同誌「淫漫姫」に私も記事を書かせていただきました。「このコマ割がすごい!」というコラムで、コマ割が凄いエロ漫画を紹介するという記事です。そのコラムのサンプルとして、コラムでも、紹介させていただいている、ほかまみつり先生の『Chocolat』のコマ割がすげー、という記事です。


ほかまみつり先生の『Chocolat


f:id:karimikarimi:20090810024801j:image

ほかまみつり:『Chocolat


 最近ではロリ巨乳の名手として有名なほかまみつり先生ですが、貧乳も素晴らしいですし、それにコマ割と構図が上手い先生でもあります。基本的にコマ割が上手いのでどのページを例に挙げようか非常に迷ったのですが、今回は下図のページを例にあげたいと思います。



f:id:karimikarimi:20090810001010j:image

ほかまみつり:『Chocolat


この、キャラクタをオーバーラップさせたり、俗に言うぶち抜きにしたりするのではなく、コマ枠を利用してキャラクタの輪郭を縁取りするという手法。これが、もうたまりません!この輪郭の縁取りにより、キャラクタが一段浮き出て存在感があるというのは絵を見れば分かると思います。この輪郭の縁取りという手法自体は、背景を詳細に書く作家さんなどがよく使用する手法です。非常に理性的で、堅実なコマ割を行い、私も大好きな魔法先生ネギま!赤松健先生が代表的です。



f:id:karimikarimi:20090810002015j:image

赤松健:『魔法先生ネギま!第10巻』


上の、魔法先生ネギま!のシーンでは、赤松健先生らしい情報量の多い背景からキャラクタを目立たせるために、キャラクタの縁は、ほっそりとした白い枠で囲んでいます。また、キャラクラの造形を強調するために、コマのぶち抜きを用いています。非常に、理性的で、教科書通りの素晴らしいコマ割です。


そして、ほかまみつり先生は、これをコマの枠で行っているのです! これはすごい。しかも周りのコマは、中心のキャラクタを基準に、断片的な時間、フラッシュバック的な時間が流れています。



f:id:karimikarimi:20090810003224j:image

ほかまみつり:『Chocolat


このフラッシュバック的な時間、つまり「グラビア撮影」的な時間は、コマの配置による視線誘導により行われています。真ん中に、存在感のあるキャラクタを配置し、その左右に、段々違いにコマを設けることにより、視線を左右に振ります。そうすることにより、「キャラクタの部分(コマ内)→全体(中央)→部分→全体」と視線が振られ(上図)、中心のキャラクタから映像を切るとるという演出を行い、それによりあたかも「グラビアを撮影している」という錯覚に陥らせるような効果を生み出しています。また、コマの大きさを統一しないことから、微妙な揺らぎ(不安定感)を生み出し、時間の感覚の動きを表しています。この時間感覚を、コマ割を用いて巧みに行っているのです。これはすごいと言わざるをえないです。


そして、まぁ、これは大前提なのであまり言いませんでしたが、これ、すげーエロいじゃないですか、このページ。スクール水着の濡れ具合、ビニールプールに靴と靴下のまま入っている状況。左下の男達。なんか、この一ページだけで、すごいどきどきさせるものがありますよね。このエロスは、中心の清純なキャラクタと、コマとして切り取られた(またはグラビアとして写真で取られている)男性のせいの対象の部分の対比にあると思うんですよ。つまり、コマの中には、少女の人格的なものは何も無く、胸→股間→尻、と性的な記号と、男性達、なにかたくらむマネージャーと、非常に恣意的です。これが、エロスの予感を沸き立てているのだと思います。


むすび


これが「このコマ割がすごい!」に書かせていただいた記事のほんの一部です。七つの漫画を紹介しているうちの、一つです。他のは、全年齢対象である、このブログでは画像が引用できないものなども扱っています。興味があるかたは、同人誌「淫漫姫」を見ていただければ幸いです。


おまけ


台座に立たされたフィギュアに見える。


id:kobakさん:ブクマコメント


確かに。これは、そういう意図もあったのかもしれませんね。



<関連リンク>

漫画の読み方はどのように体系立てて内面化しているのかという話 - ポンコツ山田.com

私とは違う読み順。なぜそのような違いが生まれるかの説明。

非常に分かりやすくて為になる記事です。


<関連記事>

Zummyの「ついんて」「るみくみ」 こだわりのある一ページ目 コマ割ウマー

漫画好きにオススメのエロ漫画 海野螢「少女の異常な愛情」のコマ割りがすげー!

F4Uの今夜のシコルスキー 多様な断面図のレトリック

ささめきこと いけだたかしのページめくりの意識の高さを表すコマ割りの解説


漫画好きにオススメのエロ漫画 井ノ本リカ子「A.My.Sweets」「ちぇりーぱい」シルエットの使い方

漫画好きにオススメのエロ漫画 掘骨砕三「下水街」「夜に虚就く」

漫画好きにオススメのエロ漫画番外編 本当はかわいい氏賀Y太

漫画好きにオススメしないエロ漫画 本当に恐い氏賀Y太

漫画好きにオススメのエロ漫画 早見純「卑しく下品に」

にくきうーのロリエロ漫画「はだかんぼパラダイス」が面白い。メイドと掃除的な意味で。


エロいエロ漫画の表紙 コンドームをくわえる少女の良さを語る

エロいエロ漫画の表紙 いとうえい先生の描く口元のエロス

読み手に絶望を与えるロリエロ漫画達

ゆるみ口について 女性エロ漫画家の口描写のこだわりが凄い件

イキ顔にみる、表情としてのアヘ顔の位置

○○といえば○○ 代名詞のあるエロ漫画家

○○といえば○○ 代名詞のあるエロ漫画家 その2

虚無虚無 2009/08/11 07:12 どこを見てるのか知りませんが、
例に挙げられてる画法は、赤松のものとは違うものです。
その違いはコマ割の白い部分の太さだけでなく、
より奥に描かれているのはどちらかという点でわかります。
赤松のものは、コマの上に人を配置しているだけですが、
ほかまみつりは、大きな一枚絵の上にコマを配置していることがわかります。
赤松のものは他の漫画でも見られる平凡なものにすぎません。

karimikarimikarimikarimi 2009/08/11 12:58 >>赤松のものは他の漫画でも見られる平凡なものにすぎません。
そういう例です。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/karimikarimi/20090810/1249832879