Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2010-06-29

[]Angel Beats!麻枝准版「天使のたまご」説 押井守麻枝准


Angel Beats!について、考えていたら、私の中で麻枝准版「天使のたまご」ってことで消化できそうだった。「天使のたまご」はみなさんご存知押井守監督の代表作です。


押井守麻枝准の共通点


押井守さんも麻枝准さんも一風変わった作風で話題ではあるけれど、基本的には二人とも「すっごい単純なラブストーリー」を書く人です。AIRイノセンスクラナド劇パト2も、基本は「すっごい単純なラブストーリー」です。ただ、その表現方法がイマジネーターを嫌いすぎているだけです。


攻殻アフターのイノセンスでバトーが「素子ぉ素子ぉ」って素子の面影を色んなものに見ているところなんて、クラナドのアフターで「渚ぁ渚ぁ」ってやっているのを髣髴をさせるじゃないですか。あと、べったべたコッテコテのギャクを好んでやるっていうのも、類似点の一つといえます。


訳が解からない


押井はこの作品を作ったことにより、「訳の解からない物を作る監督」というレッテルを貼られ、『機動警察パトレイバー』の企画が来るまでその後の仕事の依頼がさっぱりなくなってしまったという。ちなみに監督本人も通して見ると疲れるらしく、TVプロデューサー堀越徹は一回目に寝てしまい、讀賣テレビ放送諏訪道彦も訳の解らないままテレビで放送したという。宮崎駿は本作に対し、「努力は評価するが、他人には通じない」と述べており[4]、更に直接本人に「帰りのことなんて何も考えてない」「あんなものよく作れた」「頭がおかしい」と言ったという[5]。


天使のたまご - Wikipedia


Angel Beats!天使のたまごばりに訳の解からない脚本のアニメだ。あそこまでぶっ飛んでいるものを作れるのはすごい才能だ。天使のたまご押井守分が濃すぎるのと同様に、Angel Beats!麻枝准分が濃すぎる。


意味深げなモチーフ


登場する意味深げなモチーフは聖書におけるシンボルの暗喩で、例えば「魚」は「言葉」、「鳥」は「命」を意味するなどが挙げられる[7]。原画担当だった当時若手の貞本義行曰く、この時の押井は聖書のシンボル辞典を横に置いて作業していたという。


天使のたまご - Wikipedia


Angel Beats!も意味深げなモチーフ、シーン、思わせぶりなセリフが多い。


世界観


f:id:karimikarimi:20100628194037j:image


冒頭いきなりわけの分からない世界で始まります。

そして、その世界がどんな世界か、最後まで見ても分かりません。


天使ちゃんマジ天使


f:id:karimikarimi:20100628193527j:image


f:id:karimikarimi:20100628193624j:image


白髪の儚げな少女、天使ちゃんはかわいい。


ストーカー主人公


f:id:karimikarimi:20100628193700j:image


f:id:karimikarimi:20100628193650j:image


根暗な主人公は、天使ちゃんを気に入ってつけまわします。

こいつは、基本的にやな奴です。


主人公に懐く天使ちゃん


f:id:karimikarimi:20100628193734j:image


主人公が付回していると、

いつのまにか天使ちゃんが懐きます。


NPC


f:id:karimikarimi:20100628193723j:image


f:id:karimikarimi:20100628193804j:image


Angel Beats!と同様にNPCがいます。

こいつらがなんなのか、最初から最後までわかりません。


台無しにする主人公


f:id:karimikarimi:20100628193927j:image


f:id:karimikarimi:20100628193957j:image


ラストに主人公が、

いろいろ台無しにします。


満足げな主人公


f:id:karimikarimi:20100628194014j:image


ヒロインが旅立ってしまいます。

そこで、満足げにたたずむ主人公。


むすび


ある方向性の作家性を出しすぎるとこうなる、という意味で、「天使のたまご」と「Angel Beats!」は非常に類似しているように感じます。ということで、もし君がAngel Beats!に感動したならば押井守監督の名作「天使のたまご」を見てみましょうよ!


<関連記事>

Angel Beats!第 13話(最終話) 麻枝准の存在の取り扱いガイドライン

Angel Beats!第 10話の演出の解説 アバンの焼却炉の伏線

Angel Beats!は真面目なギャグが面白い

声優好きならアンパンマンを楽しめると思うんだ


ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第01話 けいおんっぽい? そんなことよりジブリと富野だ!

とある科学の超電磁砲 OPの演出の解説 一貫性のある正負の方向

DARKER THAN BLACK第一期があまり話題に上がらなかった理由

アニメキャラの髪のハイライトの入り方

最近のアニメの終わり際にある引き演出について

最近のアニメのOPスタッフクレジット出現の演出について その1


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 蛇口の描写の解説とループの話とその他

けいおん!第13話 秀逸な寂しさの演出の解説 山田尚子の本気を見た

けいおん! ポテトと値切りのくだりの解説 吉田玲子の本領発揮

2009年夏アニメの一番の奇作は『かなめも』だと思う

最近注目のアニメ演出記事のまとめ 01 2009春

けいおん! 音楽関係ネタを中心に紹介

ストライクウィッチーズ第02話の演出の解説 監督の高村和宏がすごい件

咲-Saki-第25話 水の演出の解説

咲-Saki-第01話の演出の解説 光源位置と扇風機と傘 GONZOの効果が光る

咲-Saki-第09話 素晴らしき場面転換の演出の解説

あ 2010/06/29 07:05 訳がわからない、とか勘弁してよ
ギャグのつもりならもっと上手くやろうぜ

ななしちゃんななしちゃん 2010/06/29 15:26 こう言われると似ているようにも思えますけど、わけのわからないものをそのまま丸出しにするのと、感動ストーリーであるかのように押し出してくるのとでは大分違うんじゃないかと思います。

い 2010/06/29 20:22 作家の暴走を止められなかった点では似てると思う
でも、内容の類似性は感じられないな

う 2010/06/29 22:07 台無しにする所は違うと思うけど
他は似てるよね

はて?はて? 2010/06/30 02:43 あのぉ、押井監督はここから始まりですが。
だーまえはKeyの『Air』でやりたいことに関しては「あがり(ゴールしていいよね……)」しているので、後はその縮小再生産(『クラナド』『リトバス』、そして『AB!』)だけを繰り返しているのですが。

評論をするならもう少し麻枝さんのことを検証してから語りましょう。
『AB!』がこんなザマになった戦犯は番組プロデューサーとだーまえマジ天才! でおだてられてそのまま木を上って仕事をしなかっただーまえ本人のふたりです。Pはだーまえに仕事をさせられなかった。だーまえは仕事をしなかった。

mattunemattune 2010/07/01 07:26 俺がAB見終わったら、ラジオやろう。
番組プロデューサーとか意味不明だが、
制作プロデューサーとかの話もしたい。
あと御先祖様万々歳とか

karimikarimikarimikarimi 2010/07/01 19:44 >>mattuneさん
了知。
楽しみに待っています。

え 2010/07/09 00:54 観てみました。「灰羽連盟」をキャラ増やしてゲーム化して、それを整理せずにそのままアニメに落とし込むと同じ用なのが出来そう、と感じました。

karimikarimikarimikarimi 2010/07/09 20:29 「灰羽連盟」をアニメ→ゲーム→アニメ変換ですか。
面白い発想ですね。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証