Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2013-04-25

[][]「リトル ウィッチ アカデミア」は「魔法先生ネギま!」の魔法少女ユエ編に酷似している


D

無料でアニメ映画「リトルウィッチアカデミア」全編をYouTube・ニコニコ動画で公開 - GIGAZINE


アニメミライ2013」の吉成曜さんの作品「リトル ウィッチ アカデミア」がすっごい面白かった! 歴代アニメミライの作品の中でも、私が見た中では断トツで面白い! それで、見ていて気になったことがあるんですが、それは、「リトル ウィッチ アカデミア」は「魔法先生ネギま!」の魔法少女ユエ編に酷似しているという点です。魔法少女ユエ編は、京都編と並び、「魔法先生ネギま!」の中で指折りのエピソードですが、それとプロットが猛烈に似ているんですよね。


主人公はホウキにも乗れない劣等性


f:id:karimikarimi:20130424133632j:image

リトル ウィッチ アカデミア:主人公はホウキにも乗れない劣等生


f:id:karimikarimi:20130424134252j:image

魔法先生ネギま! 第22巻:主人公はホウキにも乗れない劣等生


主人公はホウキにも乗れない劣等性


f:id:karimikarimi:20130424133752j:image

リトル ウィッチ アカデミア:ライバルは主人公をバカにする優等生


f:id:karimikarimi:20130424134512j:image

魔法先生ネギま! 第22巻:ライバルは主人公をバカにする優等生


ライバルが強い敵を起こしてピンチ!


f:id:karimikarimi:20130424133714j:image

リトル ウィッチ アカデミア:ライバルが強い敵を起こしてピンチ!


f:id:karimikarimi:20130424134625j:image

魔法先生ネギま! 第23巻:ライバルが強い敵を起こしてピンチ!


主人公が憧れの人の力を借りて覚醒


f:id:karimikarimi:20130424133836j:image

リトル ウィッチ アカデミア:主人公が憧れの人の力を借りて覚醒


f:id:karimikarimi:20130424134735j:image

魔法先生ネギま! 第23巻:主人公が憧れの人の力を借りて覚醒


主人公が敵を倒してライバルがデレる


f:id:karimikarimi:20130424132257j:image

リトル ウィッチ アカデミア:主人公が敵を倒してライバルがデレる


f:id:karimikarimi:20130424134848j:image

魔法先生ネギま! 第23巻:主人公が敵を倒してライバルがデレる


その他


どちらにも、主人公とライバルにはそれぞれ、仲の良い人がいる。

どちらにも、主人公に目標となる憧れの人がいて、それがストーリーの始点。

主人公の性格は大分違う。

主人公の友人の性格は違う。

ライバルの性格はすっごい似ている(ミーハーであり、憧れの人が主人公と同じところも)。

ライバルの友人は大分違う。

全体的にビジュアルは全然違う。


むすび


ハリーポッター魔法先生ネギま!→リトル ウィッチ アカデミア


と、上の流れをみると、どんどん男がいなくなっていったりと面白いですね。こういう「良い想像力の連鎖」って良いですよね。実際、「ハリーポッター」も「魔法先生ネギま!」も「リトル ウィッチ アカデミア」もそれぞれ全然違うところがあって、それぞれすっごく面白いですし。ちなみに、「魔法先生ネギま!」の魔法少女ユエ編は、それ単体でアニメ化もしていますので、興味のある方はご覧になるとよいと思います。


魔法先生ネギま!〜もうひとつの世界〜 Extra 「魔法少女ユエ」 このアクションが見たかった!

アニメのレビュー記事


DVD付き初回限定版 魔法先生ネギま! (32) (講談社キャラクターズA)

DVD付き初回限定版 魔法先生ネギま! (32) (講談社キャラクターズA)

名無し名無し 2013/04/24 16:02 どっちのアニメも見てないけど、この記事見る限り昔からよくあるテンプレ展開としか…
たまたま両方とも女の子の魔法使いモノだから似てるように錯覚しただけじゃないの?

karimikarimikarimikarimi 2013/04/24 16:04 ですね。どちらも王道展開だと思います。

くらくらくらくら 2013/04/24 21:18 錯覚じゃなくて実際似てますもんね。
それぞれ魅力ある作品、あ、そういえば似てて面白いね、でいいのに、名無しは似てないと言いたいのか。

karimikarimikarimikarimi 2013/04/24 21:43 ええ。たとえ似ているところがあっても、両方とも作品ですね。

ちょっと通りますよちょっと通りますよ 2013/07/16 22:26 名物料理であれ、老舗の伝統であれ「新作こそが伝統」
初代なら新作でもあるから、後継者も同じ立場なら新作。
漫画(や「ライト」ファンタジー、SF・・・)自体が
既存の素材や表現の再利用で「読解可能」になっている。
引き継がれて定番になり、王道や伝統になっていく・・
(他に依存せず)独立の作品として成立していることも
定番の諸要素を使っていくことも、どちらも欠かせない。
(違う料理を持って来られても困るから期待には応え
 喜びが違ってくるから予想は裏切って欲しい・・と)

漫画以外での類例:
日本語にとって「〜です」「だ」の登場はごく最近だし
「てにをは」の類もそれほど歴史がある訳じゃない・・
(正直まだ表現の幅など問題はあるけれど、)これらの
新要素が後継者により日本語の伝統になったようなもの。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/karimikarimi/20130425/1366782206