Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2014-09-07

[]ハピネスチャージプリキュア! 第31話 急接近の演出が素晴らしいという話


f:id:karimikarimi:20140907192752j:image

f:id:karimikarimi:20140907192757j:image

ハピネスチャージプリキュア! 第31話 「まさかの急接近!?キュアハニーとファントム!」


ハピネスチャージプリキュア! 第31話「まさかの急接近!?キュアハニーとファントム!」(絵コンテ演出 三塚雅人さん)で見せてくれた上のカットが素晴らしい! 手前の木が、2人の断絶を表している演出なんですが、こういう古典的な演出大好き! 以前「「人生の分岐」を示す「分かれ道」の描写があるアニメ・メモ」という記事を書きましたが、こういう画面の示唆って、単純に好きなんですよね、私。


f:id:karimikarimi:20140907192903j:image

f:id:karimikarimi:20140907193008j:image

Candy☆Boy 第0話


名作アニメCandy☆Boyでも、上で引用しているように、似たシーンがありますね。Candy☆Boyの星川孝文(ほしかわたかふみ)さんみたいに、凝ったレイアウトというか、かっこいい画面作りをする人はこういうのを好む印象でしたが、三塚雅人さんがプリキュアでこういうことをやってくれるとは思いませんでした。



f:id:karimikarimi:20100918134834j:image

f:id:karimikarimi:20100918134842j:image

ストラトス・フォー 第02話


次に、線による断絶表現の意味するところの「乗り越えるべき壁」をストラトス・フォー 第02話を例に話したいと思います。ストラトス・フォー 第02話は、エリート一家の出である本庄美風がフライトに対する迷いや不安を乗り超える話です。この話では、エプロンの線を乗り越えるべき線として表現しています。ラストのシーンでは、この線を乗り越え、空へと飛び立ちます。


けいおん!! 第24話の演出の解説 断絶の表現について


むすび


こう、画面の中央にそびえ立つ大きな木を、やすやすと乗り越えているからこそ、ゆうゆうの偉大さというか、すごさが示されていると思うんですよね。乗り越えるっていうのは、実際に乗り越えているわけじゃなくて、画面上だけでも、それは大きな意味があって。そういうの良いよね。


おまけ


乗り越えるのが、基本的に「右→左」であるのは、アニメの画面の上手下手の基礎的なところで。詳細は「とある科学の超電磁砲 OPの演出の解説 一貫性のある正負の方向」なんかを参照下さいな。

taida5656taida5656 2014/09/15 19:42 大変楽しませてもらいました。
「Candy☆Boy」は観たことが無いのでもしかしたら違っているかもしれませんが、逆光によって登場人物がはっきりと見えず、その表情も明らかにされないところに何かしらの意図がありそうですね。
線による断絶表現ではスポーツものには結構見られる気がします。「ハイキュー」「黒子のバスケ」「アイシールド21」では公式試合で初めて選手として出場した部員が、線を越えてコートに入るとベンチで見ていた時と空気が全然違うと感じる場面がありました。それもこの演出の一つではないかなと思いました。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/karimikarimi/20140907/1410086759