Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2015-03-01

[]3DブームからのDインフレの話 アニメのDインフレ現状


3D映画の退化の歴史

3D映画の進化の歴史


上記記事で書かれているように、実態の有無はさておき、3Dブームがありました。その影響から、2次元(2Dimension)の画面から奥行きを加えた3次元(3Dimension)の上を行く4D以上のD表現が様々なところで使われています。


4D技術 - Wikipedia

ぜんぜん期待してなかった4D映画技術の評価がハンパない

妄想ナビ!5D映画館に水族館とタダものではないバンコクの高級デパート「サイアム・パラゴン」で一日デートを楽しもう♪

5Dシネマアーカイブ5D&7D&9Dシネマ - 5D & 7D & 9D cinema


4D以上の定義が曖昧で、それはDimensionじゃなくね?、みたいなやつがありますし、正直「3Dよりなんか凄そう」ぐらいの意味で使われているのが現状だと思います。それで、私の好きなアニメという視点でDインフレを簡単に見てみる、という記事です。ちなみに他にも何かありそうですし、各話タイトルで使われたD表現もあった気がしますが、思い出せません! 心あたりがある方、教えてください!


メタルファイト ベイブレード 4D

テレビ東京・あにてれ:メタルファイト ベイブレード 4D


3Dの次は、4Dである。コロコロ系の玩具物は、こういうところの少年的センスが素敵だ。



遊戯王5D's

遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【1】

遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【1】

テレビ東京・あにてれ 遊☆戯☆王ファイブディーズ


4Dの次は、5Dである。5D'sは、DimensionではなくDragonのDであり、複数形のsもついている。


ハイ・ホー7D(原題:The 7D)

ハイ・ホー7D|ディズニー・チャンネル|ディズニー


5Dの次は、6Dを飛ばして7D。5D'sは、DimensionではなくDwarfsのD。さすが米国、Dのインフレスケールがすごい。


むすび


いまのところ、5Dや7DだけれどDragonやDwarfsという別の意味としてきっちり定義していて、アニメのDインフレは誠実という印象。てか、映画で用いられる4D以上のDってなんなんでしょうね? Dの意思なんですかね?

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/karimikarimi/20150301/1425080416