Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2018-01-05

[]話数単位で選ぶ、2017年TVアニメ10 karimikarimi選


あけましておめでとうございます。今年の一発目は、毎年恒例の話数単位10選です。


アンパンマン 第1375話 アンパンマンとどろんこ魔王

ポケモン サン&ムーン 第21話「ニャビー、旅立ちの時!」

うらら迷路帖 第4話「良いこと悪いこと、時々くすぐったい」

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 第1話「太陽の傾いたこの世界で」

けものフレンズ 第5話「こはん」

ツインエンジェルBREAK 第8話「暴かれるひみつ」

DYNAMIC CHORD 第1話「Spring rain

プリンセス・プリンシパル 第1話「case13 Wired Liar」

メイドインアビス 第3話「出発」

異世界食堂 第2話「menu 3 メンチカツ menu 4 エビフライ


ルール

2017年1月1日〜12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。

・1作品につき上限1話。

・順位は付けない。


「話数単位で選ぶ、2017年TVアニメ10選」投票集計 - 新米小僧の見習日記

乗り遅れた!


アンパンマン 第1375回 アンパンマンとどろんこ魔王



アンパンマン最終回は神回と言われる【どろんこ魔王】のお話?再放送は!? - ピーポーパー

「最終回?」と困惑も 『アンパンマン』30年目突入節目の放送が「神回」と話題

超すごい。


ポケモン サン&ムーン 第21話 「ニャビー、旅立ちの時!」



ポケモン サン&ムーン、ギャグ調でとても楽しいシリーズ。その中でぶっこまれてきたちょっといい話の第21話「ニャビー、旅立ちの時!」はギャップもあいまってとても良かったです。余談ですが、20周年記念映画もすごい作品でしたね。死んだポケモンが出てきたり(凍死)、ピカチュウが喋ったり、サトシが死んだり、サトシがお花畑のあの世からよみがえってきたりと、すごい作品でした。


うらら迷路帖 第4話「良いこと悪いこと、時々くすぐったい」



かわいかった。ひたすらかわいかった。特に4話のほくろ回はよかった。


終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 第1話「太陽の傾いたこの世界で」



ヒロインのクトリ役の田所あずささん、すごく良い演技でしたね。また、お話の方も、90年代や00年代を髣髴とさせる、まじめで真摯な感じがとても好感。導入からラストまで、ギュット詰まったよい作品でした。


けものフレンズ 第5話「こはん」



けものフレンズも、全話あますところなく楽しいアニメでしたね。1話や12話も当然大好きなのですが、個人的にはビーバープレーリードッグがお互いの長所を生かして短所を補うという展開の第5話「こはん」が大好きです。


ツインエンジェルBREAK 第8話「暴かれるひみつ」



どこか懐かしい空気を感じるアニメとして、ツインエンジェルBREAKに私の心はいやされました。かわいい電波ソング調のOPや犬のEDなんかもどこか懐かしい雰囲気。ロシアの双子まわりの話がピークとなる8話、とてもいいアクセントでした。


DYNAMIC CHORD 第1話「Spring rain



これまた懐かしい空気のアニメ。監督は「ONE 〜輝く季節へ〜」や「下級生2 〜瞳の中の少女たち〜」の影山楙倫さん(杜野幼青さん)。2017年杜野幼青感をこんなに感じられる作品を見れたことに感動を禁じえません。素晴らしい。ブラボー。第1話を見て、心が震えました。


プリンセス・プリンシパル 第1話「case13 Wired Liar」



DTB(ダーカーザンブラック)やミッショインポッシブルみたいな、スパイ物大好きなんですよ。百合も大好きなんですよ。その大好きな二つが合わさって、悪いわけがない。盆と正月が一緒に来たように、幸せな気分になる作品。「あ、男でるのか」と思った矢先に、撃ち殺してくれた第1話が特に好きです。


メイドインアビス 第3話「出発」



メイドインアビスは良い冒険ものですね。漫画の原作の方から楽しんでいますが、アニメも丁寧に作ってあって好感。特に好きなのは、最初の村から旅立ちする第3話です。旅立ちのわくわく感がたまりませんね。また、友人との喧嘩からの仲直りのくだりも大好き。


異世界食堂 第2話「menu 3 メンチカツ menu 4 エビフライ



なんとも落ち着いた雰囲気の本作にはいやされました。ただ第2話、特にエビフライの回の杉田さんのリアクションで爆笑したので、この話を選出。主人公のコックを演じる諏訪部順一さん、は亜人ちゃんは語りたいでも落ち着いたおっさん役をやっていましたね。こういう落ち着いたおっさんはあまりイメージがなかったのですが、どちらの作品も良演でした。


むすび


というわけで、話数単位で選ぶ、2017年TVアニメ10選をお送りいたしまいた。ざっと見ると、去年は落ち着いた作品や懐かしい空気のする作品を好ましく感じていたようですね。



<関連記事>

話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10 karimikarimi選

話数単位で選ぶ、2015年TVアニメ10 karimikarimi選

話数単位で選ぶ、2014年TVアニメ10 karimikarimi選

話数単位で選ぶ、2012年TVアニメ10 karimikarimi選

話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10 karimikarimi選

話数単位で選ぶ、2010年TVアニメ10 karimikarimi選

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/karimikarimi/20180105/1515149978