Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2017-08-26

[]「現実に干渉してくるコンピュータキャラクタ」と「ぺろぺろ」の話 


電影少女 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

電影少女 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)


f:id:karimikarimi:20170826105845j:image

AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION- 第06話


「AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-」を見ていたら、第06話に「現実に干渉してくるコンピュータキャラクタ」が登場していました。電影少女暗殺教室(自律思考固定砲台)など、こういうキャラクタは枚挙にいとまがありません。その中で、アニメで出てきた「現実に干渉してくるコンピュータキャラクタ」について簡単にお話させていただきます。


怪奇ゾーン グラビティフォールズ 第25話


f:id:karimikarimi:20170826112217p:image

怪奇ゾーン グラビティフォールズ 第25話


第25話『スースと、その彼女(原題:Soos and the Real Girl)』に登場。

スースが偶然駆け込んだゲームショップで発見した恋愛シミュレーションゲーム『ロマンスアカデミー7』に登場するゲームキャラクター。

(中略)

スースがメロディという女性と仲良くなったことに嫉妬し暴走。

二人がデート中のピザレストランのロボットたちに乗り移り、スースとメロディ、そして二人のデートを見守っていたパインズ姉弟に襲いかかる。


ギファニー (ぎふぁにー)とは【ピクシブ百科事典】


ディズニーアニメの「怪奇ゾーン グラビティフォールズ」の第25話「スースと、その彼女」では、美少女ゲームのキャラクタが「現実に干渉してくるコンピュータキャラクタ」として登場します。「怪奇ゾーン グラビティフォールズ」では、ストリートファイターのような格闘ゲームをやる回(第10話「ゲームでファイト!」)もあり、ストリートファイター5回であった「AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-」の第05話「負ける要素、なし!」と親和性を感じますね。


ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom 第04話


f:id:karimikarimi:20170826111120j:image

f:id:karimikarimi:20170826110257j:image

ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom 第04話


少し毛色が違いますが、ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom 第04話「MY FAIR LADY けがれなき少女への愛」では、恋愛シミュレーションゲームと現実の区別がつかなくなっていくキャラクタを主人公として話が進んでいきます。


ぺろぺろの話


発端は2ちゃんねるのアニキャラ個別板のみなみけ内田ユカスレであるが、最近ではけいおん!中野梓をはじめ旬なアニメキャラに対して多く用いられるあずにゃんペロペロ(^ω^)。両者については内田ユカ→(^ω^)ペロペロ、中野梓→ペロペロ(^ω^)と表記の細部に違いが見られる。


これに関連して、何かにつけてペロペロする人のことをペロリストと呼ぶ。最近では他キャラにもペロリストの対象は広がっている模様である。


ペロペロ(^ω^)とは (ペロペロとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%9A%E3%83%AD%E3%83%9A%E3%83%AD%28%5E%CF%89%5E%29

1.とはおそらく異なる意味でぺろぺろしたくなるような何かを描いたイラストに付けられる。

けいおん!』の登場人物中野梓への過剰な愛情の発露であるあずにゃんペロペロ(^ω^)が他のキャラクターのファン感染した結果であろう。おおむね不健全だ。(実際どうなの?教えてぺろいひと。)


ぺろぺろ (ぺろぺろ)とは【ピクシブ百科事典】


一時期流行した「ぺろぺろ」というキャラクタに対する表現がありますが、ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom 第04話「MY FAIR LADY けがれなき少女への愛」では、実際に美少女キャラクタが映る画面をぺろぺろと舐める描写があります。実際になめている描写があるのは珍しいのではないしょうか。


f:id:karimikarimi:20170826110236j:image

f:id:karimikarimi:20170826110244j:image

ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom 第04話


むすび


人工知能(AI)、アンドロイドの出てくるアニメ一覧

http://ruijianime.com/main/tag_search_easy.php?tag[]=166


人工知能(AI)やアンドロイドではなく、「美少女ゲームのキャラクタが現実に干渉してくる」とか「画面の中の仮想キャラクタが現実に干渉してくる」みたいなニュアンスを言いたいんですが、何か良い表現はないものですかね。

2017-07-21

[]2017アニメ流行語大賞 上半期候補選び 「あなたは○○が『得意or苦手』なフレンズなんだね!」



今年のアニメ界の世相を反映した言葉を選ぶ「2017新語アニメ流行語大賞」(karimikarimi選)の候補に上半期代表として、けものフレンズから生まれた特徴を示す言葉「あなたは○○が『得意or苦手』なフレンズなんだね!」を含め、下記10個の言葉が選ばれた。


「あなたは○○が『得意or苦手』なフレンズなんだね!」(けものフレンズ

たつき監督を信じろ」(けものフレンズ

「キラっとひらめいた!」(キラキラ☆プリキュアアラモード)

「〜ヘボ」(ヘボット!

「そんな名前の人(は)知らない」(エロマンガ先生

「止まるんじゃねぇぞ」(機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)

「ドッキドキーのワックワクー!」(リトルウィッチアカデミア

「噛み合ってる」(ハンドシェイカー

「チョロゴン」(小林さんちのメイドラゴン)

「ゼァ」(タイガーマスクW)


なお、フレームアームズ・ガールの「相撲だ!」及び終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?の「だから、初めて好きになった相手が君なのは当たり前のこと。そんぐらい気づけ、バーカ。」は、惜しくもノミネートを逃した。


むすび


本記事と11月中旬を予定している下半期の候補を元に、12月の早い時期に2017年アニメ流行語大賞を発表予定です。この記事に対して「これが抜けてる!」「この語なんてどう?」という御意見があるかたは、どしどしご連絡下さい。


謝辞


本気記事の執筆にご協力してくださいましたみなさんありがとうございました。


<関連記事>

2016アニメ流行語大賞は「ガルパンはいいぞ」

2015アニメ流行語大賞は「例の紐」

2014アニメ流行語大賞は「妖怪の仕業」「レリゴー(ありのままに)」

2013アニメ流行語大賞は「穏やかじゃない」

2012アニメ流行語大賞は「Anotherなら死んでた」

2011アニメ流行語大賞は「わけがわからないよ!」

2010アニメ流行語大賞は「天使ちゃんマジ天使」

2009アニメ流行語大賞は「うんたん」

2008アニメ流行語大賞は「パンツじゃないから恥ずかしくないもん」「キラッ☆」


2016アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2016アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2015アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2015アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2014アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2014アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2013アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2013アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2012アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2012アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2011アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2011アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2009アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2009アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2016-12-24

[]話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10 karimikarimi選


・アイカツスターズ! 第28話 「ハロウィン★マジック」

・かみさまみならい ヒミツのここたま 第39話 「ハッピーハンター、遊園地へ行く!」

・Go!プリンセスプリキュア 第49話 「決戦ディスピア!グランプリンセス誕生!」

・魔法つかいプリキュア! 第1話 「出会いはミラクルでマジカル!魔法のプリキュア誕生」

・リルリルフェアリル 第35話 「決戦!大ユニコーンレース!」「オリーブ&ひがん 二人きりの冒険」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第18話 「声」

・ベイブレードバースト 第23話 「孤独のデスサイザー」

ヘボット! 第6話 「激走!ボキャバトルレース」

・おしえて! ギャル子ちゃん 第1話 「ギャルな女の子って本当ですか?」

・ポケットモンスター XY&Z 第43話 「反撃のジガルデ! カロス最終決戦!!」


メリークリスマス! 今日はクリスマスらしく、毎年恒例の話数単位で選ぶ、TVアニメ10選をお送りします。


ルール

・2016年1月1日〜12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。

・1作品につき上限1話。

・順位は付けない。


アイカツスターズ! 第28話 「ハロウィン★マジック」

第16話「ミラクル☆バトンタッチ」とどちらにしようか迷ったんですが、ローラの「めでたいたい! めでたいたい!」の鯛大回転防御が面白すぎたのでこちら。ツンドラの歌姫登場から、エンジンが温まってきた感じがしますね。


かみさまみならい ヒミツのここたま 第39話 「ハッピーハンター、遊園地へ行く!」

こころちゃんマジ天使。ここたまはアベレージで常に面白いんですが、特に第39話の百合百合遊園地デート回はよかったですね。もうなんていうか、すごくかわいい。すごく尊い。


Go!プリンセスプリキュア 第49話 「決戦ディスピア!グランプリンセス誕生!」

最終回の1話まで、ディズピアーを倒す回。この回、CMへの入りの絶望感、また元気玉みたいにみんなの力で倒す展開、素晴らしく熱かった。すごく良い回ですね。


魔法つかいプリキュア! 第1話 「出会いはミラクルでマジカル!魔法のプリキュア誕生」

プリキュアの第01話はいいですね。堀江さんのへっぽこ魔法使い登場からの「キュアップラパパと♪」と軽快な音楽がなりだすアバンからのOPはわくわくもんですね!


リルリルフェアリル 第35話 「決戦!大ユニコーンレース!」「オリーブ&ひがん 二人きりの冒険」

後半の「オリーブ&ひがん 二人きりの冒険」が大好きでした。優等生とアウトローの友情話って、やっぱりいいですね。ダンジョン飯でのエルフの友情話みたいな、こういう話、大好物なんですよね。


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第18話 「声」

全体的に面白かった機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ。その中でも、特に第01話と第18話が好きでした。第01話は2015年放送なので、選んだのは年明けに放送した第18話。ここのクーデリアの演説は、彼女がマリナ・イスマイールになるかリリーナ・ピースクラフトになるかの分岐点だと思います。


ベイブレードバースト 第23話 「孤独のデスサイザー」

黒神ダイナが闇落ちダーティープレイをする回。ステラ女学院高等科C3部の主人公がサバゲーでダーティープレイ(ゾンビ)する回みたいな、こういう話、好きなんですよ。


ヘボット! 第6話 「激走!ボキャバトルレース」

ヘボット! DXヘボット!

ヘボット! DXヘボット!

ノリとテンポが素晴らしい1話! キレッキレのパロディも猛烈に面白かった。良い感じに吹っ切れた玩具アニメは、本当に面白いですね。見ていてカブトボーグを思い出しましたよ。


おしえて! ギャル子ちゃん 第1話 「ギャルな女の子って本当ですか?」

ギャル子ちゃんかわいい! ナレーションの能登麻美子さんかわいい! OPかわいい! 全体的にすごいかわいい!


ポケットモンスター XY&Z 第43話 「反撃のジガルデ! カロス最終決戦!!」

プニちゃんの歌を歌う回や、セレナの踊る回など、見どころのある回が目白押しでしたが、私が選んだの43話の最終決戦回。ジムリーダー勢ぞろいで、敵に立ち向かい、その後プニちゃんロボットが巨大な怪物と戦うロボットアニメになるという展開がゲキ熱!!!


むすび

今年も面白いアニメが沢山ある年でしたね。ちなみに「アルティメット・スパイダーマン VSシニスター・シックス 第14話(第92話)「ムーンナイト・クリスマス」」は上記10選にもれてしまいましたが、とても気に入っています。「ドクターストレンジの言葉を思い出すんだ」「スパイダーマン帽子をかぶれ。外はかなり寒いぞ」「これじゃない!」は大爆笑でした。季節外れのクリスマス回でしたしね!!



<関連リンク>

「話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選」参加サイト一覧 - 新米小僧の見習日記


<関連記事>

話数単位で選ぶ、2015年TVアニメ10 karimikarimi選

話数単位で選ぶ、2014年TVアニメ10 karimikarimi選

話数単位で選ぶ、2012年TVアニメ10 karimikarimi選

話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10 karimikarimi選

話数単位で選ぶ、2010年TVアニメ10 karimikarimi選

「話数単位で選ぶ、2010年TVアニメ10選」が熱い

2016-12-01

[]2016アニメ流行語大賞は「ガルパンはいいぞ


ガールズ&パンツァー 劇場版(セル版)


今年のアニメ界の世相を反映した言葉を選ぶ「2016新語アニメ流行語大賞」(karimikarimi選)が1日発表され、『ガールズ&パンツァー 劇場版』に対する賛辞の言葉であるガルパンはいいぞが大賞に選ばれた。


大賞以外のトップテンには「ズートピアはいいぞ」「キュアップラパパ」「ありがとうアイカツ」「おはりる〜」「たわわ(チャレンジ)」「推し松」「やり直しアニメ」「これってもしかして、俺たち・私たち、入れ替わってるー!?」「メイクアップアニメーター」「2016年クライシス」が選ばれた。『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の「だが断る」及び『NEW GAME!』の「今日も一日がんばるぞい」は、アニメ化以前にすでに高い知名度を有していたため、アニメ流行語としては惜しくも受賞を逃した。


ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) [Blu-ray]


大賞の「ガルパンはいいぞ」はアニメ映画『ガールズ&パンツァー 劇場版』に対する賛辞の言葉。元々は一部で熱狂的な人気を博した映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』から意識的に使われだした言葉と言われ、「ガルパンはいいぞ」で使われて以降は「ズートピアはいいぞ」をはじめとして様々なアニメ作品に対して「○○はいいぞ」という表現がなされた。『ガールズ&パンツァー 劇場版』は、2015年11月21日に公開開始した作品ではあるが、多大な支持を受け、立川シネマシティで1年間連続上映を達成するなど、2016年の間に話題を提供し続けた。また、2016年は興行収入100億円突破を達成した『君の名は。』をはじめ『この世界の片隅に』『聲の形』などアニメ映画が隆盛したであり、『ガールズ&パンツァー 劇場版』はその象徴ともいえる作品である。




<関連記事>

2015アニメ流行語大賞は「例の紐」

2014アニメ流行語大賞は「妖怪の仕業」「レリゴー(ありのままに)」

2013アニメ流行語大賞は「穏やかじゃない」

2012アニメ流行語大賞は「Anotherなら死んでた」

2011アニメ流行語大賞は「わけがわからないよ!」

2010アニメ流行語大賞は「天使ちゃんマジ天使」

2009アニメ流行語大賞は「うんたん」

2008アニメ流行語大賞は「パンツじゃないから恥ずかしくないもん」「キラッ☆」


2016アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2016アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2015アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2015アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2014アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2014アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2013アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2013アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2012アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2012アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2011アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2011アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2009アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2009アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2016-11-17

[]2016アニメ流行語大賞 下半期候補選び 「入れ替わってるー!?」


新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド


今年のアニメ界の世相を反映した言葉を選ぶ「2016新語アニメ流行語大賞」(karimikarimi選)の候補に下半期代表として、絶賛放映中の映画「君の名は。」のセリフ「これってもしかして、俺たち・私たち、入れ替わってるー!?」を含め、「やり直しアニメ」「スタイリッシュ柵越え」「たわわ(チャレンジ)」「だが断る」「今日も一日がんばるぞい」「カツ丼」「やっぱり力じゃん」「2016年クライシス」が選ばれた。現在放送中のTVアニメ「12歳。」の異彩を放つツイッター実況用のハッシュタグ「#クラスの男子がエッチないたずらをしてきたり自分はまだなのに周りの子がブラジャーを着け始めたり思春期に差し掛かる少女のピュアな悩みが描かれる 」は、惜しくもノミネートを逃した。


2016アニメ流行語大賞 上半期候補選び 「ガルパンはいいぞ」


上半期候補も含めて、これで候補が出揃いました。さて「2016新語アニメ流行語大賞」は何になるんでしょうか? 12/1頃に大賞発表予定ですが、「これが抜けてる!」「これなんてどう?」なんて意見があるかたは、それまでに、どしどしご連絡下さい。


謝辞


じみニー様をはじめ記事の執筆にご協力してくださいましたみなさんありがとうございました。


<関連リンク>

新語・流行語大賞

2016年の流行語大賞ノミネート全30語まとめ、「ゲス不倫」「SMAP解散」「保育園落ちた日本死ね」「神ってる」など - GIGAZINE


<関連記事>

2015アニメ流行語大賞は「例の紐」

2014アニメ流行語大賞は「妖怪の仕業」「レリゴー(ありのままに)」

2013アニメ流行語大賞は「穏やかじゃない」

2012アニメ流行語大賞は「Anotherなら死んでた」

2011アニメ流行語大賞は「わけがわからないよ!」

2010アニメ流行語大賞は「天使ちゃんマジ天使」

2009アニメ流行語大賞は「うんたん」

2008アニメ流行語大賞は「パンツじゃないから恥ずかしくないもん」「キラッ☆」


2015アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2015アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2014アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2014アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2013アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2013アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2012アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2012アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2011アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2011アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2009アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2009アニメ流行語大賞 下半期候補選び