Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2016-12-24

[]話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10 karimikarimi選


アイカツスターズ! 第28話 「ハロウィン★マジック」

かみさまみならい ヒミツのここたま 第39話 「ハッピーハンター、遊園地へ行く!」

Go!プリンセスプリキュア 第49話 「決戦ディスピア!グランプリンセス誕生!」

魔法つかいプリキュア! 第1話 「出会いはミラクルでマジカル!魔法のプリキュア誕生」

リルリルフェアリル 第35話 「決戦!大ユニコーンレース!」「オリーブ&ひがん 二人きりの冒険」

・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第18話 「声」

ベイブレードバースト 第23話 「孤独のデスサイザー」

ヘボット! 第6話 「激走!ボキャバトルレース」

おしえて! ギャル子ちゃん 第1話 「ギャルな女の子って本当ですか?」

ポケットモンスター XY&Z 第43話 「反撃のジガルデ! カロス最終決戦!!」


メリークリスマス! 今日はクリスマスらしく、毎年恒例の話数単位で選ぶ、TVアニメ10選をお送りします。


ルール

2016年1月1日〜12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。

・1作品につき上限1話。

・順位は付けない。


アイカツスターズ! 第28話 「ハロウィン★マジック」

第16話「ミラクル☆バトンタッチ」とどちらにしようか迷ったんですが、ローラの「めでたいたい! めでたいたい!」の鯛大回転防御が面白すぎたのでこちら。ツンドラの歌姫登場から、エンジンが温まってきた感じがしますね。


かみさまみならい ヒミツのここたま 第39話 「ハッピーハンター、遊園地へ行く!」

こころちゃんマジ天使。ここたまはアベレージで常に面白いんですが、特に第39話の百合百合遊園地デート回はよかったですね。もうなんていうか、すごくかわいい。すごく尊い


Go!プリンセスプリキュア 第49話 「決戦ディスピア!グランプリンセス誕生!」

最終回の1話まで、ディズピアーを倒す回。この回、CMへの入りの絶望感、また元気玉みたいにみんなの力で倒す展開、素晴らしく熱かった。すごく良い回ですね。


魔法つかいプリキュア! 第1話 「出会いはミラクルでマジカル!魔法のプリキュア誕生」

プリキュアの第01話はいいですね。堀江さんのへっぽこ魔法使い登場からの「キュアップラパパと♪」と軽快な音楽がなりだすアバンからのOPはわくわくもんですね!


リルリルフェアリル 第35話 「決戦!大ユニコーンレース!」「オリーブ&ひがん 二人きりの冒険」

後半の「オリーブ&ひがん 二人きりの冒険」が大好きでした。優等生とアウトローの友情話って、やっぱりいいですね。ダンジョン飯でのエルフの友情話みたいな、こういう話、大好物なんですよね。


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第18話 「声」

全体的に面白かった機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ。その中でも、特に第01話と第18話が好きでした。第01話は2015年放送なので、選んだのは年明けに放送した第18話。ここのクーデリアの演説は、彼女がマリナ・イスマイールになるかリリーナ・ピースクラフトになるかの分岐点だと思います。


ベイブレードバースト 第23話 「孤独のデスサイザー」

黒神ダイナが闇落ちダーティープレイをする回。ステラ女学院高等科C3部の主人公がサバゲーでダーティープレイ(ゾンビ)する回みたいな、こういう話、好きなんですよ。


ヘボット! 第6話 「激走!ボキャバトルレース」

ヘボット! DXヘボット!

ヘボット! DXヘボット!

ノリとテンポが素晴らしい1話! キレッキレのパロディも猛烈に面白かった。良い感じに吹っ切れた玩具アニメは、本当に面白いですね。見ていてカブトボーグを思い出しましたよ。


おしえて! ギャル子ちゃん 第1話 「ギャルな女の子って本当ですか?」

ギャル子ちゃんかわいい! ナレーションの能登麻美子さんかわいい! OPかわいい! 全体的にすごいかわいい!


ポケットモンスター XY&Z 第43話 「反撃のジガルデ! カロス最終決戦!!」

プニちゃんの歌を歌う回や、セレナの踊る回など、見どころのある回が目白押しでしたが、私が選んだの43話の最終決戦回。ジムリーダー勢ぞろいで、敵に立ち向かい、その後プニちゃんロボットが巨大な怪物と戦うロボットアニメになるという展開がゲキ熱!!!


むすび

今年も面白いアニメが沢山ある年でしたね。ちなみに「アルティメット・スパイダーマン VSシニスター・シックス 第14話(第92話)「ムーンナイト・クリスマス」」は上記10選にもれてしまいましたが、とても気に入っています。「ドクターストレンジの言葉を思い出すんだ」「スパイダーマン帽子をかぶれ。外はかなり寒いぞ」「これじゃない!」は大爆笑でした。季節外れのクリスマス回でしたしね!!



<関連リンク>

「話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選」参加サイト一覧 - 新米小僧の見習日記


<関連記事>

話数単位で選ぶ、2015年TVアニメ10 karimikarimi選

話数単位で選ぶ、2014年TVアニメ10 karimikarimi選

話数単位で選ぶ、2012年TVアニメ10 karimikarimi選

話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10 karimikarimi選

話数単位で選ぶ、2010年TVアニメ10 karimikarimi選

「話数単位で選ぶ、2010年TVアニメ10選」が熱い

2016-12-01

[]2016アニメ流行語大賞は「ガルパンはいいぞ


ガールズ&パンツァー 劇場版(セル版)


今年のアニメ界の世相を反映した言葉を選ぶ「2016新語アニメ流行語大賞」(karimikarimi選)が1日発表され、『ガールズ&パンツァー 劇場版』に対する賛辞の言葉であるガルパンはいいぞが大賞に選ばれた。


大賞以外のトップテンにはズートピアはいいぞ」「キュアップラパパ」「ありがとうアイカツ」「おはりる〜」「たわわ(チャレンジ)」「推し松」「やり直しアニメ」「これってもしかして、俺たち・私たち、入れ替わってるー!?」「メイクアップアニメーター」「2016年クライシス」が選ばれた。『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』のだが断る及び『NEW GAME!』の今日も一日がんばるぞいは、アニメ化以前にすでに高い知名度を有していたため、アニメ流行語としては惜しくも受賞を逃した。


ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) [Blu-ray]


大賞の「ガルパンはいいぞ」はアニメ映画ガールズ&パンツァー 劇場版』に対する賛辞の言葉。元々は一部で熱狂的な人気を博した映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』から意識的に使われだした言葉と言われ、「ガルパンはいいぞ」で使われて以降は「ズートピアはいいぞ」をはじめとして様々なアニメ作品に対して「○○はいいぞ」という表現がなされた。『ガールズ&パンツァー 劇場版』は、2015年11月21日に公開開始した作品ではあるが、多大な支持を受け、立川シネマシティで1年間連続上映を達成するなど、2016年の間に話題を提供し続けた。また、2016年は興行収入100億円突破を達成した『君の名は。』をはじめ『この世界の片隅に』『聲の形』などアニメ映画が隆盛したであり、『ガールズ&パンツァー 劇場版』はその象徴ともいえる作品である。




<関連記事>

2015アニメ流行語大賞は「例の紐」

2014アニメ流行語大賞は「妖怪の仕業」「レリゴー(ありのままに)」

2013アニメ流行語大賞は「穏やかじゃない」

2012アニメ流行語大賞は「Anotherなら死んでた」

2011アニメ流行語大賞は「わけがわからないよ!」

2010アニメ流行語大賞は「天使ちゃんマジ天使」

2009アニメ流行語大賞は「うんたん」

2008アニメ流行語大賞は「パンツじゃないから恥ずかしくないもん」「キラッ☆」


2016アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2016アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2015アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2015アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2014アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2014アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2013アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2013アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2012アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2012アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2011アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2011アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2009アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2009アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2016-11-17

[]2016アニメ流行語大賞 下半期候補選び 「入れ替わってるー!?」


新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド


今年のアニメ界の世相を反映した言葉を選ぶ「2016新語アニメ流行語大賞」(karimikarimi選)の候補に下半期代表として、絶賛放映中の映画「君の名は。」のセリフ「これってもしかして、俺たち・私たち、入れ替わってるー!?」を含め、「やり直しアニメ」「スタイリッシュ柵越え」「たわわ(チャレンジ)」「だが断る」「今日も一日がんばるぞい」「カツ丼」「やっぱり力じゃん」「2016年クライシス」が選ばれた。現在放送中のTVアニメ「12歳。」の異彩を放つツイッター実況用のハッシュタグ「#クラスの男子がエッチないたずらをしてきたり自分はまだなのに周りの子がブラジャーを着け始めたり思春期に差し掛かる少女のピュアな悩みが描かれる 」は、惜しくもノミネートを逃した。


2016アニメ流行語大賞 上半期候補選び 「ガルパンはいいぞ」


上半期候補も含めて、これで候補が出揃いました。さて「2016新語アニメ流行語大賞」は何になるんでしょうか? 12/1頃に大賞発表予定ですが、「これが抜けてる!」「これなんてどう?」なんて意見があるかたは、それまでに、どしどしご連絡下さい。


謝辞


じみニー様をはじめ記事の執筆にご協力してくださいましたみなさんありがとうございました。


<関連リンク>

新語・流行語大賞

2016年の流行語大賞ノミネート全30語まとめ、「ゲス不倫」「SMAP解散」「保育園落ちた日本死ね」「神ってる」など - GIGAZINE


<関連記事>

2015アニメ流行語大賞は「例の紐」

2014アニメ流行語大賞は「妖怪の仕業」「レリゴー(ありのままに)」

2013アニメ流行語大賞は「穏やかじゃない」

2012アニメ流行語大賞は「Anotherなら死んでた」

2011アニメ流行語大賞は「わけがわからないよ!」

2010アニメ流行語大賞は「天使ちゃんマジ天使」

2009アニメ流行語大賞は「うんたん」

2008アニメ流行語大賞は「パンツじゃないから恥ずかしくないもん」「キラッ☆」


2015アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2015アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2014アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2014アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2013アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2013アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2012アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2012アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2011アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2011アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2009アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2009アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2016-06-25

[]表現規制関連 ディズニーアニメのおっぱいの話


初めて湯気規制とパンチラ規制されたTVアニメは何か - 戯れ言

アダルトメディアのモザイクの歴史的経緯 特に起源に焦点をあてて


上記の記事で「初めて湯気規制とパンチラ規制されたTVアニメ」について語られていますが、では初めておっぱいが規制されたアニメは何か。これはきっとディズニーの最初期の作品になるのではないでしょうか。本記事では、ディズニーアニメ牛のおっぱいに関する“いわく”について書かせていただきます。


初期ディズニー作品で牛のおっぱいにスカートをかけさせられた



上記DVD「オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット 限定保存版」のDISC2では、初期ディズニーのキーアニメーターでありスーパーアニメーターのアブ・アイワークスについて語られるドキュメンタリー「アブ・アイワークス物語」が収録されています。本ドキュメンタリーで、初期のディズニーアニメーションの牛のおっぱいが、批判を受け表現を規制したという事実が語られています。


しかしアブの乳房のジョークは、ほどなく批判の的に。

カンザスシティの田舎で自然に囲まれて育った、

彼らの考えたギャグには粗野なものもありました。


中西部という土地柄だと思います。彼らの資質です。

鳥の目線で見てる。

豚が土地を耕したり、牛が乳を飛ばしたりね。


女性団体からの批判を受け、牛にはスカートをはかせるようになった。


オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット 限定保存版 DISC2

アブ・アイワークス物語 40分付近


牛のおっぱいではありますが、これがアニメ史上の最初のおっぱい規制ではないでしょうか。(余談ですが、人類史上最初のスーパーアニメーターはアブ・アイワークスではないでしょうか)



ホーム・オン・ザ・レンジで牛のおっぱいの話でレーティングがあがった



2004年公開のディズニー映画長編アニメーション第44作「ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!」(原題はHome on the Range)。本映画冒頭で主人公の牝牛のマギーは自己紹介をしますが、その内容により、本映画はレーティングがPG指定となったそうです。


これが私、牛よ。

このおっぱいは本物。

あんまり見ないで。


ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!

吹き替え音声

サンフォード:マギーの次のセリフでこの作品はPG指定になった――今のセリフだ

フィン:その通り

サンフォード:“巨乳は本物”際どいね

フィン:最後に加えたセリフだ


ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!

製作者コメンタリー


ここでいうPG指定は、米国のPGレーティングです。


アメリカ合衆国

1968年11月1日導入。アメリカ映画協会(MPAA)が審査を行う。レイティングを受けることは任意だが、アメリカの多くの映画館が加盟する劇場連盟はMPAAがレイティングした映画しか上映できない規定となっている。なお、1968年以前の映画は今でもレイティングを受けていないままのことが多い。

〜中略〜

PG (Parental guidance suggested)

視聴(入場)制限はないが、子供に見せる前に保護者が内容を検討することを提案したもの。保護者の教育方針によっては、子供に適さないと考えられる内容を含む可能性がある作品。


映画のレイティングシステム


ちなみに、「ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!」はとても面白い作品ですので、お勧めですよ!


むすび



最新のウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの大ヒット作品「ズートピア」では、文明化した動物たちが裸で過ごせるヌーディストクラブが登場しますが、本記事の事実を知っていると裸の動物ということに対してまた違った見方ができるかもしれませんね。



<関連記事>

「児童ポルノ禁止法」改正法案で禁止になるかもしれない沢山の“未来の”芸術たち マネ「草上の昼食」「オランピア」を例に

16世紀の「局部規制」 ミケランジェロ最後の審判の局部規制

世界各国のナンセンスな局部規制の例 アメリカ、中国、イタリア、日本

2016-06-06

[]2016アニメ流行語大賞 上半期候補選び 「ガルパンはいいぞ


ガールズ&パンツァー 劇場版(セル版)


今年のアニメ界の世相を反映した言葉を選ぶ「2016新語アニメ流行語大賞」(karimikarimi選)の候補に上半期代表として、ガールズ&パンツァー劇場版に対する賛辞の言葉であるガルパンはいいぞを含め、メイクアップアニメーター」「ズートピアはいいぞ」「霊剣山で待ってるぜ」「おせぇな、いや、俺が早いのか」「キュアップラパパ」「ありがとうアイカツ」「おはりる〜」「推し松」「ジョルジョってる?」が選ばれた。はいふりのハイスクール・フリートへのタイトル変更に起因する「自動録画失敗」は、惜しくもノミネートを逃した。


上半期では、様々な流行語があるなか、劇場版ガールズ&パンツァーに対する賛辞の言葉であるガルパンはいいぞが頭一つ抜けて流行した印象。2015年11月21日公開ながら、年明け以降も盛り上がりは衰えず、映像ソフト発売後も劇場公開が続く超ロングラン上映となったことはアニメ史上にも残る出来事である。また「○○はいいぞ」というフォーマットは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの大人気作品ズートピアに対して「ズートピアはいいぞ」と使われるなど、その派生語も生み出した。


本記事と11月中旬を予定している下半期の候補を元に、12月の早い時期に2016年アニメ流行語大賞を発表予定です。この記事に対して「これが抜けてる!」「これなんてどう?」なんて意見があるかたは、どしどしご連絡下さい。


謝辞


本気記事の執筆にご協力してくださいましたみなさんありがとうございました。


<関連記事>

2015アニメ流行語大賞は「例の紐」

2014アニメ流行語大賞は「妖怪の仕業」「レリゴー(ありのままに)」

2013アニメ流行語大賞は「穏やかじゃない」

2012アニメ流行語大賞は「Anotherなら死んでた」

2011アニメ流行語大賞は「わけがわからないよ!」

2010アニメ流行語大賞は「天使ちゃんマジ天使」

2009アニメ流行語大賞は「うんたん」

2008アニメ流行語大賞は「パンツじゃないから恥ずかしくないもん」「キラッ☆」


2015アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2015アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2014アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2014アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2013アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2013アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2012アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2012アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2011アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2011アニメ流行語大賞 下半期候補選び

2009アニメ流行語大賞 上半期候補選び

2009アニメ流行語大賞 下半期候補選び