Hatena::ブログ(Diary)

karimikarimi このページをアンテナに追加 RSSフィード

上遠野浩平先生の「私と悪魔の100の問答」オススメ!

2009-09-23

[]良新谷良子MAD MARCHING MONSTERと怪獣のバラードと超弩級少女4946


D


おお! かっこいい!

作りが非常にかっこよかったのは当然なのですが、

この漫画の内容と、私のイメージするMARCHING MONSTERが、

合致したのがすげー良かった。

以下、私の頭の中の勝手なイメージの話。


私の中のMARCHING MONSTERのイメージ



私の中で、MARCHING MONSTERは、

すげーポジティブな怪獣のバラード、というイメージがあります。

イケイケでかわいい、怪獣のバラード、みたいなそんなイメージです。


嵐や太陽という共通する歌詞や、

砂漠(過酷な環境)を移動しているという私の勝手なイメージや、


いつの間にか

大きくなったのは

遠くからすぐ

見つけられるから


歌:新谷良子、作詞作曲:R・O・N

MARCHING MONSTER:MARCHING MONSTER


という、大きいという感じから、

私はそう感じているのだと思います。

(完全に私の勝手なイメージです)


f:id:karimikarimi:20090923161841j:image


で、そのイメージが、MADで上図のように、

キレーにピッたり当てはまったので、非常に気持ちよかった。

(いや、間に怪獣のバラードを挟む必要は何もないとは思いますが、

私が連想したってだけなのでお許しください)



おまけ


D


かっこよすぎる。

2009-06-21

[]MARCHING MONSTERの中の特異な歌詞とTomorrowの関係性


MARCHING MONSTER

MARCHING MONSTER


新谷良子さんのもっとも最近のアルバムである「MARCHING MONSTER」の中で、タイトルチューンである「MARCHING MONSTER」がすっごく好きです。新谷良子さんをして「この曲なしでは、このアルバムを語れない」と言わしめたこの曲。軽快なリズムと高いテンション、気持ちの良い歌詞でつむがれるこの曲は、R・O・Nさんと新谷良子さんの良いところが沢山詰まっていると感じるのですよ。意図して他の楽曲の象徴を入れているところとか、にくい演出もGOODですよね。


で、その歌の歌詞で、私にとって非常に違和感を覚える歌詞があるのです。今回はその歌詞の話をしたいと思います。違和感を覚える歌詞とは、具体的には以下の歌詞です。


いつの間にか

大きくなったのは

遠くからすぐ

見つけられるから


歌:新谷良子、作詞作曲:R・O・N

MARCHING MONSTER:MARCHING MONSTER


どこか変な歌詞


上で、私が違和感を覚えたといった部分以外の歌詞では、基本的にポジティブな行進、“進む”ということをテーマにした歌詞です。ほとんどが「私達の行進は止まらんぜー」っというガンガン行く感じの勢いのある歌詞です。それとにくい演出として、他の曲の象徴もちりばめています。


雨降りでも

〜略〜

太陽と月も見てるんだ

〜略〜

宇宙震撼させちゃうから


歌:新谷良子、作詞作曲:R・O・N

MARCHING MONSTER:MARCHING MONSTER


そんなMARCHING MONSTERの中で、以下の歌詞を私は変に感じます。


いつの間にか

大きくなったのは

遠くからすぐ

見つけられるから


歌:新谷良子、作詞作曲:R・O・N

MARCHING MONSTER:MARCHING MONSTER


そんな勢いのある歌詞の中で、この「いつの間にか大きくなったのは」という件の部分には非常に違和感を感じます。その雰囲気もさることながら、前後の文脈との繋がりが無い、という点においても、変さを感じずにはいられません。


Tommorow


上の歌詞を聞いたとき、私はすぐに、アルバム「Pretty Good!」に収録されている「Tomorrow」の歌詞の一節を思い出しました。それは以下の歌詞です。


追いつけない姿が

だんだん遠くへ小さくしぼんでって

気づいた時取り戻せるかどうか

不安になっていたんだ


歌:新谷良子、作詞作曲:R・O・N

Pretty Good!:Tomorrow


「Pretty Good!」に中の「Tomorrow」では、「追いつけない姿」が「だんだん遠くへ小さくしぼんで」しまいます。向こう側の姿(未来。幸せ。目標。ロールモデル。)が見えないことへの不安が歌詞に現れています。サビの部分でも以下のような歌詞があります。


もしも誰かが僕を 待っていてくれるのなら

そうさすぐにでも 追いつけるよ行けるよ行けるよ


歌:新谷良子、作詞作曲:R・O・N

Pretty Good!:Tomorrow


私なりのMARCHING MONSTERとTommorowの関係性


MARCHING MONSTERは、Tommorowのアンサーソング的な側面を持っているのではないかなーと思うんですよ。


アンサーソング(answer song)とは既に存在する歌に対する返答として作られた歌のこと。


アンサーソング - Wikipedia


未来への不安と希望を歌った「Tommorow」に対して、未来へのポジティブな考え方及び「私がいるから安心しろ!」と解決方法を提示する「MARCHING MONSTERという意味でのアンサーソングです。


もちろん、完全なアンサーソングというわけではなく、作詞作曲バンマスのR・O・Nさんの世界の中での、一つの意識の続きというか。一つの側面というか。当然、MARCHING MONSTER単体の意味合いもあるけれど、そういう風に多重に意味をとれるようにしたのでは、という感じです。


むすび


まぁ、深読みの類ではありますが「トリックスター」に対して「Trickstar's next Trick」という続編を作ったり、new storyやMARCHING MONSTERなどのように、他のアルバム、他の楽曲との繋がりを明らかに示唆するような楽曲といった、面白い試みをするR・O・N&新谷良子なら、上のような可能性もゼロでは無いかもしれません。




<関連記事>

MARCHING MONSTERのレビュー及び感想

アルバム「Wonderful World」考察 一つの物語になっている

新谷良子入門のために勧めるアルバムまたはシングル

新作アニメに新谷良子さんがあんまりいない。でも二月にアルバムが出るからいいや。

新谷良子のハッピーでダーク、パラレル・キュートなバンビポップの世界広場。バンドサウンドに磨きをかけたニューアルバム「Wonderful World」の感想(とレビュー)

声優における歌の売り方の方向性について徒然

新谷良子新アルバムWonderful Worldに対する雑記 01 02 03

O・ヘンリー それと 新谷良子さんのキャラソン「主人公」

さよなら絶望先生第十集で見た新房昭之監督の芸術性。ゲシュタルト崩壊しすぎ。


<関連リンク>

新谷良子 Official Web Site/はっぴぃ はっぴぃ すまいる

新谷良子オフィシャルblog 「はぴすま☆だいありー♪」 Powered by Ameba

新谷良子(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

2009-03-06

[]話題の『キモかわE!』に新谷良子さんが出演の模様


痛いニュース(ノ∀`):魔界の女の子達をタッチペンで調教するゲーム『キモかわE!』が遂に発売


f:id:karimikarimi:20081203144014j:image


「キモかわE!」ペンライト型しつけ棒 - まちキャラ‖抱き枕、キャラクターグッズ等‖


89 : すずめちゃん(埼玉県):2009/03/05(木) 19:32:49.49 ID:LKN/uDb8

主要キャストは以下の通り。


・“コロネ”(ケルベロス):福原香織

・“マロン”(ぐーる):落合祐里香

・“珊瑚”(びんぼうがみ):新谷良子

・“サリエル”(てんし):福井裕佳梨

・“ドリス”(パペット):後藤邑子

・“鈴木姶良”(おさななじみ):下田麻美


痛いニュース(ノ∀`):魔界の女の子達をタッチペンで調教するゲーム『キモかわE!』が遂に発売


私が言いたい事は、「何この声優陣。買いじぇね?」ってことです。ギャラクシーエンジェルとIDOLM@STERな感じの布陣が素敵だ。(特に新谷良子さんが素敵だ)


こういうニンテンドーDSにおいて卑猥系のゲームは、「ちゅ〜かな雀士てんほー牌娘」とか「アイドル雀士スーチーパイ」とか「どきどき魔女神判」とかあるから今更驚かない。ただ、関連グッズは非常にアレだ。エロい。特にペンライト型しつけ棒なるものは、もうオナホールとかのエログッズの外見をしている。(他の関連グッズの画像も凄い)




<関連記事>

MARCHING MONSTERのレビュー及び感想

アルバム「Wonderful World」考察 一つの物語になっている

新谷良子入門のために勧めるアルバムまたはシングル

新作アニメに新谷良子さんがあんまりいない。でも二月にアルバムが出るからいいや。

新谷良子のハッピーでダーク、パラレル・キュートなバンビポップの世界広場。バンドサウンドに磨きをかけたニューアルバム「Wonderful World」の感想(とレビュー)

声優における歌の売り方の方向性について徒然

新谷良子新アルバムWonderful Worldに対する雑記 01 02 03

O・ヘンリー それと 新谷良子さんのキャラソン「主人公」

さよなら絶望先生第十集で見た新房昭之監督の芸術性。ゲシュタルト崩壊しすぎ。


<関連リンク>

新谷良子 Official Web Site/はっぴぃ はっぴぃ すまいる

新谷良子オフィシャルblog 「はぴすま☆だいありー♪」 Powered by Ameba

新谷良子(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

2009-02-20

[]MARCHING MONSTERのレビュー及び感想


MARCHING MONSTER

MARCHING MONSTER


新谷良子さんの新アルバム「MARCHING MONSTER」が発売されました。ただいま絶賛聞きまくり中なのですが、とりあえず、発売直後の感想などを書きたいと思います。


MARCHING MONSTERは、公式ではバンビポップの集大成と言っていますが、まさにその通りだなと思います。具体的には、「ファンシー☆フリル」「Pretty Good!」時代のキャピキャピアイドルポップと「空にとける虹と君の声」「Wonderful World」時代のカッコツケポップの融合こそがこのアルバムということです。



キラーチューン


crossingdaysと月とオルゴールが超名曲であるのはシングル時代から周知の事実なので、アルバムオリジナル曲の中でキラーチューン(つーか気に入った楽曲)を上げたいと思います。(まぁ、全曲大好きなのが前提なんですがね)


MARCHING MONSTER


アルバム「MARCHING MONSTER」のタイトルチューン「MARCHING MONSTER」が、今回MAXキラーだと思います。特設サイトにプロモーションビデオ付きでAメロまで公開していたので、発売前に十回ほどそこで聞いていました。で、その時は、実はまあまあな曲だと思っていました。しか〜し、しかし。アルバムで聞いてみるとまあまあなんてもんじゃありませんでした。この曲の本領発揮は、Bメロからでした。Bメロからラストに向かう曲の流れがカッコよすぎて惚れました。さすが作詞・作曲・編曲R・O・Nさんだぜ!


また、新谷良子さんのアルバムのタイトルチューンはカッコよすぎます。「空にとける虹と君の声」、「Wonderful World」共にタイトルチューンがカッコよかったのに続き、「MARCHING MONSTER」も素晴らしかった。それに、一曲目のWelcome to the Paradeとの繋がりが良いんですよ! つーか、これも「空にとける虹と君の声」、「Wonderful World」で言える事で、絶対に意識していると思うんですよ!



L&L


偶然道で拾ったコイン

見たこともないような天使と悪魔

表裏一体とはこれまさに

とりあえず運試し


新谷良子「MARCHING MONSTER」:L&L


L&Lは新谷良子さんでは珍しい、ファンタジックな物語ソング。これまた作詞・作曲・編曲R・O・Nさん。物語がしゃれてていいのはもちろんなんですが、それにもまして主人公、悪魔、天使と新谷良子さんがラップ調で演じるのは面白すぎる。特に主人公の「どうにでおなっちゃえ」というセルフがもう、気持ちがよすぎる。



雨のスリーコード


雨のスリーコードでは只野菜摘さんの軽快な歌詞が良い! 只野菜摘さんは、さよなら絶望先生新谷良子さんのキャラクターソング「主人公」や「デッド・ラインダンス、デス」の作詞を手がけた人なのですが、この人の歌詞のテンポの良さは特質すべきだと思う。気持ち良いタイミングで非常に歯切れの良い歌詞は、悲しい内容の歌のはずなのに、聞後感に軽やかな爽快感を与えてくれます。作曲・編曲はBandwagonの作曲をやっていた川島弘光さんで、これまた軽快なテンポが良い人。




全体の感想


初めて聞いた時、一曲目、「Welcome to the Parade」と最後のタイトルチューン「MARCHING MONSTER」に私は衝撃を受けました。何に驚いたって、最近の二つのアルバム「空にとける虹と君の声」「Wonderful World」で、あれだけかっこつける路線で進んでいた新谷良子さんが、まるで「Pretty Good!」時代に戻ったような楽曲をアルバムの顔の一曲目とタイトルチューンに持ってきたことです。


しかし、蓋を開けてみると、「sugarpot」や「new story」など雰囲気一杯の曲や、かっこよすぎる「crossingdays」と「月とオルゴール」及びそのカップリング曲など超かっこいい曲も揃い踏みです。


この多様性こそまさに新谷良子さんの魅力!! まさにバンビポップの集大成です!


おまけ


とらのあなの特典CDではMARCHING MONSTERの感想が入ってない! しまった! ゲーマーズの方か! でも売り切れだった! オーノー!




<関連記事>

アルバム「Wonderful World」考察 一つの物語になっている

新谷良子入門のために勧めるアルバムまたはシングル

新作アニメに新谷良子さんがあんまりいない。でも二月にアルバムが出るからいいや。

新谷良子のハッピーでダーク、パラレル・キュートなバンビポップの世界広場。バンドサウンドに磨きをかけたニューアルバム「Wonderful World」の感想(とレビュー)

声優における歌の売り方の方向性について徒然

新谷良子新アルバムWonderful Worldに対する雑記 01 02 03

O・ヘンリー それと 新谷良子さんのキャラソン「主人公」

さよなら絶望先生第十集で見た新房昭之監督の芸術性。ゲシュタルト崩壊しすぎ。


<関連リンク>

新谷良子 Official Web Site/はっぴぃ はっぴぃ すまいる

新谷良子オフィシャルblog 「はぴすま☆だいありー♪」 Powered by Ameba

新谷良子(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

2009-02-15

[]アルバム「Wonderful World」考察 一つの物語になっている


Wonderful World

Wonderful World



来週に2/18日に新谷良子さんの新アルバムである「MARCHING MONSTER」がでます。非常に楽しみです。で、その発売を記念して、今回は前回の新谷良子さんのアルバム「Wonderful World」の記事です。


内容は、「Wonderful World」って一つの物語になっているんじゃないか? というものです。物語の内容は、付き合ってきた男女が別れて、女性が吹っ切れるまでの物語です。


概要


1. Wonderful World

アルバム全体のテーマ。ループ構造。


2. サティスファクション

3. YU・ME・MI

付き合ってラブラブな時。


4. Bandwagon

5. チェックメイト

別れる原因。仕事に打ち込む女性。すれ違い。別れ。


6. sentido cervato (Instrumental)

7. ルーフトップ

8. snow drop

9. Too Fat To Play (Instrumental)

10. ロストシンフォニー

落ち込み。どん凹み。そして吹っ切れ。


11. ハリケーンミキサー

吹っ切れて弾ける。

12. Be Free (as a shootingstar)

吹っ切れた後のさらっとした気持ち。

13. encore

そしてもう一度。最初に戻る。アンコール。



なんかいも「ちゅ」ってしてさ

「スキだ」ってゆってたでしょ?


もいっか言うよ「アイシテル?」

泣きたい! hold me tight?


新谷良子 サティスファクション 作詞:KENTA&りょーこ、作曲・編曲:高橋浩一郎


サティスファクションでは、こっちが赤面したくなるぐらいの付き合っている二人のラブラブな感じを歌っています。YU・ME・MIでは、そんなこともありませんが、まぁ、夢見心地ってことで。



ナンバーワンよりもオンリーワンなんて

妥協したくないから


let's drive and drive 突き進もうありのままで

目指すよgo to the top


新谷良子 Bandwagon 作詞:R・O・N、作曲・編曲:川島弘光


解消される混雑

感情ではチェックメイト


いざこざ冷戦口論些細なことばかりで

下らなくてやんなっちゃったから

もういーや(いーよ)

いーね(いーよ)

戦線離脱でオーバー


新谷良子 チェックメイト 作詞・作曲・編曲:R・O・N


Bandwagonでは、主人公の歌(仕事)に対する思いを歌っています。そして、チェックメイトでは二人(恋人と主人公)は分かれてしまいます。



私の願いはたったひとつ

他愛のない願いひとつ

信じられる人がいればよかったんだ

優しい顔して近づき

あたえるふりして奪い合うばかり


遠ざかる愛に今 別れを告げて

うずくまり 地を這うように生きてゆこう

夜明けと共に


新谷良子 ルーフトップ 作詞:ゆうまお、作曲・編曲:渡辺拓也


足りない旋律

キミと奏でたあのシンフォニー


サヨナラ。振り返ることはもうしないよ。

止まった時を今、動かせるから。

新しい旋律にキミはいないけれど。

ありがとう。この歌を、奏でられるよ。


新谷良子 ロストシンフォニー 作詞・作曲・編曲:R・O・N


ルーフトップとsnow dropでは分かれた直後でドン凹みしています。そしてロストシンフォニーでは、ついに決別を決意します。



一番星見つけたんだ今日、

キミにも見せてあげたかったよ。

それくらいキレイで。

理由なんていらないんだ。そう、

ココロが透き通っていく気持ちになれたんだ。


新谷良子 Be Free (as a shootingstar) 作詞・作曲・編曲:R・O・N


時とはなんて無情に

二人を引き裂いてしまうのでしょう


とっておきの話があるの

もう少しだけ話そう


時とはなんて非情に

心を惑わせてくれるのでしょう


ねえ、さっきの続きがあるの

もう少しだけ話せる?


新谷良子 encore 作詞:こだまさおり、作曲・編曲:宅見将典


ハリケーンミキサーでは、吹っ切れた感じでサバサバとハイな感じ。そして、Be Freeでは、本格的に別れを認識。気持ちも落ち着いていく。しかし、時が経った、encore。encoreでは、分かれた二人がもう一度出会います。「時とはなんて無情に二人を引き裂いてしまうのでしょう」では、別れの事そしてその後の「時とはなんて非情に心を惑わせてくれるのでしょ」では、もう一度付き合ってしまいます。


まとめ


鳴り止まないencore


新谷良子 encore 作詞:こだまさおり、作曲・編曲:宅見将典


廻る世界の一瞬に僕を溶かしてよ


きっとeverlasting

終わりと始まりが繋がって

It's a wonderful world


新谷良子 Wonderful World 作詞・作曲・編曲:R・O・N


鳴り止まないencore(アンコール)。そして、everlasting(永遠の)、終わりと始まりが繋がる。(分かれて、またくっつく)そして、一曲目に繋がる。(終わりと始まりが繋がる)It's a wonderful world(それが、wonderful worldだ!)


おわりに


なんども繰り返すループ構造の物語。またはそれを示唆するアルバム。いや、まぁ、これもいつものただの深読みの類なんですが、実際に何度も何度もリピートで聞いている人にとっては、面白い話かなと思ってしてみました。


ちなみに、「wonderful world」のテーマは、「音楽と君」だと思います。それに対して、次のアルバムの「MARCHING MONSTER」のテーマは、crossing days、月とオルゴール、手のひらの太陽とMARCHING MONSTERの歌詞を見る限り、「空(月、太陽、日々)と君」な予感。あくまで予感ですけれど。



MARCHING MONSTER

MARCHING MONSTER



<関連記事>

新谷良子入門のために勧めるアルバムまたはシングル

新作アニメに新谷良子さんがあんまりいない。でも二月にアルバムが出るからいいや。

新谷良子のハッピーでダーク、パラレル・キュートなバンビポップの世界広場。バンドサウンドに磨きをかけたニューアルバム「Wonderful World」の感想(とレビュー)

声優における歌の売り方の方向性について徒然

新谷良子新アルバムWonderful Worldに対する雑記 01 02 03

O・ヘンリー それと 新谷良子さんのキャラソン「主人公」

さよなら絶望先生第十集で見た新房昭之監督の芸術性。ゲシュタルト崩壊しすぎ。


<関連リンク>

新谷良子 Official Web Site/はっぴぃ はっぴぃ すまいる

新谷良子オフィシャルblog 「はぴすま☆だいありー♪」 Powered by Ameba

新谷良子(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)