Hatena::ブログ(Diary)

松森果林UD劇場〜聞こえない世界に移住して〜

2018-06-25 埋もれていた苦しみの向こう側

子どもがほしいか、私たちに聞いてほしかった」

手話通訳がいれば拒否できたのに」

聴覚障害ゆえに十分な説明を受けられず、不妊手術を強いられた人が70人という数字に絶句。

(全日本ろうあ連盟の調査による)


子を産み、育てるという喜びや未来を奪う。

本人の意思とは関係なしに。

1996年まで続いた優生保護法に基づく強制不妊手術。

その事実の重さには、たとえる言葉も見つかりません。


2015年の今日、こんな記事を投稿していました。

<2015-06-25 子を産むに値する人とそうでない人という区別 >

http://d.hatena.ne.jp/karinmatasumori/20150625


当時は内閣府障害者政策委員会委員として

この課題について広く知ってもらいたいと

DPI女性障害者ネットワークの皆さんから様々なことを学んだ時期。

障害者支援団体が繰り返し、国に謝罪と補償、実態調査を求めてきたこと。

国連女子差別撤廃委員会までもが日本政府に勧告を出していたこと。

長年にわたる地道な活動、そして訴訟



埋もれていた苦しみが少しずつ語られ始めています。

まだまだ氷山の一角かもしれません。

それでも。

被害者本人の声ほど、人の心を動かし、共感を生むものはないと思います。

ひとつひとつの声に耳をかたむけ、言葉にならない思いをくみ取り

対話を重ね、救済に繋げていくことはできるはずです。

まずは知ることから。


以下はそんな語りの一例です。

不妊手術の悔しさ、手記や映像に残すろう者たち(朝日デジタル2018/03/16)

https://www.asahi.com/articles/ASL3H7F0GL3HUBQU029.html

手話通訳いれば拒否できた」 聴覚障害者への強制不妊(朝日デジタル2018/06/09)

https://www.asahi.com/articles/ASL6953Q5L69PTFC002.html

「悔しい」手話で訴え 聴覚障害者6人会見(毎日新聞2018/06/09)

https://mainichi.jp/articles/20180610/k00/00m/040/070000c

2018-06-10 井戸端手話の会16周年!

ママ友が毎週集って手話を楽しむ「井戸端手話の会」

16周年記念の特別ゲストとして、森本行雄さんをお招きしました。


手話通訳士でありエンターテイナーでもあり

現役のサッカー選手であり

昨年のダイアログ・イン・サイレンスの監修コンビとしてペアを組むことが多い森本さん。

肩が脱臼するほど肩書が多くて書ききれません。


手話通訳となるきっかけから

手話にまつわる豊富な知識とオモシロエピソードの数々

そして、手話通訳を目指す母たちへのエールまで

盛りだくさんの森本行雄のオンステージ。


「森本先生はジェントルマンで面白くて知識が豊富で素敵です」


と、すっかり虜の母たちでした。


時をさかのぼって16年。

息子が3歳の時。

引っ越し先に子ども同級生が20人以上いることが判明。

ということは母親たちも20人以上。

毎朝昼、幼稚園バスの送迎で顔を合わせて井戸端会議です。

この先幼稚園、小・中・高校、その先もずっと付き合うことを

考えると、何とかコミュニケーションとらねば。

そうは思いつつも、

聞こえない私にとって、大人数での話はハードル高し。

まずは身近な人からと、同じクラスのママを中心に

聞こえないことを伝えていく中で、手話に興味を持ってくれるママも出現。

そんなとき

「いつもやってる井戸端会議手話でしようよ」という話しが出たのです。

最初は五人程度で、それぞれの家で順番にランチ。

これが「井戸端手話の会」の誕生です。

あっという間に口コミで広がり、人数が増えたため

広い部屋を借りて週に一度開催してきました。


子どもの成長と共に、復職するママも増え

メンバーが減り

「今後も続けるかどうか」悩んだ時期もありましたが

手話で話す場所ほしい」という人が一人でもいるなら、と

毎週続けて16年。

私がお休みをしても、ちゃんと「手話井戸端会議」をしている母たち、素敵すぎます。

手話を使う本人がいないと、

ただのおしゃべりの場になってしまうという話しを

よく聞きますが、手話を楽しんでいる母たちです。


今では「井戸端育ち」の母たちが、それぞれの場で手話を広めています。

手話ができるスタッフとして働く母たちの職場は

衣料品店、本屋、カフェ、レストランと多岐にわたります。

手話通訳士として活躍するメンバーもいれば

手話通訳を目指して地域の講座に通うメンバーも複数おります。

卒業した方を含めると50人近くいるのではないでしょうか。


もともとはママ友とのコミュニケーションを目的としたのが

こんな風に広がっていくなんて16年前には想像もできなかったこと。

16周年を迎えて、森本さんの話を聞きながら初心を思い出し

感慨深い時間となりました。

母親たちのライフステージによって、使う手話も変わってくるのが面白いです。

16年前は、幼稚園、バス、遊ぶ、ミルク、オムツ、ママ、パパ等々。

現在は、ダイエット更年期、反抗期、女性ホルモン、介護、健康、運動、体力、等々

f:id:karinmatasumori:20180610221714j:image

2018-06-04 マットの上で講演会!

ユニバーサルスポーツジャパン船橋ジュニア体操クラブにて

「マットの上で講演」という珍しい体験をしました。

f:id:karinmatasumori:20180604123218j:image

参加者はマットの上で体育座り。

小さなお子さんの保護者が多かったので

多様性、手話、ママ友との付き合い、対話など

これまでの聞こえない中での子育てを振り返っての話を中心としました。

また、一部の母親たちの偏見や

「聞こえないとできない」

「障害があるとムリ」という思い込みに悩んだこともあったこと、

それらをどのような対話を重ねて相互理解につなげてきたかについても話しました。

手話通訳は、井戸端手話の会のメンバーです。

心強い仲間たち!


体育館のマットの上はふかふかで気持ちよくって、前回りしたくなるほど。

(スカートだったのでしませんでしたよ)

「トランポリンで自由に遊んでいいよ!」と言われすぐに跳んだ私とハルちゃん。

(スカートでしたがおかまいなく)

跳んでると、というか跳ねてると気持ちまでぴょんぴょんしてくるものですね。

f:id:karinmatasumori:20180604123318j:image

今回声をかけてくださったのは、息子が小学生の時の体育の田沼寛文先生。

良い意味で先生ぽくない自由さを持っているので

子どもからも保護者からも慕われていました。


軽そうな見た目とは裏腹に(失礼!)

弱い立場や集団の中になじめない子

生きにくさを感じている子らへも

自然とまなざしをそそいでいる先生です。

常に本人の意思を尊重し、子どもや保護者に寄り添います。

だから、息子たちが小学校卒業後も数名のママ友と定期的に食事をし情報交換などをしておりました。

そんな中で、田沼先生のスタートが特別支援学校だったと知り納得。

体操の指導者でもあり、世界レベルの大会で審判としてもテレビで時々見かける田沼先生は

地域や学校現場での指導者の高齢化や、異動に伴う指導者不足により

市内の体操競技部がなくなっていく現状に疑問を感じていたといいます。


やりたいという子どもたちがいるのに、

才能ある子どもたちがいるのに、「場所」がない。

じゃあ自分がつくるしかない!と、教員をやめ

本格的な【体操競技】ができるクラブを作っちゃったという超クールな先生。

f:id:karinmatasumori:20180604123341j:image

日本の体操選手の活躍が世界でも注目を浴びている昨今

ここから東京オリンピック・パラリンピックで活躍する選手が誕生することでしょう。

特筆すべきは、体操指導だけでなく

今回のような講演会やイベントを通し

地域での交流拠点としての役割にも積極的なところ。

車で二時間かけて送迎をする保護者がいるのもうなづけます!

f:id:karinmatasumori:20180604123433j:image

(株)ユニバーサルスポーツジャパン船橋ジュニア体操クラブ

http://usjgym.jp/intro

2018-05-07 聴覚障害児の未来を育てる『現代国際巨匠絵画展』

聴覚障害児の未来を育てる『現代国際巨匠絵画展』

5月12〜14日まで東日本橋の東京都中央区立産業会館にて開催されます

http://roujishien.com/exhibition/#new



主催する「聴覚障害児の会」では

家庭の事情などで家族と過ごすことができない聴覚障害子どものための

新たな施設建設を目指しています。

現在は「金町学園」に28名の聞こえない子どもたちが

手話という共通言語で家族のように共同生活をしています。

しかし、専門性のある職員補充の難しさや施設老朽化のため閉園が決まりました。

ここで生活する彼らの居場所と、彼らの言語を守るために

沢山の方の協力のもと、新たなる施設の建設が決まりました。


この現状を多くの方に知っていただき、協力者を増やすことを目的とした絵画展

ピカソ、シャガールから東山魅夷まで120余点のほか

詩情豊かな鼓動をその独特なタッチで画面に刻み付けると世界中で絶賛されている

スペインのミゲール・ペイドロ画伯が来場されサイン会などがあります。


さらに、手話コミュニケーションをテーマとした絵描きの

門秀彦さんのワークショップ企画が12日10時〜11時に予定されています!

門さんといえば、4/2〜NHKにて放送されているアニメ

「キャラとおたまじゃくし島」の原作・キャラクターデザインも大好評です!


<門秀彦さんHP>

http://www.kado4life.jp/

<キャラとおたまじゃくし島HP>

https://caratama.jp/


私も実行委員のひとりとして、12日は会場にいる予定です。

ぜひ沢山の方に足を運んでいただき、アートな一日を過ごしながら

聞こえない子どもたちにも思いを馳せていただけると嬉しいなと思います。


参考までに、金町学園についての記事はこちらです

<2016-10-04 子どもの居場所を守るのは大人の責任「金町学園」存続に協力を>

http://d.hatena.ne.jp/karinmatasumori/20161004

2018-05-02 「WHO I AM」−これが自分

f:id:karinmatasumori:20180427152637j:image

「ユニバーサルキャンプ TOKYO 2018」で

WOWOWの代表取締役社長 田中晃さんの講演を聞いてきました。

タイトルは『参加しよう!2020。〜障がい者スポーツの放送現場から〜』


2015年ころ、WOWOWでは映画が充実していることで知られていますが

「邦画および洋画吹替版の映画作品をクローズドキャプション字幕で放送する」

と宣言されたのがとても印象に残ったのを覚えています。


その後も、田中さんがパラリンピックの放送に力を入れられている記事などを

あちこちでお見かけし、ご縁があったらなと思っていたのでした。

今回は思いがけないチャンスだと、申し込み最前列でお話しをうかがいました。

内山さんにご紹介いただき、直接お話しをすることもできて感激です。


田中さんのお話しの中で印象に残ったのは

「スポーツという楽しみの本質」と

「未来を創る子どもたちの視点を大切に」するということです。


田中さんの素敵なところは、自らパラリンピック会場に足を運び

競技や選手と直に関わり合うという生身の体験を大事にされているところです。

そうした直接的な体験から

障害者に対する偏見」と

障害者スポーツへの無関心」という壁をいかになくすか?

という課題に対して

障害者がこんなに頑張っている」ではなくて

「トップアスリートとしてリスペクトし、中継する」という方針を出します。


2008年から男子車椅子バスケットボールの中継を始め

2012年ロンドンパラリンピックではダイジェスト版を連日放送し

2014年ソチパラリンピックでは専門チャンネルを開設、全競技を生中継するなど

日本で、こんなにパラリンピック競技の放送に注力してきた局は他にないと思います。


そして講演の中で紹介されていたのは

2020年まで世界のパラアスリートたちに迫るスポーツドキュメンタリーシリーズ

「WHO I AM」−これが自分だ!という輝き―

http://www.wowow.co.jp/documentary/whoiam/


5年間でおよそ40人のパラアスリートを取り上げるそうです。

HPでも一人ひとりの紹介がされております。

「とにかく日本の皆さんに、世界のトップアスリートのパフォーマンスを見てもらいたい」

という田中さんの熱意が伝わってきます。

「大人たちの自己満足で終わる放送ではなく

 未来をつくる子どもたちにいろんな価値観を知ってもらいたい」と

子どもたちのことを思う姿が、本当にかっこいい。

こういうお仕事をしている方ってやっぱり素敵です。


短時間でしたが「障害」ってなんだ?

改めて考えさせられる時間でした。


田中さんの講演を受けての

東京都福祉保健局の取組み紹介や

昔からお世話になっている関裕之さんのJTBグループのユニバーサルツーリズムの紹介

丹青社高橋さんの、ダイバーシティと空間づくりの取組み紹介も楽しく

内山さんを交えた、パネルディスカッションと盛りだくさん。


多様な人との出逢いって本当に刺激的!

「ユニバーサルキャンプTOKYO」も二年目。

知り合いも多く来年は時間を作ってもっと楽しまねば!

https://unicamp-tokyo.jp/

f:id:karinmatasumori:20180502140151j:image

ひとつひとつが手作り!

全部ほしくなっちゃう

リンク集