Hatena::ブログ(Diary)

松森果林UD劇場〜聞こえない世界に移住して〜

2018-05-07 聴覚障害児の未来を育てる『現代国際巨匠絵画展』

聴覚障害児の未来を育てる『現代国際巨匠絵画展』

5月12〜14日まで東日本橋東京都中央区立産業会館にて開催されます

http://roujishien.com/exhibition/#new



主催する「聴覚障害児の会」では

家庭の事情などで家族と過ごすことができない聴覚障害子どものための

新たな施設建設を目指しています。

現在は「金町学園」に28名の聞こえない子どもたちが

手話という共通言語で家族のように共同生活をしています。

しかし、専門性のある職員補充の難しさや施設老朽化のため閉園が決まりました。

ここで生活する彼らの居場所と、彼らの言語を守るために

沢山の方の協力のもと、新たなる施設の建設が決まりました。


この現状を多くの方に知っていただき、協力者を増やすことを目的とした絵画

ピカソシャガールから東山魅夷まで120余点のほか

詩情豊かな鼓動をその独特なタッチで画面に刻み付けると世界中で絶賛されている

スペインのミゲール・ペイドロ画伯が来場されサイン会などがあります。


さらに、手話コミュニケーションをテーマとした絵描きの

門秀彦さんのワークショップ企画が12日10時〜11時に予定されています!

門さんといえば、4/2〜NHKにて放送されているアニメ

「キャラとおたまじゃくし島」の原作・キャラクターデザインも大好評です!


<門秀彦さんHP

http://www.kado4life.jp/

<キャラとおたまじゃくしHP>

https://caratama.jp/


私も実行委員のひとりとして、12日は会場にいる予定です。

ぜひ沢山の方に足を運んでいただき、アートな一日を過ごしながら

聞こえない子どもたちにも思いを馳せていただけると嬉しいなと思います。


参考までに、金町学園についての記事はこちらです

<2016-10-04 子どもの居場所を守るのは大人の責任「金町学園」存続に協力を>

http://d.hatena.ne.jp/karinmatasumori/20161004

2018-05-01 成田空港にも手話フォンが!

f:id:karinmatasumori:20180501140032j:image

4月6日から成田空港にも「手話フォン」が設置されました。

相手先の電話番号を押すと、オペレーターが手話でつないでくれる

「電話リレーサービス」を活用した、手話で話せる公衆電話です。


電話リレーサービスとは、

スマホタブレット、PCでオペレーターと手話チャットで会話し、電話をつなぐサービスです。

世界20カ国以上で無料提供されており

日本では2013年9月から日本財団が提供しています。

公共の場では2017年12月3日羽田空港で初めて導入され

筑波技術大学明石市成田空港と国内四か所目です。


先日、仕事で成田空港に来た今村彩子ちゃんと一緒に利用しました。

ちょっと大きめの電話ボックスという感じですが

公衆電話の隣にあるというのがいいですね。

何件か電話をした後には、彩子ちゃんとふたりで「お客様の声」を伝えられる投書箱へ!

使用した感想、お礼、改善点と提案なども書いてポストイン。

f:id:karinmatasumori:20180501140628j:image

当事者の要望に対応したのに

「利用者がいない」「反応がない」という話を聞くのは寂しいことです。

だから私は、空港でも駅でも商業施設でもアンケートでもできるだけ書くようにしています。


このような「お客様の声」は必ずCS推進部などの該当部署に伝わり

次への改善や、社員のモチベーションアップに繋がります。(と思っています)

私も自分の講演のアンケートや講義のレポートを読むと嬉しいものです。


今回は、彩子ちゃんも一緒に。

ひとりよりふたり。

一通より二通。

地味なことですが、

「こうしてほしい」という要望を出すだけでなく

実現したらどんどん利用して「ありがとう」って伝えたいなって思います。


成田空港では下記二か所にあります。

【第1】中央ビル本館1階ビジターサービスセンター付近

【第2】本館地下一階コインロッカー公衆電話の隣

場所が分からないときは、案内カウンター聞いてみてくださいね。

手話バッジが目印です^^

2018-04-29 「接客のプロ」×「手話」=〇〇

「接客のプロ」×「手話」=〇〇

羽田空港成田空港でのおみやげもの屋さん、服飾雑貨店、免税店、ブランドショップなどで

手話を勉強中のスタッフが増えているのをご存知ですか?

これらのお店を運営・販売をするのは株式会社羽田エアポートエンタープライズです。

http://www.haneda-ae.co.jp/



手話は言語」であるならば

手話を使うお客さまにも等しく最高のおもてなしをしたい!」

という革新的で柔軟な考え方のもと

「ふやそう!手話ができるスタッフ」プロジェクトがスタートしたのが2017年4月。

聞こえない私と、手話通訳士カヨさんの二人三脚(二人四手?)で二年目となりました。


聴覚障害の理解を深める研修や

接客手話を中心とした定期的な講習を重ねてきました。

お仕事がある中での講習会ですから、年間五回、一回一時間!という少なさ。

こんな短時間で接客手話を身につけるための、様々な工夫とアイデアを

積極的に導入していく柔軟さとフットワークの軽さに毎回脱帽。



さて、聞こえない私にとって、

「買い物」とは「自分でほしいものを選んで買う」だけの行為でした。

店員さんから声を掛けられても愛想笑いでその場をしのぐこともしばしば。

必要な時だけ筆談等でコミュニケーションをとりますが

普段は無意識にコミュニケーションを避けてしまう傾向があります。


ところが、あなどるなかれ接客とは

「会話を楽しみながら買い物ができる」場でもあったのです。


「お土産をお探しですか?」といったさりげない声かけから

会話が始まり、気づくと

「実家に帰省するためのお土産で、大人にも子どもにも喜ばれて

個包装で数が多く、パッケージも可愛いものがほしい」

といった風に、自分でも気づかなかったニーズが明確になっているのです。

距離感が近づくことで、ニーズに合わせた商品の提案や

限定商品の紹介をしてくれたり、試食ができたり

結果的に「充実した買い物ができた!」と満足感から足取りも軽くなります。


空港ですから、どこへ行くのか?という話題になることもあります。

そこから現地の気温や、天気などの情報を教えてもらえたり

「寒そうだからマフラー買っていこうかな」と

素材やデザインを一緒に選んでくれる良きアドバイザーでもあるのです。


このような「会話をしながら買い物を楽しむ」という経験は

聴覚障害者にとっては少ないと思うのです。

むしろ、値段が分からない、商品説明が分からないなどの

不安やガマンのほうが多くあるかもしれません。


でも、店員さんが手話ができたら……

手話を使う人たちにとっての不安やガマンを

驚きや楽しみに変えることができるはずです。

こうして始まった、「ふやそう!手話ができるスタッフ」プロジェクト。

今年も楽しい仕掛けづくりをしていきます。

何しろ接客のプロです。

「接客のプロ」×「手話」=どんな相乗効果があるのか

ワクワクするプロジェクト、本年度もスタートです!

2018-04-09 静寂×エンターテイメントトークショーのお知らせ

2017年8月日本で初めて開催した「ダイアログ・イン・サイレンス」


今年も仕掛けていきます、静寂×エンターテイメント企画!

まずはダイアログ・イン・サイレンス応援チャリティートークイベントです!

日本初開催「ダイアログ・イン・サイレンス」仕掛け人の志村真介、季世恵さんの夫婦講演

どんなアテンドが登場するのか分からないトークショー、

先日深夜TV放送された「未知との対話」の上映会も!

この番組見逃しちゃった…って方朗報です!!

昼の部(A)、夜の部(B)、それぞれ違ったプログラム。

お好みで両方参加も大歓迎!!

-------------------------------------------

静寂×エンターテイメント

「未知との遭遇」とダイアログの挑戦


DIALOGUE IN SILENCE

〜静けさの中の対話〜

言葉の壁を超えて、人はもっと自由になる。

2018年6月13日(水)Aコース14:00〜/Bコース19:00〜の2回

座 高円寺2(杉並区高円寺北2-1-2)

■■Aコース 13:30受付開始

ファシリテーター松森果林&森本行雄(元監修コンビ)

14:00〜16:00

<第1部> 講演会

志村真介・志村季世恵

<第2部> トークショー

志村真介・志村季世恵

アテンドから

RIMI、河合祐三子、平塚かず美、南雲麻衣

Nyanko、鈴木佐江子、大橋ひろえ

他、飛び入り参加あり!?

■■Bコース 18:30受付開始

ファシリテーター山ノ内凛太郎

19:00〜21:00

<第1部> ドキュメンタリー上映会

「未知との対話」

<第2部> トークショー

志村真介・志村季世恵

阿部広太郎(「未知との対話」」企画・プロデュース)

岩淵弘樹(「未知との対話」監督)

松森果林、西嶋恵理子、かえで(アテンド3名)

■■■チケット

前売 2,000円 当日 2,500円

※購入後のキャンセル返金はお受けできませんのでご了承下さい。

※車いす・視覚障がい者の介助者1名のみ無料です。

※車いす席について事前にお問い合わせください。

ご予約、チケット購入はこちらから

https://613dis.wixsite.com/2018613dis

※今回の企画はDISを継続して開催するためにアテンド・手話通訳有志が協力するチャリティー企画です。

イベントの収益は一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティに寄付します。         


主催 DIALOGUE IN SILENCE(ダイアログ・イン・サイレンス)2017 アテンド&手話通訳チーム/

サイン アート プロジェクト.アジアン

協力 テレビ熊本/一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ/

NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)

-------------------------------------------------

沢山の方のご来場をお待ちしております。

ぜひいらしてくださいませ!!

f:id:karinmatasumori:20180409170756j:image

f:id:karinmatasumori:20180409170812j:image

ドラドラ 2018/04/28 08:45 ダイアログインサイレンスのチャリティーのホームページの作り方が良くなくて、真っ白で出ます。広告ブロックにモロに引っかかってます。変なサイトの作り方してはお客さん来ませんです。

karinmatasumorikarinmatasumori 2018/04/29 14:50 ドラさま
教えていただきありがとうございます。
まずは事務局へお伝えして、確認をしていただきますね!
こちらのPCからは見ることができるのですが、みんなが見られるようにしなければいけませんよね。

2018-04-04 「ワンポイント手話」卒業。4/6が最後の放送です

しばらくSNS離れをしておりましたが元気です(笑)

気が付けば新年度突入。

色々お知らせやらご報告したいネタがたまりにたまっておりますが

まずはこちらから。


「ワンポイント手話」卒業します。

当初3年間の予定が4年間続いたワンポイント手話

週に3回も再放送があるので、多くの方に見ていただきました。

外出先で声を掛けられることも多く、テレビの影響の大きさを実感したものでした。

空港や病院の待合室などのテレビはNHKが多く

突如現れる自分に驚き恥ずかしがることもたびたび。笑


最後の放送は4月6日午後13時30分〜13時35分テーマは「外来語」です。

良かったら見てくださいね。


難聴者や、中途失聴者が手話を学ぶのは案外ハードルが高いことです。

聴者向けの手話講座などに参加しても

音声での指導が聞こえないと難しいからです。

そんな方々でも分かるようにと

音声に頼らず「目で見て学べる」ワンポイント手話は貴重な番組だと思います。

手話に興味がある方が見ても分かりやすい初歩的な内容です。

こんな素敵な番組に四年間も関われたのは、幸せなことでした。

応援してくださった皆様に心から感謝を申し上げます。



そして4月11日からは新たな出演者を迎えて新スタートです。

私が大好きな友人も出ておりますので

引き続き応援していただけると嬉しいです♡

http://www4.nhk.or.jp/one-syuwa/

リンク集