Hatena::ブログ(Diary)

松森果林UD劇場〜聞こえない世界に移住して〜

2017-10-22 字幕と音声を表示する「ディズニーハンディガイド」

ディズニーハンディガイド」をご存知ですか?

視覚障害者や聴覚障害者が音声と字幕でパーク内の情報を得られるものです。

f:id:karinmatasumori:20171022124701j:image

「音声ガイドシステム」で現在地情報や、パーク内の様々な施設情報を得られ

「字幕表示システム」で対象アトラクションの台詞や歌詞が字幕表示されます。

ゲストリレーションで、無料で借りたら(保証金1,000円返却時に戻ります)首にかけておくだけ。

文字情報を受信するとブルブルと振動で知らせてくれるのです。

f:id:karinmatasumori:20171022123700j:image

東京ディズニーリゾートでは

2000年5月に「ミクロアドベンチャー!」でメガネ型字幕表示システムを導入。

2006年4月から端末型の字幕表示システムとなりました。

そして今回

2017年4月15日より、音声ガイドと字幕表示を一体化してリニューアル


何度か使用しましたが、この一言に尽きます。


「おしゃべりやストーリー、音楽が分かるって楽しい!」



しかも、以前より対象アトラクションがぐっと増えました。

リニューアル前は

ディズニーランドでは

「魅惑のチキルーム」「フィルハーマジック」「ウエスタンリバー鉄道

ディズニーシーでは

「マジックランプシアター」「海底二万マイル」「トイストーリーマニア」「マーメイドラグーンシアター」

など数える程度だったのが

リニューアル後は一気にドンと増えました!

ディズニーランド

11のアトラクション及び施設

f:id:karinmatasumori:20171022162841j:image

(東京ディズニーリゾートバリアフリーサイトより)

ディズニーシー

15のアトラクション及び施設

f:id:karinmatasumori:20171022162928j:image

(東京ディズニーリゾートバリアフリーサイトより)

対象外となるのは、ライド系などです。

動いている状態での安全保障を考慮してのことだと思います。

f:id:karinmatasumori:20171022163024j:image

ウエスタンリバー鉄道などは対象)


個人的に嬉しかったのは、大好きな「カントリーベア・シアター」の字幕表示。

これまでは、楽しそうに歌っているベアたちと雰囲気を楽しむだけでしたが

初めて「字幕」で観て、カントリーベア・シアターの価値観が180度変わりました。

ただ歌うだけでなくって

合間のヘンリーのMCが絶妙なんですね。

ちょっとしたジョークやシャレなどが随所にあり、初めて笑いました!

歌詞も表示されるので

「こんな歌だったんだ!」

「こんなこと話してたのね!!」と

驚きに満ちた鑑賞となりました。

こんなに楽しいショーだったなんて!!!

なんという充実感!!!

f:id:karinmatasumori:20171022163619j:image


この「ディズニーハンディガイド」はパーク内の赤外線で受信をしています。

現在の技術であれば

スマホアプリなど、公共電波でデータを配信する手段や

音声透かし技術などもあります。

実際にこれまでに複数のメーカーと検証を重ねてきた結果

公共電波は非常時に保障できないことをはじめ、多面的な検証結果により

パーク内で運用できるものを独自開発するに至ったそうです。

「独自で開発」って、今ある技術を応用するよりずっと大変なハズ。

関わられている方々の大変さ、容易に想像することができます。

f:id:karinmatasumori:20170829170057j:image

今年の7月、公私ともに長くお付き合いいただいている望月庸光さんと

この「ディズニーハンディガイド」の体験会をしました。

1993年ごろ、当時大学生だった私は

恩師の授業「東京ディズニーランドを10倍楽しむための提案」で

聞こえない課題と、どうすれば楽しめるのか解決方法を研究していました。

そのために、大学まで何度も足を運んでくれたのが

株式会社オリエンタルランドの望月さんだったのです。

コミュニケーションの課題、音声情報が聞こえない課題、

それらをどうすれば楽しめるようになるのか?当然「リアルタイムで字幕表示」案もありました。


その後、望月さんのお取り計らいのもと、オリエンタルランド本社で

副社長や大勢の社員の前でプレゼンテーションをする機会を頂きました。

プレゼンテーション自体が初めてだった私は、

何度も練習したのに、緊張のあまり頭が真っ白になってしまいました。

準備したシナリオが思いだせず、

そんな状態の私から出てきたことばは

小学三年の聞こえているときに、初めて訪れたディズニーランドの感動と

中学生になり聞こえなくなってから訪れたディズニーランドの寂しさと落胆について、でした。


プレゼンテーションが終わった後、

練習通りにできなかったと落ち込む私に

「すっごく良かったよ!!!」と興奮した恩師や望月さんに褒められて驚いたことを今でも覚えています。

「実体験が強い説得力を伴うこと」に初めて気づきました。

このときの体験が、今の私につながっています。


あれから20年以上が経った今、改めて望月さんと

ディズニーハンディガイド」を共に体験し、感慨深いものがありました。

私たち聴覚障害者の

「聞こえる人と同じ情報がほしい」という願いを

昔も今も大事に、スパイラルアップしている様子は

ウォルト・ディズニー

ディズニーランドは永遠に完成しない」という言葉そのものです。

f:id:karinmatasumori:20170704143603j:image

写真は望月さんと、現担当の野口さん。


ハロウィンクリスマスとイベントが続く時期、是非試してみてくださいね♡

f:id:karinmatasumori:20170704173107j:image

東京ディズニーリゾートバリアフリー

http://www.tokyodisneyresort.jp/bfree/

2017-10-15 デスパの会in作並温泉with J

いつものように、東京駅ワインショップに集合。

3本購入。

「これは新幹線で飲む泡、これは部屋用、これは朝用」

朝からこんな会話の「デスパの会」。

毎年恒例、大学からの女友達三人酒と温泉三昧旅行です。

新幹線、シャンパンなので栓が飛ばないように万難を排しての開栓。

栓が勢いよく飛んで前方に座る乗客の弁当にホールインワン

などと妄想爆笑し乾杯にたどり着くまでが長い私たち。

モエの夏季限定ラベルにハムやチーズを並べて豪華列車並み。

f:id:karinmatasumori:20171015230344j:image

グランクラスに負けてなるものか!と勢い余って私の手が滑る。

三人掛けの真ん中に座るK嬢の股間にシャンパン直撃。ゴメン!

おかげで仙台につくまで、シャンパンの香りに包まれ優雅な時間でした。


今回の行き先は宮城県作並温泉

昨年、「デスパin蔵王」で道案内をしてくれたレーサー ジョー・マツザキから作並温泉がおススメだと聞いていた。

「泊まるならどこがいい?」

広瀬川源流露天風呂の一の坊かな」

彼が言うなら確かだと、他は全く見ずに即予約。


話を戻して仙台駅到着。

もちろん、プランなんて何もないので案内所に直行。

宿までの送迎バスが来るまでの二時間を

「牛たん発祥の店、味太助で食べて、いろは横丁散策など楽しいですよ!」

とプランをもらう。


シャンパンからのビールと牛たんで乾杯。

ほろ酔い気分でいろは横丁を堪能。

f:id:karinmatasumori:20171015012108j:image

笹かまぼこの顔ハメ看板にハマって時間を忘れそうに。

プライバシー保護のため写真は割愛)

充分仙台を満喫しこのまま帰ってしまいそうな満足感。

何とか宿への送迎バスに乗り込み、直後私とN嬢はスコンと眠りに堕ちた。

f:id:karinmatasumori:20171015230446j:image

まだ旅の序盤なのにはしゃぎ過ぎ。


一の坊の温泉広瀬川と一続きになっているような絶景。

川には魚が静かに泳いでいるし、

すこーし紅葉してきた緑もいい。

自然の中でぬっくりしながら、夕飯までの約三時間を露天で過ごしていたのではないか。

手話で話す指先がシワシワだ。


温泉から戻る途中「温泉卓球の間」が。

恐る恐る開けてみると大広間に卓球台がふたつ。

「いいね〜卓球やろう!」とラケットを手に取る。


「しゃもじかよ!」

「スリッパかよ!」


そう、並んでいるのはラケットのほかに大小しゃもじとスリッパ。

f:id:karinmatasumori:20171015230917j:image

ここ一の坊だよね?

リゾート温泉だよね?

一秒後にはそんな疑問は消え去り、

スリッパやしゃもじを片手に浴衣の腕をまくって白熱の試合を展開させているデスパ達。

やっていることは卓球なのに、スリッパやしゃもじに変えるだけでこんなに可笑しいなんて!

プライバシー保護のため写真は割愛…)

こんなテンションのまま、ロビーでホテルスタッフによる「スズメ踊り」鑑賞。

スズメ踊りっていうから、可愛らしい踊りかと思ったら

躍動感あふれるかなりハードな踊り!

お客さん参加型で私たちも前に引っ張り出され

両手にうちわ持ってレクチャーが始まった。

わたしたち聞こえないんですけど…」そんなスズメの叫びは届くはずもなく。

見よう見まねで踊るものの、その姿はまさにその辺にいるスズメのようで。


スズメ踊りのおかげかぐっすり眠り、起床後温泉、朝食後にスパークリングで乾杯。

食べる→飲む→温泉→寝る→起きる→温泉→食べる→飲むという堕落のデスパコース。

ここにあるのは解放感だけだ。

「あと30分もあるしね!」とゲラゲラ笑う堕落のデスパに一通のメールが。

「間もなく到着!」とレーサーマツザキ。

「ええ!あと30分しかないじゃん!」と一気に堕落の底からの覚醒

そう、2日目は昨年同様レーサーマツザキがガイドをして下さるのです。


颯爽と現れたレーサーマツザキ、

新車でのお迎えでした。

今年もお世話になります!

f:id:karinmatasumori:20171015231953j:image

さっきまで呑んでいたのに早速イタリアンランチ。

お言葉に甘えて、ビールワインで乾杯。またか!


昨年以上にスムーズにまるでワープしているかのように移動する車の便利な最新機能が超面白い。

VRのように映像が浮かび上がったり、

ブルブル振動で教えてくれたり暗くても手話が見えるようにライティングも完璧。

どんなときでもUDチェックをしてしまう。

f:id:karinmatasumori:20171015232042j:image

「聴覚障害者のための車では?」って思うくらいの機能。

「いやレーサーマツザキのための車でしょ!」

「これはボンドカーだな!!飛ぶかもよ!!」

と勝手に盛り上がる。


ボンドカーの乗り心地がよほど良かったのか、K嬢もN嬢もあっけなく後部座席で爆睡。

着いたところは秋保大滝

f:id:karinmatasumori:20171015232145j:image

初秋の爽やかな風の中、ボンドいやレーサーマツザキが猿のように軽やかに岩を昇り降りし、

滝つぼの近くで写真を撮っているのを眺めていた。

f:id:karinmatasumori:20171015232220j:image

すると同じ場所に行こうとした若い男性が、

途中の岩場で滑落。

写真撮影をするレーサーマツザキのすぐ後ろで3メートルくらいずるずる滑り落ちていくのを目撃。

幸い無事だったものの、滝つぼの近くだから叫んでも誰も気付かないシュールな光景。

水の近くではホント気を付けないと。

f:id:karinmatasumori:20171015232247j:image

マイナスイオンをたっぷり浴びた我々は、再びボンドカーにてドライブ。

酒ではなくて美味しい珈琲が飲みたいというと、広瀬川を眺めるテラスのあるカフェにボンドカーはひとっとび!

沈む夕日を眺めながら、

そうかこの広瀬川、今朝まで浸かりまくっていた山の中の作並温泉から流れ流れて繋がっているんだな。

もしかしたら私たちの流した汗も垢もこちらに流れ着いているのかもしれない‥‥

と思わぬ所での繋がりに哀愁たっぷりの仙台の夕暮れ。

こうして幕を閉じた「デスパin作並温泉with J」。

f:id:karinmatasumori:20171015010014j:image

f:id:karinmatasumori:20171001183207j:image

いつも奔放なデスパに付き合ってくださるレーサー ジョー・マツザキに感謝。

そんな彼は宮城教育大学の先生。

様々な障害のある子どもへの支援教育の研究と実践を長年積み重ねてこられた教育、

心理分野の大学教員では唯一のろう者であり

デスパとは真逆の世界にいることを本人の名誉のために記しておく。

(でも世界はひとつ)

f:id:karinmatasumori:20171015232859j:image

f:id:karinmatasumori:20171015232634j:image

そんな世界のマツザキを指一本で持ち上げるN嬢。


2016年デスパin蔵王温泉の記事はコチラ。

http://d.hatena.ne.jp/karinmatasumori/20160811

http://d.hatena.ne.jp/karinmatasumori/20160816

2017-07-19 音を聞かずに音を捕まえるイベント

音を様々な形で表現する友人の金箱くんがまたオモシロイことを!!


「キャッチ・ザ・サウンド・ピクニック」


ヘッドホンで音を遮断し、街の中の音を振動などで捕まえながらピクニック!

虫を採るように音を捕まえ、捕まえた虫を観察するように、捕まえた音を「擬音化」する。


音を聞かずに音を捕まえる!


子どもの夏休みの自由研究にも良さそう!

http://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2017/touch-the-sound-picnic-by-icc-staff-2017/

2017-07-15 日本初!UD映画館「シネマ・チュプキ・タバタ」

f:id:karinmatasumori:20170715090111j:image

日本で唯一、すべてにバリアフリー字幕と音声ガイドがある映画館、

『シネマ・チュプキ・タバタ』


音響は抜群、更に振動式スピーカーや、

赤ちゃん連れ、発達障害や知的障害のある方でも入れる個室もあり、

障害のあるなし関わらず楽しめるユニバーサルシアター!


ありそうでないんですよね、こんな映画館。


一見の価値ありです。

http://chupki.jpn.org/


共用品ネットでは、シネマ・チュプキ・タバタの代表平塚さんをお招きしてお話をうかがいます!

7/15(土)15時過ぎ頃から、代々木オリンピック青少年センター(セ-409)にて

誰でも参加できるのでぜひいらしてくださいませ!


Facebookライブで多言語字幕付き生配信もおこないます!

■タイトル

「ユニバーサルシアター‘シネマ・チュプキ’の挑戦」

■講師名(肩書含む)

バリアフリー映画鑑賞推進団体 シティ・ライツ 代表 

CINEMA Chupki TABATA 代表 平塚千穂子

■概要

シティ・ライツが昨年9月に設立した、日本初のユニバーサルシアター

「CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)」の設立経緯、

ユニバーサルシアターとしての特徴、そして、お客様の反響や現在の課題、今後の夢についてお話します。

f:id:karinmatasumori:20170715090108j:image

f:id:karinmatasumori:20170715090105j:image

2017-02-02 川崎チネチッタ日本語字幕三連発!

話題作への日本語字幕上映三連発!

川崎の『チネチッタ』まとめてドンときました!最高。


・『本能寺ホテル』 2/11(土・祝)〜2/17(金)

・『沈黙-サイレンス-』 2/11(土・祝)〜2/17(金)

・『この世界の片隅に』【LIVE ZOUND】 2/11(土・祝)〜


「この世界の片隅に」に至っては、臨場感あふれる音を空気の響きで体感できる

ライブザウンドです。

さすがチネチッタさん、「映画はエンタメ」!

字幕をつければそれでよし!的な考えではなく

常に「もっともっと楽しんでもらうために!」を考えられているのが素敵。


そして、日本語字幕だけでなく「UDCast」による音声ガイドは

自分の端末にアプリをダウンロードし、昨年夏から導入されていましたが

2月11日より、「端末の無料貸出サービス」も始めるとのこと。

視覚障害者スマホを持っていない方でも利用できます。


以下はUDCast(視覚障害者用音声ガイド)対応上映

12/10(土公開『海賊とよばれた男』

12/17(土)公開『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

12/17(土)公開『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』

12/23(金・祝)公開『土竜の唄 香港狂騒曲』

1/14(土)公開『本能寺ホテル』

1/28(土)公開『恋妻家宮本』

1/28(土)公開『破門 ふたりのヤクビョーガミ』

2/4(土)公開『この世界の片隅に』

2/11(土・祝)公開『サバイバルファミリー』

2/11(土・祝)公開『相棒-劇場版?-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』


圧巻です!

個人的に惹かれたのが、HPの

狂気の一歩手前な<お客様へのお知らせ>

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を

劇場爆裂の一歩手前の狂気の音響空間を実現!

そのため隣の劇場にまで振動や重低音の影響発生、ドリンクサービスしちゃうぞ!って!!


映画館はこうでなくっちゃ。

狂気の音響空間、絶対体験したいww

上映時間等はホームページで確認を。

http://cinecitta.co.jp/

f:id:karinmatasumori:20170202094512j:image

リンク集