Hatena::ブログ(Diary)

松森果林UD劇場〜聞こえない世界に移住して〜

2018-07-20 日本初。聴覚障害当事者研究シンポジウム開催!9/9in仙台

聴覚障害と一言でいっても、聞こえ方や聞こえなさってひとりひとりちがいます。

ろう、難聴中途失聴、ろう重複とか、ありきたりな医学的な言葉では

説明できない世界があるのです私たちの耳の奥ふか〜くには。


私は、失聴して以来長年付き合ってきた「耳鳴り」について話します。

耳穴に鉛筆を突っ込みたくなるほどの壮絶な耳鳴りが

今や自由自在にコントロールでき

「ミミナリさん」と愛称込めて呼ぶほどの仲(ときどきウザいんですが)

となるまでのなれそめなど。


そうしたことも含めて楽しみながら「言語化」していこうよと

2016年から定期的に開催し着々と準備を進めてきた

聴覚障害当事者楽会」。

教育界のトップを行く精鋭隊三名に

「楽しい!」を追求する私なんぞが混じっております。(ドキドキ)


9月9日、「聴覚障害当事者研究シンポジウム」を開催します。

興味のある方、席数が限られておりますのでお早めにどうぞ。

-----------------------------

「自分」がかかえる生きづらさのなかから

「自分」が生きやすくなるための「研究テーマ」を見出し

自分にあった「わかりかた」や「たすけかた」を見出していく

当事者研究」は精神障害をはじめ、発達障害依存症

認知症などにも広まり当事者や専門家から注目を集めています。

しかし、聴覚障害(ろう・難聴中途失聴・ろう重複障害など)では

当事者研究の視点で取り組まれたものはまだ少ないため

どのような実践ができるのか、その可能性を探ることを目的に

上記シンポジウムを開催する運びとなりました。


シンポジウムでは、発達障害当事者研究で有名な

綾屋紗月さんに「当事者研究」とは何かについてご講演いただき

4名の聴覚障害当事者が様々な立場で

どのように「自分」にあった「わかりかた」や

「たすけかた」を見出してきたのかを話題提供します。

人の数だけ、生き方があり、困難があり、乗り越えていく手段があります。

いらっしゃった皆さんとコミュニケーションをとりながら

次へのステップを見つけ出すきっかけを一緒につくっていきたいと思っています。


多くの皆さまのご参加をお待ちしております!

定員は70名までですので、お早めに!

日時:2018年9月9日(日)10:30〜15:00

会場:宮城教育大学720教室

参加費:500円

お申込みは

宮城教育大学特別支援教育講座聴覚・言語障害教育コース

松粼 丈 まで

?氏名?所属や障害の有無?連絡先(メールアドレス)?目的やコメント等をお送りください

メール:joemk@staff.miyakyo-u.ac.jp

FAX:022-214-3501


以下のURLでチラシをダウンロードすることもできます。

https://d.kuku.lu/e60f969a4e 

(「ファイルをダウンロードする」の文をクリックしてください)

f:id:karinmatasumori:20180720191156j:image

2018-07-15 早稲田大学での授業

早稲田大学で「障がいの理解と支援」という授業。

終了後に、担当教授から

「ひとりひとりに語りかけるように進めていくのがとても印象的でした」

という言葉をいただきました。


この言葉は個人的にとても嬉しいものでした。

昨年「ダイアログ・イン・サイレンス」に関わり始めてからの変化の1つだと思います。

一人ひとりの反応を見ながら対話を進める楽しさ、です。


学生からのコメントも、全部目を通します。



・印象に残ったのはユニバーサルデザインは多くの人にとっての使いやすさや便利さだけでなく

「楽しい」ものであるべきだという松森さんの考え方です。

ユニバーサルデザインを意識することによって

障害に対する考え方をもっとポジティブで楽しいものにしていけると思います。


字幕付きCMに興味を持ってくださった方も。


第一に耳が聞こえないことによる情報格差の大きさに驚いた。

20年も前からCMに字幕をつける提案をされているのに

なぜいまだに約20社だけなのか疑問に思いました。

日本には数多くの会社が存在しているのに、格差をなくしていかなくてはと思いました。


・字幕付きCM放送の話しが気になり、講義後に総務省の調査報告書を見ました。

特に気を引いたのは、「難聴者」に分類される人の1日当たりのテレビ視聴時間が聴者より長い点です。

また、視聴ジャンルの図から難聴者の多くは高齢者だと予想しました。

それと同時に字幕がある方が難聴自覚者の心証が良いことから、高齢社会において字幕は非常に重要だと思いました。


と、授業後自ら調べてくださった学生も。

授業後のアクションに繋がるのはとてもうれしいこと。

学生一人一人が、きちんと目を合わせて向き合ってくれたのも印象的でした。

f:id:karinmatasumori:20180715133246j:image

2018-04-04 「ワンポイント手話」卒業。4/6が最後の放送です

しばらくSNS離れをしておりましたが元気です(笑)

気が付けば新年度突入。

色々お知らせやらご報告したいネタがたまりにたまっておりますが

まずはこちらから。


「ワンポイント手話」卒業します。

当初3年間の予定が4年間続いたワンポイント手話

週に3回も再放送があるので、多くの方に見ていただきました。

外出先で声を掛けられることも多く、テレビの影響の大きさを実感したものでした。

空港や病院の待合室などのテレビはNHKが多く

突如現れる自分に驚き恥ずかしがることもたびたび。笑


最後の放送は4月6日午後13時30分〜13時35分テーマは「外来語」です。

良かったら見てくださいね。


難聴者や、中途失聴者が手話を学ぶのは案外ハードルが高いことです。

聴者向けの手話講座などに参加しても

音声での指導が聞こえないと難しいからです。

そんな方々でも分かるようにと

音声に頼らず「目で見て学べる」ワンポイント手話は貴重な番組だと思います。

手話に興味がある方が見ても分かりやすい初歩的な内容です。

こんな素敵な番組に四年間も関われたのは、幸せなことでした。

応援してくださった皆様に心から感謝を申し上げます。



そして4月11日からは新たな出演者を迎えて新スタートです。

私が大好きな友人も出ておりますので

引き続き応援していただけると嬉しいです♡

http://www4.nhk.or.jp/one-syuwa/

2017-12-27 羽田空港の「手話フォン」

手話で通話できる公衆電話ボックス「手話フォン」を試してみました。


12月3日、国内ではじめて羽田空港国内線第1、2旅客ターミナル出発ロビーに設置されたものです。

公衆電話より一回り大きめで、使い方はいたってシンプル。

相手先の電話番号を押すと、画面に映るオペレーターが手話で電話をつないでくれるので

ほぼリアルタイムで電話ができるのです。

公衆の電話リレーサービスですね。

利用料は無料で、時間は午前8時〜午後9時まで。

一緒に仕事をしている空港関係者に、羽田空港から電話をする私。

f:id:karinmatasumori:20171227111036j:image

f:id:karinmatasumori:20171224220703j:image

空港という場所ですから

「爆弾低気圧で全便欠航のため宿泊先をキャンセルしなくてはならない」といったときなど、活用できそうです。


この「電話リレーサービス」は私は日常生活で利用しています。

スマホやパソコンで、チャット、LINE、手話で電話をつなぐサービスで

日本財団が2013年から開始し、現在契約している聴覚障害者は5000人以上だそうです。

今では日常生活のほとんどがスマホひとつで事足りるのですが

美容院や病院、レストランなどの予約はもちろん

キャンセルなど急ぎの時、子どもの保育園や学校への連絡など

電話が必要なこともあります。


実は電話って、日本で唯一聴覚障害者がアクセスできないインフラなのです。

日本で聴覚障害者が電話ができないのは常識のように思われ

職場でも電話が必要のない仕事や部署へという「配慮」がされることもあります。

「電話お願い手帳」などというものもありました。

電話に関しては「お願いします」「ありがとう」の繰り返しで

自立には程遠いと感じていました。

しかし、電話リレーサービスの委員会に関わり

海外では20か国以上で公的なサービスとして利用され

24時間無料で提供されている国も多いと知って驚いたものです。


今回設置された「手話フォン」が従来の「電話リレーサービス」と違うところは何かというと

「公衆」であることに加え、手段が「手話」に限られていることもあげられるでしょう。

電話リレーサービスは、手話の他、即時性のあるチャットやLINEでの対応も選べるのですが

手話フォンは、現時点では手話対応のみです。


実は、聴覚障害者の中には手話ができない人も多くいます。

手話は分かるけれど、リアルタイムの会話では難しいという人もいます。

同じ聴覚障害者でも

文字での対応を望む難聴者が多くいるニーズにどう対応していくのか、今後が楽しみです。


公共性の高い場所では、設置するだけでなく

当事者が実際に利用し、使いやすいかどうかを検証し

有効性と必要性を示していく必要があります。

利用する人がいなければ、なくなる可能性もあります。

また、当事者とひとことで言っても、

ろう者もいれば難聴者もおり、

その中でも子どもや高齢者、車いすユーザー、外国人など多種多様な聞こえない・聞こえにくい人がいるわけです。

できる限り多くの当事者が検証する場と

そこで出された課題を改善につなげていくスパイラルアップを繰り返すことが重要です。


2020年オリンピック・パラリンピックに向けて

手話が分かる人も分からない人も、外国から来たろう者や難聴者も

あらゆる人が「気軽に電話にアクセスできる」そんな日本が楽しみ!

今年は仕事で月に何度も羽田空港に行っているので行くたびにチェックです。

f:id:karinmatasumori:20171227111233j:image

hirohiro 2017/12/27 23:12 ハンデがあっても住みやすい社会でありますように。

石井靖乃石井靖乃 2017/12/29 10:10 電話のバリアフリー化に向けてこれからも頑張ります。どうぞ、よろしくお願いします!

2017-11-21 CMに字幕を!シルバーエキスポにて講演

ジャパンシルバーエキスポにて講演。

「テレビCMにも字幕を!」

平成28年度総務省の「字幕付きCM調査報告」によると

難聴自覚している人は驚くべき数がいることが分かりました。

このうち「CMに字幕がついた方が良い」と考えている人は1,707万人も。

高齢社会において難聴者は増えており、字幕付きCMの必要性が高まっています。


私が活動をしている国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD)の

研究部会のひとつ、余暇のUDプロジェクトでは

2006年から「CMにも字幕を!」テーマに

CM字幕の普及を目指して活動をしてきました。

聴覚障害とCM字幕の現状や

総務省の最新の調査結果をもとに

CMに字幕がつくことの効果と期待や

2016年に東京首都大学とコラボレーションをして制作したCMに

自由な発想で作った字幕を付与したものを紹介。

「字幕の可能性」などについて

国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD)の研究部会のひとつとして

「余暇のUDプロジェクト」があります。

聴覚障害者や車イス使用者などがおり

聴者はわずかという面白いメンバー構成。


副主査は大学時代の先輩。

昨夜は遅くまでLINEでやりとりしながらプレゼンデータを作成。

いつも素敵なデザインを考えてくれます。

「下請け業者みたい」とかいいつつ、頼りになる先輩です!

f:id:karinmatasumori:20171121232955j:image

f:id:karinmatasumori:20171121233643j:image

リンク集