Tres tristes tigres...

2003 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2008 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 12 |
2009 | 01 | 05 |

18de5,2009(Mon)

[][][] を含むブックマーク

5月10日入籍しまして、往年の新婚旅行メッカである九州を巡ってきました。ほんとうはメキシコに行くつもりだったんですが、新型インフルエンザ流行につきツアーキャンセルなっちゃった宮崎別府新婚旅行先として流行ったのは今の60代くらいの人たち世代でしょうか。


まずは大分空港入りしてバス別府へ。別府を選んだのは、僕が「混浴温泉世界」を見たかったからなんですが。

 国籍も多様な8組のアーティスト別府を訪れ、それぞれの場所を選び、その場所でしか成立しない作品を発表します。ここに出現した作品は、新たな精神の旅へと誘っていく別世界への門、「アートゲート」となるものです。これらを探して別府を散策する、旅としての展覧会アートゲート・クルーズ」を核として、国内若手アーティストが古いアパートで滞在制作する「わくわく混浴アパートメント」、コンテンポラリーダンスプロジェクト「ベップダンス」や、市内の特徴的な場を会場とする音楽ライブ「ベップオンガク」、別府路地裏を案内する散策ツアー「ベップナビゲート」など、多彩なプログラムが開催されます。

 これらが渾然一体となって、もうひとつの世界、「混浴温泉世界」が別府に現れるのです。

ダンスライブイベントは日程がうまく合わず見られませんでした。OOIOOとかちょっと見たかったけど。で、アートゲート・クルーズと関連イベントの「わくわく混浴アパートメント」を見てきました。あんまり公式サイトをしっかり読まずに旅立ったので、素っ裸にされて温泉に放り込まれたりする芸術祭なんだろうかと若干の不安と期待があったんだけど、普通別府の街を巻き込んでの展示でした。しかし街のさびれかたがヤバい。以前訪れたのは確か小学生の時だったので記憶が殆どないけれど、それにしても寂れている。駅はキレイだけど。

別府は駅周辺のエリアと、そこからローカルバスで移動するいくつかの温泉郷エリアに別れていて、「混浴」は駅周辺と温泉郷の中で一番有名な鉄輪(かんなわ)エリアを中心に行われていました(あと別府国際観光エリアにも幾つか作品があるんだけど時間無くて見られず)。

f:id:kasuho:20090511144351j:image

宿の近くの駐車場に唐突に止まっていた車。遠藤一郎の新作、でしょうねきっと。

f:id:kasuho:20090511153414j:image

これはインフォメーションセンター。幕はチャン・ヨンヘ重工業作品

f:id:kasuho:20090511161759j:image

M字開脚エロテロリストで有名なインリン場末スナックのような場所(お茶漬け屋らしい)で、割烹着を着たインリン別府路地を、何者かに追われて逃げまどうという映像作品を公開していました。二階には座敷牢子供部屋。案内の方に聞くと、テロリストとして活動から抜け出し子供を育てながらお茶漬け屋を営んでいたインリンだったが、悪夢のような記憶フラッシュバックしただかテロリストから追われただかで、逃げ出したというストーリーとのこと。無音の映像に加え別のスピーカーから喘ぎ声だけが流れてくるのでかなり不気味な雰囲気。因みにエロは殆どありません。

f:id:kasuho:20090511172501j:image

チャン・ヨンヘ重工業映像作品別府新婚旅行をした男女それぞれの独白が、別々のスクリーンで同時に流れています。尺なのかスピードなのかが合っておらず、お互いが噛み合ずどんどんずれていくので物語全体が把握できないところが面白い。独白は面影ラッキーホールの歌詞のような世界観。はからずも別府ハネムーン中の我々は苦笑してしまいました。この作品が僕も妻も一番お気に入り韓国人アメリカ人ユニットらしいが、誰が訳したんだろうか。男女の絶妙な昭和っぽい口調がすばらしかった。


一方「わくわく混浴アパートメント」の方は若手作家が木造アパート全体でぐちゃぐちゃに制作・展示するというスタイル遠藤一郎とか淀川テクニック、加藤愛、Antennaとか注目されている作家もいるけど、大半は九州アーティストで殆ど知らない方ばかりでした。大分舞鶴高校美術部員なんかも混じっててかなり混沌としてます。

f:id:kasuho:20090511175502j:image


全体としては、かなりの地元密着型なアートイベントでした。地元の人や別府を良く知る人だとまた見方が変わると思うけど、とにかく作品が目立たなくて探すのに一苦労。ただこれはデメリットというわけじゃなくて、探している間に別府周辺の地図が完全に頭に入っちゃったし、普段なら絶対通ることのなさそうな路地なんかに気付いたら入り込んでいる、という点では凄く面白い体験ではあります。作品よりも作品探しで街歩きを結果的に楽しむ、という。その分作品はこじんまりしてて単体で面白いかというとかなり微妙なものがありますけど。翌日は鉄輪エリア地獄をめぐりつつ、ですが続きはまた。

aruaru 2009/05/30 00:21 入籍おめでとうございます。
お祝いするので、早く東京来い!

03de1,2009(Sat)

[] を含むブックマーク

f:id:kasuho:20090104002112j:image

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

画像はさっきイーハトーヴから帰ってきてちゃちゃっとつくったリアルの方の年賀状。3日過ぎても出していいんだっけ?

サトーサトー 2009/01/04 14:33 あけましておめでとう!本年もよろしくお願い致します。帰福の際にはお気軽にお立ち寄りください。吉武かマリノアにいるから。笑

kasuhokasuho 2009/01/04 22:22 ども。今年は年末年始帰省できなかったから、多分春か夏には行くと思いますー。

04de12,2008(Thu)

[]クラゲ株価の下落(回文クラゲの株価の下落(回文)を含むブックマーク

f:id:kasuho:20080922164902j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kasuho/20081204

31de8,2008(Sun)

[][]半ばナンキン人気。んな馬鹿な(回文半ばナンキン人気。んな馬鹿な(回文)を含むブックマーク

香川県の直島に行ってきました。

岡山県宇野港から直島の宮ノ浦港までフェリーで20分程度。あっという間に着きます。宮ノ浦では早速草間彌生の赤いナンキンがお出迎えしてくれて「あぁ、あたい今からアートアイランドスローライフトラベルを満喫するのね!」という気分が否応なく盛り上がってまいります。土砂降りですけど。

宮ノ浦の海の駅は金沢21世紀美術館と同じくSANAAの設計でとてもスタイリッシュです。でも一歩出るとベニヤ板に某電気鼠などをあしらったたこ焼き屋があるなど、人口3,500人のド☆田舎であることも忘れずにアピールしてきます。そういう意味では赤い南瓜も、割と大きめの公園によくある滑り台とか昇り棒とかを兼ねたよくわからない派手な遊具に見えます。実際に子らが中に入ってわいきゃいやってます。溶け込んでて良いんじゃないでしょうか。南瓜のそばには釣り客が落っことした鯵が車に轢かれてくきゃっと折れていました。グロ画像なので自重します。あと地元若者が着ていた「爆釣黒鯛連合会」のTシャツが格好良かった。どこで売っているか聞こうと思ったけれど、「あぁんテメー黒鯛の餌にしてやんぞ」にされそうだったので止めておきました。

地中美術館ベネッセハウス、家プロジェクトの三つが主なアートスポットで、それぞれが離れた場所にあるので町営バスで移動します。一時間に一本程度、一回100円なのでノープランでもさくさく移動できました。ベネッセ関連の宿泊施設は便利なんでしょうけれど、最低でも一人一泊30,000円はかかるので、宮ノ浦の民宿にしました。ママカリ寿司が美味しかったです。あとコンビニがないので要注意。三菱直島生活協同組合が宮ノ浦と本村にあるので、そこで生活用品が購入できます(19:30まで)。宮ノ浦の生協の向かいの「ピンポンギャラリー」では今年8月19日から森万里子の《ニルヴァーナ》が見られます。歌が頭にこびりつき洗脳されそうになって大変危険なので、生協うどんなど食べて再び日常回帰しましょう。

f:id:kasuho:20080831194044j:image

f:id:kasuho:20080829112600j:image

着いたら土砂降り。

f:id:kasuho:20080829193717j:image

赤南瓜の中。昼間も光っているんだけれど、夜に行くと怪しい感じになります。

f:id:kasuho:20080830112856j:image

黄色は人気スポット。直島の広報物で一番よく登場しているんじゃないか。

f:id:kasuho:20080829132200j:image

地中美術館近辺の「地中の庭」。ジヴェルニーの庭園モデルにして、モネが好んだ植物が植わっています。地中美術館は作品が全て恒久展示なので、一般の美術館とは全く違ったテーマパークのような雰囲気になっているのは実感できました。モネやデ・マリア太陽光を意識して展示してあるので、晴れているとまた印象は違うんでしょうけれど。

f:id:kasuho:20080830115218j:image

ウォルター・デ・マリアの《Seen/Unseen Known/Unknown》。かなり地味な所にある。近くにはジョージリッキーの《Three Squares Vertical Diagonal》や大竹伸朗の《シップヤード・ワークス》があります。

ベネッセハウスでは現代美術教科書のような豪華メンバーが名を連ねています。ブルース・ナウマン《100生きて死ね》とかリチャード・ロング、ジョーンズにフランシストゥオンブリ杉本博司などなど。柳幸典が3点あって、どれも非常に良かったです。あとカフェの中にナム・ジュン・パイクオラファー・エリアソンが展示されている、というのも良かった。やっぱり作品見ながら飲食できるのは良いですね。

f:id:kasuho:20080830184757j:image

偶然にも土曜日は直島町花火大会「直島の火まつり」で、琴反地で夜店と打ち上げ花火を楽しませてもらいました。町長の後にベネッセCEO福武總一郎氏が挨拶してました。CEOお話に聞き入る直島のみなさん。右の子は踊っていました。

f:id:kasuho:20080831090806j:image

最終日だけ晴れたんだぜ!

イカノフイカノフ 2008/09/02 00:50 ノウゼンカズラが美しいですね。
一応お仕事が決まりましたので、気兼ねなく会えそうです。
機会あらば、誘ってください。
ご帰福の際など。

ふとまたみんなで写真の見せ合いこなどしたいなぁと思いました。

kasuhokasuho 2008/09/02 16:29 ご無沙汰しております。仕事決まったんですね、おめでとうございます!
久々にカメラを弄ったんですが、やっぱり楽しいですね。折角なので撮りためて行こうと思ってます。なかなか帰福できずにいますが、またお会いしましょう。

leChampleChamp 2008/09/04 23:54 お久しぶりッス!直島行ったんですね。ぼくも去年行きましたが、まあ直島もすごくよかったんですが、やはり瀬戸内海っていうのは本当に美しいなと改めて実感しましたよ。
しかしkasuhoさん今ナゴヤ在住ですか?大須とかごっつ懐かしい響きですわ。こんど飲みにいきましょう。コメダ珈琲とスガキヤにもいきましょう。

kasuhokasuho 2008/09/05 01:00 おぉ久しぶり。結構みんな行ってるもんだね。正直穴ぼこの船体のオブジェより、漁師がもぞもぞやってる漁船見てる方が楽しかったりもしました。
leChampいま北関東勤務だっけ?大須近辺に住んどるんでいつでもおいでくださいましー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kasuho/20080831

26de8,2008(Tue)

[][] を含むブックマーク

『トレース・エレメンツ―日豪の写真メディアにおける精神と記憶』@東京オペラシティアートギャラリー

新宿GR DIGITAL IIを買ったついでに、オペラシティトレース・エレメンツを見てきました。

出品作家木村伊兵衛賞とった志賀理江子に始まり、ジュネヴィーヴ・グリーヴス、松井智恵、古屋誠一、アレックス・デイヴィス、田口和奈、フィリップ・ブロフィ、ソフィーカーン古橋悌二、ジェーン・バートンの十名。サブタイトル写真と銘打っています*1が、半分は映像作品なので点数は少ないけれど見るのに結構時間がかかりました。トレースは痕跡なんでまあ分かるんですが、エレメンツは何なん(´・ω・`)と思っていたら、生物学の「微量元素」のことらしいです(チラシによれば)。

フィリップ・ブロフィの《蒸発した音楽》は、マライア・キャリーとかフィル・コリンズとかのプロモからオーディオトラックを抜いて、新たに音を吹き替えた作品。例えばマライアのAlways Be My Babyではぱしゃぱしゃと水の音がしたり潜ってるときはぼごぼごいってたりする。元々がすげえセンスだな、ってプロモを選んできて、妙な音をつけるもんだから物凄いおどろおどろしい映像になってて面白かったです。ダムタイプ中の人古橋悌二の《LOVERS永遠恋人たち》は作品よりもプロジェクタの動きが気になってずっと見てました。アレックス・デイヴィスの《ディスロケーション》はその名の通りで、感覚が簡単に混乱させられて楽しいです。カメラふさいだりずっとうろうろしてたら他のお客さんに変な眼で見られました。

内容的にも展示会場的にもなんだかどんよりしていて暗い気持ちになれます。平日雨のせいもあって人全然いないし。なんかこう、科学技術館的なポジティブインタラクティブ性とか技術を追求したところと掛け持ちすると落差がひどくて楽しいんじゃないだろうか。

あと展覧会公式サイトでの微量元素の説明がWikipediaそのままなのは大丈夫なのだろうか...。

http://www.operacity.jp/ag/exh96/j/exhbition.html

微量元素 - Wikipedia

生物学において微量元素(trace elment)とは、生命活動に不可欠な元素のうち生物の体内に保持されている量が比較的少ない元素のこと。一般に、生体含有量が鉄以下の元素を指す。さらに、微量ながら生命活動に欠かせない元素を「必須微量元素」と呼び、ヒトにおいては鉄、亜鉛、銅、マンガンヨウ素モリブデンセレンクロムおよびコバルトが知られている。

f:id:kasuho:20080827025417j:image

*1:ああ、これ「写真メディア」なのか。書いてて気付いた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kasuho/20080826