Tres tristes tigres...

2003 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2007 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2008 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 12 |
2009 | 01 | 05 |

09de8,2005(Tue)

[] を含むブックマーク

柳津の宿にて早朝新聞をパラリと開きながらロビーテレビ広島の式典を見る。そうか、今日は広島原爆の日だったか、そういえばそうだったな、とぼんやり考えていたら、新聞の片隅に下の漫画広告が載っていた。

帯が矢鱈に絶賛している(まあ作品をくさす帯なんて無いが)。しかも何故かみなもと太郎

裏表紙や帯にはヒロシマ舞台であり原爆テーマであることがきちんと書いてあるのだが、平積みされている状態だとどうみても高野文子辺りの二番煎じのようにしか見えないので新聞広告を読むまでは買う気が全然無かった。ネット上で書評を幾つか眺めたが、結構同じように思った人が多い。いや漫画買う時になかなか表4まで見ないでしょうよ普通。

やわらかい丁寧な画風だが読後感は物凄く重い。

嬉しい?

十年経ったけど

原爆を落とした人はわたしを見て

「やった!またひとり殺せた」

とちゃんと思うてくれとる?

夕凪の街」と「桜の国」は独立した短編として書かれているが、設定としてはゆるく繋がっている。「夕凪の街」が原爆投下から10年後のヒロシマ、「桜の国」がそれから更に50年たった現在である。

夕凪の街」で描かれる絶望と呪詛はいくら忘れ去られようとしても、何処かで繋がっており、いつでもふと蘇ってくる一種の怨念のような力を持っている。こうの史代あとがきで「夕凪の街」に関して、

このオチのない物語は、三五頁で貴方の心に湧いたものによって、はじめて完結するものです。これから貴方が豊かな人生を重ねるにつれ、この物語は激しい結末を与えられるのだと思います。

と書いている。

一方「桜の国」ではその念をこうのなりに希望に満ちた未来へと向かって解き放とうとしているように見える。だが、それは「夕凪の街」の解答篇ではなく、ある一つの方向をぼんやりと指し示しているに過ぎない。この続きは読者である我々が考えなくてはならないのだ。さて、我々はこの話にどういう結末を与えることができるのだろうか...。

もっときちんと感想を書きたいが、うまく言語化できない。重いテーマの作品や事象に関して何かを語るのを避けるのは良くないとは思うのだが。薄い本だが繊細で緻密なストーリーと絵は読み応えがある。一読をお勧めしたい。

夕凪の街桜の国

mk666mk666 2005/08/10 00:45 会津若松は私も最近フジロック帰りに乗り換えの時、少しだけ立ち寄りました。駅弁が結構美味しかった。電車マニアでは無いですが、磐越西線の会津若松-新潟方面を走る電車のデザインが「角が丸いカワイイデザイン」なので気に入りました。

kasuhokasuho 2005/08/10 01:09 駅弁4種類くらいしかなくて、そのうち2種類食べたから多分かぶっていると思うけれど、確かに美味しかったです。名物の鰊の山椒漬けがもうたまらないね。SLというかSLファンのおじさんに気を取られて磐越西線の外見は見逃してしまいました...。

kogumachankogumachan 2005/08/10 01:11 サザエ堂いってみてほぢかったなあ。でも会津の人そんなにフレンドリーなのかー。ますます薩摩生まれの私は腰が引けるのだが…。親切にしてくれて突然態度激変とかやだなあ。

kasuhokasuho 2005/08/10 01:18 いや行きたかったんですよ。レンタサイクルも借りたんですよ。でも暑いんすよ。正常な判断とかできないんですよ。旅行先なのにブクオフを見つけてわざわざ入りそうになるくらい正常な判断とかできないんすよ。
会津異様にみんなフレンドリーでした。菓子屋のおばちゃんと現代の美術受容に付いて1時間半程議論を戦わせたりしました。旅館で僕の名字が珍しいと言われて、「鹿児島の方の名字なんですよー」とつい答えてしまって後で肝を冷やしました。

mk666mk666 2005/08/10 01:24 鰊の山椒漬け、あれ名物なんすか。地元(といっても県が一緒ってだけ)なのに知らなかった。会津若松という土地は、新幹線が通っていない、磐越西線が無駄に長い、などなどの地理的に隔離されている条件から、同じ福島県民からも「ちょっと違う」と認識されているような気がします。私が食べたのは健康志向がウリのヤツでした(名前忘れた)。

>「あちーからオラやってらんね」
正しくは「あづくて、せづねぇがら、オラ仕事なんてやんだぐなっちまう」だと思われます。

kasuhokasuho 2005/08/10 01:36 あれ地元福島なんですか(って前聞いたかも知らんけど)。そうそう健康志向のヤツですね。あと「こづゆ」と「桜刺し」と「鰊の山椒漬け」と「棒鱈の煮付」と「田楽」が名物だとガイドブックはしきりに言っていました。
あづくてせづねぇがらオラ名所巡りなんてやんだぐなっちまったよ。