とれいん工房の汽車旅12ヵ月 Twitter

鉄道関係の時事ネタを紹介するブログです。趣味の外縁部に転がっている、生活には役に立たない情報を中心に語ります。廃線、未成線、LRT、鉄道史、遊覧鉄道、鉄道マニア、鉄道本書評、海外の鉄道、マンガ、アニメ...etc。 「鉄道未成線を歩くvol.8 東京の新線構想2030」など同人誌を書泉グランデで販売中。

2008-04-01

katamachi2008-04-01

[]JR東日本グループ経営ビジョン2020−挑む−」を要約してみる。

 最近、JR東日本が熱い。

【PDF】宇都宮・高崎・常磐線の東京駅乗り入れ工事の着手について JR東日本

<JR東日本>国内初「スーパーグリーン車」導入3月31日毎日新聞

と、3月末になって鉄道マニアが気になる情報リリースしている。もちろん首都圏の利用者も同様であろう。なにか東京東日本鉄道が激変する。そんな期待を抱かせてくれるニュースだと思う。

 うん、JR東? なにか発表するのかな……と思っていたら、

 東日本旅客鉄道JR東日本)は31日、2008年度からの「グループ経営ビジョン」を発表した。08年度から3年間の設備投資額をこれまでの3年間に比べ約2000億円上積みし、1兆4000億円に設定。東北新幹線への「スーパーグリーン車」(仮称)の導入などサービス向上や駅ビル開発などに積極投資し、10年度には連結営業利益で5180億円(07年度見込み4360億円)を目指す。

 設備投資は、運輸事業に1兆円、駅ビル開発など不動産や流通、電子マネースイカ」事業の強化などに4000億円をあてる。

JR東、設備投資上積みし計1兆4000億円に・3年で日本経済新聞

という記事が。なるほど、新年度に向けて中期的構想をアピールしてきたか。これを受けて、今日4月1日JR東日本株は大幅続伸。「グループ経営ビジョン」を発表するなど積極的な投資の姿勢も示したことが好感されたという。

 やっぱり、首都圏鉄道網は堅調に推移していると思う。私鉄各社も、東京メトロ新都心線絡みのプロジェクト以外にも積極的に投資を続けている。JR東海が中央リニア新幹線の先行き不透明さ、JR西日本が3年前の尼崎事故でなかなか効果的な策を打てていないのと対照的な動きだ。地方に住んでいる自分なんかとは違い、まだまだ夢を見ることが出来る環境なのかもしれない。

 さて、今日は、JR東日本ホームページpdfファイルで発表された「グループ経営ビジョン」の中で、鉄道マニア的に興味深い部分を抜き出してみよう。

JR東日本グループ経営ビジョン2020 ―挑む―

JR東日本「グループ経営ビジョン2020−挑む−」について(プレスリリース)

新幹線ネットワーク

首都圏在来線の整備

地方ローカル線の合理化

  • 地方幹線 設備、車両の若返りを進める。「以前の重厚長大な設備を見直し、その路線が持続可能となる、実状に即した設備へと改善します」
  • 地方交通線 「ご利用の増加に向けた取組みと徹底した事業運営の効率化を引き続き推進します。その上で、鉄道として維持することが極めて困難な路線、区間については、ご利用実態を十分検証した上で、当社グループを事業主体とする鉄道以外の輸送モードの導入も含め、全体としてのサービス水準の維持・向上をめざします」

運転の安定

サービス事業の拡充

Suica 事業

モバイルSuicaについては、オートチャージ機能を追加。モバイルSuica定期券モバイルSuica特急券では、利用に応じた還元サービス

SuicaやIC乗車券の全国展開


 と、備忘録を兼ねて内容を整理してみた。環境がどうのこうのとか、経営目標数値とか、そういうのは割愛。興味がある人は本文を読んでください。

 で、僕的に気になったのは以下の言葉。

 これから首都圏でも、居住者の高齢化と退職、低成長・通勤需要減退の時代を迎えることになる。永年、首都圏国電→E電の課題となってきた「殺人的な混雑の緩和」といったテーマに引きずられていたら投資戦略を誤りかねない。乗車率が150%程度に抑えられれば理想だが、その投資に見合うだけのリターンがあるとは思いにくい。

 今回、JR東は、「混雑緩和」という言葉を封印し、自らの鉄道線を軸とする空間の魅力向上に主眼を置いて中期計画を組み立てている。正直、どこか借り物っぽい言葉も多いのは事実だけど、それはそれで一つの見識だと思う。

 ただ、僕だけでなく、鉄道マニアにとって気になるのは次の表現。

 「地方交通線」は、ご利用の増加と徹底した事業運営の効率化を推進する。その上で鉄道として維持することが極めて困難な路線・区間については、当社グループを事業主体とする鉄道以外の輸送モードの導入も含め、全体としてのサービス水準の維持・向上をめざす。

 「当社グループを事業主体とする鉄道以外の輸送モードの導入」と回り回った言い方をしているけど、要は、鉄道線の廃止→バスやLRT、DMVなど鉄道以外の輸送モードに転換する可能性についてコメントしているのだ。

 ついにJR東日本も明言してきたか……

 過去に、盛岡支社が岩泉線バス転換の提案をしている。2006年頃から盛岡市などの識者でつくる盛岡にLRTを走らせ隊山田線の市内区間のLRT化を提案している。北上線奥羽本線新庄〜横手間、米坂線......など、「鉄道以外の輸送モード」が導入される可能性がありうる地方交通線は少なくない。「当社グループを事業主体」という言葉からすると、完全に切り捨てるのではなく、近鉄から分離された伊賀鉄道養老鉄道のように、なんらしかの形で新主体へコミットを続けるということなのだろうか。

 地方交通線を抱える自治体は、早晩、路線の存廃について決断する必要に迫られるのだろう。ここまで財政が悪化している中で、首長、地方議会鉄道の価値をどこまで評価してくれるのか。実際に利用する住民たちは鉄道が必要だと言ってくれるのだろうか。クルマ社会からの脱却というお題目日本国民に共有される日が来るのだろうか。そして、僕たち鉄道マニアはなにか有効な言葉を発信することが出来るのだろうか。難しい問題が山積しているな……とは思うのですが、それはまた別の話。

n_wakan_waka 2008/04/02 07:48 あ、私『「当社グループを事業主体とする鉄道」以外の輸送モードの導入。』だと思ってました(-_-;)
そっか、『「当社グループを事業主体」とする「鉄道以外の輸送モード」の導入。』ですね。
ややこし〜。

katamachikatamachi 2008/04/02 08:46 確かに、なんとでも読めるような曖昧な文章ですよね。廃止するとは一言も言ってはいないのも確か。まあ、半分、株主へのPRみたいなものだし、あまりそれに突っこむというのもヤボなんでしょうね……

つきのわぐまつきのわぐま 2008/04/05 11:36 要するにローカル線をバス転換したいということでしょう。ネットで公開されている国会議事録を読むと、ローカル線のバス転換は1960年代頃から活発に議論され、一部路線では実行に移されていたそうです。(この辺はもりくちさんがかなりお詳しいと存じます。)廃止したいけど沿線の説得が厄介、でも設備は確実に老朽化している。(設備の耐用年数が過ぎているローカル線も多いのでは?)鉄道事業者にとって悩ましい問題だと思います。

katamachikatamachi 2008/04/08 00:33 >ローカル線のバス転換は1960年代頃から活発に議論され、

1968年の赤字83線のことでしょうか。正式に発表される前に新聞ですっぱ抜かれ、先に具体的な廃止候補路線名が出てしまったため、議論がめちゃくちゃになったんです。たとえば白糠線(当時、白糠〜上茶路)も廃止対象線だったのに、1972年に道内選出の議員が運輸大臣になると、突然、釧路二股(北進駅)までの開業が決定したり……ともう無茶苦茶でした。現在の道路建設を巡る議論の中で、なかなか凍結する道路の名前が出てこないのも、そうした総論賛成各論反対となる世論と議員の動向を測りかねているからなのでしょうか。

>ネットで公開されている国会議事録を読むと、

あっ、これも衆院などの議事録でアップされていますか。また機会があったら調べてみます。ありがとうございました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証