とれいん工房の汽車旅12ヵ月 Twitter

鉄道関係の時事ネタを紹介するブログです。趣味の外縁部に転がっている、生活には役に立たない情報を中心に語ります。廃線、未成線、LRT、鉄道史、遊覧鉄道、鉄道マニア、鉄道本書評、海外の鉄道、マンガ、アニメ...etc。 「鉄道未成線を歩くvol.8 東京の新線構想2030」など同人誌を書泉グランデで販売中。

2008-09-24

katamachi2008-09-24

[]宮崎駿鞆の浦を「崖の上のポニョ」の舞台と言いたがらない理由。

 瀬戸内海景勝地、鞆(とも)の浦(広島県福山市)で、宮崎駿監督アニメ映画崖の上のポニョ」の舞台をめぐり、市と市民団体の間で“論争”が起きている。

「ポニョ」の舞台めぐり論争 瀬戸内の景勝地、鞆の浦で産経新聞、2008.9.23

 この「崖の上のポニョ」は公開初日(7月19日)、広島県福山市にある某映画館で見た。知人に誘われて瀬戸田町を訪ね、鞆の浦に立ち寄った、その帰りのことである。

 鞆の浦に行ったのは、もちろん、この日、「ポニョ」の公開がされると知っていたから。

 さぞ福山市は「ポニョ」フィーバーで盛り上がっているんだろうな、と半ば期待し、半ば不安に思いながら福山駅へ着いた。

 でも、福山市中心部でも鞆の浦でも「ポニョ」という言葉はほとんど見ることがなかった。わずかにトモテバスの車内に映画の200円割引券が吊されていたのと、ともてつバスセンター内の観光情報センター手作りの観光マップみたいなものが掲げられているだけ。日本で一番ネームバリューのある映画監督とご縁のある街としてはかなり地味な、いや目立たない扱いだった。

 上の産経の記事を読むと、一部地元住民と福山市との間で温度差がある旨を伝えているが、それは公開当日に鞆を訪ねた私も実感した。

 じゃあ、「鞆の浦」という街は、「ポニョ」の舞台なのか……と問われると、ちょっと違和感はある。アニメ監督として舞台鞆の浦だと明言すると、作品の世界観を壊してしまいかねない。それには二つ理由がある。

 さて、この鞆の浦と「ポニョ」。

 両者には、

のような関係がある。

 まあ、「トモバス」とかいう名前が作中に出てきたんだし、鞆の街から仙酔島への風景と同じアングルが作中でも使われている(下の画像)。知っている人が見ればもっと気付く点は多いのだろう。

f:id:katamachi:20080924233958j:image

 この産経の記事に対して、ジブリは、

映画モデルとなった場所を特定すればファンが殺到して迷惑をかける」として、「鞆の浦舞台」とは断言していない

という姿勢のようだ。


アニメ映画舞台を特定したがらないのはなんでなんだろう

 特定の街を映画舞台とはしない……という考えは、これまでのジブリ、そして宮崎駿の姿勢からなんとなく理解はできる。

 ジブリの公式ホームページのQ&Aに「作品の舞台はどこですか?」というのがある。これに対し、

 スタジオジブリ作品のうち、ここが舞台です、と公式に表明できる作品は多くありません。様々な地域が部分的に取り入れられている作品がほとんどです。さらに、言うまでもないことですが、映画の中には完全な創作で場面が設定されているシーンも、もちろんあります。だから、実際に訪ねられても全く同じ風景に出会うことはないと思います。

との回答がある。

 劇映画を作る際、監督たちはその舞台現実存在しない街として設定する。現実存在する街や物語や人物に満足していないからこそ、彼らは想像の上で何かを産み出そうとする。そして、その世界観が観客を魅了していく。

 その中でもあえて地名を特定して描かれる作品もある。鞆の浦の近くにある尾道大林宣彦監督関係は有名である。他にも、作品と近しい関係にある舞台として、富良野だの、祇園だの、浅草だのという現実の街を僕たちはイメージできる。実在する地名を使うことによる功罪はいろいろある*1と思うが、その選択には監督なり関係者なりの強い意志が働いているのは確かだ。そう言う場合、「『●●』という作品の舞台は○○だ」という言葉は成り立ちうる。小説でもマンガでもそれは同じである。

 ただ、アニメーション映画(含むテレビなど)の場合、「『●●』という作品の舞台は○○だ」とは、制作者側が断定しづらい事情がある。

 アニメ制作者たちは、彼らのイメージする街を描く際に、なにをイメージしているのだろうか。

 僕は実作者ではないので詳しい事情は分からないが、演出家原画マンたちが過去に見てきた街の風景、あるいは既存の作品群なんかをモデルにしているんだろうと思う。それが日本国内であれ、異世界であれ、宇宙であれ、自分たちの見てきたモノを逸脱して描くことはできない。時には、どこか実在する街に出かけることもある。そこで写真を撮り、スケッチをすることで、自分たちのイメージを膨らましていく。アニメ作品でそれを大々的に初めて行ったのは「アルプスの少女ハイジ」。宮崎がそのメインスタッフであったことを周知のことである。そして、彼は、後の監督作品においてロケハンを積極的に実施することになる。

 ただ、そうして集めた風景や資料をベースにしながらも、彼らは、参考資料をそのまま丸写しすることはない。

 アニメ監督が、比較的、(実際の風景に近いという意味で)写実的な作品を作ると、必ず「なんで実写で撮らなかったの?」という質問が来るらしい。実写映画を撮った経験のある押井守も「機動警察パトレイバー the Movie」でこの質問を何度も投げかけられたらしい。それに対し、作中で描かれた「東京」という街はすでに公開された1989年時点ではほとんど消え失せた風景*2であり、それを実写で撮ることはできない。だからこそアニメーション映画として撮る意味があるんだと説明したんだという。

 そもそも実際の風景をそのままトレースしたいのなら、写真やスケッチをそのまま画面に取り込めばいい。いや、アニメーションという技法を使わず、実写のフイルムを回せばいいだけの話である。

 それゆえに、宮崎も含めたアニメ制作者たちは、「○▲という街でロケハンした」とかいうことは語るのだけど、「○▲という街が舞台だ」とまではなかなか明言しない。それは、「実写でなく、アニメーションという技法を使って映画を撮っているんだ……」という彼らの動機に直結してくるからなんだと思う。画面作りの段階で、何を取捨選択するのか、そして何を付け加えるのか。それが演出家や作画担当者のの腕の見せ所なのだから。


知床の原生林伐採に反対する人としてニュースに出ていた宮崎駿

 あと、現地で聞いた話から想像するに、

no title

鞆まちづくり工房

  • 確かに、古い街並や港湾の遺構が残っているすぐ側に橋が架けられると、せっかくの風景は台無しになるのは確実

お探しのページを見つけることができませんでした。- 福山市ホームページ

f:id:katamachi:20080924233959j:image

ABCServer(→JanJanニュース元ネタで申し訳ない)

と、かなりややこしい状況になっている。政治絡みの生々しい話になっているから距離を置きたい……というジブリ側(=鈴木プロデューサー?)の事情もあるのでしょう。

 上の産経の記事はそこらを知ってか知らないのか、あえてそこらは触れてはいない。むしろ、7月15日に中日新聞(東京新聞)で2面に渡って特集された記事の方がそこらをきちんと掘り下げていた。推進派と反対派の事情をきちんと紹介した上での中身の濃い記事だったけど、ネットでは配信されていないんだね。残念。

 今回の映画、そして鞆の浦問題に関して、宮崎駿自身は、自分の肉声で何も発していない。読売新聞の「新規サイト 共通エラーページ」という記事では、「地域の伝統を残した町並みが今、日本から消えつつある。鞆の浦には、生活に根差した長い歴史があるから、大切に残して後世に伝えていってもらいたい」と語っているのだけど、現地で反対運動をしている人からの伝聞なんだよね。映画の成功と自分の感情は別物ときちんと割り切っているのでしょう。

 でも、ご本人。「ポニョ」が鞆の浦の架橋問題に影響することを分かってやっているんだろうな。NHK番組スタッフ鞆の浦にまで同行させたのもそこらは織り込み済み、と。

 そういや、まだ彼の名前がマニア以外ではさほど知られていなかった二十数年前、知床半島で行われようとしていた原生林の伐採に反対すべく現地に乗り込み、ニュース番組に出ていたんだよなあ……とか思いだしたのだけど、それはまた別の話。

*1映画舞台を特定したがゆえに問題となっているのはタイでの人身売買テーマとした「闇の中の子供たち」。ページが見つかりません - 毎日新聞で伝えられているように、タイ国内での上映が中止になった

*2:たとえば銭湯だとか、看板建築だとか……

rivfirivfi 2008/09/25 04:54 自分は福山出身の者なんですが、架橋の件の他にもう一つ気になることがありました。
 
それは、冒頭にあるポニョが漁猟船に追われるシーン他で、海の底のゴミなどが多くとても海の中がキレイだ、とは言い切れないように描かれていることです。
実際のところ、残念ながらゴミなどが目立つこともあるのですが、劇中のようにゴミいっぱいの描写がある中で、「ここは鞆だ。」と言い切られるのも市側はいやなのではないでしょうか。
本来は自省すべきところなのでしょうが……

つきのわぐまつきのわぐま 2008/09/25 10:07 こちらは鞆の浦の空中写真(国土交通省)です。

昭和49年度撮影
http://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/74/ccg-74-6/c12b/ccg-74-6_c12b_27.jpg
昭和56年度撮影(露出アンダー気味でちょっと見辛い)
http://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/81/ccg-81-2/c16/ccg-81-2_c16_54.jpg

民家が密集しており、県道も細くて通り辛そうです。
港に橋が架かると眺望が変化することは想像に難くありません。

裏山にトンネルを通すというのはいかがですかね?
ちょうど北から市道らしき太い道が市街地途中まで伸びて来てます。
これを裏山のトンネルにつなげて、市街地西部と直結するとか。

katamachikatamachi 2008/09/25 19:53 rivfiさん。
地元の方からコメいただきありがとうございます。

僕も、映画で海の底のゴミのシーンを見たとき、鞆の浦を連想をしてしまいました。鞆の浦に行ったのは十年ぶりでしたが、海の匂いと言うよりは、ヘドロの臭いの方がキツいよなあ……というのが率直な印象でした。もちろん、あのゴミのシーンについて作中ではあえてなにも解説はしていませんでしたので、さまざまな解釈は可能だと思います。

福山市が積極的に「ポニョ」→鞆の浦を宣伝してこなかったのは、公開直後の8月に実施された福山市長選挙にて、候補者が「ポニョ」を使って選挙戦を行うのを懸念していたんじゃないのかな......とは想像できます。それは選管としても映画配給側としても好ましいことではない。もちろん、市政と相反する立場の人間のシンボルになりかねないものを使いづらいというのも根底にあるのでしょうけど。

つきのわぐまさん。
>港に橋が架かると眺望が変化することは想像に難くありません

そうなんですよね。

上にも書きましたが、鞆の浦の地元では
架橋に賛成している人が多いのは事実。ただ、大勢がそちらに流れてしまっていて、反対しづらい雰囲気にはなっているようです。町歩きをしているときに、1人の年輩の女性が声をかけてくれたので少し話をしたのですが、「バイパスは欲しいんだけど、あそこに架けるのはねえ」と、その複雑な心境を語ってられました。

反対派は、橋ではなくてトンネルを造ってはどうかと提案しているみたいですね。その図面というのも現地で見せてもらいました。福山市HPにはhttp://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/tomo-machidukuri/zigyousya_iken_top.html#IKEN4とありますが、架橋案がトンネル案より優れている理由がきちんと説明されているようには見えません。

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/200/2717.html
http://mytown.asahi.com/hiroshima/newslist.php?d_id=3500025なんかも参考になりますね。

ポニョの浦ポニョの浦 2008/09/30 03:44 地元で反対しずらい雰囲気っていうのは確かにそうかも知れません。
回覧板みたいなので賛否を聞いた。踏み絵同然だ。
という話をネットで見たことがありますが、反論はありませんでした。行政がどんな意見の聴き方(郵送回答など)をしたか、どこにも説明はありません。

ゴミなど環境面からの心配は、瀬戸内海を知った人ならあんなもんだと思っていますから、開き直って気にならんでしょう。鞆出身の市長なら特に。

ポニョの舞台に関する謎は、過去の作品でその筋のベストな風景・建物を世界中から登場させてきた宮崎監督が、水質の良くない瀬戸内海をモデルとし、国立公園でない美観と言えない港の方を多く描いていることです。さらに世界遺産級と言われる一級の港湾遺構や古い街並みを、完全に無視しています。
これまでとは180度反対の手法です。

市民団体のプロパガンダ映画だと解釈されると興業上の痛手を被るリスクがありますから、鞆に対する思い入れが無いなら最初から舞台にしないでしょう。
最高レベルの自然環境と言えない海をモデルにし、比較的ありふれた港町の風景をわざわざ鞆で取材し、映画のシーンで堂々とTOMOと宣言するということは...
消去法で行くと、監督が意図していることは見えてくると思います。

katamachikatamachi 2008/09/30 08:01 ポニョの浦さん。

回覧板の話はうろ覚えなんですが、良くも悪くも、古い街並みより道路を……という声は根強いようです。もう少しドロドロした話を、通りすがりで声をかけてくれた現地の反対派の方から1時間半ほど聞くことが出来ましたが、ちょっと裏が取れないので書きませんでした。

宮崎駿としては、特に鞆の浦を描きたかったのではなく、港町の発想をイメージするのに使った……という程度だと思います。それは上の話の前半部分。でも、反対運動に携わっている人たち、そして鞆の浦の街並みが気になったから、そこで滞在してみた。

ただ、今回、映画やらアニメやら脚本やらの常識を覆して、本人の好き勝手に世界観を構築している。鞆の浦の風景とそこで運動している人たちには関心があるけど、それを映画で語ろうとかいう気持ちは毛頭なかったんじゃないか、と。あらゆる説明を省いている本作で、本人の意図や狙いを探るのは難しいし、あまり意味がないことなのかもしれない。僕はそう思ってはいます。

ポニョの浦ポニョの浦 2008/10/01 02:54 ご見解をいただき、ありがとうございます。

以前から脚本に破茶滅茶な傾向があり、好き勝手な世界観はこれまでの延長線上と思え、この点は違和感ありません。
しかし、ヒロイン、町並、建物、飛行機など至上主義・理想主義だったのに、あっさりやり方を変えてしまった点。水、魚、景色が鞆よりずっと綺麗な港町は日本にいくらでもあります。30年以上続けてきたポリシーを変える原因って何なんでしょうか?

あの歳で何ヶ月も自炊して住み込んだことも、目的がわかりません。港町の風景を取材するだけなら、ハイジなんかで語り継がれている監督の観察力なら、1週間もあれば十分でしょう。
考えられるとすれば人々の心の内の観察です。しかし、興味本位ってことはないでしょう。大作の制作中なんですから、関係ないことにエネルギーを割く余力もないし、付き合っている人たちへの畏敬の念からも。

仮にメッセージが忍ばせてあったとしても、飛躍した展開、多重的なストーリー、最高レベルの映像、天才的かつ意図的な音楽(プロパガンダ効果をジブリのHPで述べてますね)に守られて、容易に破られないようになっているはずです。
しかも隠すのでなく、レベルの高いものを際だたせてそちらへ注意を向けさせる力をもった監督だと思います。

結局のところ、宮崎監督が鞆の実情を映画で語る気が無いと言い切ることも困難、潜ませていると断定することも困難といったところでしょうね。
本人のみが知るところで、仮にその気があったとしても内容からして墓場まで持って行かざるを得ないでしょう。

にゃんこにゃんこ 2008/10/01 19:00 あえて無謀(かつ,無理)なことを言うと(笑)
…カントクには,特定の主義主張もスポンサーの意向をも消し去った,
好きな画を好きなように動かす作品を作って(←ポケットマネーでね)
作家人生の幕引きをして欲しいっす…
いやはや,こんなことを書くと,子供の戯言言うなとか,もはやそれ
は興行製品と呼べないないじゃんとか言われるんだろうが。

この騒動聞いて,昔読んだ「封印作品の謎」に描かれている手塚治虫
を思い出したよ。

katamachikatamachi 2008/10/02 00:01 >鞆よりずっと綺麗な港町は日本にいくらでもあります。30年以上続けてきたポリシーを変える原因って何なんでしょうか

>特定の主義主張もスポンサーの意向をも消し去った,好きな画を好きなように動かす作品を作って(←ポケットマネーでね)作家人生の幕引きをして欲しいっす…


ポニョの浦さん。にゃんこさん。コメありがとうございます。

今回の「ポニョ」と、日本映画界の巨匠黒澤明の「夢」とを重ね合わせる人は多いですね。

この作品、1990年の公開時に見たのですが、監督の語りたいことは何らしか伝わってくるのですが、じゃあ、なんて感想をまとめればいいのか、言葉にするのが非常に難しい映画でした。「七人の侍」とか往年の白黒作品に親しんだモノには違和感ありありでした。

宮崎駿にも同じ匂いを感じます。かつて彼は映画館で見終わった観客が清々しい気持ちで外に出られるような作品を作りたいとインタビューで語ってきた。アニメ映画界では自分が一番だという自負心でギラギラしていた。それが「トトロ」で達成された上に、望まずして監督せざるを得なかった「魔女の宅急便」で商業的に達成したことで、戸惑い始めてしまった。「紅の豚」以降はいかにして前作の観客を裏切るかと言うことに気持ちの力点を置いているような気がします。

あと、物語の理屈を説明する気を失った。そこらも黒澤の末期と同じですね。

と、言いつつ、宮崎駿。大好きなんですよ。もう彼の新作が、かつての、そして現役のオタクさんたちの絶対的な支持を得ることはないのでしょうが、こういう人は1人いて欲しいなあとは思います。

宗介宗介 2008/10/15 22:45 いま発売中の週間SPA!(10月21日号)に「『ポニョの海』が埋め立てられる!」という記事が4ページにわたって載っています。
http://spa.fusosha.co.jp/weekly/ent_6946.php

それによると、鞆の浦の埋め立て架橋問題の背景に砂利業者の利権が絡んでいるみたいです。katamachiさんが裏が取れないから書かなかったドロドロした話というのはこのことでしょうか。

記事によると、ある有力県議が架橋を推進している噂があるらしいです。その人物が砂利業者と関係があるとみられています。景観を守りつつ鞆の浦の交通問題を解決する案として、トンネル案がありますが、トンネル案だと土砂を使わず、砂利業者の旨みがなくなってしまうために、その議員が架橋にこだわっていると推測されます。

トンネル案の場合だと工期も短く(トンネル案5年・埋立架橋案12年)、総工費も安い上に、トンネル案38億〜50億・埋立架橋案55億)、住民が立ち退く必要もなく、街中に大型トラックが走って騒音が発生することもありません。

私の実家が福山市で、この夏帰省した時に鞆を訪れました。常夜灯の前にポニョのポスターといっしょにトンネル案のビラが貼られていて、その時からなぜ地元の人が圧倒的にメリットの多いトンネル案に賛成にしないのか不思議だったのですが、利権やら付き合いやらで反対がしづらいのかもしれません。

記事によると、福山市が10月1日から狭い道に試験的に大型バスを増便しているようです。「実験をしてみたら、狭くてとても走れませんでした」と言う狙いがあるとみられます。ちょうど明日、10月16日に、埋め立て工事指し止め訴訟の裁判長が現地視察をするみたいです。まさに今が山場です。

ジブリは「映画のモデルとなった場所を特定すればファンが殺到して迷惑をかける」という理由で鞆が舞台とは明言していないようですが、宮崎さんも、下手に交通量が多くなって裁判が架橋推進の側に有利に働かないように配慮しているのかもしれません。あの景観が守られることを祈っています。

katamachikatamachi 2008/10/16 01:41 宗介さん、コメありがとうございます。

SPA!は未見なんですが、砂利業者と県議の話が載っていましたか。僕が聞いたのは、別な政治家とか大手企業とか土建屋さんとか地権者とかの話でした。決まったモノは仕方ないという諦観も感じましたし、問題となっている県道の狭さはいかんともしがたい。トンネル案の方がベストとは思いますが、ルートから外れてしまうと利便性を享受できないと感じている方が多いのでしょうか。

第三者的には、橋を架けると町は台無しになると思います。関西だと、似たような風景が見られた和歌浦(和歌山市)が高度成長期の乱開発→バブル以後に急速に衰退したのはよく似た姿になるやもしれません。

宮崎駿が何を考えているのかは本人しか分からない。でも、「トトロ」上映から数年後に狭山丘陵の保全活動に協力した経緯なんかを見ていると、多大な関心を持っていることだけは間違いない。ただ、反対される方が「ポニョ」の名前を全面に押し出すことが得策なのかどうかは疑問です。しょせんは"ヨソ者"の作品ですから。鞆や福山に関係する人たちが議論し、いろんな可能性を模索するのが大事ですよね。

mashyamashya 2010/10/17 18:47 今日の福山雅治の龍馬伝でも出てきました。
残すべきです。

こまるこまる 2010/12/20 23:51 鞆の浦は明治維新以降、社会の発展から大きく取り残された町である。特に戦後および高度成長期の社会資本整備の進んだ時代に鞆の浦に注ぎ込まれた、国税、県税等は差別地区であるかの如き悲惨な状況である。

近年、住民は生活に支障をきたし転居する人が後をたたない。若者は流出し老人が非常に多くなっている。スーパー、商店等も店をたたみ老人は買出しも出来ず、老人も住めない町になっている。(平地区は特にひどく目を覆いたい)
転居した人々に聞いても、前は海、後ろは山の風光明美な鞆の浦に残りたいが、交通事情があまりにも悪く転居せざるを得なかったとの事である。
交通事情改善を図る架橋は住民の悲願である。大多数の住民は架橋の早期着工、早期完成を熱望している。

ごく一部住民の反対、生涯に数度しか訪れない人、報道でしか知らない人の反対により架橋は進展しない。この架橋進展妨害は民主主義の冒涜であり、悪質きわまりないものである。
反対派に配慮し何度も計画は練直され、これ以上の配慮は計画中止しかないところまで譲っている。なぜ架橋、埋め立てが景観を破壊するのか。全く理解できない。
架橋、ブリッジ、橋等々観光名所になっている所は世界各地、日本全国に多数あるではないか。なぜ、鞆の浦の架橋は部外者に反対され、不便な生活を住民は強いられるのか。

鞆の浦の住民も税金をキッチリと納めている。鞆の浦の住民に江戸時代の生活を強いるのであれば、各種の税金免除は勿論、住民への迷惑金のような優遇施策を講じねばならない。

住民の不幸、不便に目を向けず一部住民に先導され反対する部外者は、本質を見抜かねばならない。なぜ雁木、常夜灯等が設置され20〜30年前までどの様な状態にあったのか。なぜ、雁木、常夜灯等の港湾施設が架橋反対派に利用されるのか。反対派がこれらを守ったのかどうか。にわか反対派に先導されるべきでない。

沖縄の普天間基地移設は沖縄県民、日本国民ほぼ全員願いであろう。これに反対する県民、国民は非県民、非国民である。

架橋反対のため部外者を呼寄せる一部住民は、非鞆の浦住民である。早急に鞆の浦から出ていくべきだ。鞆の浦の道を歩くな。車を走らせるな。声を大にして叫びたい。

民主主義に全員賛成はないのである。全員賛成は独裁国でしか成立しない。鞆の浦から健全な民主主義と健全な精神を発信しようではないか。

katamachikatamachi 2010/12/23 00:41 どうコメントすればいいのか分かりませんけど、健全な民主主義と健全な精神から発せられた言葉とは思えないなあというのが正直なところです

こまるこまる 2010/12/23 15:19 >健全な民主主義と健全な精神から発せられた言葉とは思えない。

強い言葉で記述しましたが、上記のように思われるのは心外です。残念です。

推進派、反対派が県知事仲裁により議論してますが、実態は議論をし尽くした。何をこれ以上議論するのか?これが正しいところで有ろうと思われます。いくら時間を掛けようが妥協点は見出せません。採決するしかないのです。

この問題に対し所轄大臣が『国民の同意が必要』と述べられた。私はこの議員に言いたい。
あなたは国民の同意を得て、議員をやられてますか?日本国に有権者が何人いて、あなたは何票の得票を得て議員をやっておられますか?それを国民同意と言えますか?

健全な民主主義には反対が必ずあります。満場一致は民主主義にあらず、よってこれを採択せず。ほぼ世界標準です。
北朝鮮で金正日に堂々と、正面から反対意見を述べれますか?

地元で7割も賛成があれば町内は大賛成だ。町民の悲願に答えるべき早急に着工すべし。これが健全な民主主義です。これが健全な精神です。

こまるこまる 2010/12/28 07:30 架橋反対グループがなぜ町外の人、遠隔地の人々に反対署名を求めるか。
以下の理由によるものが大と思われます。

? 町内では圧倒的に不利であるから。
? 町外の人は住民の前近代的な生活環境、不便さ等は自分のものでないので簡単に反対署名に応じてくれるから。
? 実態を知らず扇動しやすいから。

それ以外にも町内で反対派が大きく負ける訳があります。
町内で『いろは丸』沈没調査で寄付を募り、対潮楼改修工事でも寄付を募り多数の町民が協力をした。町民の協力が有って成し遂げた案件を、大多数の住民悲願で有る架橋、これに反対する象徴として利用している事です。人としてやるべき事ではないのです。

町内で負け続けるから、あれこれ理由づけをして外部に助けを求め、長期の混乱を招いているのです。

こうたこうた 2010/12/31 21:08 どこの町にも、それぞれ事情があるでしょう。
自分の町のことは自分で決める、それもいいです。

ですが、架橋に使われるのは、福山市民(ですよね)、
広島県民、ひょっとしたら国民の税金です。
なら、投げかけられた疑問に対して、
説明することが必要と考えます。

少なくとも架橋より費用が安く、工期が短く、
そして景観に影響のないトンネル案が採用されない理由を
明確にすべきでしょう。

こまるこまる 2011/01/01 13:08 架橋推進派住民は架橋有りきではないのである。現在の道路を拡張し利便性が図れれば良いのである。道路拡張に伴なう住居移転、代替地確保ができない為、架橋が計画され推進されようとしていた。

架橋に反対するグループが上記問題の解決を図ろうとしただろうか?反対に費やす百分の一でもエネルギーを使っただろうか?億分の一もエネルギーを費やしてない事はあきらかだ。なんでも反対、反対。日本国に存在してほしくない有る政党と一緒ではないだろうか?

建設的意見も持たず、景観をこわすから反対。このままでは景観が残って住民がいない町になる事はあきらかだ。

町外の架橋反対者は実情をシッカリとらえ、自分の事として意見発信をしてほしい。
部外者にここに架橋ができます。景観を壊します。架橋賛成ですか。反対ですか。と聞けば、反対と言うに決まっているではないか。

現在、建設中の東京スカイツリー(高さ634m)に国民はみな心踊らされている。
この巨大な構造物になぜ反対意見がでないのか?完成後は観光名所になる事はあきらかだ。

トンネル案は鞆の浦を通過する人にしかメリットはない。現在、鞆の浦町内経由で移動する人がいるだろうか。実在しない人を対象とするが如く町内をトンネルで通過する案が代替として提案される事、事態がこの問題を真剣に考えてない証ではないだろうか。トンネルは町民にもたらす利益はゼロである。利益のないものに税金を使う余裕が日本国にあるはずがない。

にわか反対派はよく考えてほしい。マスコミに、一部の偏見的な人に先導されてはならない。

katamachikatamachi 2011/01/01 14:46 こまるさん

持論を自己主張されるのは、私も困るのですけど。

こまるこまる 2011/01/13 22:51 言論統制・言論弾圧を行なうおつもりですか?
自分の考えに合わないコメントは不適切としカットする。
あの中国でもそこまで行なわない卑劣な行為です。

まあ、あのグループの応援団ですから。議論になりませんな。
本当に困ります。

katamachikatamachi 2011/01/14 02:00 >言論統制・言論弾圧を行なうおつもりですか?

はて? なにを指摘されているのか、と思ったんで、
このブログのコメント管理画面を調べてみると、

>スパム
> 2011/01/03 こまる
>宮崎駿が鞆の浦を「崖の上のポニ... (19)
>Katamachiさま頼山陽の『足利は鞆に興り、鞆に滅ぶ』との言葉を...

というコメが承認待ち欄にありました。なんらかの事情で「はてなダイアリー」においてスパムと自動的に判定されたようです。

こまるこまる 2011/01/21 05:39 Katamachiさま

>不適切なコメントと判定されました。管理者が承認するまで公開されません。

投稿すると上記の文が赤文字で表示されました。上記文がいつ表示されなくなったかは把握しておりません。
再度、投稿しても同じだろうと思いながら1月13日に投稿すると受付られました。


投稿文は以下の通りです。(貴殿はご存知と思われますが)
Katamachiさま
頼山陽の『足利は鞆に興り、鞆に滅ぶ』との言葉を御存知と思いますが、現在は『架橋反対により鞆は滅ぶ』状態になっています。住民はあきらめモードになっています。民主主義の崩壊です。

貴殿も切実な意見を、大多数の住民の意見を願いを自己主張と言わず、実情をシッカリ把握され主張される事を望みます。
住民は何より生活が優先します。本当に困ってますよ。

辺野古への基地移転は県民大多数の反対により出来ず。
鞆の架橋は9割以上の住民の切なる願いが実現できず。
おかしな国になりましたね。

こうたこうた 2011/01/22 18:07 こまるさん、回答ありがとうございました。

まず、私は架橋反対派でも推進派でもありません。
部外者ですし、正直、どちらが正しいのかわかりません。
というか、正しく判断できないのです。


鞆の人々が考えて、鞆の人々が架橋を選んで、
鞆の人々のお金で架橋するのであれば、
部外者の出る幕はありません。(景観保護派は別でしょうが)

しかし、架橋には税金が使われるのです。
民主主義の議会の大きな仕事のひとつは、
税金の使い道を決めることです。

ですから、架橋推進派も反対派も、納税者に対して十分な
説明が必要と考えます。

反対派は、「景観」という視点で大きくアピールをしました。
推進派は、市長と前知事の発言で大きなマイナスイメージです。
(彼らのインタビューからは「口は出すな、金だけ出せ!」という
 姿勢を感じました。)

(この状況自体の是非はともかく、世論の影響で公共事業の行方が
 変わるというのは、逆に、民主的な政府になったような...)

そして、その世論の状況を反映するように、googleで検索すると、
表示される情報は、圧倒的に反対派のものです。

ですが、私が知りたいと考える、鞆のいろいろな問題に対し、
架橋案とトンネル案のそれぞれが、何をどのように解決できるのか、
そして、どのような問題が残るのかというような総合的な情報は
ありませんでした。(印象としては、支持する案の都合のいい
ところだけをアピールしているところが多いような気がします。
もし、いいサイトがあれば教えてください)

私は、本件について、まずは「素の」情報が欲しいのです。

新しい湯崎知事には、まずは日本全国に向けて、多くの情報提供を
お願いしたいです。

こまるこまる 2011/01/23 20:50 こうたさん

>鞆の人々のお金で架橋するのであれば
なにを根拠にこの様な事が言えるのでしょうか。鞆の架橋は住民がお金を出し合って作れと言われるのでしょうか。論点がずれてませんか。

この架橋には過去に県予算が9年連続で付き、これを流した経過があります。少数の反対意見を聞き設計変更等々を行なううちに全国ネットのTV等で流れ広く知れ渡る様になりました。

県予算が付いた経過のあるものを、鞆の人々のお金でやれなんてよく言いますね。

あなたがどこにお住まいか知りませんが、町内を通る国道、県道、市道等改修工事は町内会費でやろうと町内で主張して下さい。農免道路も同様に。

論争になりません。

こまるこまる 2011/01/28 19:02 >架橋問題に対し国民の同意が必要
>国民の財産である・・・等の意見があるが、この様な意見を述べる人に伺いたい。

国民の同意&国民の財産と、たいそうな意見を述べるに足りる行動をこれまで何か起こしましたか?今後なにか、たいそうな意見に値する行動を起こしますか?

雁木、常夜灯周辺が長期間、水産業者に不法占拠され乱雑で、非常に汚い状態が続いた。
これを架橋反対の人が一人でも景観を壊すと抗議した人がいますか?
現在の様に整然とした姿にしたのは誰ですか?なぜ反対派は今、景観、景観と必要以上に騒ぐのですか?なぜ有名人にマスコミに助けを求めるのですか?

江戸時代の港湾施設五点セット常夜灯、雁木、波止場、焚場、船番所が残っているのは鞆だけである。よく聞きます。現物も全て把握しています。が、これを誇りとしている町民はまずいません。町民は恥じています。なぜ恥じるのでしょうか。金をかけない事が国民の財産なのでしょうか?税金が全国にばら撒かれた時代にも、不必要なODAが乱発された時代にも鞆には税金が注ぎ込まれなかった証ではないでしょうか。

町民の苦しみを理解せず、町民の希望を摘み取る、この様な事が有っていい筈がない。
これを国民の同意が必要との言葉で処理するので有れば、全ての公共事業に於いて国民の同意を得るべきである。

こまるこまる 2011/02/11 06:53 2011年2月10日、読売新聞の記事によると
自民党の金子一義衆議院議員(岐阜4区)が国土交通相だった2009年、「大臣規範」で
自粛を求められている大規模な政治資金パーティーを計2回開催し、約5200万円を集めていたことが9日、わかった。
パーティー券購入者には、建設業や運送業など国交省所菅の業界の6団体も含まれている。
金子氏の事務所は所管の業界団体のパーティー券購入については、「大臣としての政策が左右されたことは決してない」としている。

このような疑惑を持たれる大臣が「国民の同意」と言っても説得力がないと思います。

tradtrad 2011/02/26 19:18 50億円もかけて架橋することに何の意味があるでしょうか。
住民の大多数が賛成というようなことが言われますが、
それだけで建設するのはおかしな話でしょう。
利便性が高まる地元の人々が賛成するのは、ある意味当然の話です。でもそれだけで建設が進むなら、極端な話、奈良県十津川村民が、高速道路の建設を願ってるから作ってしまおうみたいな話だってあり得るわけですから。

それに、そもそも架橋をすることによって、過疎化が解決したり、鞆が活性化したりするのでしょうか。景観をぶち壊された鞆にこれからわざわざ新しく住もうという人が急に湧いてくるとは思えないのですが。

私は、架橋に50億円かけるくらいなら、その金で利便性の高い公共交通機関を整備+鞆をPRして新規住民の定住支援策を打ち出すことの方が、鞆の未来のためになると思うのですが、いかがでしょう。

架橋をして、独自性を失ってしまっては、鞆の町の魅力も半減しますよね。美しい景観が残っていることを評価して、あるものを利用し、残しつつ魅力ある「まちまもり」+「まちづくり」をする必要があるのではないでしょうか。

こまるこまる 2011/02/28 21:01 こうたさん
>鞆の人々が考えて、鞆の人々が架橋を選んで

9割以上の鞆の住民が架橋を選び、切なる願いを架橋に託している現状をどの様に考えれば上記の言葉が出るのか知りたいです。

あなたは本当に「素」の情報がほしいのですか?
私には洗脳され偏見を持っている様にしか思えません。住民も、市議会、市長、県議会、県知事、何名かの代議士各位は鞆の現状は看過出来ないと予算が付いたのですよ。

過疎地には地元に残っていても仕事がないから住民の流出で過疎になった所が多く有ります。鞆は仕事がなくて過疎が進行しているのではありません。町が車社会に全く対応出来ず不便、これが最大の原因です。これを解決し活性化を図ろうとしているのです。

世の中には何でも反対の人はいます。
北朝鮮が日本にミサイルを発射しても、迎撃したらダメだ。と言う代議士がいます。
迎撃して当たれば破片が我国に落ちてあぶない。迎撃しなければ我国から大きく外れ海上に落下し安全だと。

TVに写りがたい為、マスコミに登場したいが為、鞆を捨てた人物が復帰し「景観」と叫び架橋反対と叫びかきまわす者。屁理屈で反対する者に惑わされてはいけません。

住民にとって大切なのは何だとお考えですか。景観ですか。町の衰退ですか。過疎ですか。
架橋問題で諦めた住民は多く、住民流出は加速しています。責任を伴わない評論家が多く本当に困っています。
私は景観という言葉が大嫌いです。多くの先生と呼ばれる研究者達が港の歴史的遺産ばかり見て、鞆の人々の生活を見ようとしないからです。

良心を持った見識のある人物が流出し、屁理屈で武装した人物が残る、鞆の行く末は見えています。

こまるこまる 2011/03/02 04:40 tradさん 反論させていただきます。
>50億円もかけて架橋することに何の意味があるでしょうか。
 あなたは50億円の金銭的な事が言いたいの、それとも架橋に意味がないと言いたいの。
 事業にお金がかかるのは当然です。架橋に意味がない。現地、現場を全く把握されてない
 事がよくわかります。住民がどれほど困っているか理解していただきたい。
>そもそも架橋をすることによって、過疎化が解決したり、鞆が活性化したりするのでしょうか
 まず言える事は急激な過疎化にブレーキがかかります。
 流出した住民も徐々に引き返す。これらは間違いないでしょう。
 少子高齢化が激しい我国に於いて、地方の小さな町が架橋ひとつで活性化が図れる訳ないでしょう。 その様に思いませんか。活性化を図る・・・別問題です。
 鞆には2000年の歴史があります。催事、お祭り等少なくともこれを引継ぎよきものを継承する事は可能でしょう。
>景観をぶち壊された鞆にこれからわざわざ新しく住もうという人が急に湧いてくるとは思えないのですが。
 あなたがたの言う景観。これを壊してない現在、流出と流入を比較すると圧倒的に、爆発的に流出が多いですね。
 まずは何百年も住みついた一族、子孫の流出を食止めるのが常識ある対応と思います。
 やむえず出て行った家族は多いのです。
>架橋をして、独自性を失ってしまっては、鞆の町の魅力も半減しますよね。
 架橋で独自性を失う。鞆の町の魅力も半減します。これらは理解に苦しみます。
 何を独自性と言われるのか?鞆の町の魅力は出来るだけ手をかけずして古いものがそのまま
 残っているところです。観光ナイズ化されてないところです。(最近はポニョ・架橋問題等で
 観光客が増えているが)映画のロケセットと異なるところです。
先人が必要な物を作り引継いできました。現在、皆が必要としている物を作る。いけないでしょうか。

架橋問題に於いて、なぜ住民の心がこれ程までもてあそばれるのでしょうか。

tradtrad 2011/03/08 15:09 こまるさん
>まず言える事は、急激な過疎化にブレーキがかかります。
 流出した住民も徐々に引き返す。

いやいや、これを間違いないと言ってしまうところがすごいんですが。道路事情が不便だから人が出ていったみたいなものすごく単純な構図でこの問題を捉えてるみたいですけど、それは違うでしょう。そもそも、鞆は福山駅からかなり離れたところにあるのだから(バスでは現在30分ほど)道路事情の問題が解決されても、距離的な問題は変わらないわけで、特に大きな産業があるわけでもないのに、そのような地域に人がわざわざ住みにくる、あるいは戻ってくるはずがないでしょう。
私は地方の町を活性化させる為には、根本的にはその町の個性を活かしてアピールするより他はないと思います。幸い鞆には長い歴史があって、美しい港の景観も残っています。ですから、これを活かしてPRしていくより他はない。そのためには、広島県知事が推進中の「瀬戸内海の道構想」の発想が大事だと思うんです。瀬戸内海に点在している地域資源をPRすると同時にそれらを結びつけ、滞在型観光地、すなわり地域にあたえる経済効果の大きい観光地として整備する。
例えばしまなみ海道と鞆の浦を自転車専用道や航路で結びつけたり、いろんなことが考えられると思うんですが。

?瀬戸内海の道構想で第三次産業を活性化させる。(できれば第一次産業の第六次産業化も) つまり地域の産業をおこす。
?自転車道の整備や便利な公共交通機関、航路を整備。
?若者の居住支援

をするのがいいんじゃないかと私は思います。

鞆に架橋をして景観を破壊するという選択肢自体がそもそも地域性を考慮しておらず、独自性がありません。鞆の魅力は港周辺の景観も大きいですから。それに50億円もかけながら過疎化等の問題はまったく解決しません。
だいたい鞆は港として発展してきたのに、その港を横切るような形で車の道路を架橋することは変な話だと思いませんか? もっと海の道を利用して、活性化をはかるほうが、歴史的観点から言っても望ましいと思うのですが。

こまるこまる 2011/03/11 05:34 tradさん
私は2011/02/28のカキコで
>私は景観という言葉が大嫌いです。多くの先生と呼ばれる研究者達が港の歴史的遺産ばかり見て、鞆の人々の生活を見ようとしないからです。と記述しています。
tradさんも先生と呼ばれるお一人でしょうか。

>鞆は福山駅からかなり離れたところにあるのだから(バスでは現在30分ほど)道路事情の問題が解決されても、距離的な問題は変わらないわけで・・・
・バスで30分、車なら何分でしょうか。距離的な問題がどこにあるのでしょうか。
 バスで30分これを距離的問題があるとするのであれば、日本の社会基盤整備も産業構造も何ひとつ成立ちませんよ。

>瀬戸内海の道構想で第三次産業を活性化させる
>自転車道の整備や便利な公共交通機関、航路を整備
>若者の居住支援
・夢を語るのを否定はしませんが、実現可能な継続できるアイデア・事案でしょうか。
 残念ながら?????とせざるを得ません。夢物語に終わる事は容易に想像できます。

>鞆は港として発展してきたのに、その港を横切るような形で車の道路を架橋することは変な話だと思いませんか?
・廃藩置県により鞆の商家は没落し、その後の交通機関の発達等で鞆は衰退の一途をたどっている。
 それに引替え、幕末以降、港として整備された横浜、神戸等の発展は港だけでなく、鉄道の要所でもあり開発された事が大きい。横浜で神戸で小さい橋ひとつに埋立てに反対、反対と言う人はいない。扇動する人もいない。発展するか衰退するか物語っています。
 (過去にあった神戸空港反対運動も現在では、反対した事を反省している状態にありデモンストレーションであったといえよう)

>もっと海の道を利用して、活性化をはかるほうが、歴史的観点から言っても望ましいと思うのですが。
・鞆〜尾道・鞆〜多度津等の定期航路も利用者はなく廃止されました。現実にそくした提案をされる事を望みます。

私は最初に言いました。
>鞆の浦の住民も税金をキッチリと納めている。鞆の浦の住民に江戸時代の生活を強いるのであれば、各種の税金免除は勿論、住民への迷惑金のような優遇施策を講じねばならない。

 これも活性化のひとつになるかも知れません。

最後に
>いやいや、これを間違いないと言ってしまうところがすごいんですが。道路事情が不便だから人が出ていったみたいなものすごく単純な構図でこの問題を捉えてるみたいですけど、それは違うでしょう。
・貴殿は聞きとり調査等、直接調査をした事がおありでしょうか。問題を複雑化し混乱を招いているのは何か考えて下さい。

tradtrad 2011/03/11 12:32 こまるさん
あなたは景観という言葉が嫌いなようですが、私は今の時代に鞆が生き残っていくには、景観を武器にして生き残っていくしかないと考えています。
あなたが、長い歴史を感じ取れる港町が「現代まで」残っているという特異性をもつ鞆の発展を考えるときに、神戸や横浜の例を挙げているのはおもしろく読ませていただきました。この2つの都市が開発されたのと同じ時期に、鞆に開発の手が及んだなら、反発はなかったかもしれませんね。
でも、現代において、鞆の港町は希少価値がでてきているわけですから、その辺考慮する必要があります。
神戸空港のことは詳しくは存じておりませんが、一般に「公共」財というのは、利用率がどんなに低くても、わずかでも利用者がいれば、その建設の是非を後から検証するときに、「失敗であったか否か」よりも、「今後も必要かどうか」に重点が置かれがちです。その結果、できちゃったものは活用するしかないか、的な思考が働くので、「公共」財は乱造されやすいという性質がありますね。ちなみに、神戸空港は赤字垂れ流しらしいですね。関西国際空港を神戸に建設することができずに、後から神戸空港を建設したことを反省すべきは建設推進した輩ではないでしょうか。

>夢を語るのは否定しませんが、実現可能な継続できるアイデアでしょうか?

すいません、もうちょっと具体的におっしゃってほしい。
ちなみに、私はあなたが言うような専門家ではなく、単なるその辺の高校生です。ですから、考え方におかしなところがなら是非具体的に指摘してほしい。学ぶこともあるかもしれませんので。
鞆の町は、2年ほど前に訪れさせていただきましたが、本当に美しい町でした。散策が楽しくなる路地がたくさんあり、医王寺太子殿から見る町並みと多島美は大変きれいでした。
架橋は地域の特性と、地域にある資源との調和、組み合わせを全く配慮されていないものだと考えています。そして、その資源は鞆の外部の視点からの方が発見しやすいということがあります。私は、鞆が生き残っていくには、外部の人の活力(簡単に言っちゃえば滞在型の、質の良い観光客)に頼るしかないと考えていますから、地元の人の生活重視は、便利な公共交通機関の整備(そもそも、道路が便利でも、お年寄りには車の運転が危ない人も多いはず)で実現し、あとは外部の視点を取り入れた形での活性策を練るのが妥当だと考えています。
いかがでしょうか。

こまるこまる 2011/03/15 19:37 tradさん
>医王寺太子殿から見る町並みと多島美は大変きれいでした(本当に太子殿まで?)
・医王寺だけでなく太子殿まで細い山道を登られましたか。太子殿からの見晴らしが
 鞆では一番と思います。初めて見る太子殿からの景観は心踊らされると思いますよ。
 しかし、それでも架橋が欲しいそれが住民の切実な願いです。現福山市長だって小学生時代
 少なくとも2〜3度は訪れた筈です。(地元民にとってはそう言う所なのです)

>考え方におかしなところがなら是非具体的に指摘してほしい。
・おかしなところがあるならと読み取って話を進めましょう。
 ・鞆は非常に狭い所です。空地もありません。滞在型観光地として進めるにも更なる開発が必要です。駐車場が宿舎が道路が必要です。インフラ整備が必要です。鞆で狭い所で滞在し観光する。ごく稀な人です。観光地として成立ちません。職業として運営するには少なくとも投資を回収し、食べていけるだけの利潤が出なければ継続不可能です。
・架橋に反対し鞆はすばらしい、この景観を残さなくてはいけないと主張する有名人、先生方が
 上記行動をとれる人がいますか。いる訳ないでしょう。あくまで評論家です。責任を伴わない。
 腹が痛まない。住民の不幸には目を瞑る。言いぱなしの人達です。
 この様な人達に扇動される人が嘆かわしい。

>鞆が生き残っていくには、外部の人の活力(簡単に言っちゃえば滞在型の、質の良い観光客)に頼るしかないと考えています
・甘ちゃんの女学生の言うような事を言わないで下さい。外部の人の活力に頼るしかない。
 短時間滞在でせわしなく観光するのが主流の時代に。部外者に頼らなくても生きる知恵は持ち合
せています。

なんでもマスコミ報道が正しいと思いがちだが、本当にそうか良く考え自分で判断しないといけな
い。今回の悲惨な東北地方太平洋沖地震においてそうだが、地震発生2日後の報道で避難所に配ら
れた食料は朝一人におにぎり2個、お昼も同じくおにぎり2個です。これではいけません。水、お
茶、温かいお味噌汁なども必要です。毛布も布団も必要です。このような報道を目にしたが果たし
てこれが正しいのだろうか。
非常事態に於いて町役場の機能も喪失し、輸送ルートも確保されていない中、物資が極端に不足し
ている時、被災者救出が最優先の今、おにぎりを作る人、危険を返りみず何か所にもおにぎりを運
搬した人に言える言葉だろうか。これらの人の中には家族、親族が被災している人もいる筈だ。マ
スコミは真実を伝える事が有るべき姿だ。助け合う住民を励まし感謝と激励の言葉をかけるべきだ。
不平不満をあおる報道をすべきでない。

平時も戦時も非常事態もわきまえず、現場も把握せず大所高所からと勘違いし見当違いの発言は我
国の行く末を危うくさせる。
鞆に於いてもそうだが、マスコミは人心を誘導しようとする。惑わされてはならない。

鞆の景観を語るのなら昔、昔から景観スポットは仙酔島と弁天島である。
架橋反対の為、江戸時代の港湾施設を取り上げだしたのである。

>単なるその辺の高校生です。
・高校生とはとても思えませんが。高校生ならば大変優秀な方とお見受けします。
 今後の活躍が楽しみです。見識を広め更なるご活躍をお祈りします。

tradtrad 2011/03/19 15:43 こまるさん
> 鞆は非常に狭い所です。空地もありません。滞在型観光地として進めるにも更なる開発が必要です。駐車場が宿舎が道路が必要です。インフラ整備が必要です。鞆で狭い所で滞在し観光する。ごく稀な人です。観光地として成立ちません。職業として運営するには少なくとも投資を回収し、食べていけるだけの利潤が出なければ継続不可能です。

私の考えとしては、このような「何でも便利にして、観光客に不自由をかけない」というような観光地はこれからの時代には合わなくなってきていると思います。実際に、団体旅行客というのが未だ観光において大きな部分を占めるのは間違いありませんが、そういう人たちは鞆を訪れても、「広島や宮島に行く途中にちょっと立ち寄ってみました。港周辺で写真撮影したら帰ります。」みたいな観光しかしてくれないんじゃぁないでしょうか。
私は、鞆が目指すべきは、「不自由、不便をおかけして申し訳ありませんが、ここの港町の風景は日本一のものです。」
「鞆でその日の朝とれたおいしい魚が安く食べられます。」
そういう種類の観光地だと思います。観光客の絶対数は少なくても、鞆を愛するリピーターになってくれて、友達、家族に勧めてくれる・・・というような観光客が長い目で見て必要だと思うんです。この、「長い目で見る」ということが大事じゃないでしょうかねぇ、、あまり短期間で利潤を上げて投資を回収しようみたいな売り手の感情が表にでると買い手は引きますよ。金をかけて開発の名のもとに鞆の地域資源を壊してしまうのは、まるで、「鞆では中華料理も、イタリアンも、フランスのコース料理、飛騨牛のステーキも、ジンギスカンも食べれます」みたいな宣伝をしてるのと同じじゃないでしょうか?残念ながら魅力を感じないし、鞆のような小さな町に適当なモデルだとは思いません。きれいごとのように聞こえるかもしれませんが、これが事実だと思います。

宿なら既存の建物で行うべきでしょう。私が、医王寺太子殿から見た景色で唯一目障りだと思ったのは鞆シーサイドホテルの、まったく周囲と調和せずに仙酔島の前に立ちはだかっている姿でしたから。

マスコミに関しては、今回の原発事故の報道に失望しています。特に、自分に都合のいいことばかり言う専門家の言うことなんか間に受けてたら、日本は滅びるということを強く実感させてもらった。ですから、鞆に関しての報道についても鵜呑みにはしていません。一番重要なのは、架橋をどうするかというの問題を、これからの鞆をどうするのかというより高次のことを考えた上で解決することでしょう。架橋するという行為が目的と化してはいけない。
賛成派は架橋をすることが本当に将来の鞆のためになるのかよく考えてほしいし、反対派は保存されたなら保存されたで、その後の鞆のことも考えなければいけない。

こまるこまる 2011/03/20 17:24 tradさん
あなたの言われる
?不自由、不便をおかけして申し訳ありませんが、ここの港町の風景は日本一のものです。
?鞆でその日の朝とれたおいしい魚が安く食べられます。
?観光客の絶対数は少なくても、鞆を愛するリピーターになってくれて、友達、家族に勧めてくれる・・・というような観光客が長い目で見て必要だと思うんです。この、「長い目で見る」ということが大事じゃないでしょうかねぇ
?鞆シーサイドホテルの、まったく周囲と調和せずに仙酔島の前に立ちはだかっている姿でしたから。
?架橋をすることが本当に将来の鞆のためになるのかよく考えてほしいし

これらに対してのコメントは
???は対象が観光客では絶対に成立ちません。江戸村、明治村感覚で運営するグループ、個人で運営はお慈悲、接待とし金銭は期待しない。やむえず感謝のしるしを受取る。奇特な裕福な仁徳な人にしか期待できません。その様な人がいますか。崇拝出来得る志を持つtradさんやって下さい。賛同者を募って下さい。本来、来る者は拒まないお寺、神社が拝観料と称して多額の入場料を徴収する寺社が溢れる世知辛い世の中ですよ。(鞆のことでは有りません)あなたの実行力に志に期待します。

?についてもあなたの主張を正とするならば、江戸村、明治村が必要ですね。建築規制の厳しい京都市内においてシーサイドホテルより高く、大きな建物は一杯あります。鞆はテーマパークではないのです。

?については架橋反対派の恥を道徳を正義を無視した手段を選らばぬ何でも有りの反則勝ちです。得物禁止の喧嘩に小銃からミサイルまで持ち込んでいるような物です。(勝てば官軍との心が卑しい)

あなた方に鞆の人々の心を踏みにじっている、弄んでいる認識はありますか。

スーパー堤防を事業仕訳で無駄の象徴、不要な事業と評価しながら、1000年に1回の津波に備えが堤防が必要だと発言する政権政党の仕訳人をどのように思われますか。どのように評価しますか。(鞆はここ数年、高潮による冠水、下水の逆流による被害に何度か遭っていますので是非コメント下さい)

Katamachiさん
貴殿の趣旨に反する論調をいつも展開しましてごめんなさいね。この問題で地域住民は長年困っている事。もうあきらめて鞆から出て行った人が多数いる事を理解して下さい。

katamachikatamachi 2011/03/24 01:57 「貴殿の趣旨に反する論調」
ってのとりあえずいいのですが、

ご自身の意見に合わない考え方を「にわか反対派」「非県民、非国民」「部外者」「人としてやるべき事ではない」「洗脳され偏見を持っている」「鞆の人々の心を踏みにじっている、弄んでいる」とレッテル張りして、他の可能性を指摘する考え方を論外と全否定し、ご自身の意見をひたすら吐露するだけ

なのは止めて欲しいとお願いしたまでです。正直、コメ欄で他者との会話が成り立っていません。なぜなら、ご自身の意見にそぐわない考え方には「鞆の人々の心を踏みにじっている」という反論不可能な言葉を返されるに留まっているからです。ヨソ者は黙れ、では話が続くはずもない。

もしよしろければ、ご自身で「鞆の浦に関するブログ」なりを立ち上げられたら、もっと広く多くの人にご意見が伝わるんじゃないでしょうか。

こまるこまる 2011/03/24 21:47 Katamachiさま
これをもって最後にします。
架橋は住民の生活道路です。住民の生活改善に向け地元・市・県が一体となり長年取組んでいる夢を壊そうとする。正しいと本当に思いますか。利用価値の非常に少ない港湾を急遽、後生大事にしだした理由はなんでしょうか。

世の中には反対意見は多々ありますよ。反対意見を排除した仲良しクラブを設立して下さい。

辺野古への基地移転問題は現在止まってますが、サンゴが群生する海岸の膨大な埋立て計画、計画復活の折には強く強く反対運動を行ない、鞆の問題との整合性を取って下さい。

近所の人近所の人 2011/04/01 23:43 橋が出来ると一番得をするのは誰でしょうか。
おそらく町外にある造船関係企業や、鉄鋼団地内の企業(そこに勤めている人はどこの人が多いか?)だと思います。
大型車は鞆の町中を通ることが出来ないので、沼隈方面に行くためには非常に遠回りをしないといけません。
橋にこだわるのは、大型トレーラーなどの通行に積み荷(船体ブロックなど)の大きさ制限が発生しにくいからではないかと思います。
根拠はありませんが、何となくそんな気がします。

・・・だから、皆さん、お互い言い合いにならないで欲しいです。
そんなもんだと思います。

ともぞうともぞう 2011/07/26 03:03 通りすがりですが・・・。
もっと大きい俯瞰的な視点での議論が必要に思われます。

これだけ地理的にも気候的にも変化に富み、観光には強いはずのこの国を出国して海外に行く日本人が多いのは何故でしょう?(もちろんテレビの影響もあるが・・・)

都会も田舎もなく、その土地が持つ魅力も何もかもを無視して、手前勝手な理由で都会的な劣化物を持ち込んだり、これまた手前勝手な理由で我れ先の商売を考え看板やネオンだらけにし、利権だらけの道路・公共事業や官僚的な見栄・保身が強い地方自治がつくる景観や存在そのものの不調和数々。それを見たくないから国内旅行がこれほど疲弊してしまったんですよ。

国内外、色々なところを旅をしましたが、非常にもったいないと思うと同時に、悔しいですよ。日本はどんなに素敵な景色が合っても、その周りに巨大な駐車場を作ったり、がめついお土産屋が乱立したり、地の伝統にそぐわない西洋の建物が建ったりします。言うなればスイスのキレイな国立公園に和風の建築が立ち並び、そこにはがめついおばちゃんが口やかましく呼び込みをしている・・・そんな観光地行きたいですか?そんな所で癒されますか?

官民問わずの日本人の利己的な欲深さの暴走が、しっかりした町づくりをすることを阻み、この国の美しさを崩して来たのは事実。寂れた町にプライドが持てない→近視眼的な打開策に飛びつく→価値の崩壊→さらに寂れる という負のスパイラルは日本中で散見出来ますよ。

いま何故、鞆の浦が議論になるかといえば、利便性を犠牲にしつつもその負のスパイラルからの脱却をはかり魅力的な町にするか、更なる過疎や価値の不調和というリスクを持ちつつも道路を造り利便性をアップさせることにするか・・・という価値観の分水領にあるからだと思います。
(便利な道路をつくると過疎は進みます。皆大きなショッピングセンターなどに行き、地元の町は死にシャッター通りと化す。最終的にはそもそもその町に住む必要や、景観を守ろうという意識まで摘み取り、雑多などうでも良い町になる・・・というような事が日本中(世界でも)で問題になっています。)

地域の人が手前の利便性だけにとらわれず、日本にとっての鞆の浦の価値を感じ、それにプライドを持てるような町づくりというマクロな視野を持てるような政策が必要ですよ。
高度経済成長やバブルで日本が失ってしまった日本本来の普遍的な魅力は力強い。世界を見て来た部分で言えば、魅力的なら人は来るし、お金を落とします。今なら日本人だけでなく世界からも人は来る。そんな可能性を秘めた地であるのは確かです。一点付け加えるとすれば、今の状態の鞆の浦では、世界に向けて発信するだけの力強さまでには達していませんね。非常に宙ぶらりんな感じです。
どちらにしても駒を進めないと緩やかに滅びを迎えるというのは目に見えていることです。

おそらく一番必要なのは、賛成と反対と言うような二次元的な議論しか出来ないのではなく、議論を積み上げベストバランスを探りだせる、「公」を感じれる国民力を育てることではないでしょうか?

ともぞうともぞう 2011/07/26 03:23 付け加えれば、商売にはいくらでも抜け出す道がある。
鞆が長期滞在型かつ高利潤なプレミアム観光地にだってなることは可能です。
本当に微々たる土地しかない、アクセスの悪い絶海の孤島のリゾートがなぜあんなに稼いでいるか?
考える範囲を限定的だと、ネガティブなことばかり議論が集中します。そういうところに落し込むのが日本全体の悪い癖です。役人は保身意識が強過ぎて、そういう手段を取ってますよ。残念なことに。

こうもりこうもり 2011/11/25 10:55 夢を語り実現したければ鞆鉄道を反対派の方が復活されたらいかがですか 空想だけでは何も進みませんよ

影司影司 2012/09/30 03:27 いろいろな意見はあると思いますが、自分と合わない意見を罵倒し自分の考えを押し付ける一方の人が、

>反対意見を排除した仲良しクラブを設立して下さい。

・・・などとのたまうのはチャンチャラおかしいですな。

西川豊西川豊 2012/11/08 01:40 はじめまして。最近このトピックを知りました。
鞆問題について、恐らく人並み以上には考え情報を集めてる鞆に友人がいる福山市内在住の者です。架橋がベストだと考えている者です。
この論争はまだ続いてますか?
私が参加してもよろしいでしょうか?
この問題は一言では説明できない問題が多く腰の入った話になると思うので、一言まず断りを・・・。

こまるこまる 2013/05/16 20:10 久々に覗いてみると自分の意見も持たずして、
>自分と合わない意見を罵倒する。
>自分の考えを押し付ける
などと批判しか出来ない人間が  ・・・などとのたまうのはチャンチャラおかしいですな。
などと述べる、これこそおかしいと思わないのかな。
まずは自分の意見を述べる。イロハのイも理解出来てないようですね。

架橋問題を現在の日本経済に例えるならば
アベノミクスで明るい兆しが見え、多数国民の気持ちも消費に向かい、日本経済好転に誰もが疑いを払拭した。この折りに輸入品が高くなり生活が苦しくなる等々と負の側面ばかりを強調する一部の人々。プラスを謳歌しながら、一部の負の側面ばかり非常識な規模で協調する。これと同じですね。

まずは自分の意見を述べたらどうかな。

通行人通行人 2013/08/22 11:48 鞆の浦についての記事、前半までのコメント欄、楽しく拝見しました。

しかし後半、ひどいですね。
なるほどなーと読んでた気持ちが台なしで、もったいなくて、もりくちさんご苦労さまです、という感想になりました^^;

「このトピック」「久々に覗いてみると」って、ここは学生さん
の個人ブログの個人記事のコメント欄でしょう。
ネット上によくある大型議論用掲示板ではありません。
ご自身のブログかスレ立てなさいよと。

いたたまれなくて、すいません、横槍でした。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証