とれいん工房の汽車旅12ヵ月 Twitter

鉄道関係の時事ネタを紹介するブログです。趣味の外縁部に転がっている、生活には役に立たない情報を中心に語ります。廃線、未成線、LRT、鉄道史、遊覧鉄道、鉄道マニア、鉄道本書評、海外の鉄道、マンガ、アニメ...etc。 「鉄道未成線を歩くvol.8 東京の新線構想2030」など同人誌を書泉グランデで販売中。

2011-01-16

katamachi2011-01-16

[]「新成人女性の3人に1人は、恋人選びで"車"もチェック」とミスリードする自動車業界

 「若者クルマ離れ」が深刻だ

と、自動車関係の業界団体はアピールするのに懸命だ。「今、若者に●●が大人気」と「若者の○○離れ」を大げさに語ることが大好きなマスコミ(でも「若者新聞離れ」と「若者テレビ離れ」は黙殺している)がやたらと煽るから、今はそれが既定の事実のようになっている。

 たとえば、産経新聞は「脱“クルマ離れ”へ ホンダ学生のお知恵拝借」(2009年4月10日)という記事で、

運転免許保有者に占める若者(18〜24歳)の割合が平成19年に8.7%となり、30年前の約半分に減った

としている。それは確かに事実なんだろう。


18歳人口が17年間で4割減という現実

 ただ、言わずもがな。この30年間で「若者」→18歳人口は大幅に減っている。

 18歳人口1992年に205万人を記録した後、毎年3〜5%減で推移し、2009年には121万人にまて落ち込んだ。ピーク時の6割だ。

  • 18歳人口が17年間で84万人減った
  • 20〜29歳の20歳代だと600万人ぐらい?

と若年人口減で、「若者クルマ離れ」の原因はそれで大方説明できるはずだ。

 若者クルマを運転する意志がないのか。クルマを運転するために必須となる運転免許の取得率を見てみよう。

 「警察白書」を見ると、

男性女性
1992年 90.7 77.6
1997年 87.7 76.5
2002年 87.4 77.3
2007年 84.9 76.5
2008年 83.6 75.1
2009年82.5 73.7

単位は%

となる。男性免許取得率が8.2ポイント低下しているのは注目すべき事だが、世間で言われるほど大激変があったかというとやや事情は違う。

 結局、「若者クルマ離れ」を主張する関係者たちは

の3つを無理に一緒くたに語ろうとするから、話がややこしくなる。

 そうした「若者クルマ離れ」に関心があるのは自動車メーカーや販売店だけではない。保険会社も同じらしい。


若者クルマ離れ」のせいで自動車保険が上がることになる

 2011年春、損保保険大手各社は任意自動車保険、そして自賠責保険のいっせい値上げに踏み切ると発表している。

 保険会社としては、

という発想を前提とした料金体系を長く続けてきた。

 だが、

 近年、若者自動車離れが進み、高い保険料を稼げる若者層からの収入が減っている。加えて、高齢ドライバー事故率上昇で保険金支払いが増加し、損保各社は収入減と支出増という“ダブルパンチ”にあえいでいた。

損保 高齢者頼み 自賠責も値上げ公算東京新聞2011年1月8日

という状況のため、任意保険の内容を細分化する過程で、30〜40歳代の値上げ幅を抑える一方、70歳以上だと標準的な契約でも8%ほどアップすることになったようだ。

 ここでも「若者クルマ離れ」(自動車離れ)という言葉が出てくる。

という当たり前の理屈は損保もマスコミも無視するみたい。若者責任にしておいた方が全て締まりがイイとでも思っているのか。


 そんな自動車保険大手のソニー損保面白い意識調査を2011年1月に出している。「新成人のカーライフ意識調査2011」。1990年度生まれの新成人1000人にインターネットリサーチしたものである

http://from.sonysonpo.co.jp/topics/pr/2011/01/20110114_1.html

 メーカーの調査とは違う視点が興味深い。


成人たちの自分用の車の保有率は都市部で8.8%

 まず、「自動車免許を持っている」は全体の51.8%で、男性は54.8%(都市39.5%、地方59.3%)、女性は48.8%(都市32.7%、地方53.2%)。都市部の保有率が36.2%なのに対して、地方は56.2%。想像以上に明確な差が出ている。

 自分用の車の保有率は全体で25.3%で、都市部では8.8%、地方28.3%。免許の有無以上に都市部地方で大きな違いが出ている(男女差はほとんどなし)。

 また、車の価値を問う設問に対しては、「単なる移動手段としての道具」との回答が60.3%を占め、楽しみや運転、ステータスと答えた層より抜きんでて多くなっている。

 クルマ選びに関しては、「新車」「中古車」との回答が3割ずつとほぼ同じ(他は「わからない」「購入する予定はない」)。クルマ選びのポイントは「価格」(72.6%)「デザイン」(62.5%)「燃費」(49.8%)の順。予算は100万円以下が62.0%としている。価格重視で中古車の比率が高いことが如実に出ている。

 車に興味がある、という問いには、「とてもあてはまる」が18.4%、「ややあてはまる」が33.8%と回答。男性で「とてもあてはまる」24.4%(女性12.4%)というのが特徴的。ただ、「車を所有する経済的余裕がない」という問いには、「とてもあてはまる」が43.4%、「ややあてはまる」が26.6%と、7割を占めている。

……そうした車への興味の淡泊さはなんとなく理解できる。

 むしろ、車に興味があるとの回答が5割あることに驚いた。

 面白いのは、「"若者の車離れ"とは自分自身のことだ」という質問。かなり抽象的な質問ではあるが、

  • あてはまる(「とてもあてはまる」と「ややあてはまる」計)31.9%
  • あてはまらない(「全くあてはまらない」と「あまりあてはまらない」計)39.3%
  • 「どちらとも言えない」28.8%

と3つに分かれた。都市部で『あてはまる』が40.3%、地方で『あてはまる』が29.5%と差がついた。これは車への関心の有無と関係してくるのだろう。



新成人女性の68%は恋人選びに"車"の有無を気にしない」

 そして

  • 恋人選びにおいて、下記の項目が気になるか」

という問い。「気になる」という回答は

という容赦のない恋人選びの基準が並べられた後、

  • 車を所有しているかどうか/乗っている車 22.4%

とある恋人選びで気になる項目6つの中で最下位となる。

 ここが自動車保険会社としては重要どころだ。

 女性でも32.0%(男性12.8%)しか「気になる」と回答していない。都市部女性で29.9%、地方女性で32.6%。地方でも特に多いというわけでもない。

 これをソニー損保

と評価しているが、僕はむしろ逆だと思う。

  • 女性でも68.0%が『気にならない』と回答している」

ことの方を注目すべきであろう。

 かつて、クルマを所有するということ、そしてクルマの車種を選択するということは、男性的な何かを象徴する行為だった。同世代の女性たちも異性に対してクルマという空間を求めていた。それが当たり前だという感覚にとらわれていた。


若い男たちはクルマを持ってないからオンナにもてない、のか。

 クルマに関心の無かった僕が20歳となったのは1992年のことだ。バブル経済って雰囲気が日本を覆っていた。大学生なら自分クルマを持たないといけない……という風潮にやたらと違和感を覚えていた。

  • 週に1、2度しか車に乗らないのになんで自分クルマが欲しいの???

という僕的には当たり前の疑問は、「だってクルマが欲しいから」という問答無用の説明で掻き消されていた。

 当時の学生もさほどカネを持っていなかった。だから、親にクルマの購入費をねだったり(ここは今と大きく違う)、アルバイトに精を出したりしていた。

 僕も一応免許は取ったが、クルマを動かしたかったのではなく、資格として必要だと思った(思わされた)から。それから10年間、ペーパードライバー時代が続いた。大阪住まい学生独身ならば、さほど自家用車の必要性に迫られることもない。


 僕が二十歳を迎えてから20年近くが経った。

 今、男女のコミュニケートの中で、クルマが占める割合は相対的に低くなっている。

 だからこそ、クルマ関係の業界は「若者クルマ離れ」をマスコミにアピールし、広告代理店と共にセールスをかけようとしている。80年代あるいは90年代前半に大学生だった30代後半と40歳代の世代が、二十年後の今、マーケティング責任者の立場となって、だからこそ「クルマは異性と付き合うための必須アイテム」という固定観念から脱することが出来ない

 話はクルマ業界に限らない。レコード業界からパチンコ業界まで、あらゆる業界団体が「若者の●●離れ」をマスコミ経由でアピールしているのが、この十年の状況である。どこの業界関係者現実を認めたくないのか、その原因を社会若者の気質の変化に求めてしまう。

 でも、現在若者たちは昔ほど簡単にマーケティングに反応してくれないから実を結ぶことはない。「若者宣伝広告離れ」というのもあるとは以前に指摘した。

 「若者クルマ離れ」を考えるなら、「新成人女性の多くは恋人選びに"車"の有無を気にしない」という当たり前の現実認識するところから始まるのかもしれない。でも、「クルマ選びのポイントは「価格」(72.6%)」「(クルマは)単なる移動手段としての道具」と回答している「若者」の気持ちは販売戦略的には反映されない。新車を値下げするとか、中古車でもイイとか、そうした選択肢自動車メーカー的には御法度だからだ。

 ソニー損保は相も変わらず「新成人女性の3人に1人は、恋人選びで"車"もチェック」とまとめてしまった。

  • 若い女性は異性選びにクルマを重視する
  • 若い男たちはクルマを持ってないとオンナにもてないゾ

とでも言いたいのか。80年代的なモテ幻想から脱しない限り、いつまでもクルマは若い層に売れてこないと思うのだけど、それはまた別の話。


<参考>

「若者のクルマ離れ」がなんで問題なのかよく分からない  とれいん工房の汽車旅12ヵ月

D

えびちゃんえびちゃん 2011/01/16 17:32 こんばんは。
1990年代初頭といえば
ちょうど人口の多い第2次ベビーブーマーが成人を迎えた頃ですね。
当時はまだバブルの余韻もあり
若者はクルマを持つことがステータスでした。
それから20年が経ち
時代は大きく変化しましたね。
新成人の人口は4割くらい減り
若者はクルマに興味を持たなくなりました。
昨今の経済状況だと仕方ないような気がしますが
最近の若者は堅実指向だと思います。

katamachikatamachi 2011/01/16 18:42 他ならぬ僕も第二次ベビーブーマーなんですね。だから「クルマを持たないと一人前じゃない」という空気はよく記憶しています。ステータスというより、横並びじゃないとダメだという強迫観念かもしれません。

若者は確かにクルマに興味を持たなくなりましたが、イタ車や痛車への偏愛を示す人はいますし、スペックとかにこだわる人もまだいる。「若者のクルマ離れ」という類型的な言われ方に対して、「オレ(たち)はまだクルマのことが好きなんだ。別に、クルマから離れたほけではない!」と主張している若者も知っています。僕も記憶がありますが、「最近の若者は」と十把ひとかけらにされるのはあまり気持ちいいものではない。

「みんなクルマを好きじゃないと」というところから趣向の細分化が進んだ結果とも言えますよね。

きしっちきしっち 2011/01/16 19:13 はじめまして。何時も楽しく読ませて貰っています。
私は某中堅自動車会社の現業職をしています。
仕事柄会社の話題も車のことが多く、興味も人一倍あるのですが会社の寮から出たときに車を手放しました。
リーマンショック以降、先の収入の見通しを立てるのが難しくなり、毎年維持費で30万近く掛かるのは我慢できませんでした。

うちの会社もそうですが、
自動車メーカーは若者の車の維持費が安く済むような社会制度の整備に向けたロビー活動に力を入れることやメーカーの自己満足や車オタク向けじゃない安くて良い車を作らないとこの状況は変わらないと思います。

katamachikatamachi 2011/01/16 19:40 >先の収入の見通しを立てるのが難しくなり、毎年維持費で30万近く掛かるのは我慢できませんでした

国内におけるクルマの所有台数「自動車保有台数」が初めて減少したのは2008年でした。人口の高齢化少子化、そして経済的低迷と無縁ではなかったんでしょうね。ご指摘のように維持費もバカにならない。一家に2、3台という状況の方が異常だったのもしれない。

>若者の車の維持費が安く済むような社会制度の整備に向けたロビー活動に力を入れること

はそうだと思います。クルマが売れないという自動車業界の事情だけでなく、若者がトラックの運転手になりたがらない(だから高齢化が進んでいる)とか他にも問題は波及しているようです。メーカーは「エコ」→「若者に人気」という発想で開発を進めたりしていますが、むしろ18〜24歳限定でエコカー補助金を出すとかシステム作りが必要になっているのかもしれないですね
(業界的に言うと、なにか条件を引き出すための「若者のクルマ離れ」大合唱なのかもしれませんが)

ダンボダンボ 2011/01/17 02:56 こんばんは
収入減と車の維持費、駐禁の取締り等の影響が
あると思います。
車の性能は年々良くなっているので車検を
5年に1回にするとかすればよいと思うのですが・・・
しかしそうなると車の整備工場の経営が苦しくなるのか・・・
難しい問題ですね

つきのわぐまつきのわぐま 2011/01/17 14:52 > 運転免許保有者に占める若者の割合が30年前の約半分に

昔は、総人口に占める若者の比率が高かったですしねぇ。(人口ピラミッドが富士山型)
今は、運転免許保有者に占める中高年の比率が高くなっていることも、若者比率の低下に拍車を掛けているんでしょうね。

> 都市部と地方で大きな違いが出ている

地方ではクルマに乗れないと生活出来ませんしね。(笑)
営業や配送、介護などの仕事に就いている人ですと、運転テクニックもそれなりに必要ですし、道路事情にも詳しくないと駄目ですし…。
積雪時の対応や故障時の簡単な処置も出来ないと…。

> 単なる移動手段としての道具
> 楽しみや運転、ステータス

パソコン・インターネット世代ですと、クルマは単なる移動手段に過ぎないと考えている人が多いのではないでしょうか?
私もそれに当て嵌まりますが…。
クルマは憧れの対象ではなく、どちらかと言えば古臭いもののように感じるんですよね。
自動車関連の町工場を見ても、昭和の薫りがプンプン漂っていますよね。(笑)
私の世代は、デジタルの世界に憧れ、パソコンやケータイ、ネットに斬新さを感じた人が多いのではないかと…。
ただ、今の若者にとってはいずれも物心ついた頃からあるものなので、彼らはデジタルの世界に目新しさは感じないのでしょうが…。
今の若者たちにとって斬新なものって一体何なんだろう??

> 恋人選びの基準
> 車を所有しているかどうか
> クルマは異性と付き合うための必須アイテム
> 新成人女性の3人に1人は、恋人選びで"車"もチェック

私は穿った見方をしていまして、クルマというアイテムは男女を遠ざけるものだと思っているんですよ。
家から学校、職場まで個室で移動するような感覚ですよね。
車内で化粧をしたり、食事をしたり、髭を剃ったりする人も多いです。
電車通勤などのように、異性と擦れ違う機会がほとんど無い。
最近、電車や自転車の利用を推進しようとしている人たちが居ますが、あれは実は男女の出会いを増やそうとしているのではないかと…。
自転車の場合、運動による男女の体力強化→生殖能力アップも狙っているのではないかと…。
人口の多い世代にはクルマを使わせる→男女の出会いを減らす→子供を産ませない→人口抑制。
人口の少ない世代には電車や自転車を使わせる→男女の出会いを増やし生殖能力を上げる→子供を産ませる→少子化抑制。
こうやって、子供の人口を年齢ごとにバラツキが無いように平準化していき、景気変動の無い安定した穏やかな社会を作ろうとしているのではないかと…。(笑)

katamachikatamachi 2011/01/18 07:16 ダンボさん

>車の性能は年々良くなっているので車検を
5年に1回にするとかすればよいと

で、「若者のクルマ離れ」とちょっと違うのですが、
国交省のデータによると、
クルマが製造されてから廃車になるまでの
「平均使用年数」は、
1981年で10年→1990年12年→2000年13年→2008年15.5年
と、確実に長くなっています(乗用車)。
経済的な事情もあると思いますが、確実にクルマの寿命は
長くなっているんですよね。

>整備工場の経営が

と車検に関しては不可分な関係があるとは言われていますが、もう少し何とかならんのかとは思います

katamachikatamachi 2011/01/18 07:24 >地方ではクルマに乗れないと生活出来ませんしね。(笑)
>営業や配送、介護などの仕事に就いている人ですと、運転テクニックもそれなりに必要ですし、

若い大学生とかでも就職して地方に行かされるとか、営業に回されるとか、クルマを運転する機会があるとは思うんですが、そこらはどう考えているのかなあと思ったりします。「移動手段」に過ぎないけど、人によっては内装にこだわったりとみんながみんなクルマに関心がないわけではない。趣向は確実に変わっていると思いますが。


>最近、電車や自転車の利用を推進しようとしている人たちが居ますが、あれは実は男女の出会いを増やそうとしているのではないかと

コメントはしづらいですが、「旅客の輸送機関別輸送量の推移」というデータだと、自動車(乗用等)輸送分担率は2004年の68.3%をピークに微減している、と。逆に、鉄道(JR&私鉄)のウエートが高くなっている、と。統計的に信頼できるのかどうか分かりませんが、まあそういう数字もあるみたいです

珪素(仮)珪素(仮) 2011/02/11 21:31 えっと,3人中2人は車がどうとか気にしない♪それぐらいは見抜けないとw
それはともかく

普通免許で運転できる乗用車を入口にして,免許保有者の幾許かは「輸送を担う」仕事に(理由はどうあれ)就くにあたり,普通二種なり大型二種なりの取得を求められるわけで,
そういった免許ってたしか免許取得して一定期間以上運転経験積んでいることが必要だったはず・・・
このままいくともしかして,路線バスや大型トラックを運転できる人が居なくなるのでしょうか??
げんに,本州最大のバス会社(すんません地元ですw)といえど,全国各地に運転手募集の広告をだしてるようですし,石見交通などは路線バスの廃止理由として「運転手が集まらない」ことをあげてますし・・・

つきのわぐまつきのわぐま 2011/02/12 11:37 神奈川は↓こんなに人材が豊富なのに…。(笑)
http://homepage3.nifty.com/joharinokagami/140007.html

運転職に人が集まらないのは、待遇が悪いからでは?(笑)
長距離トラックなんてその典型例ですよね。
以前、引越しトラックの運転手氏の話を又聞きしましたが、「もう数週間も(札幌の)家に帰っていない。」(=子供の顔を見ていない)とか…。

katamachikatamachi 2011/02/15 08:58 珪素(仮)さん

>このままいくともしかして,路線バスや大型トラックを運転できる人が居なくなるのでしょうか??

トラックの場合、ドライバーの高齢化が進んでいるみたいですね。20〜30歳代の若い人たちは以前ほど集まらなくなった上に、生活が不規則となる長距離に乗るのは嫌がっているとか、いろいろ事情はあるみたい。免許制度が変わったというのも背景にある。
http://weekly-net.jp/2010/10/post-271.htmlのような事情もあるみたいですよ。

>本州最大のバス会社(すんません地元ですw)といえど,全国各地に運転手募集の広告をだしてるようですし,

うちの地元のバス会社もずーっと募集広告を出していますね。規制緩和→雇用の流動化→雇用条件の悪化が背景にあるみたいです。子会社化と賃金ダウンが相次いでいつかなくなってしまった。自治体のバスだと額面1000万円がざら……と言われていた時代とはかなり様変わりしていますね。

つきのわぐまさん

本当に、現場では人が集まっていないようですね。荷物の積み卸しから時間厳守まで、プロのドライバーに求められるいろいろがたくさんありすぎる。難しいところです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証