A列車でニコニコと

2013/05/26

大事なこと忘れてた

ふと、見落としがあったような気がして時間を進めてみた。

f:id:katayoku_no_hito:20130526073741j:image

やっぱダメだ。これは酷い。

ということですいません、地上駅の組み合わせ案は没です。

2013/05/25

ydybs駅

路線の再現をしようとした時に、この駅はちゃんと表現しないと許されない気がして、でもうまい配置が思い浮かばなくて長いこと考えていたのだけど。

f:id:katayoku_no_hito:20130526041134j:image

この形で納得していただけるなら、先を進めてもいいかなという感じ。上は道路で埋めて。

f:id:katayoku_no_hito:20130526042716j:image

どうみたってコレジャナイのだけど、配線にこだわるならこれしかないという気がする。

f:id:katayoku_no_hito:20130526043049j:image

普通の1面2線でいいなら楽。ラッシュ時とか列車が溢れてしまったら、nknsm駅に回すなどでごまかす。


さあどんなもんでしょう?

2013/05/03

ドア開けの作成方法

ドアの開け閉めの演出について解説した動画。なるほどなあ。マスク画像を用意してマスクに使うというのは、ドア開け以外にもいろいろと参考になるかも(使いこなせるか自信なし)。

私も以前、HRプロジェクト第2回にてドア開けをやったことがありました。

(以下、詳しくは「続きを読む」でどうぞ)

f:id:katayoku_no_hito:20130503190125j:image



この時にやった方法は下記の通りでした。

素材画像の準備

(1)ドアの中の画像 (画像検索かけてヒットしたものからお借りしました)

f:id:katayoku_no_hito:20130503190515p:image

(2)ドアだけを切り抜いた画像

f:id:katayoku_no_hito:20130503190514p:image

それぞれ、周囲の透過させる部分を適当な色で塗りつぶしておきます。上の2枚の画像では、紫色で塗りつぶしています。

もちろんこの時、2枚の画像は

  • 縦横のサイズを揃える
  • 透過範囲を揃える

ということが必要です。

元画像の上に重ねる

AviUtlのレイヤー上で、背景画像の上に(1)ドアの中の画像、その上に(2)ドアだけを切り抜いた画像を重ねます。

そして、(1)(2)の画像に対して、「クロマキー」等でさっき塗りつぶした色を指定して透過させておきます。

ドアを動かす

後は、(2)の画像を動かすだけ。この時、座標を動かすのはもちろんですが、それだけだと戸袋に入っていきませんので、合わせて「クリッピング」をかけます。実際に設定した内容がこちら。

f:id:katayoku_no_hito:20130503191607p:image

X座標を11→-89へ100ピクセル左に動かすと同時に、「クリッピング」で左側をクリップするピクセル数を0→100に変化させます。つまり、移動させた分だけクリップする。こうすることで、まるで戸袋に入っていくかのような演出になります。これで完成です。


お気づきの方もいるかと思いますが、この方法だと、ドアの奥の窓の向こう、つまり(1)の画像の窓の奥を透過させることはできません。そういうところまでこだわりたい人には、紹介した動画のようなマスク処理の手法が必要になるかと思います。

また、正面向いた画像なら処理しやすくても、斜め向きのアングルだと苦戦するかもしれません。拡大縮小とかいろいろ駆使すれば、力技でなんとかなりそうな気もしますが。

ちゃんとした方法で作るなら動画で紹介された方法、多少雑でも手軽に作るなら上の方法、ということになるかと思います。それぞれにあった方法で試していただければという次第です。


こういうノウハウ動画っていいですね。最近思うんですが、プレビュー機能について解説したまとまったものがないような気がするので、そういう動画を手が空いたら作ろうかと思ったりしたりしなかったり。ただ、あまり期待はしないでくださいね。

2013/03/25

テクスチャの「生気」

なんとなく、A9の車両のテクスチャってどことなく生気が感じられないよなあ、みたいな、漠然とした印象はあったのです。

Aredsiam360 ノスタルジー

このように改造済みの画像と並べてみると、何がそう感じさせていたのかよくわかりますね。

HRプロジェクトの次回以降、もしかしたら既存車両のディテールアップなんかもされていたりするかもしれません。しないかもしれませんが。

2013/02/10

ダイヤを組む楽しみ

A列車で行こう9では、自分でプレイして動画作って公開する以外に、他の方が作成されたマップの列車ダイヤを組むということをいくつかさせていただいています。

絶景シリーズでおなじみアンドさんのブログで、こういった記述がありました。

こんな田舎マップのダイヤなんて

楽しくないだろうと思って

無理元でお願いをしたところ、

快く引き受けてくださいました。

A列車で行こう9備忘録: 自作マップ「渓谷の町、絶景街道」製作記(5)

好き嫌いで言うと、どんな路線でもダイヤ組むのは大好きです。

きちんと沿線が表現された路線なら、都市部の幹線でも、田舎のローカル線でも、各駅停車だけの路線でも、それぞれの状況に合わせてダイヤを組むのは楽しいものです。

全国のいろんな路線のダイヤパターンが引き出しにありますので、「こういう路線なら、あの路線のあんな雰囲気にしてみたらいいのでは」ということを考えながらスジを引いていきます。

あと意識しているのは、いろんな制約を前提としつつも、できるだけ本数を多くするということ。

動画にする場合、列車が多く行き交っているほうが見た目的に楽しいと思うからです。

そんなわけで、どんなのでも基本的に歓迎ですので、もし、ダイヤが組めなくて動画が進まない……というようなことがあれば、一声かけていただければと思う次第です。

2013/02/09

新風総研、完結

以前、一度だけ動画を作らせていただいた新風鉄道総合研究所シリーズがついに完結したようです。

ちらっと小耳に挟んだ最終回の構想とはだいぶ違う形になりましたが、これは、おそらく新風鉄道の竜王支社の顛末を受けてだいぶ路線変更があったのかなという想像。

いずれにしてもお疲れ様でした。

私が参加させていただいたのがこちら。

考えられる限りのものを詰め込んだ、自分にとっての傑作動画の1つです。

「はるラピ」のキャラを久々に登場させ、その反応を見て現在進行中のHRプロジェクトをやろうと決めた、そういう作品でもありました。

2012/12/07

V2入手しました!

いろいろと気に入ったSSを貼り付けていきます。

f:id:katayoku_no_hito:20121208013757j:image

まずは、何も考えずに架線柱を貼り付け中。この電鉄感はかなりヤバい。ぞくぞくするぐらい。

f:id:katayoku_no_hito:20121208022422j:image

梅田スカイビル。縦も横も大きくしかも高さも相当ある。超高層ビル群に混ざってもこの存在感。

f:id:katayoku_no_hito:20121208025631j:image

よくわからないけど寿司食いたくなってきた。


f:id:katayoku_no_hito:20121208030058j:image

今回のビッグカメラ・ソフマップ特典の「アキバ☆ソフマップ1号店」。広告がw

f:id:katayoku_no_hito:20121208034836j:image

三角建物。住宅で用意されていればよかったのですが、あいにくビル群しかありません。画像はHRプロジェクトの次回で紹介予定の路線ですが、この路線の風景コンセプトとして「都会のビル群に囲まれた狭い空間を抜けていく」というものがあります。三角建物によって線路際まで建物を敷き詰められるようになり、より雰囲気が出るようになりました。

2012/12/02

V2で気になるオブジェクト

いよいよ発売まで1週間を切ったA列車で行こう9 Version2.0 プロフェッショナルですが、これまで(おそらく)ほとんど語られていないところで、私が個人的に気になっているものがあります。

f:id:katayoku_no_hito:20121202220040j:image

この画像、斜め建物を紹介する画像なのですが、道路両側の並木道らしきもの、これも新登場のオブジェクトだと思います。おそらく、20m×40mのサイズ。住宅街でも市街地でも、どこでも汎用的にスペース潰しに使えそうな気がしますね。

2012/11/21

紅葉の美しい第5回

【A列車で行こう9】渓谷の町、絶景街道 第5回 -温泉と紅葉と...- ‐ ニコニコ動画:GINZA

ダイヤ作成で協力させていただいている、「渓谷の街、絶景街道」シリーズの第5回が公開されています。なんといっても圧巻なのは、この時期にふさわしい美しい紅葉!

特に3:44あたりの、トンネルとトンネルの間の一瞬のカットは、240m限界突破で立体感溢れるこのマップの面目躍如ではないかと思います。

f:id:katayoku_no_hito:20121122004816j:image

私はtexmod使ってないので、こんなにテクスチャ改造されていたとは実は知りませんでしたw そういえば車両のテクスチャについては、ちょこっと話を聞いていたのですけどね。

よく見ればコンビニもなんだか実在するコンビニっぽいものに。


今回、最後のクレジットが「鉄道&バスダイヤ作成」となっていますが、実はバスの方はほとんど何もしていません。

当初、実は60倍速で作成されていたのですが、それを30倍速に変えることになりました。で、鉄道の方のダイヤが完成したはいいのですが、すでに配置されていたバスのダイヤが60倍の時のままになっていたので、それを30倍速にあわせた(主に停車時間を半分にした)という話なのでした。

地方都市の場合、鉄道とバスの組み合わせというのも演出しがいがある要素の1つなので、そこにこだわってみるのももしかしたら面白いのかもしれません。アンドさんの筋書き次第ではありますが。


※このシリーズに関するエントリー用に、「絶景街道」カテゴリーを設けました。

2012/10/17

「渓谷の町、絶景街道」マップのダイヤ作成をさせていただきました。

A列車で行こう9備忘録: 自作マップ「渓谷の町、絶景街道」製作記(5)

こちらで記事になっており、動画でも紹介されていましたので、解禁ということで。

タイトルは過去形ですが、実はまだ微妙に完成していません(汗)。メイン部分にほとんど影響のない(でも実はわりと重要な)隅っこの方が少し残っていたりします。

HRプロジェクトの動画をあげないといけないということで中断してしまったのが原因なのですが、どこかでちゃんと完成させたいです。


箱庭プロジェクトの時もそうだったのですが、想像力をかきたてられる力作マップのダイヤを組むというのは本当に楽しいです。今回は、すでに動画でも紹介されている通りメインとなる路線が複数あるのですが、それぞれ性格が違っていて、それぞれにふさわしいダイヤを組むというのも新しいチャレンジでした。

第2回の公開後に依頼をいただいて、そこから設定を始めましたので、実は第2回までと第3回以降では登場する車両が少し違っていたりします。

今回は、すでにシリーズとして始まっていますので私が動画を作ることはまずないでしょうし、コンセプトとしてもおそらくダイヤが表に出てくることはないのですが、ダイヤ設定でその路線の性格を演出するという要素もありますので、今後の動画でお楽しみいただければと思っています。