くりごはんが嫌い このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

新潟 |映画 | オールタイムベスト | カンフー | ゾンビ | 地雷 | アメコミ | 読書 | 聖書 |超訳 | 音楽 | 思想 | ネタ | 事件 | ゲーム | モノポリー | アニメ
2006 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 04 | 05 | 07 | 08 | 11 | 12 |
2018 | 02 | 05 | 06 | 07 |

2016-07-05

[]不倫も描き方によってはド級のミステリーになる『毒島ゆり子のせきらら日記』 09:35 不倫も描き方によってはド級のミステリーになる『毒島ゆり子のせきらら日記』を含むブックマーク

新潟では遅れて放送された『毒島ゆり子のせきらら日記』を観た。

f:id:katokitiz:20160705093521j:image

前田敦子が主演というだけで見始めたのだが、恋に落ちる相手に新井浩文、親友役に「飲みカワグランプリ」でおなじみの中村静香(ショートが似合わない)、さらに友川カズキ、役者としても活躍する黒猫チェルシーの渡辺大知、チャラン・ポ・ランタンのももといった通好みのミュージシャン。そして諸見里大介、バカリズムといった芸人まで幅広くキャスティングされており、彼らの演技を観るだけでも新鮮で楽しい。

前田敦子の大胆な濡れ場が見られるという触れ込みだったが、いうほど激しいわけではなく、そんなことよりも今までAKBの地続きのような不安定だった演技がしっかりしてきて(そのフワフワ感がよかったのだが)、いよいよ女優としてのポジションを確立してきたなと素直に思った。ポンコツだった指原莉乃がトップクラスの芸人に揉まれ、タレントとして一気に才能を開花させたように、前田敦子も名匠と言われる監督たちと組んできたことで、すさまじい早さで女優としての格を身につけてきたような気がした。存在感があってちゃんと主演としての華も兼ね備えているのである。

さて、このドラマ。ぶっちゃけ三話目くらいから飽きてしまい、その後まったく観ることはなく最終回を迎えたのだが、いちおう録画だけはしており「まぁ最終回だし、それだけ観たら全部HDDから消そう」と何気なく観てみたら、どうしてこういう経緯になったのか気になってしまい、結局、ながら見でありながらも四話目からまた見始めた。それでぶったまげたのである。途中のとある展開にだ。

こうやって書いたとしてもあたまから観る人はいないと思うので、ものすごくかいつまんでネタバレするが、三股くらいは平気でする恋愛体質前田敦子のモットーは「不倫をしないこと」。そこで運命の相手と出会うことになるのだが、その相手である新井浩文は既婚者だった。結果、前田敦子は不倫に溺れていくのだが、もちろんそれはポリシーに反することであり、前田敦子は奥さんとの離婚を望む。新井浩文前田敦子結婚するために同棲をし、奥さんと離婚もし、婚姻届を役所に提出し、無事ふたりは結ばれましたとさ……というのが六話目までのあらすじの要約である。

ここまでなら凡百のよくある恋愛ドラマだ。まぁこの説明だけで観たいと思う人は皆無であろう。しかし、バカリズム演じる弁護士の登場でこの状況が一変する。

いきなり電話で喫茶店に呼び出された前田敦子バカリズムにこう告げられる。

「あなたを訴えようと思っています。あなたを訴えようとしているのは新井浩文の奥さんです。不倫関係を解消するように忠告したんですが、別れる様子がないので訴えることになりました」

突然のことで動揺する前田敦子。それは当然である。なぜなら彼女は新井浩文といっしょに役所に行き、婚姻届まで提出しているからだ。

「なんのことかさっぱりわからないんですけど」とうろたえる前田敦子を前になおもバカリズムはこう続ける。

新井浩文さんは円満なご家庭です。しかし、彼は奥さんと子供を置いて出て行きました。あなたにたぶらかされて不倫関係になり、不倫をやめたら家族に危害を加えると言われて、しかたなく同棲していたんです」

「新井さんがそんなこというわけないでしょ!?確認します!」と、すぐにその場から出て行く前田敦子新井浩文に会うが、彼はこう言う。

「その弁護士は別れた妻が雇ったニセモノだ。そいつのいうことは信じるな」

とはいえ、何を信じたらいいのかわからない前田敦子。あまりにも新井浩文との言い分が食い違うことに疑問をもったバカリズムは「一度三人で会いませんか?」と提案する。

後日、バカリズムの事務所にて、三人は顔を合わせることになった。前田敦子は「これが私たちが夫婦である証拠です」と言わんばかりに婚姻届を出したときの写真を見せる(二人で会ってるときに見せろよ……)。バカリズムは「そんなバカな!こんなことがあるわけが……」と驚愕の表情を見せるが、そのあとすぐに「ははーん……なるほどー」とそのトリックを見抜く………

そう、このドラマはいわゆる普通の不倫の話ではなく「そこで明かされる衝撃の真実とは!!!」的なミステリー仕立てになっているのである。

上戸彩の不倫ドラマ『昼顔』もラブストーリーではなく、「この不倫がバレるのか!?バレないのか!?」というサスペンスになっていたが、こちらも「結婚したはずの相手と結婚できておらず、なおかつ狂人扱いされて、奥さんから訴えられるかもしれない!?」という話であり、ヒッチコックとかが映像化しても違和感ないような感じになっているのが特徴。どこぞのレビューに「ホラー作品」と書いたあったがそれもなんとなく頷けるくらい怖い話でもあるのだ。

もちろんドラマはこれで終わるはずもなく、ここから怒濤のドロドロ展開になっていくわけだが、これは興味が沸いた人のためのお楽しみ。というわけで、この『毒島ゆり子』。ぼくのように三話目くらいで飽きてやめてしまった人は六話目から再度観ることをおすすめ。若い人のために政治も絡めて描いているのだが、まぁハッキリいってその辺はどうでもよかった……というか、ながら見だったので、頭に入ってなかった……制作者の方々もうしわけございません。