Hatena::ブログ(Diary)

戯れ言 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2011-12-31

話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10選

去年参加したかったけどできなかったので今年こそと思い参加。

ちなみに去年は『ストライクウィッチーズ2』の第6話「空より高く」が好きでした。


ルール

・2011年1月1日12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。

・1作品につき上限1話

・順位は付けない。

スタッフがどうこうというのはよく分からないので、純粋に心を持っていかれたかどうかで以下思いついた順に。


脚本:虚淵玄 絵コンテ:笹木信作 演出:八瀬祐樹 作画監督伊藤良明、潮月一也

f:id:katoyuu:20111231200130j:image

f:id:katoyuu:20111231200131j:image

いろんな人が挙げてるので説明不要だと思うけど、真っ先に頭に浮かんで順位はつけないといいつつも今年1番心を鷲掴みにされたエピソード。

関西では3月11日に放送。数十時間後にあの震災が起き、最終回までの放送が延期されて今後どうなるのだろうというモヤモヤを抱え続けてしまったこともあり、震災の記憶と共に忘れられないエピソードになった。

あ、あと2011年ベストキャラクターマミさんです。


  • 放浪息子 #1「おんなのこって なんでできてる? 〜Roses are red, violets are blue〜」

脚本:岡田麿里 絵コンテ:あおきえい 演出:あおきえい 作画監督:牧野竜一

f:id:katoyuu:20111231200127j:image

1話目の映画のようなクオリティに圧倒され、見終えたあとこれは凄いアニメが始まってしまったなと思った。

作品自体も最後まで全く落ちることなく高いレベルをキープしていて、非常に楽しませてもらったアニメ。


脚本:高山カツヒコ 絵コンテ:坂本隆 演出:坂本隆 作画監督:坂本隆、牛島希

f:id:katoyuu:20111231200122j:image

好きなシーンでいえば10話の美波の、

f:id:katoyuu:20111231200123j:image

お姉ちゃんね……もう、どうしようもないくらい人を好きになっちゃったかも……。」

が最も好きなんですが!! 話数単位という縛りでみるとやっぱりこのエピソードがまとまってて素晴らしいかなと。

バカテスの2期は美波が結構優遇されていて美波好きとしては嬉しかったです。あと美波の声が水橋さんで本当に良かった。


脚本:幾原邦彦、伊神貴世 絵コンテ:幾原邦彦 演出:中村章子 作画監督:西位輝実

f:id:katoyuu:20111231200132j:image

生存戦略のシーンを見終えたあと、長い間幾原監督の新作を待った甲斐があった……と思った。

次点は第15話「世界を救う者」。


脚本:米たにヨシトモ 絵コンテ:石踊宏 演出:石踊宏 作画監督:西田亜沙子

f:id:katoyuu:20111231200125j:image

ウフフフフアハハハハウフフフフアハハハハ。今年一番腹を抱えて笑った話かもしれない。


脚本:広田光毅 絵コンテ:浅香守生 演出:Hong Hun-pyo 作画監督:Kim Dong-sik

f:id:katoyuu:20111231200129j:image

カタルシス……圧倒的カタルシス……!!

話の筋がわかっているのに何故か面白い。大槻班長の声がチョーさんで本当に良かった。


  • ゆるゆり 第5話「あかりとかミンミンゼミとかなく頃に」

脚本:あおしまたかし 絵コンテ:太田雅彦工藤利春 演出:工藤利春 作画監督:越智信次、鳥山冬美、山田

f:id:katoyuu:20111231200133j:image

キャラクター的には歳納京子が大好きですが、この回の最後5分のちなつとあかりのガチゆりが素晴らしかったので。


脚本:綾奈ゆにこ 絵コンテ:そえたかずひろ 演出:小俣真一 作画監督:田畑昭、服部憲知、矢向宏志、高橋賢、伊藤依織子

f:id:katoyuu:20111231200124j:image

他でも評価が高い第8話「ツィオルコフスキーの祈り」と迷いましたが流子さんが大変かわいいので。


脚本:土屋理敬 絵コンテ:高雄統子 演出:原田孝宏 作画監督:松尾祐輔

f:id:katoyuu:20111231200128j:image

アイマスはスタッフの愛が本当に詰まっていて、どれも神回と呼びたくなるエピソードばかりなので選考に悩んだけど結局これで。

次点は第8話「しあわせへの回り道」と第18話「たくさんの、いっぱい」。


脚本:栗山緑 演出:長峯達也、広嶋秀樹 作画監督:馬越嘉彦

f:id:katoyuu:20111231200126j:image

リアルタイムで見ていて自分は一体何を見ているんだ……!? と良い意味で放心状態になった

女児向けアニメだろうとハードな展開も描き切り、スタッフに疎い自分でも作画、演出、キャストの本気が伝わったアニメ。素晴らしいです。


番外編

泣く泣く外したエピソード。

ジュエルペットてぃんくる☆ 第48話「あかりとミリアでドッキ☆ドキ!」

STEINS;GATE 第24話「終わりと始まりのプロローグ

TIGER & BUNNY #25「Eternal Immortality.(永久不滅)」

・WORKING'!! 2品目「理想家族計画

・ジュエルペットサンシャイン 第7話「サンクスジュエルデーにイェイッ!」

そふてにっ 第8話「てっぺんっ」

ちはやふる 第十一首「あまつかぜ」

花咲くいろは 第十七話「プール・オン・ザ・ヒル」

Fate/Zero 第一話「英霊召喚

・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第1話「超平和バスターズ

うさぎドロップ 第6話「わたしの木」

銀魂' 235「空の星」

境界線上のホライゾン 第12話「平行線上への相対者」

たまゆら〜hitotose〜 第11話「聖夜のものがたり♪ なので」


今年はとても素晴らしいアニメにたくさん出会えました。

来年エヴァQも控えているし、またアニメ見て生きていこうと思います。

【関連】

「話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10選」参加サイト一覧: 新米小僧の見習日記

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。