Hatena::ブログ(Diary)

ハヤシ工務店 日記 Twitter

2016-06-06

トライやる (^ ^)

今日から来てます、中学2年生たち。

今年も3名の物づくりたい志願の子供たちが来てくれました(^.^)
働くとは、はたを楽にしてあげることだよ。仕事とは自分の得意とすることで、相手に喜んでもらうことだよ^^;って 語ってしまったよ。
トライやるを通じて一番学ぶのは大人なんですよね、きっと(o^^o)  
感謝。


--
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
   自然に寄り添う家づくり

  有限会社ハヤシ工務店
    代表取締役 林 勝也

〒671-2222 姫路市青山6-27-7
TEL 079-266-2561 FAX 079-266-5746

f:id:katsuya884:20160606212728j:image

f:id:katsuya884:20160606212757j:image

f:id:katsuya884:20160606212816j:image

2016-06-04

平家

ここは4月の末日に上棟されました平家の家『恵み・実る・郷のいえ』

お天気に恵まれた6月の初めに『アイシネン』の断熱工事が施工されました。

6/5(日) 工事途中にしか見ることのできない、弊社恒例の『構造見学会』を開催させて頂きます。

当日はご予約制の見学会ですが、神河町にはいろいろ足を伸ばせる見所がたくさんありますのでドライブがてら計画してもよいと思います^0^

高気密高断熱 計画換気・樹脂サッシ・県産木材・耐震構造などを一見し、体感して頂ける機会になっています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

f:id:katsuya884:20160603100052j:image:w360

f:id:katsuya884:20160603091843j:image:w360

2016-05-04

平屋

4月末 神河町にて『ちょうの家』を上棟さえていただきました。

ちょうの家は、50%以上の兵庫県産材を使うのですが、こちらでは93%県産材を使っています。

たぶん弊社でもトップクラスの県産化率です。

断熱性能もこだわったお家になるので、寒い冬が温かいと感じてもらえるといいですね!

ご縁を頂き、農地転用など2年以上の歳月を経て、ようやく建てることができ嬉しいです。

感謝^0^

f:id:katsuya884:20160430120328j:image:w360

f:id:katsuya884:20160430143234j:image:w360

f:id:katsuya884:20160430145158j:image:w360

f:id:katsuya884:20160430163156j:image:w360

2016-04-20

風景をたずねた

 4月13日から4泊5日 アメリカ人高校生のホームステイを受け入れてました。彼女達は東京京都姫路に10日間滞在でした。日常は長女の高校で授業や部活を体験し、私たちとは夜ごはんを一緒にするという程度のコミュニケーションでしたが、長女の通訳と私らの片言英単語とiPhoneで会話を楽しんでました^_^;

 彼女に日本のどんなとこに興味があるの?って英語で聴くと『oh!ブンカ』って日本語で返ってきた。学校で日本語を選択しているようでした。

 ドコカイキタイトコロ、アリマスカ?『oh!ヒメジジョウ、イキタイデス!』ok!レッツゴー姫路キャッスル!ここまでは予想通り。さて、『棚田』に興味を持ってくれるのか心配しながら、午後からは『棚田に行くよ』『oh~ イッテミタイデス!』

 そんなこんなで、日本最終日には姫路城散策をすませて『丹波立ち杭焼き 陶の郷』で焼き物体験に行きました。国ではセラミックをしたことがあるといって、早速作品づくりに挑戦してました。でき上がった作品を見てみると、私たち日本人はシンプルな器系、彼女は絵皿。食文化の違いが分かる良い経験ができました。

 さて、棚田へ行こうか。途中にあったイチゴ狩りを楽しみ、道の駅で休憩を取りようやく多可町の加美地区岩座神(いさりがみ)に到着です。知らなければただの棚田、されどここが約700年前の鎌倉時代に築かれたことを知っていると、その見方や伝え方が違ってきます。

 彼女は棚田を下から見上げて発した最初の言葉が『トテモキレ〜イ!』『私の国、250年。ふるい建物でも100年!セブンハンドレット….』来て良かった〜って思いました。

 近くの神社にお参りしたときも、神道は2500年以上前からと教えてあげると、『ツーサウザント?』彼女の歴史観では理解不可能のようでした(苦笑)

 日本の文化に興味があると知り、私自身が日本の文化っていったいなんだろうと考えさせられました。きっと身近にある自然とか、生活し続けていることすべてが、我が倭民族の文化なんだろうなって気づかせてもらう、良い受け入れ体験ができました。

 その数日後、日本の文化とは『農業に繋がっているんよ!』って教えて頂きました。感謝 ^o^

f:id:katsuya884:20160420070950j:image:w360

f:id:katsuya884:20160420080933j:image:w360

f:id:katsuya884:20160420070947j:image:w360

f:id:katsuya884:20160420070944j:image:w360

f:id:katsuya884:20160420070941j:image:w360

 

2016-04-15

風景を尋ねて

 小春日和の4月上旬、我が家にアメリカ人高校生がホームステイにやってきます。

 その最終日にどこかに連れて行ってあげようと計画していました。真っ先に思いつくのは世界遺産姫路城』そのあとは...….ん?姫路ってお城だけなのか。

 観光の詳しい方に相談したら、『田んぼみせてあげたら?』『ん?』『整然と並んだ水田があるのは、日本だけですよ!』『えっ!そうなんですか!?』

 早速下見にと兵庫県多可郡多可町加美区岩座神(いさりがみ)の棚田へGo!

f:id:katsuya884:20160409144322j:image:w360

f:id:katsuya884:20160409144410j:image:w360

時期もよくサクラも奇麗でした。

f:id:katsuya884:20160409144735j:image:w360

f:id:katsuya884:20160409145842j:image:w360

車を置いた側に『五霊神社』があったのでちょっとご挨拶^o^

f:id:katsuya884:20160409145025j:image:w360

アメリカの高校生はこの風景をどう思うのだろうか?

私たち日本人も忘れかけているのではないかなと感じた。

空撮で紹介されていますよ(撮影:岩本 健さん)

https://www.youtube.com/watch?v=cK__1OPWWvw